楽天ポイントの履歴を確認する方法を解説!いつまで履歴は残る?

楽天ポイントの履歴を確認する方法を解説!いつまで履歴は残る?

「楽天ポイントの利用期限はいつまで?」「楽天ポイントの履歴はダウンロードできる?」

という疑問をおもちの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、楽天ポイントの履歴の確認方法やデータダウンロードの可否などを中心に解説します。楽天カードや楽天ポイントを利用しはじめた方は、ぜひ参考にしてください。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天ポイントとは?楽天PointClubってなに?

楽天ポイントは、楽天株式会社が提供するポイントプログラムです。楽天グループのさまざまなサービスや提携先で利用でき、一定の金額を支払ったり、特定の商品を購入したりするとポイントが付与されます。

楽天ポイントは、楽天市場や楽天トラベル、楽天ブックスなど、楽天グループのさまざまなサービスで利用できたり、ポイントを貯めたりできます。

また、楽天ポイントを管理できる「楽天PointClub」についても知っておきましょう。アプリやブラウザで、付与日や有効期限などのポイント実績が確認できます。

期間限定ポイントのように期限のあるポイントは失効しないように管理できるため、楽天のサービスを頻繁に使っているユーザーはアプリをインストールしておくことをおすすめします。

楽天ポイント履歴の確認方法

楽天PointClubで楽天ポイントの履歴は以下の手順で確認できます。

1.楽天PointClubのアプリを開き、利用可能ポイントをタップ

2.ポイント実績の「絞り込む」をタップ

3.項目を選択し「実行する」をタップ

以上の手順でポイント実績を確認できます。

ポイント実績の画面では、ポイントを獲得した日やポイントを利用した日を見られます。ポイントをさかのぼって確認したい場合、1年以内の履歴であれば確認可能です。

1年以上前のポイントについては細かい日付は表示されませんが、獲得・利用・失効などは年単位で確認できます。

ちなみに楽天ポイントは以下のサービスで利用可能です。

  • 楽天市場 
  • 楽天カード 
  • ラクマ 
  • 楽天ペイ 
  • 楽天ポイントカード 
  • 楽天トラベル 
  • 楽天銀行 
  • 楽天証券 
  • 楽天Edy 
  • 楽天モバイル 
  • 楽天ブックス 
  • 楽天マガジン 
  • 楽天西友ネットスーパー 
  • ポイント運用 

楽天のポイント実績でも、どのサービスを利用して獲得したのかが表示されます。

こちらもチェック!
楽天ポイントのお得な使い方10選!利用方法や注意点もわかりやすく解説

楽天ポイントは楽天グループだけでなく、いろいろなお店で貯められたり使えたりするポイントプログラムです。 この記事では、楽天ポイントのおすすめの使い方をまとめて紹介してきます。ポイント利用にぴったりの期間もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

楽天ポイントの履歴に関する5つの疑問と注意点

楽天ポイントの履歴に関する5つの注意点を紹介します。

  • 楽天ポイントの履歴を確認できるのはいつまで?
  • 履歴はExcelやcsvでダウンロードできる?
  • ポイント獲得履歴の削除はできる?
  • 楽天カードの履歴が見られるのは「楽天e-NAVI」
  • 期間限定ポイントは失効に気を付ける

それぞれ詳しく説明します。

楽天ポイントの履歴を確認できるのはいつまで?

楽天ポイントの獲得や利用、失効を確認できるのは1年分です。2024年2月に確認する場合、2023年2月分までの詳細を確認できます。

1年以上前の履歴に関しては、獲得や利用、失効の日付は確認できません。ただ年間の総獲得数や総利用数、総失効数の確認は可能です。

ちなみに楽天ポイントの通常ポイントは、最後にポイントを獲得してから1年有効です。定期的にポイントを獲得していれば、実質無期限でポイントを貯められます。

履歴はExcelやcsvでダウンロードできる?

楽天ポイントの履歴は、Excelやcsvでダウンロードすることはできません。データを出力するサービスはないため、データを残しておきたいのであればExcelやスプレッドシートにコピペするのがいいでしょう。

ポイント実績の表全体を選択・コピーして、Excelなどに張り付ければ詳細データを残せます。パソコンが使えないという方は、スマホ画面でスクリーンショットを残しておくという方法もあります。

ポイント獲得履歴の削除はできる?

ポイント獲得履歴は、削除・修正できません。ポイント獲得履歴に残したくないものをうっかり購入してしまった場合は、残念ながらどうすることもできません。ポイント獲得履歴の削除ができてしまうと、不正行為に悪用される可能性も考えられるためやむを得ないでしょう。

もしポイント履歴に残したくない商品・サービスを購入する場合は、ログインせずにゲストユーザーとして購入しましょう。そうすればポイント履歴は残りません。

なお、一人が複数の楽天アカウントをもつことは、禁止されているので注意しましょう。

楽天カードの利用履歴が見られるのは「楽天e-NAVI」

楽天PointClubと似たサービスに「楽天e-NAVI」というものがあります。

楽天PointClubが楽天ポイントの情報を管理するサービスなのに対して、楽天e-NAVIは楽天カードの履歴や利用実績を管理するWebサービスです。

楽天e-NAVIでは具体的に、以下の情報を確認できます。

  • お支払い予定金額
  • お支払い日
  • 引き落とし口座
  • 利用明細 など

楽天e-NAVIでは、カードの利用明細をPDFやcsvデータでダウンロード可能です。また、楽天カードは複数枚発行できるため、目的別(家計費とご自身の買い物用など)に分けて利用することもできます。

期間限定ポイントは失効に気を付ける

期間限定ポイントには、有効期限があります。有効期限が過ぎると当然ポイントは失効するため、期限前に使うようにしましょう。

期間限定ポイントの有効期限は、楽天PointClubで確認できるので、ポイントが失効させないように注意したい方はアプリをインストールすることをおすすめします。

通常ポイントは、楽天ポイントを最後に獲得した日から1年間有効です。そのため、定期的に楽天ポイントを獲得しているユーザーは、半永久的で期限がないことに近いと考えましょう。

楽天ポイント履歴を確認するメリット

楽天ポイント履歴を確認するメリットは以下3つです。

メリット
  • ポイ活のモチベーションが上がる
  • 貯まったポイントを有効活用できる
  • 不正利用の早期発見につながる

それぞれ詳しく説明します。

ポイ活のモチベーションが上がる

ポイント履歴を頻繁に確認すると、ポイントがどんどん貯まっていく様子がわかります。そうすればポイ活のモチベーションも上がり、効率的にポイントを貯めたい意欲がわいてくるでしょう。

通帳にお金が貯まっていくのをみて、うれしい気持ちになるのと近い感覚です。

ポイ活をしている方は、効率よくポイントを貯める方法を調べることも多いと思うので、ポイントを獲得したことを確認することで、調べたことが実ったと感じるのではないでしょうか。

貯まったポイントを有効活用できる

ポイントを活用する方法は、楽天市場で商品を購入したり、その他の楽天サービスで利用したりする方法があります。

その他にも、ポイント投資に使ったり、楽天カードの支払いに使ったりとたくさんの利用方法があるのも楽天ポイントの魅力の1つです。

不正利用の早期発見につながる

楽天ポイントの履歴をこまめにチェックすることは、不正利用や異常の早期発見につながります。「見知らぬサービスでポイントが貯まっている」「覚えがないのにポイントが利用されている」といった状況が起きても、すぐに気づけるのでその後の対処をしやすくなります。

また、履歴を確認することで、サブスクや無料体験の解除し忘れに気が付くきっかけにもなります。無駄な出費を減らすためにも、お金とポイントの管理は適切に行いましょう。

楽天ポイント履歴はこまめにチェックしよう

今回は、楽天ポイントの履歴の確認方法やデータのダウンロードの有無などを中心に解説しました。

楽天ポイントの詳細履歴は1年前まで確認でき、それ以前のデータも年単位であれば閲覧可能です。

せっかくお得に楽天ポイントを獲得しても、失効してしまっては意味がありません。ポイントを有効活用するためにも、楽天PointClubのアプリを活用してポイントの有効期限をこまめにチェックするようにしましょう。

こちらもチェック!
【必見】楽天ポイントを貯めるコツ!上手な貯め方と活用術をご紹介

ここからは、楽天ポイントの賢い貯め方や、日常の買い物や楽天市場での効果的な利用方法、さらには楽天ポイントの上手な活用術など、実用的な情報を紹介します。楽天ポイントをもっとお得に、 そして楽しく使うためのヒントが満載です。楽天ポイントを最大限に活用してお買い物をお得に楽しみましょう。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天ポイント・クーポン活用術のカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー