目次

Amazonで正規品を見分ける方法!偽物を購入した際の対処法も解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「Amazon.co.jp」には、時折偽物や模倣品が販売されることがあります。本記事では、安心して正規品を購入するためのポイントを解説します。ほかにも、Amazonで正規品を見分ける方法や偽物を購入してしまった際の対処法についてもご紹介します。

Amazonで偽物を購入してしまった方や不安に感じている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

Amazonでは偽物の商品が販売されることがある

Amazonなどのオンラインプラットフォームでも時折、偽物や模倣品が販売されることがあります。これは大手オンライン市場であっても、セラー(出版業者)や販売者が数多く出店しているために発生します。

Amazonには多くのセラーが出品しており、その中には信頼性が低いセラーも混ざっています。また、数億点という膨大な商品数の中でどのように供給されているのか正確に把握するのは難しく、正規品と模造品が混ざることがあります。

そんな状況に対して、Amazonでは偽物の取引を防ぐために努力しており、偽物の報告や取引の停止に迅速に対応しています。ただし、出品数が多く完全に偽物を防ぐことは難しいとされています。

Amazonで正規品を見分ける6つの方法

Amazonでは想像以上に偽物や不良品が出回っています。ショッピングを快適にするためにも以下の正規品を見極める方法があります。

  • Amazonが販売する商品を購入する
  • 商品の価格を確認する
  • 出品者の評価を確認する
  • 商品のレビューを確認する
  • 発送元が海外の商品は避ける
  • 偽物が多い商品ジャンルやブランドを把握する

詳しく見ていきましょう。

1.Amazonが販売する商品を購入する

Amazonには、Amazonが販売元になっている商品と、Amazonマーケットプレイスの出品者が販売している商品があります。同じ商品でも、Amazonマーケットプレイスの商品の方が安い場合があります。

ただし、偽物の購入を防ぐには、販売元や出荷元がAmazonである商品を選びましょう。Amazonが直接関与している商品は信頼性が高い上に、トラブル時も同一商品との交換や全額返金など対応がスムーズです。

Amazonマーケットの出品者からの商品にトラブルが見つかった時には、出品者と直接交渉する必要に迫られ面倒です。返金の保証もありません。

2.商品の価格を確認する

Amazonマーケットプレイスの出品者が販売しているブランド品には、通常価格より大きく安い商品が時折見られます。

このような異常に安い商品は偽物である可能性があります。偽物や粗悪品が届くか、最悪の場合には商品が届かない時も考えられます。

そのため、定価より安い商品は偽物と疑い購入するのを避けましょう

3.出品者の評価を確認する

Amazonの商品のなかにはAmazonマーケットプレイスの出品者しか扱っていない商品もあります。

その時は、Amazonマーケットプレイス出品者の評価をチェックしましょう。この時、全体的に評価が高い場合でも悪い評価も確認するのがポイントです。

Amazonマーケットプレイスの中には架空の会社名や住所、電話番号などを記載している業者も見られます。もし、怪しいと感じた場合には会社情報を検索し、実在するかどうか確認するのも大事です。

4.商品のレビューを確認する

販売元がAmazonでもAmazonマーケットプレイス出版社の商品でもカスタマーレビューを見れます。カスタマーレビューでは販売ではなく、商品の口コミをチェックできます。

カスタマーレビューは商品ページの下部にあります。偽物や不良品などの文言がないか注意が必要です。良い評価だけでなく、悪い評価のレビューを確認すると粗悪品を防ぐことが可能です。

ただし、カスタマーレビューには偽物やサクラが存在するので注意が必要です。文言が似ていたり、おかしな日本語の場合は疑わしいレビューです。

5.発送元が海外の商品は避ける

商品が海外から発送されるものは偽物や不良品の可能性が高く、配送に時間もかかり、交換・返品が面倒などリスクがあります。

海外からの発送かどうか確認するには、商品ページの「配送オプション」から確認できます。仮に海外から発送される商品には「海外からお届けします」と明記されます。

また、「関税・消費税別途必要」や「関税・消費税込み」という記載もあります。海外から発送される商品はリスクが高いので避けるようにしましょう

6.偽物が多い商品ジャンルやブランドを把握する

商品の偽物が多いジャンルやブランドなのか事前に知っておくことも重要です。偽物が多いジャンルとして、ブランド品や電気製品・周辺アクセサリー、ゲーム機器の周辺アクセサリー、玩具(おもちゃ)などです。

特に偽物か類似商品が多く見られるのが、Apple製品のアクセサリーです。純正品と比べると、価格が異常に安かったり、純正にはない特徴・機能を有するなどの偽物があります。

偽物が出回りやすい商品の種類を知っておくと、商品選びに役立ちます。

Amazonの「並行輸入品」は偽物が多い?

日本に輸入された商品の中には正規輸入品と並行輸入品があります。並行輸入品は非正規ルートで輸入された商品です。

並行輸入品はAmazonでは商品ページの頭や最後に「並行輸入品」と記載されています。

  • Amazonの平行輸入品とは
  • 平行輸入品は偽物が混在する場合がある
  • 並行輸入品と正規品の違い

並行輸入品の購入は違法ではありません。メリットもあるので並行輸入品を理解して買い物するために詳しく見ていきましょう。

Amazonの並行輸入品とは

並行輸入品とは、海外の公式ブランドとは関係のない会社や個人が輸入・販売しているブランド商品のことをいいます。

並行輸入品は正規輸入代理店を通さず仕入れられるため、正規代理店取扱商品と比べると価格が安いケースがあります。並行輸入品にはそのような条件は当てはまらない上に、円高になれば安く買える場合もあります。

また、場合や日本国内で未発売の商品を購入できる可能性があります。商品によっては特定の国しか扱っていないものもありますが、並行輸入品ならいち早く手に入れることができるのも魅力です。

並行輸入品は偽物が混在する場合がある

並行輸入品の購入で注意したいのは、正規輸入品と違い保証面が強くない面があります。

並行輸入品を購入すること自体は違法ではなく、購入者の自由です。ただし、並行輸入品の中には偽物やコピー商品が混じっている場合もあります。

並行輸入品と正規品の違い

正規輸入品と並行輸入品との違いは大きく3つの項目で分けることが可能です。

価格が高い

並行輸入品よりも正規輸入品の方が価格が高いケースが多いです。平行輸入品は日本の正規販売代理店を通しておらず、人件費や広告費などがかかっていません。

また、ブランドイメージや値崩れ防止する必要もない上にセール対象商品もなりやすく、同じ商品でも並行輸入品の方が安い場合が多いです。

信頼性が高い

正規輸入品の場合には正規販売代理店を通じているので信頼性は間違いなく高いです。正規ルートで輸入されているので偽物や不良品である心配をせずに商品を購入できます。

保証が存在する

正規輸入品は安定した保証があります。故障や不良品があった場合でも返品や交換などアフターフォローがしっかりしている販売店が多いです。

Amazonで偽物を購入してしまった場合の対処法

万一、Amazonで偽物を買ってしまった場合の対処法は以下の通りです。

  • 返品手続きを行う
  • Amazonカスタマーサービスに問い合わせる
  • 購入履歴や偽物の証拠を保存しておく

詳しく見ていきましょう。

1.返品手続きを行う

AmazonおよびAmazonマーケットプレイスの出品者から購入した商品は到着後から30日以内の返品・交換が可能です。保証金額は、配送料を含めた最高300,000円までです。

Amazonでの返品手続きを行う前に、Amazonマーケットプレイスから購入した商品の場合には出品者に連絡し48時間の問題解決の時間を与える必要があります。48時間経過しても連絡ない場合にはAmazonでの返品手続きに進みます。

返品手続きは、パソコンとスマホでは最初のアクセスの仕方が異なります。パソコンからならAmazonのトップページの「注文履歴」、スマホならアプリの「≡」をクリックし「アカウントサービス」と進み、返品したい該当商品を選びます。商品の返品時には返品の理由や手続き方法を選択していきます。

2.Amazonカスタマーサービスに問い合わせる

Amazonで偽物を買ってしまった場合の対応方法として、Amazonのカスタマーサービスに問い合わせすることも可能です。

カスタマーサービスへの問い合わせ方法は最初のアクセスがパソコンとスマホで異なっています。パソコンなら画面下部の「ヘルプ」をクリック、スマホなら「≡」をクリックし画面下部の「カスタマーサービスに進みます。

あとは「注文内容について」を選択し「商品に問題があった」をクリックし、「カスタマーサービスへ連絡」と進みます。問い合わせ方法はチャットと電話の2種類から選択できます。

3.購入履歴や偽物の証拠を保存しておく

Amazonで偽物を買ってしまった場合の対処として、取引の履歴や証拠を残しておくことです。Amazonの注文履歴には、注文番号や購入日時、支払方法、出品者名などの情報が含まれています。確認方法は、「注文履歴」から該当商品の「注文内容を表示」をクリックします。

証拠として、商品の写真や動画、証明書や鑑定書などが挙げられます。これらの情報は返品・交換の手続きやAmazonマーケットプレイス保証の申請をする時に提出を求められる場合があります。

商品によっては、購入後に商品ページが削除されているケースがあります。すると、商品の写真やレビューを閲覧できなくなってしまうために、なるべく早めに証拠を保存しておくことがおすすめです。

Amazonで正規販売店・代理店を見分ける方法

「正規販売店」や「正規代理店」はブランドメーカーと正式に契約し、商品を正規に仕入れて販売しています。これによって品質や信頼性が確保されています。また、確実な販売ルートのために消費者は安心してショッピングできます。

販売元が正規販売店や正規代理店の場合、偽物が届く可能性は低いです。正規ルートから商品を仕入れているために信頼性が担保されている上に、ブランドのサポートもあります。

1.出品者名とブランド名が同じ名前になっている

ブランド名と出品者名に同じ名前が入っている場合には注意しましょう。商品ページの商品名や販売元がAmazonではなく同じ名前が入っている時はメーカー自身が出品しているか、OEMで独占販売していることがあります。

このような商品は中国から湯有した商品や国内メーカーに多い印象があります。

2.出品者名に「正規販売店」「正規代理店」が入っている

出品者名に「正規販売店」や「正規代理店」と記載されている場合も注意しましょう。この表記が本当に正しい場合と嘘の場合とがあります。

この正規販売店や正規代理店という記載が何を意味しているのか確認しましょう。その販売元の商品全てが対象なのか、それとも一部の商品に限った話なのかを判断が必要です。

Amazonで安心して商品を購入するポイント

ここまで、Amazonで正規品を見分けるための方法と偽物を購入した際の対処法についてご紹介しました。まず、正規品を選ぶポイントとして、販売元や出荷元がAmazonであることです。これにより、信頼性が高くなりトラブル時の対応もスムーズになります。

また、価格の確認や出品者の評価、商品レビューの確認、海外発送商品の回避などで偽物を購入するリスクを下げることが可能です。

万が一偽物を購入してしまった場合もAmazonでの返品手続きやカスタマーサービスへの問い合わせなどによって対処できます。

安心してAmazonでお買い物をするためにもぜひ本記事を参考にしてくださいね。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazonの困ったを解決!のカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー