目次

Amazonフレッシュとは?配送料や利用方法、ライフとの違いも解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

Amazonフレッシュは、東京都や神奈川県、千葉県の一部地域で新鮮な野菜や果物などを自宅に届けてくれるサービスです。1万円(税込)以上の注文なら通常配送料が無料になり、大変便利といえます。

今回は、Amazonフレッシュで購入できる商品のラインナップやメリット・デメリット、利用する流れなどを解説します。

Amazonフレッシュに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

Amazonフレッシュとは?

Amazonフレッシュとは、品質にこだわった新鮮な野菜・果物などの生鮮食品や、お米やオムツなど重くてかさばる商品などを届けてくれるAmazonのサービスのことです。

主に以下のような特徴があります。

  • 徹底した温度管理で鮮度が高い食材を届ける
  • 配送料は基本的には490円、1万円(税込)以上の購入で送料無料
  • 注文から最短2時間で届く
  • 配達時間は8時から24時まで(エリアによっては7時から23時まで)、2時間ごとにお届け時間を指定できる
  • 東京都や神奈川県、千葉県の一部地域で利用可能
  • 置き配も利用可能

注文から最短2時間程度で届くため、急ぎで注文したい方にもおすすめです。

Amazonフレッシュの利用料金

Amazonフレッシュの利用料金は以下の通りです。

 内容
会員費プライム会員の場合、会員費は無料
最低利用金額4,000円(税込)
配送料1回の注文につき490円、1万円(税込)以上の注文で配送料無料

プライム会員の場合、追加でかかる会費や手続きはありません。プライム会員登録は30日間の無料体験期間があるため、まずはその期間中だけ利用してみるのもよいでしょう。

Amazonフレッシュを利用できる時間帯

Amazonフレッシュは、通常のAmazonと同様に24時間利用可能です。

ただし、受け取り時間は指定されています。朝8時から夜24時まで(エリアによっては朝7時から夜23時まで)、2時間ごとに受け取り時間を指定できます

注文してから最短2時間で届けてくれるため、ライフスタイルに合わせて自由に利用可能です。

さらに追加料金を支払うことで一部地域では1時間単位の受け取り時間を指定することもできます。

注文が殺到したり交通事情や天気などのやむを得ない理由があったりする場合は、配送の遅延、または別の日時指定を選ぶこともありますが、基本的には注文した時間通りにきちんと届けてくれます。

Amazonフレッシュの配送地域

Amazonフレッシュの配送地域は、東京都や神奈川県、千葉県の一部地域です。

 エリア
東京都港区・千代田区・中央区・江東区・墨田区・江⼾川区・新宿区・⽂京区・台東区・荒川区・⾜⽴区・葛飾区・渋⾕区・目⿊区・世⽥⾕区・杉並区・品川区・大田区・中野区・調布市・狛江市・府中市、三鷹市
神奈川県横浜市(青葉区・旭区・磯⼦区・港北区・神奈川区・西区・中区・鶴見区・都筑区・南区・保土ケ谷区・緑区)、川崎市(中原区・多摩区・宮前区・高津区・幸区・川崎区・麻生区)
千葉県市川市、浦安市、 習志野市 、 船橋市、松戸市 、 千葉市美浜区、 千葉市花見川区

ただし、上記地域でも一部利用いただけない地域があるため、詳細についてはAmazon公式サイトで確認してみてください。

Amazonフレッシュは置き配も利用可能

Amazonフレッシュは、置き配設定できます。ただし、以下のような注意点があります。

  • 置き配先は玄関先のみ
  • 玄関先をきれいで安全な状態にしておく
  • オートロック付きの自宅に住んでいる場合、配達員が来たときにオートロック解除をする必要がある
  • 5万円(税込)を超える商品の場合は置き配できない
  • 再配達はできない

なお、対面受け取りを設定しているときに不在だったり、置き配設定でオートロック解除ができなったり、何らかの理由で配達できなかった場合は注文キャンセルとなり、再配達はおこなわれません。

そのため、確実に商品を受け取れるようにする必要があります。なお、受け取り日時を変更する場合は、商品の発送前に注文をキャンセルしたうえで、受け取れる時間を設定して再注文しましょう。

Amazonフレッシュで購入できる商品のラインナップ

Amazonフレッシュで購入できる商品のラインナップの一例は以下の通りです。

  • ミールキット
  • お酒
  • 米、雑穀
  • 日用品
  • 卵、乳製品、チーズ
  • 精肉
  • 鮮魚
  • 野菜、果物 など

Amazonフレッシュの商品は、しっかりと人の目で品質チェックをおこなっているため、精肉や鮮魚、野菜、果物など、新鮮な商品を受け取ることができます。

鮮度を保つためのパッケージにも工夫が凝らしており、商品ごとに徹底した温度管理で鮮度を守っています。

Amazonフレッシュを利用するメリット

Amazonフレッシュを利用するメリット以下の通りです。

  • 最短2時間で商品を受け取れる
  • 食材の鮮度が守られている
  • 専門店グルメも楽しめる
  • お得なキャンペーンやクーポンがある

それぞれについて詳しく解説します。

1.最短2時間で商品を受け取れる

Amazonフレッシュは、注文から最短2時間で商品を受け取れるため、多様なライフスタイルに合わせて利用できます。

スーパーやコンビニなどに買い物に行く時間がない方も、ほかの用事をしながら商品の到着を待つことができるため、効率よく家事をこなせます。

2.食材の鮮度が守られている

Amazonフレッシュの商品は、鮮度が守られている点が良い評価を得ています。

Amazonの品質管理チームが取引先の生産・加工現場を監督しているのに加えて、必要があれば工場の立ち入り監査もおこなっており、徹底した安全安心な対策を実施

さらに、配送時はAmazonフレッシュ専用ボックスを使用して鮮度の低下を防いでいます。

万が一鮮度が悪い商品が届いた場合は、連絡すると返金対応してもらえる「鮮度保証プログラム」付きです。

3.専門店グルメも楽しめる

Amazonフレッシュでは、一般的なスーパーやコンビニで売っている商品だけではなく、専門店グルメも楽しめます。

Amazonフレッシュで利用できる専門店
  • 平田牧場
  • 魚の北辰
  • Sun Greens
  • 博多 華味鳥
  • RF1(アール・エフ・ワン)

さまざまな専門店と提携しているため、幅広い商品の中から好みのものを選ぶことができます。

4.お得なキャンペーンやクーポンがある

Amazonフレッシュでは、お得なキャンペーンを実施していたりお得なクーポンが配布されたりしています。

たとえば、表示価格より最大20%OFFキャンペーンや、初回購入から60日間1,000円OFFで使い放題のクーポンもあります。

キャンペーンやクーポンを活用しながらお得に買い物を楽しみましょう。

Amazonフレッシュのデメリット

Amazonフレッシュには、デメリットもいくつかあります。

  • 配送エリアは一部地域のみで限定的
  • 合計金額が4,000円(税込)以上ではないと注文できない
  • 合計金額が1万円(税込)以上ではないと配送料がかかる
  • 再配達はおこなっていない
  • Amazonポイントが付かない

配送エリアは東京都や神奈川県、千葉県の一部地域のみと限定的です。首都圏以外にはまだ広がっていないため、そもそもAmazonフレッシュを利用できる方が多くありません。

注文の合計金額は4,000円(税込)以上でないと注文できないため、単品での購入には向いていません。

また、490円の配送料がかかります。配送料を無料にしたいなら、1万円(税込)以上の注文をすることになります。

なお、特別料金を支払って1時間ごとのお届け時間を指定する場合、1万円(税込)未満の注文なら990円、1万円(税込)以上の注文なら500円がかかるため、気を付けてください。

そして再配達はおこなっていないため、受け取れなかった場合はキャンセル扱いとなります。AmazonフレッシュはAmazonポイントの対象外となっており、Amazonポイントは付かない点に注意しましょう。

Amazonフレッシュを利用する流れ

続いて、パソコンブラウザからAmazonフレッシュを利用する流れについて解説します。

主な流れは以下の通りです。

1.商品をカートに入れる

2.フレッシュのカートを選択して商品を購入する

3.配送オプションを選択する

4.注文を確定する

Amazonフレッシュを利用するためには、あらかじめプライム会員になっておく必要がある点に注意しましょう。

1.商品をカートに入れる

まずは欲しい商品をカートに入れます。

Amazonフレッシュのトップページ上部にある検索ボックスに、欲しい商品の名前またはキーワードを入力し、検索結果の「カートに追加する」というボタンをクリックするか、商品詳細ページにある「カートに追加する」のボタンをクリックしてください。

2.フレッシュのカートを選択して商品を購入する

Amazonフレッシュのカートが表示されるため、最低注文金額である4,000円以上の商品をカートにいれて、内容を確認したうえで「レジに進む」をクリックします。

3.配送オプションを選択する

置き配または対面での受け取りのいずれかを選択します。置き配はインターホンを鳴らしたうえで配達員が玄関先に商品を置き配するため、いつ配達員が来たのかわかるようになっています。

4.注文を確定する

受け取り日時は3日先までの選択ができるようになっているため、そちらを確認して「続ける」をクリックしてください。なお、お届けができない日時は選択ができないように設定されています。

クーポンがあれば入力して、「注文を確定する」ボタンを押します。

以上で注文完了です。再配達がないため、確実に受け取れる時間にしてください。置き配も選択可能です。

AmazonフレッシュとAmazonライフの違いは?

Amazonフレッシュと似たサービスとして、Amazonライフがあります。

Amazonライフとは、Amazonで利用できるネットスーパーのひとつで、エリア限定のサービスです。 スーパーマーケット「ライフ」の実店舗で取り扱っている新鮮な野菜や果物、精肉、鮮魚だけではなく、店舗で調理された惣菜や店内で焼き上げたパン、ライフのプライベートブランド商品など数千点の商品を最短2時間で届けてくれます。

 AmazonフレッシュAmazonライフ
利用料金プライム会員(月額600円)のみ利用可能プライム会員(月額600円)のみ利用可能
最低注文金額4,000円(税込)2,000円(税込)
受け取り可能時間朝8時から夜24時まで(エリアによっては朝7時から夜23時まで)昼12時から夜22時まで(エリアによっては昼12時から夜20時まで)
配送地域東京都・神奈川県・千葉県の一部エリア東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・京都府・兵庫県の一部エリア

利用料金はともに、プライム会員なら追加費用なしで利用可能です。

最低注文金額は、Amazonライフのほうが低く2,000円(税込)です。ただし、受け取り可能時間はAmazonフレッシュよりも短く、昼12時から夜22時まで(エリアによっては昼12時から夜20時まで)となっています。

配送地域は、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・京都府・兵庫県の一部エリアです。首都圏以外でも利用可能のため、該当する方は利用できるか確かめてみてはいかがでしょうか。

Amazonフレッシュは最短2時間で届く便利なサービス

今回は、Amazonフレッシュのサービス概要や購入できる商品のラインナップ、メリット・デメリット、利用する流れなどを解説しました。

プライム会員なら追加利用料金や面倒な手続きは必要ないため、一度どのくらい新鮮な商品が届くのか試してみてはいかがでしょうか。

育児や介護、仕事などの都合で買い物に行く時間がない方には、とても便利なサービスですよ。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazon入門ガイドのカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー