この記事で紹介されている商品

ヨーグルトのおすすめ12選!ダイエットや腸活にも?効果的な食べ方や人気商品をご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

腸活やダイエットなどでも取り上げられることの多い「ヨーグルト」。プレーンやフルーツ味など豊富な種類が販売されているので、おいしいヨーグルトはどれなのか気になりますよね。この記事では、ヨーグルトのおすすめ商品をご紹介します。効果的な食べ方や選び方についても詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ヨーグルトは体にいい?食べ方やビフィズス菌について

乳酸菌や酵母などで生乳を発酵させて作るヨーグルト。毎日の朝食やおやつなどに取り入れている方も多いのではないでしょうか。一般に、乳酸菌やビフィズス菌などを含んでいて体にいいとされていますが、実際にどのようなメリットがあるのか気になりますよね。ここでは、ヨーグルトを食べるメリットや効果的な食べ方について詳しく解説します。

乳酸菌が腸内環境を整える

ヨーグルトには、善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が豊富に含まれています。悪玉菌が増えると便秘や免疫力の低下などに繋がりやすくなるとされいますが、ヨーグルトを食べることで、悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を整えることに役立つと言われています。

腸内環境が整うと免疫アップも期待でき、免疫バランスが崩れることによって引き起こされる花粉症などのアレルギー症状が緩和されやすくなるという結果を示した研究結果もあります。また、乳酸菌には大腸の動きを活発にして排便を促す働きがあるとされます。

乳酸菌とビフィズス菌の違いって?

乳酸菌とビフィズス菌はどちらも腸にとって良い働きをしてくれる善玉菌ですが、乳酸菌は小腸に働き、ビフィズス菌は大腸に働くという違いがあります。

乳酸菌は発酵食品や乳製品などにも含まれていますが、ビフィズス菌が含まれている食品は多くありません。さらに、ビフィズス菌は胃酸や胆汁に弱いので、生きたまま大腸に届くのも難しいとされています。市販されているヨーグルトの中には、カプセルなどに包んで生きたままのビフィズス菌を腸まで届けるタイプのものもあるので、チェックしてみると良いでしょう。

美容や健康に役立つ?

ヨーグルトは生乳と乳酸菌で作られ、タンパク質も豊富に含まれています。乳酸菌が減ると腸内環境も悪化しやすく肌トラブルも起きやすいと考えられますが、ヨーグルトを食べれば乳酸菌を補うことができるでしょう。また、乳酸菌には新陳代謝を活発にするビタミンAやビタミンB2を豊富に含んでいるため、老廃物を排出する助けになることも期待できます。

ヨーグルトに中には、特定保健用食品として認められたものもあります。腸内環境の改善に役立つヨーグルトは、体にさまざまなメリットをもたらす可能性を秘めた食品なのです。

いつ食べるのがいいの?効果的な食べ方とは?

ヨーグルトは朝食やおやつに食べるイメージがある方も多いのではないでしょうか。しかし、じつはカルシウムの吸収率が上がる夕方から夜にかけて食べるのがおすすめ。空腹時だと善玉菌が胃酸で死んでしまうため、夕食後に摂取するのがおすすめです。

また、ヨーグルトを食べるときは、乳酸菌の働きを活発にするオリゴ糖や食物繊維と一緒に食べると良いでしょう。オリゴ糖を豊富に含むバナナやリンゴ、食物繊維が豊富なシリアルと一緒に食べると、さらに乳酸菌の効果を高めることができますよ。

ヨーグルトの選び方

ヨーグルトはさまざまなメーカーから販売されており、味わいや容量などの違う多彩な種類があります。そのため、どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。ここからは、ヨーグルトの選び方について詳しく解説します。

1.好みの味で選ぶ

一口にヨーグルトと言っても、無糖タイプや加糖タイプ、プレーンタイプ、フルーツが入ったタイプなど味わいもさまざまです。砂糖の有無や風味などに着目して、好みに合ったものを選びましょう。

カロリーを抑えたいなら「無糖プレーン」

ダイエット中などでカロリーを抑えたい方には「無糖プレーン」のヨーグルトがおすすめです。糖分が入っていないため、加糖タイプよりカロリーが抑えられます。無糖プレーンヨーグルトの中にも、生乳だけを原料にしたものと、生乳に生クリームや脱脂粉乳などを加えたものがありますよ。

無糖プレーンヨーグルトのおすすめ

無糖タイプのプレーンヨーグルトは、カロリーを抑えたい方だけでなく、ヨーグルトの甘みが苦手な方にもおすすめです。ここでは、無糖プレーンヨーグルトのおすすめ商品をご紹介します。

森永 ビヒダス プレーンヨーグルト

PR
森永乳業 ビヒダスプレーンヨーグルト

商品情報

大腸まで届くビフィズス菌BB536を配合した、特定保健用食品のプレーンヨーグルトです。内容量 400g 保存方法 要冷蔵(10℃以下)

特定保健用食品のプレーンヨーグルトで、生きたまま大腸まで届くビフィズス菌BB536が含まれているのが魅力。酸味を抑えたまろやかな味わいで、無糖でも食べやすくなっています。かたすぎずサラサラしすぎないちょうどいい食感で、料理にも使いやすいですよ。

小岩井 生乳100%ヨーグルト

PR
小岩井 生乳100%ヨーグルト

商品情報

特定保健用食品 生乳だけをじっくりと発酵させました 
酸味の少ない、非常になめらかな食感と乳本来のやさしい味わいを実現しました

生乳だけを長時間じっくりと発酵させて作られた、生乳100%のヨーグルト。生乳の香りの中にほのかな甘みがあり、ヨーグルトだけでも食べやすくなっています。サラサラとした滑らかな舌触りで、デザートとしてヨーグルトを楽しみたい方にもおすすめです。

PARTHENO(パルテノ)プレーン

PR
森永 濃密ギリシャヨーグルト PARTHENO(パルテノ)

商品情報

「砂糖不使用で低カロリー」100gで100kcalなのでとてもヘルシーです。しかもたんぱく質を凝縮し、乳酸菌も豊富に含んでいます。

ギリシャの伝統的な水切り製法で作られた日本初のギリシャヨーグルト「パルテノ」。ヨーグルトの成分を濃縮して作られており、通常のヨーグルトの約3倍のタンパク質が含まれています。チーズのようなまったりとした舌触りと濃厚なコクがあり、ヨーグルトだけでも食べ応えがあります。酸味もなめらかでほのかな甘みもあり、料理に使うのもおすすめです。

食べやすいものがいいなら「加糖プレーン」

無糖のプレーンヨーグルトが苦手な方には「加糖プレーン」がおすすめです。原材料に砂糖や甘味料などが加えられており、無糖タイプよりも甘さがあるのでヨーグルト単体でも食べやすくなっています。食後のデザートとしてヨーグルトを楽しみたい方にもぴったりですよ。糖分が加えられている分、カロリーは高くなるので食べすぎないように適量を摂取するようにしてくださいね。

加糖プレーンヨーグルトのおすすめ

ほんのり甘みのある加糖プレーンヨーグルトは、ヨーグルト単体で食べたい方や食後のデザートとして食べたい方におすすめ。甘みがあるので小さな子どもでも食べやすいですよ。ここでは加糖プレーンヨーグルトのおすすめ商品をご紹介します。

雪印メグミルク 牧場の朝ヨーグルト

PR
雪印メグミルク 牧場の朝ヨーグルト

商品情報

家族みんなで楽しめるヨーグルトです。いちご果汁使用。いちごのさわやかな酸味とほどよいミルク感で、飽きのこない風味のヨーグルトです。

発売されてから35年以上に渡って愛されている、雪印を代表するヨーグルトです。砂糖のみで甘みを加えており、ナチュラルな甘味とさっぱりとした酸味が楽しめますよ。朝食やおやつなどにデザート感覚でヨーグルトを食べたい方にもおすすめです。一度の食事で食べ切りやすい70gの小分けタイプなので一人暮らしの方にもぴったりですよ。

グリコ BifiXヨーグルト

PR
グリコ BifiXヨーグルト ほんのり甘い

商品情報

エネルギー:70kcal、タンパク質:3.8g、脂質:0.7g、炭水化物:13g、食塩相当量:0.1mg

ビフィズス菌BifiXと食物繊維イヌリンをたっぷりと配合。ほんのりとした甘みがあり、酸味は抑えられているので小さな子どもにもおすすめです。ゼラチンや寒天も使われ、つるんとした食感でさっぱりとした舌触りなのが魅力。そのままでも食べ応えがあるヨーグルトなので毎日続けたい方にもぴったりです。

オイコス プレーン加糖

PR
オイコス 脂肪0 プレーン加糖 ヨーグルト

商品情報

1カップ当たり、タンパク質10g、脂肪0、カロリーたったの92kcalです。ヨーグルトのさわやかな後味と、自然な甘みとのバランスを特長としています。

三大栄養素の一つであるタンパク質を豊富に含んでいる「オイコス」シリーズのプレーンタイプ。程よい甘さでそのままでも食べやすく、脂肪0とは思えないようなクリーミーな仕上がりが特徴です。さっぱりとした爽やかな後味もあり、甘すぎずさっぱりとした味わいを楽しみたい方におすすめ。1個あたり113gと、一回で食べ切りやすい量です。

デザート感覚で食べたいなら「フレーバー付き」

ヨーグルトの中には、フルーツの果肉が入ったものやフレーバーが付いたものがあります。アロエやストロベリー、カスタードやチーズケーキなどバリエーションも豊富。スイーツ感覚でヨーグルトを楽しむことができますよ。 果肉が入っているものは食べ応えがあり、より満足感や満腹感も得られるので、あと少したべたいときの食後のデザートとしてもおすすめです。食べやすいヨーグルトで無理なく毎日続けたい方にぴったりですよ。

フレーバー付きヨーグルトのおすすめ

プレーンヨーグルトが苦手な方や、スイーツ感覚でヨーグルトを食べたい方には、果肉入りやフレーバー付きがおすすめです。バリエーションも豊かなので、好みの味わいのものを選んでくださいね。ここでは、果肉入りやフレーバー付きヨーグルトのおすすめ商品をご紹介します。

森永 アロエヨーグルト

PR
森永 アロエヨーグルト

商品情報

カラダの変化が気になる人にアロエの機能性とおいしさを提供する、森永アロエヨーグルトです。要冷蔵10℃以下 賞味期限にご注意ください。

発売されてから25年以上のロングセラーを誇る、森永の代表商品でもあるアロエヨーグルト。ほのかな甘みの中に爽やかさもあるさっぱりとした味わいで、アロエの食感も楽しめますよ。デザート感覚でも食べることができ、朝食やおやつにもぴったりのヨーグルトです。

明治 ブルガリアヨーグルト 3種のベリー

PR
明治 ブルガリアヨーグルト 脂肪0ブルーベリー3種のベリー

商品情報

脂肪0ブルーベリー3種のベリー 180g 賞味期限:商品発送時、12日~15日程度

ブルーベリーにストロベリー、アローニャ、カシスの4種類のベリーが楽しめるフルーツヨーグルトです。本場ブルガリア由来の乳酸菌を使用したさっぱりとした味わいで、ベリーの風味が引き立つ仕上がりになっています。脂肪0なので、脂肪分を控えたい人にもおすすめ!サラサラとした舌触りで食べやすいですよ。

おいしく果実白桃&黄桃ヨーグルト

PR
オハヨー乳業 おいしく果実 白桃&黄桃ヨーグルト

商品情報

白桃・黄桃をミックスしてヨーグルトに混ぜこみました。
果実のおいしさをお楽しみいただけるよう、厳選した果肉を独自の製法で仕上げました。

このヨーグルトは白桃と黄桃の果肉がたっぷりと入っており、桃の食感と芳香の良い味わいを堪能できます。生きたまま腸まで届くL-55乳酸菌も入っており、お腹に優しいのも嬉しいポイントです。

