楽天カードの利用代金を前払いはできる?繰り上げ返済の方法や注意点を解説

楽天カードの利用代金を前払いはできる?繰り上げ返済の方法や注意点を解説

楽天カードでは繰り上げ返済により、既に売り上げが到着している請求額を前払いすることで残高が回復し、一定期間内に限度額を超えて利用できる場合があります。一部注意点はありますが、チャットなどで比較的手軽に申し込みできるようになっています。

今回は楽天カードの利用代金の前払いや繰り上げ返済などについて解説します。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

繰り上げ返済とは?その概要について

楽天カードでは、一定期間に使用したカードの利用金額を後日まとめて支払う対応をとっています。また、一般的なクレジットカードと同様に、一定期間に利用できる金額の上限が限度額としてあらかじめ定められており、残高を超えると多くの場合、カード決済ができなくなってしまいます。

そんな時の解決策として、活用できるのが繰り上げ決済です。繰り上げ決済とは、カードの利用金額を引き落とし日までの選択可能な期間で、まとめて支払う前に、その一部ないし全部を銀行振り込みなどの方法によって、前払いという形で支払うことです。

繰り上げ返済をすることで、当月分の残高回復を狙い、自分に支払い能力があると貸し手にアピールすることができるため、より上位のカードを入手しやすくなったり、限度額増額の審査に通過する可能性が高くなったりします。

繰り上げ返済はどのような目的で実施し、どのような仕組みとなっているか

繰り上げ返済を行う目的としては、一定期間に利用できる限度額をリセットすることです。請求期間内において限度額に近い利用分があったとしても、繰り上げ返済により支払った分だけ枠が空くため、再び限度額となるまでカード決済ができるようになる可能性があります。カード会社による審査が伴うため、支払後に残高分が回復されているかよく確認しておきましょう。

ほかにも、リボ払いをしている場合は期間が長くなるほど分割に伴う手数料も多く発生してしまい、分割のメリットよりも手数料の負担が大きくなって損をしてしまう可能性があります。

分割の支払いが完了するまで待つのではなく、あらかじめまとめて支払ってしまうことで支払残高を減らし、手数料の負担を軽減する場合もあります。

また、何らかの理由で引き落とし口座が利用できなかった場合は、ほかの口座から利用額を支払わなければならないこともあります。

申請すれば支払日を自分で設定できることもあるため、指定の日までに入金しなければならないという制約をある程度避けられるというメリットもあります。

楽天カードで繰り上げ返済は可能なのか?

楽天カードでは、チャットや電話などを通して繰り上げ返済を依頼できます。

チャットサポートの利用には楽天カードの管理サービスにあらかじめ登録しておく必要があります。繰り上げ返済を前提に楽天カードの利用を検討している場合は、登録できているかを確認しておきましょう。

繰り上げ返済をするには申請が必要

チャットから繰り上げ返済を申し込む場合は、チャット画面から指示に従って繰り上げ返済を依頼します

オペレーターにつながった後は支払いの希望日や希望額を通知し、支払先の連絡を受けます。チャットでの手続きは以上で完了です。申請後は期日までに振り込みを実施する形で繰り上げ返済とします。

チャットで申請する場合は原則一部返済という形となるうえ、条件によっては電話での申し込みを案内される可能性もあります。

また、楽天カードの種類によっては先行する支払いの希望を電話を通してのみしか受け付けていないこともあるほか、一括返済を希望する場合も電話を通しての手続きが必要となります。

電話による申請を希望する場合は楽天カードのコールセンターに連絡し、音声案内ガイダンスに従って手続きを進めます。

一括返済の場合は、カード番号と本人の生年月日の入力が求められます。特にカード番号については指示を受けたときにすぐに入力できるように、手元に準備しておくことをおすすめします。

こちらもチェック!
楽天カードは電話で問い合わせをできる?オペレーターの仕組みを徹底解説!

楽天カードの利用でトラブルが発生して問い合わせが必要になった場合、複数の選択肢の中から適した問い合わせ先を選ぶことになります。電話やチャット、問い合わせ内容ごとに用意された問い合わせ窓口について取り上げていきます。

繰り上げ返済には振込手数料がかかるので注意

繰り上げ返済は楽天カードの運営側が指定する口座に振り込む形で処理します。振り込みに伴い、振込手数料が発生する場合があります。手数料は支払いする側が負担することとなるため、注意しておきましょう。

楽天銀行では口座残高などによって決定されるランクによる特典があり、同行宛ての振り込みだとスムーズに手続きが進む可能性があります。

繰り上げ返済を行う上での注意点

楽天カードの利用枠における繰り上げ返済を実施するにあたり、いくつか注意点もあります。スムーズに手続きを進められるように、あらかじめ注意点を把握しておきましょう。

振込先の把握

楽天カードの繰り上げ決済においては指定口座への振り込みで処理する必要がありますが、その口座については公開されていません。問い合わせの際にオペレーター等から指示があり、その口座に振り込みこととなるため、提示された振込先をよく確認しておきましょう。この振込先は顧客によって異なることも要注意です。

また、振込先を記憶していたとしても、再び先行して支払いを行いたい場合はその都度、事前にオペレーター等に申請すべきでしょう。連絡なしで振り込んでしまった場合は、手続きに時間がかかってしまう可能性も無視できません。

なお、振り込みの際に二重で支払ってしまうことの無いように気を付けましょう。通常の振込日の直前などに先行して支払ってしまうと、二重で引き落とされるリスクもあります。金融機関によっては実際に振り込んだ日の翌日に処理される場合もあります。支払予定日の直前に振り込むことで、思わぬ延滞となってしまわないように気を付けましょう。

支払いが可能なのは、売り上げが確定している分となります。売り上げがカード会社に到着しておらず、利用明細に反映されていない分の請求は繰り上げ返済の対象外となる点にも注意です。

申請は本カードの会員が行う必要がある

繰り上げ返済の申請は本カードの会員が行う必要があります。家族カードや付帯カードで発生した支払についても同様です。家族カードや付帯カードから発生する支払いも、本カード会員の利用分とまとめて引き落としとなります。

家族カード会員からの繰り上げ返済の申し込みは断られる可能性が高いです。先行して支払いを実施したとしても、本会員支払の履歴が残り、本カード会員が確認できる状態となっています。もし本カード会員に見られたくない決済をする場合は、利用先や金額などを注意しておきましょう。

利用時間

チャットや電話を通した申請についてはその営業時間があらかじめ定められています。24時間体制で申請ができるわけではないので、予定を見て申請しましょう。さらに、チャットの場合は通信が途絶えると正しく申請できなくなる可能性があります。インターネット環境が安定している場所での手続きをお勧めします。

繰り上げ返済は計画的に利用しましょう

楽天カードでは通常のショッピング枠だけでなく、キャッシングやリボ払いなどによって発生している返済など、繰り上げ返済を希望する利用者に対しても柔軟に対応しています。

しかし、家計を圧迫させてまで繰り上げ返済をしてしまうと元も子もありません。支払える範囲で計画的に利用しましょう。本記事を参考に計画的に繰り上げ返済を行ってみてはいかがでしょうか。

こちらもチェック!
楽天カードの種類別の限度額はどのくらい?確認する方法や増額する際のポイントを解説

楽天カードの限度額ですが、通常の楽天カードでも100万円と高めです。ただし審査結果によって、上限額は個別に設定されます。また契約時の限度額よりも後日増枠することも可能です。もし楽天カードを利用する予定であれば、上限額の確認方法や限度額を引き上げるためにはどうすればいいかについて理解しておきましょう。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天カードや楽天ペイでお得に支払おうのカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー