この記事で紹介されている商品

Amazonギフト券をキャンセルする方法!条件・注意点・ペナルティなど

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

Amazonギフト券を注文するときに金額や宛先を間違えてしまったら、キャンセルできるのか気になりますよね。

この記事では、Amazonギフト券をキャンセルするための条件や方法を、ギフト券のタイプ別に解説しています。キャンセルする際の注意点やペナルティについても説明しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

【タイプ別】Amazonギフト券をキャンセルする方法

Amazonギフト券は注文後もキャンセルできるものがほとんどです。キャンセルするための条件や方法はギフト券のタイプによって異なるのでよく確認しておきましょう。

ただし一部のタイプは、商品の特性上、注文後にキャンセルができないため注意が必要です。タイプ別のキャンセル可否や条件・方法は以下をご確認ください。

チャージタイプのキャンセル方法・条件

チャージタイプとは、Amazonアカウントに金額を直接チャージして使用するタイプのAmazonギフト券です。このタイプはコンビニ・ATM・ネットバンキング払いで注文した場合のみ、キャンセルが可能です。

上記の支払い方法で注文が完了すると、「お支払い番号のお知らせ」というメールが届きます。メール内に記載された期限(約7日後)までに支払いを行わなければ、購入が自動的にキャンセルとなります

なお、クレジットカード・デビットカードで支払った場合は、購入してすぐに決済されるため、後からキャンセルできません。

PR
Amazonギフトカード チャージタイプ

商品情報

※直接アカウントに残高追加するタイプです。

カードタイプのキャンセル方法・条件

カードタイプは、コンビニエンスストアなどの店頭で購入できるプリペイド式のAmazonギフト券です。裏面がスクラッチになっており、削るとギフトコードが現れる仕組みになっています。

カードタイプのギフト券は、まったくの未使用であればキャンセルすることが可能です。たとえ買い物に使用していなくても、スクラッチの部分を削ってしまったり、Amazonアカウントにギフトコードを登録したりしてしまうとキャンセルできません。

またキャンセルする際は、レシートなど、そのお店で購入したことを証明できるものが必要です。捨てずに保管しておきましょう。

Eメールタイプのキャンセル方法・条件

Eメールタイプは、指定したメールアドレスや電話番号に、メールやショートメッセージでギフトコードを送れる、デジタルタイプのAmazonギフト券です。

Eメールタイプは、購入時に設定した「送信予定日」の3日前までキャンセルできます。送信予定日の2日前を過ぎてしまった場合や、送信予定日に「すぐ送信する」を選択した場合はキャンセルできません。

具体的な手順は以下のとおりです。

キャンセル手順
  • マイページにログインし、「注文履歴」にアクセスする
  • 「商品をキャンセルする」ボタンを押下する
  • 「キャンセルの理由」を選択する
  • 「チェックした商品をキャンセルする」を押して完了
PR
Amazonギフトカード(Eメールタイプ) テキストメッセージにも送信可

商品情報

Amazon.co.jpで使えるギフトカード(デジタルタイプ)。Eメールやショートメッセージで送信できます。
Amazonで数億種の商品・サービスに利用できます。
お届けは注文完了から通常5分以内ですが、 場合により5分以上かかることがあります。
有効期限は発行から10年です。

印刷タイプのキャンセル方法・条件

印刷タイプは、指定したメールアドレス宛てに、PDF形式でギフトコードが送られるタイプのAmazonギフト券です。 

「メールで送る」という点では、Eメールタイプと似ています。しかし、印刷タイプは送信日時を指定することができず、購入するとすぐにメールが送られる仕組みになっています。そのため、Eメールタイプと違って、購入後のキャンセルは一切できません

購入するときは、送付先や金額などに誤りがないか、よく確認してから注文するようにしましょう。

PR
Amazonギフトカード- 印刷タイプ(PDF)

商品情報

Amazon.co.jpで使えるギフトカード(デジタルタイプ)です。
Eメールやショートメッセージで送信できます。
PDF形式のギフトカードリンクが送付されます。リンクからダウンロードして印刷します。
お届けは注文完了から通常5分以内。 場合により、5分以上かかることがあります。
有効期限は発行から10年です。

配送タイプのキャンセル方法・条件

「ボックスタイプ」や「封筒タイプ」「商品券タイプ」「カタログギフトタイプ」など、相手の住所に直接配送してくれるタイプのAmazonギフト券は、発送されるまでにキャンセル処理が完了していれば、購入をキャンセルできます。

ただし、Amazonは発送までのタイミングが非常に早いです。お届け日の指定をしていない場合は、即日から数日の間で発送されてしまいます。キャンセルしたい場合はできるだけ早く、マイページの「注文履歴」画面からキャンセル処理を行うようにしてください。

PR
Amazonギフトカード ボックスタイプ

商品情報

Amazon.co.jpで使えるギフトカードです。
数億種の商品・サービスに利用できます。 ※Amazonギフトカードなど、細則に基づき一部制限あり
ギフトボックスが付属しています。
有効期限は発行から10年です。
PR
Amazonギフトカード 封筒タイプ(金額指定可)

商品情報

Amazon.co.jpで使えるギフトカードです。
数億種の商品・サービスに利用できます。 ※Amazonギフトカードなど、細則にもどづき一部制限あり
スライド式のケースが付属します。
有効期限は発行から10年です。
ギフトカードには額面が記載されない場合があります。
PR
Amazonギフトカード 商品券タイプ

商品情報

Amazon.co.jpで使えるギフトカードです。
数億種の商品・サービスに利用できます。 ※Amazonギフトカードなど、細則に基づき一部制限あり。
ギフトカード1枚が封筒に封入されています。
有効期限は発行から10年です。
こちらもチェック!
プレゼントに最適なAmazonギフト券!Eメールタイプからカタログ付きタイプまで

豊富な品ぞろえのAmazonで使える「Amazonギフト券」をプレゼント用に購入する人が増えています。郵送や手渡し以外に、メールやLINEで渡すことができるなど贈る方法が選べて便利ですよ。Amazonギフト券を贈る際の注意点やおすすめのAmazonギフト券をご紹介しますので、選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

アカウントに登録した場合はキャンセルできない

Amazonギフト券は、券面に記載されている「ギフトコード」をAmazonアカウントに登録することで、お買い物に使用できるようになります。

すぐに使う予定がなくても「とりあえず登録しておこう」と思う人もいるしれません。しかし、一度登録してしまうと、そのギフト券はキャンセルできなくなります。キャンセルする可能性が少しでもある場合、登録するかどうかは慎重に判断したほうが安全です。

Amazonギフト券をキャンセルする際の注意点3つ

キャンセルの対応はできるだけスムーズに進めたいもの。そのためにはどのような点に気をつければよいでしょうか。ここではAmazonギフト券をキャンセルする場合の注意点についてまとめています。

1.ギフト券の発送前にキャンセルする

「ボックスタイプ」や「封筒タイプ」など、相手に直接配送するタイプのAmazonギフト券は、発送されるとキャンセルができなくなってしまいます。

Amazonの場合、お届け日の指定をしていない限りは注文後、即日から数日の間で発送されてしまいます。キャンセルすると決めた時点で、できるだけ早めにキャンセル処理を済ませるようにしましょう。

ちなみに商品の配送状況が気になる場合は、注文履歴の「配送状況を確認する」から確認できます。ステータスが「発送済み」になっていなければキャンセルできる可能性が高いです。

2.キャンセル期限内に手続きする

Amazonギフト券の中には、キャンセル期限が設けられているものもあります。「Eメールタイプ」は、送信予定日の3日前がキャンセル期限となります。ほかのタイプと比べると、キャンセル期限までに多少猶予があるので、本当にキャンセルすべきかじっくり検討できるでしょう。

ただし時間がある分、うっかりキャンセル処理を忘れてしまう可能性も。期限にかかわらず、キャンセルすることを決めた時点で、速やかにキャンセル処理を行うことをおすすめします。

3.キャンセル予定のギフト券を使わないようにする

Amazonギフト券をキャンセルするには「未使用であること」が前提となります。キャンセルする予定のものは、あやまって使用しないように注意しましょう

「未使用」とはギフトコードを一切使用していない状態を指します。たとえお買い物に使用していなくても、Amazonアカウントにギフトコードを登録した時点でキャンセルができなくなります。当然支払いに使用してしまった場合も、キャンセルできません。

キャンセル処理が完了するまで、ギフト券の取り扱いには十分注意しましょう。

Amazonギフト券のキャンセルはペナルティがある?

Amazonギフト券をキャンセルすると、何らかのペナルティを受けるのでは・・・と不安になる人もいるでしょう。実際は、Amazonギフト券をキャンセルしたとしてもペナルティを受けることはないようです。利用規約を見ても、キャンセルの回数について特に明示されていません。

ただし、あまりにもキャンセル回数が多い場合は、悪質ユーザーと判定され、アカウントが使えなくなるリスクも考えられます。今後、amazonでお買い物ができなくなるかもしれないと考えると不便ですよね。そうならないためにも、安易にキャンセルを繰り返す行為は避けましょう。

Amazonギフト券で購入した商品のキャンセル方法

Amazonギフト券は、タイプによってキャンセルできるものとできないものに分かれます。一方で、Amazonギフト券で購入した商品をキャンセルすることは、ギフト券のタイプにかかわらず可能です

キャンセルの方法は、以下を参考にしてください。

注文キャンセルの方法
  • マイページにログインし、「注文履歴」にアクセス
  • 該当商品の横の「商品をキャンセルする」を選択します。
  • 「キャンセルの理由」を選択する
  • 「チェックした商品をキャンセルする」を押して完了

キャンセル後はギフト券残高に返金される

Amazonギフト券で購入した商品をキャンセルした場合、基本的には、アカウントのamazonギフトカード残高に1~2日ほどで返金されます。現金や口座振り込みなどの方法では返金されません。

Amazonギフト券とほかの支払い方法を合算して支払った場合は、Amazonギフト券で支払った分はamazonギフトカード残高に戻り、それ以外の方法で支払った分はそれぞれの方法で返金されます。

Amazonギフト券のキャンセル方法を理解して、楽しいお買い物を!

ここまで、Amazonギフト券をキャンセルするための方法や条件についてご紹介してきました。Amazonギフト券にはいくつかタイプがあり、キャンセルできるものとできないものがあるほか、キャンセルできるタイプにも条件があります。

ちょっとした贈り物や自分のお買い物に便利なAmazonギフト券。キャンセル方法をよく理解した上で、お買い物を楽しんでくださいね。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazon入門ガイドのカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー