目次

楽天カードは電話で問い合わせをできる?オペレーターの仕組みを徹底解説!

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天カードの利用でトラブルが発生して問い合わせが必要になった場合、複数の選択肢の中から適した問い合わせ先を選ぶことになります。電話やチャット、問い合わせ内容ごとに用意された問い合わせ窓口について取り上げていきます。

楽天カードに関する問い合わせはどうすればいい?

楽天カードを使っている間になにかトラブルや不安点・疑問点が生じた場合には早めに問い合わせましょう。心当たりのない引き落としが見られる場合など、放置しておくと面倒なトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるだけに、日頃からそうした事態に遭遇したときにどこに問い合わせればよいのか、連絡先も知っておくといざというときに戸惑わずにすむでしょう。

この楽天カードの問合わせ先は複数の選択肢があり、その分便利とも言えるのですが、ちょっと混乱する面もあります。いざ問い合わせが必要になったときに「どこに問い合わせればいいのか」と迷ってしまう可能性があるからです。

この楽天カードの問い合わせ先に関しては、まず後述する方法(電話やチャット)に加えて目的・理由 によっても変わってきます。ですから自分が「どんな方法で」「何が目的で」問い合わせるのかをよく確認したうえで、適切な問い合わせ先を選ぶことが求められるわけです。

電話・チャット・メール

楽天カードの問い合わせでは電話がもっとも直接的で早い選択肢となるでしょう。オペレーターと直接話をしながら問い合わせができます。ただ楽天カードの問い合わせに関しては、その目的の内容によって問い合わせ先が異なります。

電話での問い合わせでは総合窓口が基本となるでしょう。名前の通りカードに関する幅広い問い合わせに対応する総合的な窓口です。しかもこの総合窓口には通常の楽天カード用に加えて楽天プレミアム/ゴールド/ビジネスカードの所有者、楽天ブラックカードの所有者ごとに異なる窓口が用意されています。

楽天カード以外のカードの保有者はカードの裏面に窓口の番号が記載されているの で確認しておくようにしましょう。 気軽に問い合わせできる方法ではチャットも便利です。楽天カードではチャットサポートも用意されており、こちらでもオペレーターと直接やりとりが可能です。電話での説明は苦手、文章で説明した方がやりやすい、という場合にも適しているでしょう。

さらにチャットではAI が対応する「楽天カードAIチャット」の窓口も用意されています。「AI がちゃんと問い合わせに対応できるのか」と疑問に持つ方もいるかもしれませんが、予め問い合わせの内容を選択したうえでAIが対応する形を取っているのでかなり詳細な問い合わせに応えることが可能になっています。

こうした電話とチャットでの問合わせが基本的な選択肢となります。「メールでの問い合わせはで きないのか」と思う方もいるかもしれません。2024年1月現在、楽天カードの問い合わせにおける メール対応は休止中となっており利用することはできません。

それぞれの問い合わせ方法や問い合わせ先、対応時間

楽天カードの問い合わせに関しては先述したように、電話で問い合わせるときに適切な選択肢を選ぶことが最大のポイントとなるでしょう。改めて確認しておくと楽天カード全般の問い合わせに対応している総合窓口は「0570-66-6910」となっています

ただほかにも選択肢があり、「092-303-7188」「092-474-6287」でも対応しています。電話での総合窓口は3つあると覚えておくとよいでしょう。なお、対応時間は9時30分~17時30分です。 先述したように楽天プレミアム/ゴールド/ビジネスカードならびに楽天ブラックカードの場合はそれぞれカードの裏面に記載されている番号で専用デスクにつなげることができます。こちらの対応時間も同じです。

ただし、楽天カードを紛失・盗難のトラブルに見舞われてしまった場合には別の問い合わせ先で対 応してもらえます。こちらは緊急を要することもあり、24時間対応となっているのが特徴です。窓 口は通話料金が有料・無料の2種類あり、有料が「092-474-9256」、無料が「0120-86-6910」と なっています。

カードの紛失・盗難に見舞われると焦ってしまいがちですが、落ち着いてこれらの番号にかけるようにしましょう。 さらにもうひとつ、何らかの理由でカードが利用できなくなってしまった場合専用の問い合わせ窓口も用意されています。番号は「0570-02-6910」。こちらの対応時間は9時30 分~17時30分です。

このようにかなり多くの選択肢が用意されているため、状況に応じて適切な窓口に問い合わせるようにしましょう。 チャットの場合は楽天のサポートページから楽天e-NAVIへログインしたうえで利用することが可能です。対応時間は9時30分~17時30分です。

チャットサポートを開始するとまず問い合わせ内容を選択する場面になります。「カードの利用ができない」「ご利用覚えのない請求や利用明細について」などの選択肢が用意されていますから、自分が抱えているトラブルに合わせて選択しましょう。 AI チャットサポートの場合は24時間対応、いつでも利用可能です。

「楽天カードAI チャットサポ ートページ」からアクセスすることが可能です。ここでもまず最初に質問の内容を選択するほか、 自分で質問の内容を入力することもできます。

楽天カードの問い合わせでは電話が繋がらない時の対処法

こうした問い合わせの問題点として、問い合わせをしても繋がりにくい点がよく挙げられます。 トラブルを抱えて不安を解消しようと焦りながら問い合わせをしたのにいっこうに繋がらない、そんなイライラする状況に見舞われることもあるのです。

実際のところ電話での問い合わせではかなり繋がりにくい面があります。そんなときは夕方以降に電話してみましょう。比較的繋がりやすい状況になります。

チャットご利用時の関してはオペレーター対応のチャットサポートで混雑状況を確認することが可能です。1~2 時間ごとに混雑状況が「繋がりやすい」「とても繋がりにくい」「やや混雑しやすい」といった形で表現されており、どの時間帯に連絡すれば繋がりやすいのかを問い合わせる前に確認することが可能です。

ここでもやはり16時~17時30分頃がもっとも繋がりやすい傾向が見られています。 もし混雑してどうしても繋がらない場合には、AIチャットをとりあえず試してみるのもひとつの選択肢となるでしょう。

繋がりにくいタイミングは?

朝早い時間帯なら問い合わせをする人も少ないだろう、と思う方も多いかもしれません。しかし実際にそう思って行動する人が多いせいか、午前中は繋がりにくい状況になっています。先述したチャットサポートサービスの混雑状況では9時30分~10時30 分までと、12 時~14時までの時間帯が 「とても繋がりにくい」状況となることが多く、「朝と昼時はなかなか繋がらない」と見たほうがよいでしょう。

チャットでの問い合わせでは楽天e-NAVI を使用する

先述したようにチャットを利用する際には楽天e-NAVI を利用することになります。電話ではなかなか繋がらない場合には、この楽天e-NAVIでチャットでの問い合わせを試してみましょう。

「楽天e-NAVI」とは? 

この楽天e-NAVIとは楽天カード会員専用に設けられたオンラインサービスのことです。楽天カード を持っている方は、登録することでカードに関連したさまざまな情報の確認や問い合わせ、支払い方法の変更などを行うことができます。

楽天e-NAVI で確認できる内容とは?

もっとも基本となるのが利用明細の確認。もし見に覚えのない利用が見られた場合にはオペレーターに問い合わせをすることになります。それから支払い方法の変更。楽天カードでは請求額が決定した後でも分割払い・リボ払いへの変更ができます。

ただし変更は支払月の20日までとなっています。 さらに住所・電話番号・支払口座などの基本情報の変更、利用可能額の確認、ネットキャッシング、 そしてチャットサポートの問い合わせなども用意されています。

楽天e-NAVI のログイン方法

楽天IDとパスワードでログイン可能です。登録の際にはクレジットカード情報と生年月日、電話番 号などを入力する必要があります。

耳や言葉の不自由な人も安心

楽天の手話通訳サービスとは耳や言葉の不自由な方を対象にしたテレビ電話を活用したサービスも用意されています。この「楽天カード手話通訳サービス」では手話・筆談での問い合わせが可能です。

手話通話サービスの利用方法・利用ツール

この手話通話サービスではLINE、Skype、Facetime でアカウントが用意されており、それぞれのアカウントに対して問い合わせが可能です。ですから、まずこれらのアカウントを利用できる環境を用意することになります。もっとも手軽なのはやはりLINE でしょう。

楽天の公式サイトではLINEの手話通訳サービスアカウントにアクセスできる二次元バーコードも用意されているのでチェックしましょう。

万一のときに備えて選択肢を確認しておこう

このように、楽天カードの問い合わせ先は電話のほかオペレーターが対応するチャット、さらにAIのチャットなど多彩な選択肢が用意されています。

いざトラブルに見舞われたときにスムーズに対応できるように、日頃からシチュエーションごとの問い合わせ先や繋がりやすい時間帯などを確認しておくと、実際に問い合わせが必要になったときに慌てずに対応できるはずです。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

新着記事

カテゴリー