目次

AmazonのURLはなぜ長い?短縮するメリットや手順を徹底解説!

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

Amazonをよく利用する人の中には「購入した商品を友人に勧めたい!」「SNSに貼り付けて拡散したい!」ということもあるかと思います。しかしURLが長く共有しづらいと感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、URLの短縮ツールや短縮方法を紹介します。URLが長くて困っている人は、ぜひ参考にしてくださね。

AmazonのURLは短縮可能

Amazonの商品URLをコピーした場合、通常は以下のように長いURLとなります。

例:Fire TV Stickと検索して表示されるURL
  •  https://www.amazon.co.jp/Fire-TV-Stick-%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3% 83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A1%E3%83%87 %E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AC%E3% 83%BC%E3%83%A4%E3%83%BC/dp/B0BQVPL3Q5/ref= sr_1_1_ffob_sspa__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF% E3%82%AB%E3%83%8A&crid=15VO8BS54Y8J1&keywords= Fire+TV+Stick&qid=1698658497&s=amazon-devices&sprefix= fire+tv+stick%2Camazon-devices% 2C177&sr=1-1-spons&sp_csd=d2lkZ2V0TmFtZT1zcF9hdGY&psc=1

 AmazonのURLは、どの検索結果から飛んできたのか、商品をエンコード設定した際の英数字が残り、結果として長いURLになっているのです。

 上記のURLを短縮すると以下になります。(短縮方法は後述します。) www.amazon.co.jp/dp/B0BQVVBSNB

ドメイン後ろの「dp」は共通で、更に各商品のASINまたはISBN-10を付け加えることでURLを短縮できます。 ASINは各商品番号(書籍以外)、ISBNは書籍の世界共通の割り当て番号を指し、各商品ページの登録情報から確認することができます。

 ※「エンコード」とは、データを別の形式に変換すること。
 ※「ドメイン」とは、インターネット上のう住所を指し、分かりやすく文字列で区別したもの。

AmazonのURLを短縮するメリット

AmazonのURLを短縮することで得られるメリットは主に以下の通りです。

  • 見栄えが良くなる
  • 手書きで共有できる
  • アクセス解析に利用できる

   ここでは、それぞれのメリットについて詳しく解説します。

見栄えが良くなる

URLを短縮すると、スマホやタブレットなどの端末において、スッキリと見栄え良くURLを表示させられます。

また、短縮URLはオウンドメディアやメルマガなどにも使用される場面が多いです。これは、ユーザーの離脱率を防止する目的で、長いURLが画面を占拠してしまうと、ユーザーがコンテンツから離脱してしまう可能性があるからです。 URLを短縮することは私生活だけでなくマーケティング活動においても重要なポイントになることを覚えておきましょう。

手書きで共有できる

URLを手書きで共有したい場合にも、短縮することで楽に手書きできます。長いURLの場合、手書きで共有するのには時間や労力がかかってしまいます。 また、口頭で伝えることも短縮URLであれば容易にできますよね。このように、人が覚えやすくなるという側面でもURLを短縮するメリットがあります。

アクセス解析に利用できる

アクセス解析サービスを介してURLを短縮すると、サービスのデータベースを通じて、クリック数やクリックしたユーザーの属性などが計測され、マーケティング活動の分析に活用できるというメリットがあります。

AmazonのURLを短縮する方法

AmazonのURLを短縮する方法で、代表的なものを紹介します。

  • 「シェアボタン」からコピーする
  • 自分で不要な部分のURLをカットする
  • ブックマークレットで短縮する
  • 公式アプリやツールで短縮する

   基本的にはモバイル、PCで手順は変わりません。どの方法も操作は簡易的であるため、使いやすい方法でURLを短縮してみましょう。

「シェアボタン」からコピーする

URLを短縮する方法に、商品のシェアボタンから共有することで短縮URLが生成されます。 商品のURLボタンをタップすると、URLのコピーおよびLINEやInstagramなど各種SNSのシェアボタンがあり、用途に応じてクリックすることで、短縮URLを共有できます。操作はモバイル、PC版で同様の手順で共有できます。

自分で不要な部分のURLをカットする

最も簡単な方法として挙げられるのが、自分でURLの不要な部分をカットして短縮する方法です。 ドメイン/dp/商品番号以外の部分を選択削除することで、短縮URLを生成できます。 短縮したURLでページが表示されるか不安な人は、共有する前に自分でカットしたURLをクリックしてみて、正しく遷移されるかを確かめてみましょう。

ブックマークレットで短縮する

ブックマークレットは、ウェブブラウザのブックマークから起動して、処理を行う簡易的なプログラムです。 Amazonの商品ページからブックマークをクリックすると、自動でURLが入力された段階でAmazon短縮URLメーカーが起動するブックマークレットがあります。

 以下のブックマークレットをAmazonの商品ページ上で実行することで、短いリンクがコピーされます。

■URL短縮ブックマークレットはこちら
  •  javascript:(function(){var a=document.createElement(""p"");var b=document.createElement(""p"");b.style.userSelect=""auto"";a.appendChild(b).textContent=""https://www.amazon.co.jp/dp/""+ue_pti;document.body.appendChild(a);document.getSelection().selectAllChildren(a);document.execCommand(""copy"")})();

公式アプリやツールで短縮する

基本的に、公式アプリやツールでURLを短縮する方法が、最も間違いが少なくおすすめです。 特に「Amazon URL かんたん短縮メーカー」は、短縮したいURLを張り付けてボタンを押すだけなので操作手順が簡単です。頻繁にURLを短縮する方は、ブックマークしておくと良いでしょう。

Amazon URL かんたん短縮メーカー

「Amazon URL かんたん短縮メーカー」は、Amazon商品のURLを簡易的な操作で、できるだけ短縮してくれるサービスです。 URLを貼り付けて、短縮ボタンをクリックすると、短縮URLが生成されます。「Amazon URL かんたん短縮メーカー」と検索すると、サービスURLが上位表示されます。

URL短縮ツールおすすめ3選

URLを短縮する場合は、外部のツールを利用するという選択肢もあります。 ここでは、代表的なURL短縮ツールの特徴やメリット、デメリットを紹介します。自分に合ったツールを探す際の参考としてみてくださいね。

bit.ly

短縮URLツールの「bit.ly」は、URLの短縮のみに特化したツールです。トップページの「Paste a long URL」に短縮したいURLを貼りつけるだけでURLを短縮できるほか、独自ドメインへの対応やQRコードの生成にも対応しています。 

また、アカウントを作成することで、短縮URLの効果測定も可能です。

■料金形態(プラン詳細は公式サイトをご確認ください。)
  • FREE:無料
  • CORE:$8/月
  • GROWTH:$29/月
  • PREMIUM:$199/月

Tiny.cc

「Tiny.cc」は2006年に開始されたサービスで、登録不要でURLを短縮することができます。 URL短縮機能に併せてQRコード生成や有料プランで独自ドメインの設定も可能です。 無料で利用する場合は、短縮URLに期限が設けられているため、期限切れとなってしまうと、直接URL先に遷移しない状態となってしまうため、期限なしでURLを短縮したい場合は有料プランへの加入が必要です。

■料金形態
  • Basic:$5/月
  • Business:$25/月
  • Pro:$44/月

cutt.ly

「cutt.ly」は、URLの短縮やQRコードの生成、アクセス解析機能など幅広い機能を搭載しているサービスです。 無料で短縮機能を利用できる無料プランや企業向けのプランも用意しており、ニーズに応じてサービスを利用できるのが特徴です。

■料金形態
  • Free:無料
  • Starter:$12/月
  • Single:$25/月
  • Team:$99/月
  • Team Enterprise:$149/月

Amazon URL Shortner

「URL Shortener for Amazon」はChromeの拡張機能の一つです。Chromeのウェブスストアで「Amazon URL Shortner」を追加することで利用できます。

使い方は、Amazonの商品ページ上で右クリックし「Amazon URL Shortner」をクリックした後に、「短縮URLを生成」をクリックすることで、短縮されたURLがコピーされた状態となります。 この拡張機能は、AmazonのURLのみならず、他のURLの短縮にも利用可能ですので、頻繁にURLを短縮する機会のある方はインストールしておくと良いでしょう。

URL短縮ツールを使用する際の注意点

URL短縮ツールは操作も簡易的な場合が多く、便利である一方で、利用する際はいくつか注意すべきポイントがあります。 注意すべきポイントは以下の通りです。

  • サービスが終了していると、リンク切れが発生する
  • 表示速度が遅くなる
  • 危険サイトとの区別がつかない

  ここからは、注意ポイントについて詳しく解説していくので、これからURL短縮ツールを使おうと考えている人は確認するようにしましょう。

サービスが終了していると、リンク切れが発生する

URL短縮サービスが終了してしまうと、リンク切れになってしまう可能性があります。 Web上のURLの差し替えや紙媒体にURLを貼付している場合は、訂正の工数がかかるため、サービスが終了してしまった場合の対応も考慮したURLの共有を実行する必要があるでしょう。

表示速度が遅くなる

これは、短縮URLのサーバーから、実際のWebページのあるサーバーへ移動するのに、タイムラグが生じるためです。 また、URLが短縮されると、どんなサイトに遷移するのか予測がつかないため、不信感を抱くユーザーも出てくる可能性があるので注意しましょう。

危険サイトとの区別がつかない

URLを短縮することで、ドメインが隠れてしまうため、ユーザーに不信感を抱かせてしまうことあります。 実際に、DMやSMSなどで、短縮URLを用いて危険なサイトに誘導させる事例も発生しているため、URLを短縮する目的を明確にしておく必要があります。

Amazonの短縮URLを使いこなそう!

AmazonのURLは日常生活において、共有する機会が意外と多いです。SNSやチャットでの共有をはじめ、仕事においても資料に用いたり、会話の中で共有する場面が出てくることもあるでしょう。 本記事を参考にしながら短縮ツールを活用してみてはいかがでしょうか。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。 ※売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazon入門ガイドのカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー