この記事で紹介されている商品

キャンプ/室内/来客用になるエアーベッドおすすめ10選!選び方を徹底解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

普段のベッドとしてはもちろん、来客時やアウトドアシーンでも使える「エアーベッド」。空気を入れて膨らませるタイプなので、使わないときはコンパクトに畳んで収納でき、持ち運びや簡単です。

本記事では室内外で便利に使えるエアーベッドの選び方やおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

エアーベッドとは

「エアーベッド」とは、空気を注入して膨らませて使うベッドです。使用時は大きくふくらんで快適な寝心地を実現し、使用後は空気を抜けば小さく折り畳めるのが魅力です。

ベッドフレームがなくても簡単に設置できるので、普段使いにはもちろん、来客用のベッドとしても重宝します。

また、キャンプ時にテント内に敷いたり、車中泊をする際にも役立つため、アウトドアアイテムとしても使い勝手がよいですよ。

エアーベッドは、ニトリやアイリスオーヤマ、コールマンといった親しみのあるブランドからも販売されています。一般的な寝具のなかでも比較的リーズナブルな商品が多く、手軽に購入しやすい点もよいですね。

エアーベッドのメリット

エアーベッドは、使いたいときに空気を入れるだけで簡単に作れるのが魅力です。設置しやすいだけでなく、空気を抜けば収納や持ち運びも楽に行えます。

ここからは、さまざまなシーンで役立つエアーベッドの4つの魅力を詳しくご紹介していますよ。購入を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね。

来客・アウトドアで使用できる

エアーベッドはたまの来客時に就寝スペースとして使えるほか、キャンプ時や車中泊の際にも使えるのがメリット。万が一の災害が起きたときには防災グッズとしても活躍します。

床やテント内などに直接寝る場合に比べ、柔らかく快適な寝心地を実現してくれるでしょう。

広げると大きくなって布団やマット代わりになるエアーベッドですが、空気を抜けばコンパクトになり、省スペースに収納できるのもよいですね。

好みの硬さ・柔らかさに調節できる

一般的なベッドマットレスは購入後に硬さを変更できません。しかし、空気を入れて膨らませるエアーベッドは、自分好みの寝心地に合わせて硬さを調節できるのが魅力です。

空気を注入しながらベッドの硬さを確かめ、「硬すぎる」と感じたら空気を少し抜けば柔らかくなります。自分以外の家族や来客が使う際も、その人の好みに合わせられますよ。

普段使いも可能

エアーベッドは、ベッドフレームがない場所にもベッドを作れるのが特徴です。敷布団や折り畳みマットレスのように、使うときだけ広げて、使わないときはしまえるので、限られたスペースを有効活用できます。一人暮らしの方や狭い部屋で使うのにぴったりです。

ただし、エアーベッドは空気を入れっぱなしにしていると少しずつ空気が抜ける傾向があるため、ときどき空気を追加注入して硬さを調整してくださいね。

持ち運びやすい

空気を抜けばコンパクトになるエアーベッドは、持ち運びやすいのもメリットです。普通のベッドなら数人がかりで運ばねばなりませんが、エアーベッドなら家中の好きな部屋にサッと持って行けるほか、車やバイクに積んでキャンプ場に持って行くことも可能です。

また、防災グッズの一つとして避難所に持参しやすいのもよいですね。

エアーベッドのデメリット

いつでもどこでも便利に使えるエアーベッドですが、ここからはデメリットについても解説しています。

買ってから後悔することがないよう、エアーベッドのデメリットもしっかり理解し納得した上で購入するようにしましょう。

空気入れが必須

自宅やアウトドアシーンで手軽に使えるエアーベッドですが、空気を注入する作業が欠かせません。また、収納する際は空気を抜く必要があります。どちらも数分でできることではありますが、面倒に感じる場合もあるかもしれませんね。

また、エアーベッドの空気を入れっぱなしにしていると、少しずつ空気が抜けてしまうので、定期的に充填した方がよいでしょう。

寝心地と耐久性が通常のものより劣る

大きく膨らんだエアーベッドはふかふかで柔らかそうですが、通常のベッドマットレスの寝心地には劣ります。とはいえ、アウトドアシーンで寝袋や地面に寝転がるよりは十分快適なので、使う価値はありますよ。

気になる耐久性は、素材や使い方によって異なってきます。メーカー保証は長くても1年程度なので、寿命はそれほど長くはないようです。

また、一般的なマットレスに比べて傷つきやすいため、エアーベッドの上で子どもが飛び跳ねたりすると劣化の原因になるので注意しましょう。エアーベッド使用時は、周辺にペンや針など尖った物がないかもあわせて確認してくださいね。

音や寒さが気になりやすい

寝返りをうった際にギシギシと摩擦音が鳴るのも、エアーベッドのデメリットです。エアーベッドによく使用されているポリ塩化ビニル(PVC)特有の音で、気になる場合はシーツを敷くとよいでしょう。

冬場にエアーベッドで寝ると、寒さを感じやすいともいわれています。地面の冷えが伝わってしまうせいなので、なるべく厚みのあるエアーベッドを選ぶと寒さが軽減されるでしょう。ブランケットやあたたかい素材の毛布などをシーツ代わりに敷くのもおすすめですよ。

エアーベッドの選び方

エアーベッドを購入するためにネットショップや店頭をのぞくと、さまざまな種類の商品が販売されているため、どれを選べばよいか悩んでしまう方も多いようです。

ここからはエアーベッドを選ぶ際におさえておきたい6つのポイントをご紹介します。

  • 空気の入れ方
  • サイズ・厚さ
  • 片付け・準備のカンタンさ
  • 素材
  • 寝心地のよさ
  • 耐荷重

それぞれのポイントについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.空気の入れ方で選ぶ

大きなエアーベッドにどうやって空気を入れるのか、気になりますよね。エアーベッドに空気を注入する方法は、「電動タイプ」と「手動タイプ」の2種類があります。

頻繁にエアーベッドを使用するなら簡単に空気を入れられる方が便利ですし、たまにしか使わないのであれば収納性に優れたタイプを選んだほうが良いでしょう。

電動と手動の特徴を理解して、用途に合った空気の注入方法を選んでくださいね。

電動

スピーディに空気を注入したいなら、電動タイプがおすすめです。エアーベッド自体に電動ポンプが内蔵されており、スイッチを押すだけで簡単に空気を入れたり抜いたりできるので、エアーベッドを使い慣れていない方にも扱いやすいですよ。商品によりますが、大体2~3分でエアーベッドを膨らませることが可能です。

ただし、電動タイプはコンセントがない場所では使えないため、アウトドアで使用したい場合は電源を確保する必要がありますよ。また、空気注入時は動作音がするので、周囲のテントに迷惑がかからないよう注意してくださいね。

なお、車内泊で使用する際は、シガーソケットにコンバーターを取り付ければ、コンセントから電力を供給できますよ。

手動

ポンプを使ってエアーベッドに空気を注入するのが、手動タイプです。電源がない場所でも使えるので、キャンプや車中泊などアウトドアでの使用に向いています。

エアーベッドは大きいので空気を入れるのが大変ですが、シングルサイズのベッドならそれほど難しくありません。

商品によって付属しているポンプは異なりますが、便利なのは足踏み式ポンプです。手動だけでは心配な方は、市販の充電式ポンプや乾電池式ポンプなどを持って行くとよいでしょう。

2.サイズ・厚さで選ぶ

エアーベッドのサイズは一般的なベッドと同様に、シングルからキングまでさまざまなサイズがあります。購入する際は、用途に合わせて選びましょう。

たとえば、普段使いや来客用に使うことが多いのであれば、シングルもしくはセミダブルサイズが適しています。カップルで使うならダブルサイズ、家族や友人数人と使うならクイーンやキングがおすすめです。

キャンプ時のテント内や車中泊で使う場合は、設置面が不安定なのでエアーベッドに切れ目がない方が快適に眠れるでしょう。テントや車のサイズに合う大きさを選ぶとよいでしょう。

また、エアーベッドは空気で体を支える構造なので、厚さがあるものの方が快適性に優れています。底つき感があると寝心地に影響が出るだけでなく、冬場は寒さも感じやすくなってしまうので、厚みのあるエアーベッドをおすすめしますよ。

3.片付けしやすさ・準備の手軽さで選ぶ

エアーベッドは、サッと準備ができて、手軽に片付けられるものを選びましょう。準備がしやすいのは、スイッチひとつで空気を入れられる電動タイプです。

使用後は自動で空気を抜くこともできるので、簡単に畳んで片付けることが可能。専用の袋が付いているものなら、すっきり収納できますね。

ただし、電動タイプは重さがあり持ち運びにくいため、アウトドアで使う際には注意が必要です。

また、エアーベッドのサイズが大きくなればなるほど、準備や片付けに時間がかかる傾向があります。大きいベッドを使う際は、家族や友人同士で協力して設置・片付けをするとよいでしょう。

4.素材で選ぶ

エアーベッドを選ぶ際は、素材にも着目しましょう。

まずチェックしたいのは、ベッドに寝転んだときの肌触りのよさです。たとえば、ベロア加工が施されている素材やフロック仕上げの素材なら、触り心地がなめらかなので、快適に眠れそうですね。

エアーベッドの底面の素材は、アウトドアで使用することを想定し、破れにくい素材や通気性・断熱性に優れた素材を選ぶようにしましょう。

また、雨天時に使うこともあるので、水濡れや汚れに強い素材かどうかも重要ですよ。

5.寝心地で選ぶ

気持ちよく眠るためには、寝心地のよいエアーベッドを選ぶ必要があります。

寝心地を左右するポイントとしては、エアーベッドの厚みや、肌触りのよい素材、保温性・通気性、好みの柔らかさなどがあります。なかでもおすすめなのが、体圧を分散できるよう工夫された構造のものです。

耐圧分散性に優れたエアーベッドなら寝返りがうちやすくなり、快適に眠れるでしょう。

有名ブランドのエアーベッドは研究に研究を重ねたものが多いため、寝心地がよい商品が多いですよ。

6.耐荷重で選ぶ

エアーベッドを数人で使う場合は、耐荷重を確認しておきましょう。全員の体重の合計が耐荷重に近いと、体重のかけ方によっては破損してしまう場合があるので注意してくださいね。

たとえば、子供2人のいる4人家族なら耐荷重200kg以上のものが安心です。商品によっては耐荷重300kgのタイプもあり、大勢で寝る場合におすすめします。

なお、子どもがエアーベッドの上で飛び跳ねたりすると、部分的に高い負荷がかかって穴が開いてしまう可能性があるので気を付けましょう。

エアーベッドおすすめ10選

エアーベッドはさまざまなメーカーから販売されていますが、そのなかでもおすすめの10商品をご紹介します。

わずか30秒で空気を入れられるタイプや、耐久性のあるタイプ、体圧分散性に優れたタイプなど、幅広い商品をピックアップしていますので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

PR
アイリスオーヤマ エアベッド ABD-1N

商品情報

ブランド:アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
材質:ポリ塩化ビニル(PVC)
サイズ:31.75x27.69x10.67cm
特徴:専用ポンプ付、なめらかな肌触り、厚さ22cm

最大厚み約22cmのエアーベッドは、床面の冷気や凸凹が伝わりにくいので心地よく眠れます。表面はフロッキー加工が施されており、ベロアのような気持ちよい肌触りです。付属のポンプは押しても引いても空気を送れるダブルアクションタイプで、軽い力で空気入れができます。幅約73×長さ約191cmのシングルサイズは、来客用としてもキャンプ用としても重宝しますよ。

PR
INTEX エアーベッド 64101J

商品情報

ブランド:インテックス(Intex)
サイズ:長さ191cmx幅99cmx高さ25cm
特徴:空気注入式、耐荷重136kg、手触りのよいフロック加工、ポンプ別売り

高強度ポリエステル繊維を用いた特許技術「ファイバーテック構造」を採用したことで、本物のベッドのような寝心地のよさと高い耐久性を実現したエアーベッド。サイズは幅99×長さ191cm、耐荷重は136kgと丈夫で、親子2人で一緒に使用しても安心です。空気を抜けばコンパクトになり、重さも約2.4kgと軽いので、1人でも楽に持ち運べますよ。

PR
キャンパーズコレクション 山善 エアーベッド BAB-002

商品情報

ブランド:キャンパーズコレクション(Campers Collection)
サイズ:幅190×奥行97×高さ25cm
特徴:約90秒で空気注入可能、電動ポンプ内蔵、厚さ25cmタイプ、クリアコイルを採用、肌触りがよいベロア調仕上げ

約90秒で空気を入れられるエアーベッドは、使いたい時にサッと設置できるのが魅力です。電動ポンプを内蔵しているためスイッチを押すだけで空気を注入できます。もちろん空気の排出も電動なので、後片付けも簡単です。厚さ約25cmの程よいクッション性と、ベッド表面は肌触りのよい素材で、快適な寝心地を実現します。キャンプや来客用としてはもちろん、もしもの場合の備えとしても持っていると安心です。

PR
Airefina エアーベッド

商品情報

ブランド:Airefina
材質:ポリ塩化ビニル(PVC)
サイズ:‎42.5 x 32.7 x 18.8cm
特徴:ポンプ内蔵、セミダブル、高品質防水素材、ケーブル収納ボックス、便利な収納バッグ付き

エアーベッドなのに寝心地がよい秘密は、内部構造にあります。ベッド内部に張り巡らされた数千本もの高強度ポリエステル繊維が、体の曲線に沿って沈むことで体圧を分散。しっかり体が支えられることで、長時間にわたって快適な眠りを実現します。

電動ポンプを内蔵しているため、ダイヤルを回すだけでふわふわに膨らませることができ、空気の排出も簡単です。

耐久性と防水性にも優れているので、自宅ではもちろん屋外での使用にも向いていますよ。

PR
アイリスオーヤマ 自動拡張で簡単にできるエアベッド EAB-S

商品情報

ブランド:アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
材質:表面/レーヨン(ベロア調仕上げ)、本体/PVC(合成樹脂)
サイズ:幅約99×奥行約190×高さ約25cm
特徴:空気注入式、折り畳み式、約30秒で注入可能、リペアーセット付き

耐荷重100kgの丈夫なエアーベッドは、わずか30秒で完成!準備も後片付けも楽に行える電動ポンプ内蔵タイプです。

表面は柔らかくソフトなベロア調で、素肌が触れても心地よく、快適な眠りを妨げません。コンパクトに折りたたんだエアーベッドを収納できる専用バッグを付属しているので、保管や移動の際に重宝しますよ。

万が一穴が開いてしまったときに役立つリペアーセット付きです。

PR
iDOO エアーベッド

商品情報

ブランド:iDOO
材質:‎ポリ塩化ビニル(PVC)
サイズ:40.9x29.7x20.1cm
特徴:折り畳み式、電動ポンプ内蔵、収納バック、簡易補修シール2枚、日本語の取扱説明書

40cm以上の厚みがあるベッドの内部は、複数の空気室で体を支える構造になっているため、寝転がっても体が沈み込まず快適な寝心地を実現してくれます。

厚さがある分、空気の注入量も多いですが、電動ポンプによって自動で膨らむので手間なく設置でき、片付けも簡単です。耐荷重249kgなので、大人2人が寝転んでも安定感がありますよ。

穴あき防止素材や滑り止め設計を採用しているのもポイントです。

PR
Intex エアーベッド ピローレストクラシック 64145

商品情報

ブランド:インテックス(Intex)
サイズ:シングル
特徴:電動ポンプ内蔵、1.5~2.5分ほどで空気注入可能、表面はベロア調加工(フロック加工)

シックなブラックカラーのエアーベッドは、スタイリッシュなインテリアにぴったり。たった数分でふわふわのベッドが完成する、電動ポンプ内蔵タイプです。

空気の排出もスイッチ1つでできるので、布団を畳むような気軽さでエアーベッドを片付けられますよ。体圧を分散できる内部構造を採用したことで、寝返りがうちやすく、どんな体勢でも快適に眠れます。

PR
iDOO エアーベッド

商品情報

ブランド:iDOO
材質:‎ポリ塩化ビニル(PVC)
サイズ:‎枕付きシングル
特徴:18本空気コイル、高さ約9cmの枕と一体型、表面はフロック加工、日本人スタッフによるサポー ト

大人2人が乗ってもしっかり支えてくれる、耐荷重247.5kgのエアーベッドです。ベッド内部に18本のコイルを配したことでベッドが型崩れしにくく、体が沈み込むこともないので心地よく眠れます。

高さ約9cmの枕が一体化した設計で、枕なしでも快適な睡眠をサポートしてくれるのも魅力です。表面は通気性と耐久性に優れたフロック加工が施されているため、シーツを敷かなくても使えますよ。

PR
Coleman アドベンチャーエクストラデュラブルエアーベッド

商品情報

ブランド:コールマン(Coleman)
材質:70Dポリエステル、PVC
サイズ:約185×135×20(h)cm
特徴:ダブルロックバルブ、パンクに強いダブルレイヤー仕様、ロール式収納

アウトドアメーカーが作ったエアーベッドは、軽くてパンクにも強いダブルレイヤー構造を採用しているのが特徴です。20cmの厚みがあるため床面の凹凸を感じにくく、フラットな状態で心地よく眠れます。キャンプ時はもちろん車中泊にもおすすめです。

バルブの開閉がしやすいため、空気を入れる際に空気が漏れしにくいのもうれしいポイント。生地は伸びがよくて破れにくい素材「PUNCTURE GUARD™」です。

PR
INTEX エアーベッド 67765

商品情報

ブランド:インテックス(Intex)
材質:塩化ビニル樹脂
サイズ:‎191x99x33cm
特徴:電動エアーポンプ付き、収納袋付き、約2分で空気注入完了

高い耐久性と寝心地のよさ、軽量化を実現したエアーベッドは、内部に高強度ポリエステル繊維を使用しているのが特徴。体圧を分散することで、理想的な睡眠を実現しています。

付属の電動エアーポンプを使えば約2分でベッドを設置でき、急な来客時やアウトドアシーンでも重宝します。折りたたんだベッドを入れられる収納バッグ付きです。

快適な寝心地のエアーベッドを見つけよう!

家でもアウトドアでも、空気を入れるだけで寝床が作れるエアーベッド。快適に眠れる工夫を施された商品がたくさん販売されています。本記事で紹介した選び方やおすすめ商品を参考にして、使い勝手のよいエアーベッドを探してみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のインテリア・家具カテゴリー

新着記事

カテゴリー