目次

Amazonの代金引換の利用方法!おつりの有無や利用できない場合の対処法を紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

Amazonでは代金引換を利用できるため、クレジットカードが使えないときでも現金払いでネットショッピングを楽しめます。

しかし、Amazonで買い物をする際に、どこから代金引換の設定をするのかわからない方も多いのではないでしょうか。また、商品や受け取り場所によっては利用できない場合もあるため注意が必要です。

今回はAmazonで代金引換を設定する方法や、利用できないときの原因と対処法について紹介します。

代金引換を利用する際の手数料についても詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

Amazonの代金引換とは?

代金引換とは商品代金と引き換えに荷物を受け取る方法で、Amazonでは自宅で受け取る場合のみ利用可能です。受け取る際は、配送業者に商品代金を支払います。

事前に支払う必要がないため払い忘れにより注文がキャンセルされる心配がなく、支払いのために出向く手間が省ける点が大きなメリットです。

ただし、代金引換は手数料がかかります。手数料がかかっても自宅受け取りで現金払いにしたい方におすすめです。

代金引換の手数料

代金引換を利用する場合は手数料が必要であり、手数料は1回の配送につき330円(税込)です。

複数の商品を購入した場合は、まとめて配送にすると1回分の手数料で済むためお得になります。

ただし、商品を複数回に分割して配送にすると330円×配送回数分の手数料が必要になるため注意しましょう。

代金引換でもおつりはもらえる

代金引換で支払う場合でも、差額分のおつりは出ます。

ただし、商品代金と支払額の差額が大きすぎるとおつりの受け渡しに時間がかかるほか、配送業者が用意してるおつりでは足りなくなる可能性もあります。

代金引換の際はできるだけ必要な金額ちょうどを用意するなど、スムーズに受け渡しできるようにしましょう。

Amazonで代金引換を利用する方法

Amazonの商品代金の支払いで代金引換を利用したい場合は、購入手続きの際の設定が必要です。

ここからは、Amazonの代金引換を利用する方法として、スマホアプリ版とパソコン版それぞれのやり方を紹介します。

スマホで利用する方法

スマホのAmazonアプリで購入した商品の支払方法を代金引換にするやり方は、以下の通りです。

1.商品をカートに入れてレジに進む

出典:Amazon

2.「支払い方法を変更する」をタップ

出典:Amazon

3.支払い方法の一覧から代金引換を選び「続行」をタップ

出典:Amazon

4.配達先住所が合っているか確認したら「次に進む」をタップ

出典:Amazon

5.支払い方法を確認し、注文を確定する

出典:Amazon

これで代金引換の設定は完了です。

パソコンで利用する方法

パソコンでAmazonの公式サイトから購入した場合に、代金引換を利用する手順は以下の通りです。

1.商品をカートに入れてレジへ進む

出典:Amazon

2.「支払い方法」の横にある「変更」をクリック

出典:Amazon

3.「その他の支払いオプション」の欄にある代金引換にチェックを入れ、「このお支払方法を使う」をクリック

出典:Amazon

4.支払い方法が「代金引換」になっているか確認し、注文内容に間違いがなければ「注文を確定する」を選択

出典:Amazon

これでパソコンによる代金引換の設定は完了です。

Amazonで代金引換を利用できない商品一覧

Amazonでは、一部の商品で注文するときに、商品によっては代金引換を利用できないものがあります。支払い方法の選択画面で代金引換を選択できない商品は、代金引換が利用できません。

以下は代金引換が利用できない商品の一例です。

  • 一部のAmazonマーケットプレイスの出品者が販売する商品
  • 配送オプションに当日お急ぎ便をご利用のご注文
  • 商品の小計額が20万円を超える場合
  • 支払い方法に制限を設けている商品
  • ほしい物リストから注文する商品
  • Amazonフレッシュのご注文
  • Amazonギフトカード
  • Amazonコイン
  • デジタルコンテンツ(Kindle本、デジタルミュージック、Androidアプリ、アプリ内課金アイテム、PrimeVideo、ゲーム&PCソフトダウンロード)
  • Amazon Merchon Demandの商品

上記の商品を購入する場合は、別の支払い方法で決済してください。

Amazonで代金引換を利用できない原因

Amazonで商品代金の支払いに代金引換を利用できない原因として、以下の6つがあげられます。

  • 商品の小計額が代引き限度額を超えている
  • 代引きできない地域がある
  • マーケットプレイスの商品である
  • 当日お急ぎ便を選択した
  • ほしい物リストから注文している
  • AmazonHUBロッカーでの受け取りを選択した

ここからは、それぞれの原因について詳しく解説します。代金引換が利用できないときは、該当している項目がないかを確認してみましょう。

商品の小計額が代引き限度額を超えている

小計額とは商品代金の合計額から手数料や消費税、配送料などを差し引いた金額のことです。Amazonの代金引換は、小計額が20万円を超えてしまうと利用できません。

1つの商品で20万円を超えており、分割して注文できない場合は支払い方法を変更しましょう。

代引きできない地域である

代金引換配送業者が配送対応していない地域の場合、代金引換は利用できません。配達不可地域は以下の通りです。

 代金引換不可地域がある都道府県
北海道苫前郡羽幌町
東北地方岩手県・宮城県・山形県・福島県
関東地方栃木県・東京都
中部地方新潟県・石川県・福井県・静岡県・愛知県
近畿地方三重県・兵庫県
中国地方岡山県・広島県・山口県
四国地方徳島県・香川県・愛媛県・高知県
九州地方福岡県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

配達不可能地域はほとんどの都道府県に存在しています。詳しくは、Amazonのヘルプページから確認してください。

マーケットプレイスの商品である

マーケットプレイスとは、Amazon内で出品しているAmazon以外の販売元のことです。マーケットプレイスが販売元の商品には、一部代金引換に対応していない商品があります。

代金引換が選択できなかった商品の詳細ページをチェックし、商品金額の下に記載されている販売元がAmazon以外になっていないかを確認してみてください。

当日お急ぎ便を選択した

当日お急ぎ便を利用できるのは、Amazonギフト券やクレジットカードなど商品代金を先払いできる支払い方法に限られています

代金引換による商品の注文はできない仕様になっているので、急ぎで商品が必要な場合は先払いできる支払い方法を選択しましょう。

ほしい物リストから注文している

本来であれば代金引換が可能な商品でも、ほしい物リストから選んで注文すると代金引換は選択できません。

ほしい物リストの商品を代金引換を利用する際は、ほしい物リストから直接購入するのは避けましょう。

なお、他人のほしい物リストを購入する際も代金引換は利用できません。

Amazon HUBロッカーでの受け取りを選択した

AmazonHUBロッカーとは、お店のカウンターや指定したロッカーなどで購入した商品を受け取れるサービスのことです。

AmazonHUBロッカーは無人であることも多く、受け取り時に直接商品代金の支払いができないケースも多々あるため、代金引換に対応していません。

Amazonで代金引換を利用できない場合の対処法

ここからは、Amazonの支払い方法で代金引換を選択できない場合の対処法を5つ紹介します。 

  • 配達日時を変更する
  • 商品の受け取り場所を変更する
  • ほしい物リストの商品は再度検索し直して購入する
  • 商品金額が20万円以上の場合は配送を分割する
  • ほかの支払い方法を選択する

有効な対処法は、代金引換を選択できなかった原因によって異なります。初めに原因を確認してから対処法を試してみましょう。

1.配達日時を変更する

希望する配達日時によっては、代金引換が利用できない場合があります。

その場合、配達日時を第2希望日にしてみるなど、別の日時に変更すると代金引換を利用できるようになる可能性が高いです。

希望する配達日時を変えてみて、代金引換が選択できるようになるか試してみてください。

2.商品の受け取り場所を変更する

以下を受け取り場所として設定すると、代金引換の選択ができなくなります。

  • コンビニ(ファミリーマート・ローソン・ミニストップ)
  • ヤマト運輸の営業所
  • 宅配便ロッカー(PUDO)

自宅以外の場所を商品の受け取り場所として設定している場合は、自宅を受け取り場所に変更しましょう。

また、住所や受け取り先が代金引換不可地域の場合も利用できません。配達不可地域以外の住所に受け取り先を変更するか、支払い方法を変更しましょう。

3.ほしい物リストの商品は再度探し直して購入する

ほしい物リストのリンクから商品を購入しようとした場合、代金引換を選択できません。

代金引換を利用したい場合はほしい物リストのリンクからではなく、Amazonのトップページから該当商品を探し直して購入しましょう。

代金引換が可能な条件が整っている商品であれば、支払方法から代金引換を選択できるようになります。

4.商品金額が20万円以上の場合は配送を分割する

Amazonで購入した商品の小計額が20万円を超えている場合は、代金引換が利用できません。

複数購入した商品の小計額が20万円以上になったときは、2回以上に分けて配送すれば代金引換を利用できる可能性が高いです。

ただし、代金引換は1配送ごとに税込み330円の手数料がかかります。商品を分けて配送するとその分手数料が必要になるので注意してください。

5.ほかの支払い方法を選択する

ここまでの対処法を試してみても代金引換を利用できない商品は、代金引換での購入を諦めるしかありません。

Amazonでは代金引換以外にも下記の通り商品代金の支払い方法が充実しているので、ほかの支払い方法を検討しましょう。

  • クレジットカード払い
  • プリペイドカード払い
  • コンビニ払い
  • ATM払い
  • ネットバンキング払い
  • 電子マネー払い
  • あと払い(ペイディ)
  • 携帯決済
  • Amazonギフト券払い

コンビニ払いは前払いが必要ですが、代金引換と同じように現金での支払いも可能です。代金引換以外に支払える方法がないか確認してみましょう。

Amazonの代金引換が利用できないときは対処法を試してみよう

今回は、Amazonの代金引換について紹介しました。Amazonの支払い方法には代金引換も用意されており、クレジットカードがない方や現金で支払いたい方でもネットショッピングを楽しめます。

しかし、Amazonの代金引換を利用できる商品は限られており、デジタルコンテンツやAmazonフレッシュ、Amazonコインの購入などには代金引換の利用ができません。

ただし、商品によっては受け取り先や配達日時を変更すると代金引換が利用できるようになる場合もあります。代金引換での支払いを諦める前に、今回ご紹介した対処法を試してみてください。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazon入門ガイドのカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー