目次

楽天市場アプリの使い方を知りたい!インストール方法や魅力を解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「楽天市場」には、ブラウザ版とアプリ版の2つがありますが、どちらにもメリットがあるため甲乙つけがたいものです。どちらのほうが使いやすいかは人それぞれになりますが、楽天ユーザーであれば、アプリ版をインストールしておくとさまざまな機能を活用できる機会も多くなりそうです。

本記事では、楽天市場アプリの使い方からインストール方法、アプリ版とブラウザ版ぞれぞれの魅力をご紹介いたします。使いやすい方法に統一したり、または併用したりして便利にお買い物を楽しみましょう!

楽天市場のブラウザ版とアプリ版の違い

パソコンで買い物をするのであればブラウザ版がメインになるかと思います。しかし、現代ではスマホの普及が進み、楽天市場に限らず他のネット通販もアプリ版を出すことが多くなっています。

では、楽天市場のブラウザ版とアプリ版には、どのような違いがあるのでしょうか。

楽天市場アプリでは、写真による商品検索ができます。欲しい商品の写真を撮ることにより、キーワードを打つことなく、目的の類似商品にたどり着けるのは便利ですよね。また、物の写真ではなく、商品のバーコードを写真撮影することで撮影したバーコードの商品ページに行くことも可能です。

ブラウザ版は、タブやウインドウを複数開いてさまざまな商品を見比べられます。これはブラウザ版のメリットともいえるでしょう。買い物において、同じような商品でも安く、良いものを買いたいと思う方はたくさんいらっしゃいます。そのような場合、比較検討しやすいのはブラウザ版です。

また、楽天市場アプリでは、セール等の情報に関して通知設定をオンにしておくと、自動で知らせてくれます。ブラウザ版ではページを開かないと確認できないのに対して、アプリはスマホの通知欄でセール情報に気付けるため非常に便利です。

そして楽天市場アプリは、楽天カードを連携して決済ができます。最近は「財布には最低限のお金しか入れていない」「スマホ決済をする機会が多い」という方も増えてまいりました。

そのような方にとっては、登録次第でカードを持ち歩く必要がないため嬉しい機能です。スマホのアプリなので、外出時に忘れるということもあまりないでしょう。楽天ポイントを付与できるお店も多いので、よりポイ活がしやすくなります。

ブラウザ版とアプリ版の概要・比較・見分け方

ブラウザ版とは、インターネットのWEBサイト上にある楽天市場のページです。ブラウザ版はウインドウを複数開けるため、気になる商品を比較検討できるメリットがあります。

また、スマホのアプリは端末でも見やすくするために、情報を1つの画面に凝縮する特徴があります。対してブラウザ版では、情報がタブで分けられているため、知りたい情報をすぐに探すことが可能です。楽天市場で開催されている各種キャンペーンも見やすい仕様になっています。特に「お買い物マラソン」のセール情報はスッキリと整理されているため、お目当ての情報にたどり着きやすくて便利です。

楽天市場アプリは、スマホ等の端末にインストールして端末上で操作をします。アプリ版には、ブラウザ版にないスマホを利用した機能が数多くあります。

まずはカメラ機能です。カメラで商品を撮るとこで、類似した商品をピックアップして表示してくれます。

また、楽天カードをお持ちの方は、楽天カードでのお支払いもできます。連携しておくと、スマホ1つで決済ができるため「カードを忘れてしまった」という心配もなくなるでしょう。

そしてアプリ版は、何かしらのお得な情報があった場合は、通知オンにしておくことでお知らせしてくれます。楽天市場をよく利用する方は、いち早くセール情報を確認できるため便利です。

加えて、楽天市場アプリはアプリ版にしかないキャンペーンも開催しています。毎日ポイントが貰えるくじを引けたり、LINEスタンプが貰えたりとキャンペーンもさまざまです。

どっちがおすすめ?

アプリ版とブラウザ版、どちらがおすすめかというと、商品を購入することに関してはそこまで違いがありません。商品を比較検討して、質が良くて安いものを購入する場合は、ウインドウを複数開いて比較検討できるブラウザ版のほうが適していることもあります。

とはいえアプリ版は、ブラウザ版の機能に加えてスマホで使うことを想定して、常に持ち歩くことを踏まえた付加価値を持たせたものです。決済の簡略化、カメラ機能を使っての簡単検索、アプリ版だけのキャンペーン等、アプリ版を展開することによって得られるメリットはたくさんあります。

「セール中にお得な商品をゲットしたい」「じっくりと調べてから購入したい」など、ご自身の目的に合わせて導入することがおすすめです。

楽天市場アプリの魅力

先述した通り、アプリ版の魅力はスマホに搭載されている機能を使って、楽天市場からお目当ての商品を探しやすくすることはもちろん、アプリにしかない機能も充実していることです。

ブラウザ版、アプリ版ともにスマホから操作することが可能なわけですが、アプリであればアイコンをタップするだけで楽天市場につながるというお手軽さも魅力といっていいでしょう。

アプリ経由でポイントアップ

現在は、楽天市場アプリから商品を購入することで、還元されるポイントがアップされるキャンペーンは終了してしまいました。その代わり、外部のポイントサイトを経由することで、それぞれでポイントを獲得できます。アプリ版に限った話ではありませんが、ポイ活を積極的にしている方にとっては、ポイントの二重取りは見逃せません。

クーポン獲得

楽天市場アプリの魅力として、アプリ版にはクーポンの配布があります。初回登録時に楽天市場で購入できる割引商品や、アプリ版でしか手に入れられないクーポンなどさまざまです。

楽天市場をよく利用する方であれば、ブラウザ版で商品の品定めをして購入する商品を決め、アプリ版でクーポンを使用して購入するという使い分けも有効な手段でしょう。

ポイントカード代用

アプリ版では楽天ポイントカードを持ち歩かなくても、お店でアプリからバーコードを提示することで楽天ポイントが貯められる仕様になっています。アプリ版で楽天ポイントを貯めたい場合は、楽天ポイントアプリを別途インストールしておきましょう。

近年では常にスマホを持ち歩くようになり、電子決済も普及していますので、カードを持ち歩く習慣が少なくなりつつあります。スマホを操作するだけで簡単に決済が完了し、楽天ポイントを貯められるというのはアプリ版ならではの嬉しい機能でしょう。

楽天市場アプリのインストール方法

以下では、アプリ版のインストール方法や登録方法についてご説明します。

Androidをお使いの方はGoogle Play、iPhoneをお使いの方はApp Storeからアプリをダウンロードできます。「楽天市場」と検索をかければ、すぐにアプリが見つかるはずです。

登録方法と使い方

アプリ版の登録方法は、ブラウザ版と同じでIDやパスワード、メールアドレスを入力することで会員登録できます。

既に会員登録が済んでいる方の場合は、IDとパスワードを入力することでログインが可能です。

アプリ版の画面は、画面下に「探す」や「お気に入り」、「買い物かご」といったアイコンがあります。ブラウザ版のように画面上部にはありません。

また、アプリ版の画面上部にはジャンルを選択できるボタンと検索ボックス、カメラマークがあります。ブラウザ版ではサイドバーになっているジャンルが画面上部に設定されていることにより、スマホの画面でも検索がしやすくなっていますね。

加えて、カメラマークを押すと、アプリ版の魅力でもある画像検索が行えます。商品の写真で検索したり、特定の商品が決まっているのであればバーコードで検索したりすることも可能です。

画面中段には会員情報と楽天ポイントカードの代用に使えるバーコードを表示するボタンや、アプリ版で配布されたクーポンを確認できます。

全体的にスマホでも操作しやすい画面構成となっていて、使い勝手はブラウザ版と遜色ありません。ブラウザ版では、楽天グループの広告や画面上部にタブが設置されていましたが、アプリ版ではそういったものがなく、シンプルにまとめられた画面配置となっています。

楽天市場のアプリを使ってみよう

楽天市場には、ブラウザ版とアプリ版の2つがあることをご紹介いたしました。それぞれにメリットがあるため、甲乙つけがたいものです。

ただ、アプリ版だけのクーポン配布や簡易決済、楽天ポイントカードの代用として使うことが出来るアプリならではの機能は付加価値として十分魅力的です。

どちらのほうが使いやすいかは人それぞれになりますが、楽天ユーザーであれば、アプリ版をインストールしておくとセール情報にもいち早く気付けるため、キャンペーン開催時にも大いに役立つでしょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

新着記事

カテゴリー