目次

楽天カードの家族カードはお得がいっぱい!メリットとデメリット・注意点も徹底解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天カードの家族カードは、18歳以上で本会員と生計を同一としている配偶者や両親、子どもへ発行することで買い物の支払いに利用できます。得られたポイントは家族間で共有できるほか、支払いは一括で口座から引き落としとなるため家計管理にも便利です。

家族カード利用分も本会員同様にポイントが貯まるため、楽天サービスを利用する方が多いご家庭では導入しておくと役立つでしょう。

今回は、そんな楽天カードのメリット・デメリット、作り方から注意点までご紹介いたします。楽天カードや家族カードをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください!

楽天カードの家族カードとは

楽天カードの家族カードとは、楽天カード本会員の家族に対して発行されるカードです。クレジットカードはたとえ家族であっても貸し借りできませんが、家族カードを持っていると本会員がいなくてもクレジットカード払いが行えます。

家族カードの対象になるのは?

 家族カードは楽天カード1枚につき2枚まで発行可能です。対象となるのは、18歳以上で本会員と生計を同一としている配偶者(内縁の相手方や同性パートナーも含まれます)・両親・子どもに限られます。 生計を同一とするというのは同じ財布から生活費を共有しているという意味で、1人暮らしや単身赴任中であっても共有していれば対象となります。

年会費や還元率、利用限度額はどのくらい?

家族カードの年会費は永年無料(楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードは税込550円)でポイント還元率は1%となっています。 利用限度額は本会員の利用限度額までです。現在の利用可能額はどのくらいなのか、 あとどのくらい使えるのかを確認したい場合には、楽天カード会員専用サイト「楽天e-NAVI」にログインすると確認できます。

楽天カードの家族カードを利用するメリット

楽天カードの家族カードを発行して利用するメリットは、次の通りです。

ポイント共有ができる

1つ目のメリットは「家族カードの利用分もポイントが受け取れる」ことです。家族がそれぞれ異なる会社のカードを使ったり現金払いしたりしていると、貯まったポイントは本人しか使えません。しかし楽天カードと家族カードであれば、それぞれのカードで買い物をして受け取ったポイントは共有できます。

楽天カードで買い物をしても家族カードで買い物をしても、どちらも還元率は同じ1%でポイントが貯まりますが、家族カードのポイントは使用者ではなく本会員が受け取ります。 このようにして貯まったポイントは、「家族でポイントおまとめサービス」で移行することが可能です。

移行単位は50ポイント以上からで、上限は1ヶ月に1万ポイント以内です。楽天カードから家族カードへ移行したり、家族カードから家族カードへ移行するなど、家族間で自由に移行ができます。子どもにお小遣いとして渡したり、まとめて貯めておいたりすることもよいでしょう。 ただし、キャンペーンで受け取った期間限定ポイントや楽天関連のサービスで交換したポイントなど、一部移行できないものもあります。

口座を一本化して家計の管理が楽になる

2つ目のメリットは「利用明細をまとめて確認できる」ことです。 楽天カードと家族カードの利用料金は、月末締めで翌月の27 日に支払いとなります。 毎月27日に本会員と家族の利用分が、まとめて本会員の指定した口座から引き落とされるため、出費が分散することなく家計の管理が楽になるでしょう。

また楽天e-NAVIにログインすることで、全員分の明細の閲覧が可能です。そのためどのような使われ方をしているかの確認や、無駄遣いしていないかお互いに注意したり、不正使用されていないかなどのチェックもできます。ただし、全員分の明細の閲覧ができるのは本会員のみで、家族カードの利用者は本会員の明細を見ることはできません。

審査対象は本会員のみで簡単に作れる

クレジットカードを作成する場合は審査があり、楽天カードも例外ではありません。18歳以上(高校生は対象外)で国内在住という条件をクリアしていれば申し込みはできますが、世帯収入などの基準を満たしていなければ審査で落とされてしまう場合もあります。

しかし、家族カードは家族に対して審査は一切ありません。18歳以上で本会員と生計を同一としている配偶者・両親・子どもに対してであれば誰にでも発行できます。

楽天カードの家族カードを利用するデメリットと注意点

楽天カードの家族カードを発行して利用するデメリットは、次の通りです。

利用限度額は共有なので計画的な利用が必要

楽天カードと家族カードには、ポイント以外に共有されるものとして利用限度額があります。利用限度額は利用可能額ともいい、クレジットカード会社が立て替えをしてくれる限度額を設定するもので、この金額を超えた買い物はできません。