2.高い効果を求めるなら「トクホ・機能性表示食品」をチェック

ヨーグルトの中には、トクホ(特定保健用食品)や機能性表示食品に認定された商品もあります。トクホは特定の保健機能のある成分を含む食品で、消費者庁の審査を受けて認可された食品です。また、機能性表示食品は、国指定のルールに沿って事業者が食品の安全性・機能性に対して科学的根拠などを消費者庁に届け出ることで機能性の表示を認められた食品です。

共に一定の基準の審査をクリアした食品であるため、より健康に配慮したい方は、こうした認証マークが付いたヨーグルトを選ぶのも良いですね。認証マークはパッケージに記載されています。

明治 ブルガリアヨーグルトLB81

PR
明治 ブルガリアヨーグルトLB81 プレーン

商品情報

賞味期限:商品発送時、11日~13日程度
原材料・成分 生乳、乳製品

本場ブルガリアのLB81乳酸菌を使用した、正統派な味わいが楽しめる特定保健用食品のプレーンヨーグルトです。甘みも酸味も程よく、大人から子どもまで食べやすくなっています。そのまま食べるのはもちろん、消化にいいフルーツと一緒に食べるとデザート感覚で楽しめますよ。400gと大容量でコスパにも優れています。

雪印メグミルク ナチュレ 恵

PR
雪印メグミルク ナチュレ恵

商品情報

小腸に棲む「ガセリ菌SP株」と大腸に棲む「ビフィズス菌SP株」を使用したプレーンヨーグルトです。400gの大容量タイプです。

雪印メグミルク独自の乳酸菌であるガセリ菌SP株とビフィズス菌SP株を使用しており、腸内環境の改善に役立つ特定保健用食品です。シンプルな味わいの無糖プレーンヨーグルトで、ヨーグルトのさっぱりとした風味や酸味を楽しみたい方にもおすすめ!賞味期限は15日間あるので、買い置きしてヨーグルト習慣を続けるのにも便利ですね。

3.容器のタイプで選ぶ

ヨーグルトを選ぶ際は、ヨーグルトが入っている容器のタイプにも着目しましょう。食べる人数やシーンに合ったヨーグルトを選ぶと、自分に合ったコスパのいいヨーグルトを購入することができますよ。

大容量でコスパがいい「大型タイプ」

ヨーグルトを毎日食べる方や家族で食べる方には、たっぷり入った「大型タイプ」がおすすめ。ほとんどが400g入りで、200円前後で購入できるためコストパフォーマンスに優れています。 厚生労働省の食事バランスガイドを参考にすると、1日のヨーグルトの摂取目安は、一人分食べきりサイズのヨーグルトで1~2個となっており、約100~200gと考えられます。その基準で考えれば、大型サイズ1つで約4回分食べられます。

ただし、大型タイプは食べるときに別の容器に移す必要があるので、少し手間がかかるのはネックに感じる方もいるかもしれません。また、開封後は早めに食べ切る必要があります。

参考:厚生労働省「食事バランスガイド」

食べやすく分けやすい「小分けタイプ」

「小分けタイプ」のヨーグルトは、1食分である100g前後の小さいカップに分けられています。1回で食べ切りやすい量になっているため、気が向いたときに気軽に食べることができますよ。1つあたりのサイズも小さいので、冷蔵庫の保管スペースも取りません。 大容量タイプに比べると価格が割高なので、毎日頻繁に食べる方や家族みんなで食べたい方には不向きかもしれません。

ダノン ビオプレーン

PR
ビオ プレーン 加糖

商品情報

「胃酸に100倍強い* BE80菌配合」 「ダノン史上最強レベル*の生存率BE80菌」を中心に厳選した5種類の菌を独自にブレンド *当社比。

ダノンビオを代表するプレーンヨーグルト。生きて腸まで届くビフィズス菌BE80が入っています。少しの甘みでも食べやすくするために、ヨーグルトの酸味を抑えており、すっぱいヨーグルトが苦手な人にもおすすめですよ。一回で食べ切りやすい75gに小分けされているので、一人暮らしの方にもぴったりです。

お気に入りのヨーグルトを見つけよう!

ヨーグルトのおすすめと、ヨーグルトを食べるメリットや選び方について詳しく解説しました。ぜひこの記事を参考にして、体にいいヨーグルトを毎日の食事に取り入れてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー