この記事で紹介されている商品

コンシーラーブラシのおすすめ13選!プチプラの安い商品をご紹介・選び方を解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

目の下のクマやシミなど狙った部分をピンポイントでカバーできる「コンシーラーブラシ」。塗りムラができにくく、均一でなめらかな肌に見せるためのアイテムです。しかし、毛の種類やプチプラ・デパコスなど価格もさまざまで、何を基準に選んでよいか迷いますよね。

そこで今回は、コンシーラーブラシの選び方をご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

コンシーラーブラシを使うメリット

指先でトントンとコンシーラーを肌になじませているものの、目の下のクマやシミなどうまく隠れず、ムラのある仕上がりに悩んでいませんか。

そんなお悩みに役立つのがコンシーラーブラシです。コンシーラーブラシを使えば、毛先が肌に密着してムラのない均一な肌に仕上がるでしょう。またスリムな筆の形状からリップブラシとしてや鼻筋にハイライトを入れるときにも活用できます。

コンシーラーブラシの使い方は簡単。ブラシ部分にコンシーラーを少量取り、手の甲や手首の内側にのばして量を調整してから気になる部分にコンシーラーをのせます。その際に肌の流れに沿ってブラシを動かすように意識しましょう。顔の中心から外側に向かって薄くのばしていくイメージです。

そのほか、コンシーラーブラシの肌の悩み別の使い方はは次の通りです。ぜひコンシーラーのメリットを活かして使ってみてくださいね。

・シミやニキビ、ニキビ跡などの気になるところにポイントでのせる

・目の下のクマやほうれい線にはリキッドやクリープタイプを多めにのせる

コンシーラーブラシの選び方

はじめてコンシーラーブラシを購入する人は、「筆の形」「毛の種類」「長短」に注目して選ぶのがおすすめです。

ここからはコンシーラーブラシの選び方をご紹介します。重視したいポイントをチェックして、自分にぴったりなコンシーラーブラシを選びましょう。

1.筆の形で選ぶ

コンシーラーブラシの筆の形は、大きく分けて「平筆タイプ」「細筆タイプ」「歯ブラシタイプ」の3タイプです。

それぞれの特徴やメリットをより詳しくご紹介していくので、こだわりや好みに合わせてコンシーラーブラシを選んでみてくださいね。

平筆タイプ

クマやシミなどをキレイにカバーしたい人は平筆タイプのコンシーラーブラシがおすすめです。平筆タイプは毛先の面が平らで広く、コンシーラーをのせる際に肌にしっかりと密着してカバー力があるのが特徴といえます。

ただし、慣れない場合は厚塗り感が出てしまいがちなので、クマ隠しであれば軽くて柔らかいテクスチャのコンシーラーを選ぶのがおすすめです。

さらに平筆タイプのなかでも柔らかい毛質のブラシを使って、肌に軽くコンシーラーをのせると自然な仕上がりになりますよ。

細筆タイプ

小さなシミやソバカス、ニキビ跡などポイントでカバーした人には細筆タイプのコンシーラーブラシがおすすめです。

筆自体や筆の根本が大きめでも、毛の先端が細くなっていれば問題ありません。毛先の幅やカッティングによって、塗りやすさも変わってきます。購入後に使いたい箇所に合わせて毛先の細さを自分でカットして調整するのもいいでしょう。

シミやソバカスなどのポイントカバーするコンシーラーは硬めのテクスチャが多く、筆先が細くて硬い毛質のものが使いやすいですよ。

歯ブラシ型

厚塗り感を出さずにコンシーラーをなじませたい人におすすめなのが歯ブラシ型です。大・中・小などサイズ展開されているため、カバーしたい範囲に合わせて使い分けができます。

歯ブラシ型のコンシーラーブラシの使い方は次の通りです。

・シミなど気になる部分にコンシーラーをのせる

・コンシーラーの周りをブラシで軽くなじませる

・仕上げにファンデーションで軽く抑える

特に厚塗り感を出さずにうまくカバーするポイントは、ブラシでなじませる際に触りすぎず軽く触れる程度にすることです。ぜひ試してみてくださいね。

2.毛の種類で選ぶ

コンシーラーブラシの毛の種類には、大きく分けて「人工毛」と「天然毛」の2種類があります。天然毛だからよい、人工だから悪い、というわけではありません。

ここではそれぞれの毛の特徴やメリット、お手入れの仕方などを詳しくご紹介していくので、自分のこだわりや好みに合わせて選んでみてくださいね。

人工毛

人工毛のメリットはナイロンやポリエステルなどの素材が使われており、耐久性が高くお手入れがしやすいのがメリットです。

こまめなお手入れが必要になるリキッドやクリームタイプの、ぽってりとしたコンシーラーをよく使用している人には洗やすい人工毛がおすすめです。

ただし、敏感肌など肌質に気を使う人には刺激になってしまう可能性もあるため注意が必要です。

天然毛

天然毛はイタチや鹿、山羊など動物の毛が使われており、品質が高く、肌触りがよいのがメリットです。

ただし、天然毛は人工毛に比べて価格が高く、頻繁にお手入れをすると痛みやすく劣化してしまいます。そこでコンシーラーはリキッドよりもパウダータイプを使うのがおすすめです。

いずれにしても使用後はお手入れが必要なため、プチプラやコスパを重視している人は天然毛よりも人工毛のコンシーラーブラシを購入するとよいでしょう。

3.持ち運ぶなら全長が短いものを

普段、化粧グッズをポーチやバッグなどに入れて持ち運ぶ人はコンシーラーブラシの全長が短いものを選ぶのがおすすめです。

コンシーラーブラシの長さはメーカーやタイプによって異なりますが、全長150mm前後のものが多いのが特徴です。小さめのポーチに入れて持ち運ぶのであれば全長150mm以下のもがよいでしょう。

また、ブラシの毛の部分にホコリやゴミが付着しないようにキャップ付きやケース付きのタイプを購入するのがおすすめです。キャップ付きやケース付きのタイプを携帯用として持ち歩くとポーチやカバンの中も汚れず便利ですよ。

コンシーラーブラシのおすすめ商品14選

ここからは、おすすめのコンシーラーブラシ14選をご紹介します。化粧筆の有名メーカーの商品や海外ブランド、プチプラ商品をまとめたので、予算や用途など自分のこだわりに合ったものを見つけてみてくださいね。

PR
ロージーローザ ダブルエンドコンシーラーブラシ 1個 (x 1)

商品情報

広い面に使える幅広タイプとピンポイントで使える極小タイプ、2つの平筆で上手にカバー! 程よいコシとしなりでコンシーラーを肌にフィット。

こちらのコンシーラーブラシは幅広タイプと極小タイプの2つを使い分けられるのが魅力です。幅広タイプは先端がシャープになっており、下まぶたのキワなどに使いやすく、目の下の気になるクマや色ムラなどのカバーにおすすめ。極小タイプはシミやそばかすなどの細かい部分をピンポイントでカバーしたいときに使い分けると便利ですよ。

PR
六角館さくら堂 ベースメイクブラシ

商品情報

ブランド 六角館さくら堂
毛の素材 ナイロン
色 黒
材質 ナイロン
商品の形状 ペンシル

化粧崩れが気になる方におすすめなベースメイク・下地専用のコンシーラーブラシです。

こちらのブラシは毛の素材がナイロンなので、リキッドを吸収せず、ほどよく染み込んで少量で肌に均一に伸ばせるのが特徴といえます。

また丸くカットされた毛先がシミやそばかすなど細部にピンポイントでカバーして崩れにくいベースに仕上がりますよ。コンシーラーはもちろん、リップブラシとしても活用できる1品です。

PR
貝印 コスメアップ シリコーンマルチブラシ

商品情報

ブランド 貝印
毛の素材 シリコーン
商品の推奨用途 フェイスメイク
色 ベージュ・ブラック
肌タイプ 普通肌

貝印のシリコーン素材のマルチブラシです。ほどよい弾力感があり、リキッドタイプのコンシーラーやジェムタイプのアイシャドウ、リップをぼかし塗りするなど、これ1本でメイクの幅が広がるでしょう。

またシリコン性のため、使用後すぐに水洗いすればコンシーラーや汚れも簡単に落ちるため、お手入れが簡単なのもうれしいですね。

PR
志々田清心堂 コンシーラーブラシ

商品情報

ブランド 志々田清心堂
毛の素材 ナイロン
色 ブラック
材質 ナイロン
肌タイプ 全肌質
商品の形状 スティック

こちらの商品は毛先の細かい上質ナイロンを使用した1品です。やさしい肌触りと適度な弾力で、シミなどのポイントメイクはもちろん、アイシャドウなど細部のメイクにおすすめです。

お手入れの際は洗った後に乾きやすく、耐久性にも優れているのもポイントです。使い勝手のいいベーシックなコンシーラーブラシとして1本持っておいてもよいでしょう。

PR
RMK コンシーラーブラシ

商品情報

ブランド Real Techniques
色 ピンク
商品の形状 オーバルブラシ
個数 1
商品寸法 (長さx幅x高さ) 46 x 19 x 206 mm
商品の重量 20 グラム

アメリカのメイクアップアーティストが監修する美容ブランド「リアルテクニクス」のコンシーラーブラシです。

丸みを帯びた短めの毛先はクリームやリキッドコンシーラーなど、肌になじませやすいのが魅力です。シミやそばかすなど細かい部分を塗る際に使いやすいブラシですよ。

PR
メイコー化粧品 コンシーラーブラシ

商品情報

ブランド メイコー化粧品
毛の素材 PBT
肌タイプ 乾燥肌, 普通肌, 敏感肌, 脂性肌, 混合肌

日本の工場で生産されているメイコーコレクションの商品。毛先はほどよい柔らかさでコンシーラーが密着し、クマやニキビなどピンポイントでカバーできますよ。

小さいブラシが小鼻周や口角などにもしっかりフィットしてくれるので指先でコンシーラーをのせるときよりも肌になじみやすいはず。厚塗りにならず自然な仕上がりが魅力のコンシーラーブラシです。

PR
ケイト コンシーラーブラシ

商品情報

ブランド ケイト
素材 ブラシ:PBT 軸:AL、AS
商品サイズ 高さ164mm×幅36mm×奥行き15mm

まるで指のような優しいフィット感が魅力のコンシーラーブラシです。毛先は濃密極細毛の真円形状で毛先割れや筋ムラになりにくく、部分使いにぴったりなクッションタイプが特徴です。

使い方は気になる部分にポンと置くようにコンシーラーをつけるだけ。手軽にキレイな肌に仕上がるので、コンシーラーブラシの使い方に慣れてない人にもおすすめですよ。

PR
さくら筆 しみ・クマ消しコンシーラーブラシ

商品情報

ブランド さくら筆
商品の形状 オーバルブラシ
商品のサイズ 全長:約131mm  毛丈:約11mm  
素材 穂先:粗光峰 100%  軸:樹脂

日本有数の化粧筆作りの産地である広島県熊野町の職人が手作りしたブラシです。直径1cmの円形フラットブラシが手やスポンジでコンシーラーを塗るよりも、毛穴や肌の凹凸になじむのが魅力といえるでしょう。

指先とほぼ同じ大きさのブラシで小回りが聞きやすく、余分な力が入りにくいのでコンシーラーがなじみやすいのが特徴です。肌も自然な仕上がりになりますよ。

PR
DUcare アイシャドウブラシ 6本セット

商品情報

ブランド DUcare
毛の素材 馬毛
色 ブラック
肌タイプ 普通肌
商品の形状 オーバルブラシ
個数 6
ハンドル材質 木材

こちらは化粧ブラシ6本セットです。コンシーラーブラシの毛の素材は高級感のある見た目と耐久性に優れた高級PBTを使用し、シミやソバカスなど肌の気になる部分にコンシーラーをのせてしっかりとなじんでくれるでしょう。

そのほかにもさまざまな形や細さ、毛質のブラシが入っているので、アイシャドウやリップなど部位に合わせてに使いたい方にもおすすめです。

PR
ロージーローザ ポイントメイクアップブラシセット

商品情報

ブランド:ロージーローザ
メーカー名:シャンティ
商品の重量:10g
商品サイズ(高さx奥行x幅):21.5 x 4.8 x 0.7 cm

こちらはシミやニキビなど細部のカバーに使いやすい凸型と極小平ブラシの2本セットの商品です。

凸型ブラシはコンシーラーでポイントカバーをするのにおすすめ。極小平ブラシは目のキワや涙袋メイクに使い勝手がよいのが特徴です。

プチプラで気軽に購入できるお値段なのもうれしいポイント。化粧ポーチの中に1セットあると使い分けができて便利ですね。

PR
瑞穂 熊野化粧筆 コンシーラーブラシ

商品情報

ブランド 瑞穂 熊野化粧筆
毛質 PBT 
サイズ 全長:135mm 毛丈(詳細):10mm厚み3mm

極細の人工毛を使ったコンシーラーブラシです。指先ではつけにくい目じりや小鼻の脇など、細部までムラなくカバーできますよ。しっかりとコシのある毛先がまとまりやすい形状なので、クリームタイプやリキッドタイプのコンシーラーを使うときにおすすめです。

サイズも全長13.5センチと短めなので、カバンに入れて持ち歩くのにも便利ですよ。

PR
江原道 コンシーラー ブラシ

商品情報

ブランド 江原道株式会社
素材 ブラシ:PBT、口金:アルミ、ハンドル:木 毛質:PBT
商品サイズ 全長:約142.5mm 

これ1本でさまざまな使い方ができるコンシーラーブラシです。ブラシを寝かせて使えばクマやソバカスなどの広範囲のカバーがしっかりとできます。また毛先を立てて使えばニキビやニキビ跡などの気になる部分にピンポイントで使えますよ。

気になる肌の悩みをカバーして、より化粧を楽しみにさせてくれるブラシでしょう。

PR
bareMinerals マックス カバー コンシーラー ブラシ

商品情報

ブランド オルヴェオン グローバル ジャパン(旧ベアエッセンシャル)
原産国 ‏ : ‎ 中国

エッセンシャルオイルなど自然派コスメを扱うアメリカの化粧品ブランド「ベアミネラル」のコンシーラーブラシです。

ミネラル ファンデーションやコンシーラーを重ねづけしてシミやクマ、ニキビ跡、赤みなどの気になる肌トラブルをしっかりカバーしてくれますよ。

こちらの商品はカバー力のあるブラシを探している人におすすめです。

PR
DUcare コンシーラーブラシ

商品情報

ブランド DUcare
色 ブラック|グレー
肌タイプ 普通肌
商品の形状 オーバルブラシ
ブラシの長さ 12 ミリメートル
フェルール材質 アルミニウム

こちらのブラシは0.03mmの極細毛を使用し、柔らかい毛質と密着感でふんわりと肌になじむのが魅力。毛の束が筒状なのでクマやシミなど狙ったポイントにコンシーラーに合わせてしっかりと密着してぼかしやすいのが特徴です。

リキッドタイプのコンシーラーでもカバー力が落ちずに自然な肌に仕上げることができます。ブラシの長さは12cmと短めなので、小さめのポーチに入れて外出先でも化粧直しをすることができますよ。

コンシーラーブラシを使って肌をキレイに仕上げよう!

コンシーラーブラシがあれば、シミやニキビ跡を自然にカバーしてなめらかな肌に仕上げることができます。毛先の形や素材によって合うコンシーラーも異なるため、購入を考えている方は要チェックですよ。ぜひ本記事の選び方やおすすめ商品を参考に、自分にぴったりなコンシーラーブラシを選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

コスメ・化粧品のカテゴリー

その他の美容・コスメカテゴリー

新着記事

カテゴリー