支払日に利用金額が引き落とされると、その分だけ利用可能額が復活してまた買い物ができるようになります。 この利用限度額は家族間で共有となるため、例えば家族カードを2枚発行して配偶者と子供が1枚ずつ利用する場合、3人分の買い物の合計が利用限度額を超えるとカードが利用できなくなってしまいます。

このような事態を防ぐためには、利用限度額を高く設定し直すか、ときどき明細を確認して使いすぎであれば注意しあったり、使い方を話し合ったり計画的にカードを利用することが大切です。

ETCカードは不可

楽天カードには楽天ETCカードを発行できるサービスがあります。楽天カードを持っていれば楽天 e-NAVIから簡単に申し込むことができ、持っていない場合は楽天カードへの入会手続きの際に同時に申し込むことも可能です。

年会費は楽天ゴールドカードか楽天プレミアムカードを持っていれば (もしくは会員ランクがダイヤモンドかプラチナであれば)無料、その他の会員でも年会費550円(税込)と安く利用できます。通行料金に対しても還元率1%のポイントを受け取ることができるのでとてもお得です。

しかし、家族カードからではETCカードの発行はできません。それぞれ車を所有しているなど、ETCカードが別々に1枚ずつ必要な場合は、家族カードではなく楽天カードを個別に作成する必要があります。

楽天カードの家族カードを作るには

楽天カードの家族カードは、以下の手順で作成できます。

作成の手順について

まず楽天e-NAVIにログインして、メニューの「カードの申し込み」から「家族カード」を選びます。フォームに、利用する家族の氏名や生年月日といった個人情報、4桁の暗証番号などを入力して送信すると手続きは完了です。

大体1週間から10日程度で、本会員が登録している住所へカードが届きます。カードの配送状況は、サイトやアプリからいつでも確認が可能です。 カードのデザインは、楽天カードを新規発行する場合には選べますが、家族カードの場合は選べず楽天カードと同じものになります。

本会員の場合とそうでない場合の手順の違い

上記の作成手順は既に本会員が楽天カードを持っている場合のものであり、まだ本会員でない場合にはまず楽天カードに入会する必要があります。その際に家族カードも同時に申し込むことが可能です。

楽天カードへの新規入会手続きをする際には、メールアドレス(楽天会員ではない場合)、通帳かキャッシュカード、運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類を手元に用意しておくとスムーズに進められます。

申し込みフォームに氏名、住所、生年月日などの個人情報を入力し、本人確認書類と情報が違っていないかをよく確認しましょう。最後に「家族カード」を選んで送信するこ とで、同時に申請手続きができます。その後入会審査に通ればカードが発行され、大体1週間から10日程度で届きます。審査の状況やカードの発行・配送状況は、サイトやアプリからいつでも確認できます。もし審査に落ちてしまうと、残念ながら家族カードも発行されません。

楽天の家族カードを活用しよう

 楽天カードの家族カードは、本会員と同じようなサービスを受けられるお得で便利なカードです。18歳以上で本会員と生計を同一としている配偶者や両親、子どもであれば審査の必要なく簡単に発行できます。買い物に利用した分は本会員の口座からまとめて引き落とされるため、家計の管理も分かりやすくなるでしょう。

本会員は明細の確認ができるため、カードを使うのが初めての子供にも安心して持たせることができます。また受け取るポイントは共有して分け合えるため、お小遣いとして子どもに分け与えたり、じっくり貯めておいてまとめて一気に使うなどができるのもうれしいポイントです。

ただし利用可能額も共有となるため、1人が買い物をしすぎてしまうとほかの家族が買い物できなくなるリスクがあります。家族で使い方を話し合い、計画的に利用することが大切です。また家族カードはETCカードの発行ができないなどのデメリットもあるので注意しましょう。

こちらもチェック!
楽天のSPU(スーパーポイントアップ)とは?賢い貯め方・使い方を徹底解説!

SPU(スーパーポイントアッププログラム)とは、楽天関連サービスを利用することで、楽天市場で買い物をした際に受け取ったポイントが最大16.5倍にもなるポイントアッププログラムです。 今回は、SPUの仕組みから特典の内容、キャンペーンを併用したお得なポイントの貯め方や注意点をご紹介いたします。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天ポイント・クーポン活用術のカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー