目次

Amazonのビジネスアカウントってなに?料金やメリット、切り替え方法などをご紹介!

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

Amazonは、通販のほかにも動画配信サービスや写真保存サービスなど多くのサブスクを展開しています。

「Amazonビジネス」もAmazonが提供するサブスクの1つであり、ビジネスのサポートをしてくれる便利なサービスです。

今回は、Amazonビジネスのメリット・デメリットや登録方法などを紹介します。既にお持ちの個人アカウントから切り替えてログインする方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

Amazonのビジネスアカウントとは

出典:Amazon

Amazonビジネスは、通常のサービスと比べて法人利用に特化しているのが特徴です。Amazonビジネスの主な特徴は以下の通りです。

  • 個人向けアカウントよりも料金設定が安い
  • まとめて購入すれば割引が適用される
  • 請求書払いを選択できる
  • グループでアカウントを共有できる

ここからは、Amazonプライムと比較しながら、Amazonビジネスの特徴を詳しく解説します。法人利用する場合はAmazonビジネスの方がお得なので、法人利用を考えている方は参考にしてみてください。

Amazonプライムとの比較

Amazonビジネスと個人向けのAmazonプライムの違いを表でまとめました。

 AmazonプライムAmazonビジネス(無料会員)
対象個人個人事業主・法人
会費600円(税込)/月または5,900円(税込)/年を選択可能無料
お急ぎ便/日時指定便の利用無料有料
Amazonプライムビデオ・ミュージックなどの各種Amazonサービス利用利用可能利用不可
法人割引・数量割引なしあり
請求書払い不可

Amazonビジネスの無料会員は、法人割引や数量割引ができますが、プライムビデオなどの各種サービスは利用できません。

そのため、発注のみに使用したい場合におすすめです。ただし、購入金額が2,000円未満の場合は送料がかかるので注意しましょう。

無料会員と有料会員との比較

Amazonビジネスには、「Businessプライム」という有料プランもあります。以下では、AmazonビジネスとBusinessプライムの違いをまとめました。

 Amazonビジネス(無料会員)Amazonビジネスプライム(有料会員)
対象個人事業主・法人個人事業主・法人
会費無料5,900円(税込)~
お急ぎ便/日時指定便の利用購入金額2,000未満の場合は有料無料
Amazonプライムビデオ・ミュージックなどの各種Amazonサービス利用利用不可Duoプランのみ利用可能
法人割引・数量割引ありあり
請求書払い

Businessプライムに加入すると、お急ぎ便や日時指定便が購入金額に関係なく何度でも無料で利用できます。さらに、無料会員にはない以下の特典も利用可能です。

  • 購買分析ダッシュボードで予算やルールを決められる
  • 購買コントロールで購買制限や推奨商品を設定できる

個人事業主のように1人で使うのではなく、複数名で使用する場合におすすめです。ただし、Duoプランのみ上記の機能に制限があるため注意しましょう。

Amazon Businessプライムのプラン一覧

Businessプライムには、料金プランが5つあります。各プランの年会費と利用できるサービスは以下の通りです。

プラン年会費(税込)登録可能ユーザーの上限購買分析機能の利用購買コントロールの利用こんな人におすすめ
Duo無料(個人向けのAmazonプライムアカウントと紐付けが必要)1人不可不可個人事業主
Essentials5,900円3人購買データの分析のみ可能共有したい人が少なく、購買データのみを確認したい人
Small13,500円10人購買目標の設定者:1人、購買データ分析者:10人共有人数が10名ほどで、購買に関する目標も設定したい人
Medium37,800円100人購買目標の設定者:1人、購買データの分析者:100人共有人数が100名と多く、購買に関する目標も設定したい人
Unlimited270,000円上限なし購買目標の設定者:2人、購買データの分析者:100人共有人数が100名を超えており、購買に関する目標も設定したい人

「購買分析ダッシュボード」はグループの過去の購入データを確認できるほか、Small・Medium・Unlimitedプランでは、コストに関する目標の設定も可能です。無駄な出費を視覚化し、グループ全体で支出目標を共有しやすくなるため経費の削減につながります。

「購買コントロール」とは、購入する製品の推奨や数量の制限などができる機能です。全体で購入する商品を統一しやすくなるほか、必要以上に注文するのを防げるため無駄な出費を抑えるのに役立ちます。

Amazon ビジネスアカウントのメリット

Amazonビジネスに登録するメリットとして、以下の3つがあげられます。

  • 法人価格や割引で商品を購入できる
  • 請求書払いでまとめて後払いできる
  • 1つのアカウントで複数のユーザーが利用できる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

法人価格や割引で商品を購入できる

Amazonビジネスは、個人向けアカウントより安く購入できる商品があります。

また、まとめて買うとお得になる数量割引が設定されている商品もあるので、同じものをまとめて購入することが多い法人用途に最適です。

請求書払いでまとめて後払いできる

出典:Amazon

Amazonビジネスは「請求書払い」が可能で、1ヶ月間に購入した分を請求書にまとめて後払いできます。そのため、支払いが難しいタイミングの急な備品の在庫切れでも安心です。

ただし、請求書払いの利用前にはAmazonによる審査があります。審査はアカウント登録の時点で行われるため、登録の際に必要な書類はあらかじめ用意しておきましょう。

請求書払いの設定方法

Amazonビジネスでアカウントを登録すると、3営業日以内にAmazonから以下の4点が記載された登録完了メールが届きます。

  • 請求書払いの利用が可能であること
  • 共通の支払方法を有効にするページへのリンク
  • 請求書払いを利用する場合の限度額
  • 請求書払いの設定ページへのリンク

メールが届いた場合は請求書払いの利用が可能です。届いていない場合は請求書払いの設定ができないため、Amazonカスタマーサービスに問い合わせましょう。

請求書払いに設定する場合は、あらかじめ以下の手順で「共通の支払い方法」を選択しておきましょう。

1.「ビジネスアカウントの設定」をタップ

2.「支払方法と配送先住所の共有」を選択

3.「【共通の支払い方法】管理署が設定し、ユーザーが利用する」を選択

4.「組織内すべてのグループとサブグループに適用する」を選択

5.「設定をすべてのグループに適用する」を選択

6.「更新」を選択

共通の支払い方法の設定ができたら、「かんたん設定」で請求書払いの設定を行いましょう。

1.「ビジネスアカウントの設定」を開く

2.「請求書払いの設定」を開き、「設定を開始する」をクリック

3.請求先宛先法人名、住所を入力

4.発行単位、締め日を選択

5.電子メールアドレスを入力

6.設定中の請求書に紐づくグループを選択

7.設定内容の確認

8.「完了」をクリック

「かんたん設定」なら、簡単な手順で設定できます。難しい操作や書類を用意する必要もありません。

購入可能限度額の変更方法

購入可能限度額を変更する場合は、オンラインでの申請が可能です。以下の手順で申請してください。

1.「ビジネスアカウントの設定」を開く

2.「請求書情報」を開き、「購入可能限度額の変更申請」をクリック

3.希望する購入可能限度額を入力し、「申請」をクリックして完了

審査が完了すると、申請したアカウント管理者宛に審査結果がEメールで届きます。審査中に再度申請はできないので注意が必要です。

また、限度額変更申請は、30日間に2回までと制限があります。30日以内に3回以上の変更が必要な場合は、ビジネスカスタマーサービスに問い合わせましょう。

締め日の変更方法

請求書払いの締め日を変更したい場合は、アカウントの管理者が申請を行ってください。

1.「ビジネスアカウントの設定」から「請求書払いの設定」を開く

2.「既存請求書設定の編集または追加設定」から「変更する」をクリック

3.請求書設定の一覧より変更対象グループの「アクション」から「設定を編集」をクリック

4.請求書発行形式の設定より「編集する」をクリック

5.変更後の締め日を選択

6.「保存」をクリックして完了

変更後の締め日は、一度変更前の締め日で請求書が発行されてから切り替わります。

変更日と変更前の締め日によっては、翌月も変更前の締め日になる可能性があるため、適切なタイミングで変更しましょう。

1つのアカウントで複数のユーザーが利用できる

Amazonビジネスは、アカウント1つで複数のユーザーが利用可能です。

また、アカウント内でグループを作り部署ごとに商品の購入ができるほか、支払い方法もグループごとに設定できます。ユーザーごとの権限設定も可能で、一部のユーザーだけに購入権限を与えることもできます。

Amazon ビジネスアカウントのデメリット

Amazonビジネスのデメリットとして、以下の2つがあげられます。

  • 一部利用できないサービスがある
  • 購入履歴が他の人に見られる

デメリットについてもきちんと理解したうえで導入しましょう。

一部利用できないサービスがある

Businessプライムでは、以下のサービスは利用できません。これらのサービスを利用したい方は、Amazonプライムも合わせて契約する必要があります。

  • Amazonプライム・ビデオ
  • Amazonプライム・ミュージック
  • Amazonプライム・リーディング
  • Amazon Photos
  • プライムナウ
  • Amazonフレッシュ
  • Amazonプライム・ワードローブ
  • おむつ・ペット用品の割引
  • 会員限定セール

ただし、DuoプランはAmazonプライム会員である個人用アカウントと紐づければ無料で使用できます。使用人数は1人までなので、個人事業主のように1人で法人利用したい人におすすめです。

Amazonプライムの年会費(税込5,900円)のみで、AmazonプライムのサービスとBusinessプライムDuoの両方のサービスを利用できます。

購入履歴が他の人に見られる

Businessプライムで利用できる「購買分析ダッシュボード」では、ビジネスアカウントのすべての購入履歴を確認できます。

個人用アカウントをそのままビジネスアカウントに移行していた場合は、それまでの購入履歴も引き継がれます。個人的な履歴が見える状態になるので注意が必要です。

Amazon ビジネスアカウントの登録方法

ここでは、Amazonビジネスに登録する際に準備が必要な書類や登録方法を紹介します。

個人事業主の場合は以下の書類のいずれかを用意し、画像データをアップロードしてください。

  • 開業届
  • 過去2年以内の確定申告書B
  • 過去2年以内の所得税青色申告決算書
  • 過去2年以内の所得税青色申告承認申請書

なお、法人の場合は書類は必須ではないものの、提出を求められる場合があります。

Amazonアカウントを持っていない人

Amazonのアカウントを持っていない人の登録方法は以下の通りです。

1.Amazon.co.jpにアクセスし、画面右上の「アカウント&リスト」から「ログイン」をクリック

出典:Amazon

2.Amazonアカウントを作成する」をクリック

出典:Amazon

必要な情報を入力し、「メールアドレスを確認する」をクリック

出典:Amazon

4.入力したメール宛に確認コードが届くので、入力したら「アカウントの作成」をクリック

出典:Amazon

これで、Amazonの個人アカウントの登録は完了です。

個人アカウントからビジネスアカウントに切り替える人

すでに持っているAmazonアカウントからビジネスアカウントに切り替える手順は以下の通りです。

1.Amazonビジネスの公式サイトにアクセスし、「無料登録はこちら」をクリック

出典:Amazon

2.切り替えたい個人アカウントのメールアドレスを入力し、「ビジネスアカウントを作成する」をクリック

出典:Amazon

3.切り替えたいアカウントのメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をクリック

出典:Amazon

4.個人アカウントを引き継ぐか確認画面が表示されるので、「ビジネスアカウントに移行する」をクリック

出典:Amazon

別々のアカウントで始めたい場合は、画面下部の「別メールでビジネスアカウントを作成する」を選択してください。

5.企業情報を入力

出典:Amazon

法人・事業情報を登録し、必要書類を提出してください。

6.Businessプライム会員登録する場合はクレジットカード情報を入力

出典:Amazon

8.「Buisinessプライムに登録する」をクリック

出典:Amazon

9.審査待ちの画面が表示されたら登録作業は完了

出典:Amazon

審査結果はメールにて3営業日以内に届きます。

また、審査待ちの間に電話による在籍確認や提出してほしい書類の案内が届く場合もあるので、完了メールが届くまではAmazonからの電話やメールをチェックしておきましょう。

Amazonのビジネスアカウントを退会する方法

Amazonビジネスを退会する際は、以下の手順で手続きしてください。

1.Amazonビジネスにログインする

2.メニューを開き「ビジネスアカウントの設定」を選択する

3.右カラムの「企業情報」欄の下部にある「ビジネスアカウントの登録解除」を選択する

4.「ビジネスアカウントの登録解除」画面が開いたら「続行」をクリックして完了

これでAmazonビジネスの退会手続きは完了です。

Amazonのビジネスアカウントでよくある質問

ここからは、Amazonビジネスに関するよくある質問を紹介します。Amazonビジネスを利用していて困ったときは参考にしてみてください。

  • Amazonのビジネスアカウントは無料で利用できますか?
  • Amazonのビジネスアカウントは登録したらすぐに利用できますか?
  • Amazonプライムと併用できますか?

Amazonのビジネスアカウントは無料で利用できますか?

無料会員であれば無料で利用できますが、Businessプライムは有料です。以下は無料プランと有料プランの比較表です。

プラン年会費(税込)登録可能ユーザーの上限購買分析機能の利用購買コントロールの利用
無料プラン無料1人不可不可
Duo無料(個人向けのAmazonプライムアカウントと紐付けが必要)1人不可不可
Essentials5,900円3人購買データの分析のみ可能
Small13,500円10人購買目標の設定者:1人、購買データ分析者:10人
Medium37,800円100人購買目標の設定者:1人、購買データの分析者:100人
Unlimited270,000円上限なし購買目標の設定者:2人、購買データの分析者:100人

Duoプランのみ、Amazonプライム会員であれば無料で利用できます。

利用できるサービスに制限はありますが、法人価格で安く購入できる商品もあるので、備品の購入のみに使用したい場合や1人で利用する個人事業主におすすめです。

Amazonのビジネスアカウントは登録したらすぐに利用できますか?

ビジネスアカウントには審査があるため、登録しても認証されるまでは利用できません。審査期間は3営業日以内で、登録に必要な書類は以下のいずれかです。

  • 開業届
  • 過去2年以内の確定申告書B
  • 過去2年以内の所得税青色申告決算書
  • 過去2年以内の所得税青色申告承認申請書

スムーズに申請するために、あらかじめ用意しておきましょう。

Amazonプライムと併用できますか?

Amazonビジネスの登録だけでは以下のサービスは利用できません。利用を希望する場合はAmazonプライムの登録も必要です

  • Amazonプライム・ビデオ
  • Amazonプライム・ミュージック
  • Amazonプライム・リーディング
  • Amazonフォト
  • プライムナウ
  • Amazonフレッシュ
  • Amazonプライム・ワードローブ
  • おむつ・ペット用品の割引
  • 会員限定セール

Duoプランなら、Amazonプライムの個人アカウントと紐づければ、Amazonプライムの年会費分のみで併用できます。

DuoプランはAmazonプライムに加えて、Businessプライムの一部サービスも利用できるお得なプランです。

Amazonで業務用の注文が多いならビジネスアカウントの登録がおすすめ

今回は、Amazonビジネスについて紹介しました。ネットでビジネス用途のショッピングを行う方にとって法人価格でお得に購入できたり、請求書による後払いが可能になったりなど大きなメリットがあります。

デメリットがあることも理解しながら、Amazonビジネスのアカウントを登録してみてください。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazon入門ガイドのカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー