目次

Amazonプライム会員の解約手順|返金の仕組みやできない場合の対処法を解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

Amazonプライム」は、Amazonが提供する有料のサブスクリプションサービスです。Amazonプライム会員になればお急ぎ便無料やPrime Videoの対象作品が見放題、先行タイムセールなど多数の特典を利用できます。

しかし、なかにはAmazonプライム会員になったものの、会費に見合ったメリットがないことで解約を考えている方もいるでしょう。

そこで本記事では、Amazonプライム会員の解約手順や返金の仕組み、解約できない場合の対処法について解説していきます。

Amazonプライム会員の解約手順

Amazonプライム会員を解約する方法は、下記の3通りあります。

  • iOS・Android端末でAmazonアプリから解約
  • スマホ・PCのブラウザでAmazonのWebサイトから解約
  • Amazonのカスタマーサービスに電話して解約

ここからは、上記の3つの解約方法についてそれぞれ詳しく解説していきます。

アプリからAmazonプライム会員を解約する場合

AmazonアプリからAmazonプライムを解約する手順は下記の通りです。

1.Amazonアプリを起動したら、画面右下の「≡」をタップし、「カスタマーサービス」を選択

出典:Amazon

2.「Amazonプライム会員」をタップ

出典:Amazon

3.「会員情報管理(キャンセル、プラン変更など)」をタップ

出典:Amazon

4.「プライム会員をキャンセル」をタップ

出典:Amazon

5.「Amazonプライム会員登録のキャンセル」をタップ

出典:Amazon

6.「特典と会員資格を終了」をタップ

出典:Amazon

7.「会員資格を終了する」をタップ

出典:Amazon

その後、Amazonプライムを解約するタイミングを選択します。

「〇〇(契約期間終了日)特典と会員資格を終了」をタップした場合は、次回更新日に自動で解約されます。契約期間が終了するまでは、解約手続き後も会員特典の利用が可能です。

「今すぐ解約する」をタップした場合はその時点で解約が完了し、会費の一部が返金されます。ただし、その場でプライム会員特典は利用できなくなるのでご注意ください。

WebサイトからAmazonプライム会員を解約する場合

Amazonサイト(PC版)からAmazonプライムを解約する手順は下記の通りです。

1.WebサイトからAmazonにアクセスしたらログインし、画面右上の「アカウント&リスト」をクリック

出典:Amazon

2.「プライム」を選択

出典:Amazon

3.「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」をクリック

出典:Amazon

4.「プライム会員資格を終了する」をクリック

出典:Amazon

5.「特典と会員資格を終了」をクリック

出典:Amazon

6.「会員資格を終了する」をクリック

出典:Amazon

7.Amazonプライムを解約するタイミングを選択

出典:Amazon

これで解約完了です。

電話からAmazonプライム会員を解約する場合

電話からAmazonプライムを解約する手順は下記の通りです。

1.Amazonアプリを起動したら、画面右下の「≡」をタップし、「カスタマーサービス」を選択

出典:Amazon

2.「Amazonプライム会員」をタップ

出典:Amazon

3.「会員情報管理(キャンセル、プラン変更など)」をタップ

出典:Amazon

4.「カスタマーサービスへ連絡」をタップ

出典:Amazon

5.「今すぐ電話をリクエストする」をタップ

出典:Amazon

6.自分の電話番号を入力したら、「今すぐ電話がほしい」をタップ

出典:Amazon

入力した電話番号宛にAmazonのカスタマーサービスから電話がかかってきます。着信に応答したら「Amazonプライム解約したい」とオペレーターに伝えてください。

Amazonプライム会員解約時の返金制度

出典:Amazon

Amazonプライムには、契約期間中に解約すると会費の一部を返金してもらえる制度があります。

返金額は日割り計算ではなく、契約期間中にAmazonプライムの会員特典をどれくらい利用したのかによって自動算出される仕組みです。

短期間で解約しても利用頻度が多ければ返金額は少なく、逆に契約期間が長くても利用頻度が少なければ返金額が多くなります。

なお、利用状況に応じた返金額の算出方法は明記されていないため、ユーザーによる返金額の計算はできません。

解約時に返金がある場合は、会費の支払いに利用しているクレジットカードに返金されるほか、返金までの日数はクレジットカード会社によって異なります。

また、会員特典の利用頻度が高く返金が受けられない場合は「今すぐ解約する」のボタンが表示されないことがあります。

返金がなければ、契約期間終了まで会員特典を利用できた方がユーザーにとってメリットが大きいためです。

「今すぐ解約する」のボタンが表示されないことによるデメリットは特にないので、「〇〇(契約期間終了日)特典と会員資格を終了」から解約手続きをしましょう。

Amazonプライム会員を解約するベストなタイミング

Amazonプライム会員を解約するベストタイミングは、会員特典の利用状況によって異なります。

契約期間中に会員特典をほとんど利用していない場合は、多くの返金が受けられるので即時解約してしまった方がお得です。

契約期間中に会員特典を頻繁に利用していた場合やもうすぐ契約期間が終了する場合は、即時解約しても返金額が少ない可能性があります。

そのため、契約期間が終了するまでプライム会員の特典を利用した方がが得策であるといえるでしょう。なお、契約の次回更新日は「プライム会員情報の管理」から確認できます。

Amazonプライム会員の解約と一時停止の違い

Amazonプライム会員を解約しようとすると、「解約(キャンセル)」と「一時停止」の2つの選択肢が提示されます。

  • 解約:現在の会員資格期間が終了するタイミングで解約となり、解約後はプライム会員の特典が利用できなくなる
  • 一時停止:現在の会員資格期間が終了するタイミングで会費の請求がストップし、その間はプライム会員の特典が利用できなくなる

一時停止中・解約後はプライム会員の特典が利用できなくなる点、会費が請求されなくなる点は共通しています。

ただし、一時停止ならプライム会員を再開する時の手続きが簡単に行えるほか、手続きから1年後には自動で解約になるのが異なる点です。

完全解約後に再開する場合は会員登録をやり直さなければならないので、支払い情報やプラン、請求先住所を設定する手間がかかります。

一方で一時停止から再開する場合は「プライム会員情報の管理」からワンタップで再開可能です。

解約と一時停止でそれほど大きな違いはありませんが、1年以内に利用を再開する可能性がある場合は解約ではなく一時停止を選択することをおすすめします。

Amazonプライム会員を解約できない場合

Amazonプライム会員の解約が正常に完了しているかの確認は、アカウントサービスの「Amazonプライム会員情報」から可能です。

即時解約した場合は「お客様はプライム会員ではありません」、契約期間終了と同時に解約する場合は、「プライム会員資格は〇〇(終了日)に終了します」と表示されます。

もし、正規の手順で解約できない場合は、Amazonのカスタマーサービスに問い合わせてみましょう。

問い合わせ方法は電話とチャットの2通りあるので、お好きな方法で問い合わせてください。ここからは、電話・チャットで問い合わせる方法をそれぞれ詳しく解説していきます。

電話でカスタマーサービスに問い合わせる方法

Amazonアプリから電話で問い合わせる手順は下記の通りです。

  • Amazonアプリを起動したら、画面右下の「≡」をタップし、「カスタマーサービス」をタップ
  • 「Amazonプライム会員」をタップ
  • 「会員情報管理(キャンセル、プラン変更など)」をタップ
  • 「カスタマーサービスへ連絡」をタップ
  • 「今すぐ電話をリクエストする」をタップ
  • 自分の電話番号を入力したら、「今すぐ電話がほしい」をタップ

Amazonから電話がかかってきたら、着信に応答して正規の手順でAmazonプライムを解約できない旨を伝えてください。

AmazonのWebサイト(PC版)から電話で問い合わせる手順は下記の通りです。

1.AmazonのWebサイトからログインが完了し、画面右上に表示されている「アカウント&リスト」をクリック

出典:Amazon

2.「カスタマーサービスに連絡」をクリック

出典:Amazon

3.「その他のお問い合わせ」をクリック

出典:Amazon

4.「Amazonプライム会員」をクリック

出典:Amazon

5.「会員情報管理(キャンセル、プラン変更など)」をクリック

出典:Amazon

6.「カスタマーサービスへ連絡」をクリック

出典:Amazon

7.「今すぐ電話をリクエストする」をクリック

出典:Amazon

8..自分の電話番号を入力したら、「今すぐお電話ください」をクリック

出典:Amazon

Amazonから電話がかかってきたら、着信に応答して正規の手順でAmazonプライムを解約できない旨を伝えてください。

チャットでカスタマーサービスに問い合わせる方法

Amazonアプリからチャットで問い合わせる手順は下記の通りです。

1.Amazonアプリを起動したら画面右下の「≡」をタップし、「カスタマーサービス」を選択

出典:Amazon

2.「Amazonプライム会員」をタップ

出典:Amazon

3.「会員情報管理(キャンセル、プラン変更など)」をタップ

出典:Amazon

4.「カスタマーサービスへ連絡」をタップ

出典:Amazon

5.「今すぐチャットを開始する」をタップ

出典:Amazon

6.チャットの画面が表示されると、最初は自動チャットボットでいくつか質問されるので、当てはまる項目をタップ

出典:Amazon

7.いくつか質問に答えていくと、画面下部にオペレーターのアイコンが表示されるのでそれをタップ

出典:Amazon

8.「カスタマーサービスの担当者におつなぎしますか?」と聞かれるので、「はい」をタップ

出典:Amazon

カスタマーサービスの担当者と繋がったら、正規の手順でAmazonプライムを解約できない旨を伝えてください。

AmazonのWebサイト(PC版)からチャットで問い合わせる手順は下記の通りです。

1.AmazonのWebサイトからログインし、画面右上に表示されている「アカウント&リストをクリック

出典:Amazon

2.「カスタマーサービスに連絡」を選択

出典:Amazon

3.「その他のお問い合わせ」をクリック

出典:Amazon

4.「Amazonプライム会員」をクリック

出典:Amazon

5.「会員情報管理(キャンセル、プラン変更など)」をクリック

出典:Amazon

6.「カスタマーサービスへ連絡」をクリック

出典:Amazon

7.「今すぐチャットを開始する」をクリック

出典:Amazon

スマホアプリ版と同様に、チャットの画面が表示されると最初は自動チャットボットでいくつか質問されます。

その後画面下部にオペレーターのアイコンが表示されたらクリックし、「カスタマーサービスの担当者におつなぎしますか?」の質問に「はい」をクリックして答えましょう。

カスタマーサービスの担当者と繋がったら、正規の手順でAmazonプライムを解約できない旨を伝えてください。

Amazonプライム会員を解約する際の注意点

Amazonプライム会員を解約する際は、下記の4つの注意点を確認しておきましょう。

  • Amazonプライム会員の特典が利用できなくなる
  • ダウンロードした作品も見れなくなる
  • 無料体験期間中に解約しないと料金が発生する
  • 解約しても再度無料体験を受けられない

ここからは、上記の4つの注意点についてそれぞれ詳しく解説していきます。

Amazonプライム会員の特典が利用できなくなる

出典:Amazon

Amazonプライム会員を解約すると、配送料無料やAmazonプライムビデオ見放題など下記の特典がすべて利用できなくなります。

Amazonプライムの特典特典の内容
無料の配送特典対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便が無料
特別取扱商品の取扱手数料が無料サイズが大きい商品や重い商品など、配送時に特別な取り扱いを要する商品の手数料が無料
Prime Video対象の作品が追加料金なしで見放題
Prime Videoチャンネル月額定額料金で各チャンネルを視聴できるサービス
Amazon Music Prime1億曲の楽曲やプレイリストを追加料金なしで聴き放題(シャッフル再生)
Amazon Photos容量無制限で写真を保存可能
Prime Reading対象のKindle本が追加料金なしで読み放題
Prime Gaming対象のゲームが追加料金なしでプレイし放題
Amazonフレッシュ提携ネットスーパーで生鮮食品や日用品などを注文可能
Prime Try Before You Buy服や靴、ファッション小物などを購入前に試着できるサービス
Amazon Music UnlimitedAmazon Music Unlimitedの月額料金が割引
先行タイムセールタイムセールの商品を通常より30分早く注文可能
プライム限定価格対象商品を割引価格で購入可能
ベビー用おむつとおしりふきが15%OFF定期おトク便を利用すると、ベビー用おむつとおしりふきが15%OFFで購入可能
家族と一緒に使い放題2人までの家族と会員特典を共有可能

即時解約した場合は解約手続きが正常に完了した時点、契約期間満了と同時に解約する場合は次回更新日以降に上記の特典が利用できなくなります。

ダウンロードした作品も見れなくなる

Amazonプライムを解約すると、Amazon Prime Videoの見放題の作品が視聴できなくなるのはもちろん、ダウンロードした作品も視聴できなくなります。

Amazonプライム会員を解約する際は、作品をすべて視聴し終わってから解約しましょう。

無料体験期間中に解約しないと料金が発生する

Amazonプライムは、初回登録時のみ30日間の無料体験が付いてきます。

無料体験対象のユーザーは、契約から30日間は無料で会員特典を利用できますが、無料体験期間が終わると自動的に有料プランに切り替わります。

無料体験期間中に解約しないと料金が発生してしまうので、無料体験期間のみ利用したい場合は契約が自動更新されないよう、早めに解約手続きを済ませておきましょう。

なお、無料体験期間中のどのタイミングで解約しても、終了日までは無料でプライム会員特典を利用できます。

解約しても再度無料体験を受けられない

Amazonプライムの無料体験は、1つのAmazonアカウントにつき一度しか利用できません。Amazonプライムを一度解約して再度契約しても、無料体験は受けられないのでご注意ください。

Amazonプライム会員の解約でよくある質問

Amazonプライム会員に関してよくある質問として、下記があげられます。

  • 年額払いでも返金される?
  • Amazonプライム会員を解約したのに請求書が来た場合の対処法は?
  • Amazonプライム会員を解約したらポイントは消える?
  • Amazonプライムの解約をキャンセルできる?

それぞれ詳しく解説します。

年額払いでも返金される?

Amazonプライムを年額払いで契約している場合でも、特典の利用状況によっては月額払いと同様に返金を受けられる場合があります。

Amazonプライムを解約したのに請求書がきた場合の対処法は?

Amazonプライムを解約したのに請求書がきた場合は、解約手続きが正常に完了していない可能性が高いです。

プライム会員になっているかは、Amazonのアカウントサービスの「プライム」で確認できます。もし、プライム会員になっていた場合は、再度解約手続きを行いましょう。

解約手続きが完了すると、Amazonアカウントの登録メールアドレス宛に「Amazonプライム自動更新の解除」というメールが届きます。

Amazonプライム会員を解約したらポイントは消える?

Amazonポイントは通常会員でも利用できます。Amazonプライムを解約しても、会員中に獲得したポイントが消えることはないので安心してください。

Amazonプライムの解約をキャンセルできる?

結論からいうと、Amazonプライムの解約のキャンセルは可能です。ただし、会員資格を一時停止、または契約期間終了時に解約する手続きをした場合のみに限ります。

即時解約した場合はキャンセルできないので、再び会員特典を利用するにはプライム会員登録のやり直が必要です。

会員資格を一時停止した場合は、次回更新日までに「プライム会員情報の管理」から一時停止取り消しの手続きをしましょう。

「お客様のプライム特典利用は〇〇以降一時停止され、プライム会費の請求は発生いたしません」というメッセージをタップすれば一時停止が取り消されます。

契約期間終了時に解約する手続きをした場合は、「プライム会員情報の管理」を開き、「会員情報を更新し、プライムを継続する」をタップしましょう。

「〇〇以降のプライム会員資格を継続する」をタップすれば、解約がキャンセルされます。

自分にとってベストなタイミングでAmazonプライムを解約しよう

Amazonプライム会員の解約手続きは、アプリやWebサイト、電話から簡単に行えます。

解約のタイミングは即時解約と次回更新日での解約の2つあり、即時解約だと利用状況によっては返金が受けられる場合があります。 

次回更新日での解約だと返金は受けられませんが、次回更新日の前日までは解約手続き後も会員特典の利用が可能です。

利用状況によって解約のベストタイミングが変わってくるので、自分にとってメリットの大きいタイミングはいつなのか見極めたうえで解約しましょう。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazon primeを使いこなすのカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー