この記事で紹介されている商品

布団干しスタンドのおすすめ12選!コンパクトで収納に便利な折りたたみ式も

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ベランダ・屋外・室内など干したい場所に布団を干せる「布団干しスタンド」。コンパクトに収納できる折りたたみタイプも多く、伸縮可能なものならシングルサイズからダブルサイズまでさまざまな布団を干すことが可能です。本記事ではそんな布団干しスタンドのおすすめ商品をご紹介します。選び方も解説するので、ぜひ最後までご覧くださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

布団干しスタンドの選び方|3つのポイント

布団干しスタンドには、形状や素材の異なるさまざまな商品があります。形状は安定感・干せる布団の枚数・収納のしやすさなどを左右し、素材は安定感やサビにくさを左右する重要なポイントです。室内で使うなら軽くて扱いやすくコンパクトに収納できるもの、屋外で使うならサビにくく風でも倒れにくい安定感のあるものというように、使用シーンにあわせて選んでくださいね。

1.素材で選ぶ!

布団干しスタンドに使われている素材には、主にスチール製・ステンレス製・アルミ製の3種類があります。それぞれ耐久性・安定感・サビにくさなどが異なっているので、屋外と屋内のどちらで使うのか、移動させることがあるかどうかなどを考慮して選びましょう。

屋外・ベランダならスチール・ステンレス製

庭やベランダなどの屋外で布団を干すなら、しっかりと重さがあって安定感のあるスチール製やステンレス製がおすすめです。とくにステンレス製はサビにくいので、屋外に出しっぱなしにしておくこともできます。アルミ製と比べると重いため設置や移動の際はやや大変ですが、水分を含んで重くなった布団を干しても変形しにくい耐久性の高さも魅力ですよ。

スチール製は鉄製よりも強度が高く、重量があるため安定感があるのが特徴です。ステンレス製よりも手ごろな価格で購入できることも多いため、試しに購入したい場合にもぴったりですよ。屋外での使用にも向いていますが、ステンレス製と違いサビやすいので、防サビ加工されたものを選ぶとさらに使いやすくなるでしょう。

場所移動が多いならアルミ製

室内での使用がメインなら、軽くて移動させやすいアルミ製がぴったりです。使わないときは折りたたんで収納したり、部屋間の移動も簡単にできます。またアルミ製はサビに強いため、濡れた布団やシーツを干しても長くきれいに使える点も魅力です。ただし軽い分安定性には欠け、屋外で使うと強風で倒れやすいのはデメリットといえます。屋外でも使う予定があるなら、扇形に開くタイプのように風が吹いても倒れにくい設計のものを選んでくださいね。

2.形状・機能性で選ぶ!

布団は洋服を干すときと違って場所を取りやすいため、コンパクトに折りたためるものやサイズ調整できるものが便利です。布団のサイズや枚数にあわせて伸縮できたり、使わないときはスキマ収納できたりと、使い勝手のいいものを選べば布団干しの負担を軽減できますよ。

省スペース収納!折りたたみタイプ

収納時のコンパクトさを重視するなら、折りたたみできるかどうかをチェック!スリムに折りたためるものを選べば、ちょっとした隙間にも収納できます。たとえば、横から見たときにアルファベットの「A」や「X」の形になっているシンプルなスタンドタイプは、スリムに折りたためるものが多いですよ。

また、扇形のような一度にたくさん干しやすいタイプは折りたたんでも厚みが出やすいため、コンパクトさよりも機能性重視の方に向いているといえます。 なお収納スペースがない場合は、収納せずに出しっぱなしにできる突っ張り型を選ぶのもひとつの方法です。天井にしっかり固定するため安定感もよく、布団以外にも洗濯物干しとして日常的に活用できますよ。

サイズ調整可能!伸縮できるタイプ

シングルやダブルなどさまざまな布団を干す場合は、布団を干すバーの長さが伸縮可能なタイプが便利です。必要最低限のサイズに変えられるため邪魔になりにくく、何枚もまとめて干したいときはバーを伸ばせばたくさん干せます。なかにはバーの長さだけでなく、高さを伸縮できるものも!

自分の身長にあわせて干しやすい高さにしたり、ワンピースのような洋服を干したりと、布団を干す以外にもさまざま使い方ができますよ。部屋の大きさにもあわせやすいので、引越しが多い方にもおすすめです。

3.サイズと耐荷重で選ぶ!

スタンドのサイズと耐荷重が干したい布団のサイズや重さに対応しているかは、必ず確認しておきましょう。たとえば一般的な敷布団や掛ふとんは、シングルで100~150cm、ダブルで140~190cmが目安です。安定感や倒れにくさを重視するなら、干したい布団よりも大きいサイズのスタンドを選ぶ必要があります。

サイズが小さすぎないか迷う場合は、ダブルの190cmでも対応できる伸縮タイプのスタンドを選べばあらゆる布団に対応可能ですよ。 重さについては、昔からよく使われている綿布団ならシングルでも4〜6kgあります。商品の耐荷重を超えて干してしまうと破損の危険性があるため、余裕をもった耐荷重の商品を選んでくださいね。

タイプ別:おすすめ布団干しスタンド12選

ここからは、屋外にぴったりのスチールやステンレス製・持ち運びやすいアルミ製・コンパクトな折りたたみ式・伸縮可能なものなど、タイプ別におすすめの商品をご紹介します。ハンガーフックつきや場所に合わせて変形できるものなどもあるので、干したい場所や布団のサイズなどに合わせて選ぶとよいですよ。

屋外干しに!スチール・ステンレス製3選

屋外で布団を干すなら、しっかりと重さや安定感のあるステンレス製やスチール製の商品をおすすめします。とくにステンレス製はサビに強いので、外で保管したい場合や室内でも濡れた布団の湿気でサビないか気になる場合にもぴったりですよ。

PR
コーナンオリジナル(Kohnan Original) 物干しラック

商品情報

【特長】
収納時折り畳み可能です。
【仕様】
材質:ステンレス巻きスチールパイプ、ABS樹脂、ポリプロピレン

布団を干したり洗濯物を干したりと、用途や洗濯物の量に合わせて自由に伸縮できるX型の物干しラックです。最小幅は8cmでバスタオルを1枚干せ、最大で171cmまで伸ばせるのでシングルサイズの布団を干せます。ステンレス製でサビにくく、屋内でも屋外でも使用可能です。収納時は厚み8cmまでコンパクトになり、組み立ても簡単なので手軽に使えますよ。

PR
積水樹脂 ステンレス多機能ふとんほしSV-200

商品情報

メーカー型番: SV-200
サイズ: 幅140~235×奥行き90×高さ115cm
材質: ステンレス巻きスチールパイプ

バーが伸縮できて最大4枚の布団が干せる、ステンレス製の布団干しスタンドです。布団を干すバーに幅をもたせて通気性をよくしたダブルバー仕様で、枕などの干し置きもできます。またV字になっているので、布団を裏返す際はV字の干し部を閉じてもう片方のバーに布団の半分をうつすだけと簡単です。バーは高さが約115センチと低めの設計になっているので、重い布団を上に持ち上げる動作も必要なくラクに干せますよ。

PR
ekans(エカンズ) バスタオルもたっぷり干せる室内物干し ハンモックバータイプ WT-150S

商品情報

使用時:(約)幅88~150x奥行84x高さ113~165cm
収納時:(約)幅9x奥行64x高さ113cm
重量:約6kg

室内で布団や洗濯物がまとめて干せる、物干し竿とタオルハンガーを合体させたハンモックバータイプです。5人分以上の洗濯物が干せる大容量サイズで、目安としてはシャツ類なら75枚、タオル類ならバスタオル10枚やフェイスタオル20枚が干せます。ステンレス製なので洗濯物の湿気でもサビにくく長く愛用できますよ。収納時は幅9cmまでスリムになるため、場所を取りにくいのもうれしいポイントですね。

軽量で持ち運びやすい!アルミ製4選

使用後は毎回片付けたい方や移動させることが多い方には、軽くて持ち運びしやすいアルミ製がおすすめです。約3cmと非常にスリムで収納しやすいものや、小柄な方でも使いやすい低めの設計になっているものもありますよ。おしゃれさが気になる方にはシャンパンゴールドの物干しスタンドもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

PR
天馬 アルミ伸縮式布団干しX型コンパクト ホワイト PS-34A

商品情報

サイズ: 93-148×57×87-125cm
アルミパイプ・ABS・PP・PE・ステンレス・スチール(メッキ)・アルミニウム合金
生産国:中国

X型で布団を2枚干せる、アルミ製の布団干しスタンドです。幅も高さも両方伸縮可能で、布団だけでなく洗濯物や枕など用途に合わせて使い分けられます。布団を干すバーにはハンガーフックがついているので、布団と洗濯物を一緒に干すことも可能です。折りたたみ時は幅9cmになり軽くて持ち運びやすいため、部屋間の移動もしやすいですよ。しっかり高さがあることで、布団が地面や床につきにくいのも魅力です。

PR
セキスイ 物干しラック

商品情報

サイズ:展開時/134×145~235×89、収納時/152×145×19

幅が約145〜235cmまで伸縮でき、最大4枚の布団を干せる物干しラックです。幅が広いダブルバーを採用しており、さらに2本のバーが段違いになっているため、日当たりも風通しも良好で気持ちよく洗濯物や布団を干せます。また、バー下部にはピンチやハンガーをかけられる穴があいており、布団と一緒に洋服・靴下・ハンカチなどさまざまな洗濯物をまとめて干せますよ。折りたたみ時は幅約19cmになります。

PR
アルミランドリースタンドASST-F1

商品情報

布団も衣類も干せる、ランドリースタンド。
重い布団を高く持ち上げなくても横からスライドさせて簡単に干せます。
製品重量は1.8Kg。

こちらは重さ約5kgまでの布団が1枚干せる、シンプルなランドリースタンドです。使わないときは約3.3cmと非常にスリムに折りたためるので、収納スペースの少ないワンルームでも収納場所に困りません。使用時は2本の支柱をくるっと回転させるだけで簡単に立てられるので取り扱いも簡単です。重さは約1.8kgと軽く、部屋間の移動もラクラク!ハンガーをかけるなら約12本がかけられます。

PR
ベルメゾン 布団干し シャンパンゴールド

商品情報

●使用時:幅約105〜222、奥行約50、高さ約109cm、収納時:幅約13、奥行約50、高さ約109cm

小柄な方でも身長の高い方でも使いやすい、絶妙な高さの伸縮物干しです。布団を持ち上げずにサイドからかけやすい低めの設計になっています。シングルサイズなら4枚同時に干せるサイズで、ダブルバーが布団の内側を広げてくれるので通気性も良好です。またカラーが布団干しには珍しいシャンパンゴールドのため、暖色系を基調としたインテリアにもおしゃれになじみますよ。なお完成した状態で届くので、組み立ては不要です。

コンパクト収納可能な折りたたみ式など3選

できる限り省スペースで収納したいなら、コンパクトに折りたためるものを選びましょう。折りたたみ式はX型やA型のものが多く、軽いものでも安定感があって使いやすいですよ。なかには、出しっぱなしでもおしゃれなデザインのものもあります。収納スペースやお部屋の大きさなどに合わせて選んでみてくださいね。

PR
アイリスオーヤマ コンパクト布団干し FSA-70S

商品情報

(使用時)幅約70~110×奥行約64×高さ約110
(収納時)幅約70×奥行約7×高さ約115
耐荷重:約7kg
材質:塩化ビニル樹脂被覆鋼管、ABS樹脂、PP

さっと広げて手軽に布団が干せる、一人暮らしの方にぴったりの布団干しスタンドです。バーが伸縮性になっており、使わないときはバーを収納すればコンパクトに収納できます。干す量が多い場合はバーを広げればたくさん干せるので、毎日の洗濯にも週末のまとめ洗いにも便利です。横から見るとA型になっているため布団を広げて干すことができ、通気性がよく乾きやすいでしょう。

PR
天馬 出しっぱなしでもスタイリッシュに決まる室内物干し PSI-07

商品情報

出しっぱなしでもスタイリッシュに決まるインテリア物干しシリーズ。フレームは軽くて丈夫な素材を使用し、コンパクトに折りたたむことで収納もスマートにできる、デザイン性の高いアイテムです。

シンプルかつスタイリッシュなデザインで、出しっぱなしでもインテリアを邪魔しません。布団を干す際は横からスタンドに通すだけでラクに干せるので、重い布団を無理に持ち上げる必要もないですよ。重量は約1.5kgと軽いので片付けたいときは簡単に持ち運べます。折りたたんだ際は約4cmとスリムになり、ちょっとした隙間にも収納可能です。なおスタンドの下はロボット掃除機が通れる高さになっているので、掃除も簡単にできます。

PR
ベルメゾン 洗濯物干し 縦ダブル伸縮ワイド

商品情報

【布団干し】縦横伸縮X型室内物干し 洗濯物もお布団も大量に干せる物干し。ベーシックな機能とデザイン。お部屋に合わせて幅と伸縮する場所によってタイプをお選びください。

こちらは幅が約116.5〜195cmまで伸縮できる布団干しスタンドです。約8cmとコンパクトに折りたためて、ちょっとした家具の隙間にも目立たず収納できます。広げた状態ではX型なので、布団だけでなく洗濯物も一緒に干せて便利ですよ。バーには波形のフックがついているため、ハンガーにかけた洋服も均等に干せます。片側のバーは高さも伸縮できるので、大きいサイズの布団やワンピースなども地面につかず安心ですね。重量は約5.1kgと軽いので、部屋間の移動もしやすいでしょう。

干すものに合わせて伸縮可能なアイテム2選

普段使いではコンパクトに、布団を干すときは大きいサイズにと、干すものや状況に合わせてサイズを変えたいなら伸縮可能なものをチョイス。サイズだけでなく、2本のバーをクロスさせたり並行にしたりと形まで変えられるものもありますよ。いつもは洗濯物が少ないご家庭でも、たまにまとめ洗いをしたときに一気に干すこともできるので、使い勝手のよさを重視する方はぜひチェックしてみてください。

PR
アイリスオーヤマ 多機能物干し SMH-150R

商品情報

商品サイズ(cm):幅約97~150×奥行約66×高さ約122~160
重量(kg):約3.7
材質:ステンレス巻きスチールパイプ、ステンレス、ABS樹脂、PP

幅97〜150cmまで伸縮でき、約5人分の洗濯物が干せる多機能物干しです。2本のバーは高さが段違いになっており、日当たりと通気性がよくしっかり乾かせます。さらに2本のバーは垂直にクロスさせることもできるので、コンパクトにも大容量にも使用可能。耐久性の強いステンレス製で耐荷重は20kgあるので、大きな布団も安定して干せますよ。折りたたみ時は幅12.5cmになり重量は3.7キロと軽量なため、使わないときはクローゼットや洗濯機の隙間などにコンパクトに収納可能です。

PR
ベストコ ステンレス 布団干し 縦横伸縮 NY-273

商品情報

使用時サイズ:幅144~235×奥行71×高さ99~139cm、収納時サイズ:幅144cm×奥行22cm×高さ108cm、重量:約5.5kg

幅は約144〜235cm、高さは約99〜139cmまで伸縮できる布団干しスタンドです。布団だけならシングルサイズで最大4枚同時に干せます。偏り防止の連結ハンガー掛けが2個と、取り付けや取り外しが自由にできる単独ハンガーフックが5個ついているため、布団2枚までを干しながら普段の洗濯物も一緒に干せて便利です。支柱はステンレス巻きのスチールパイプなので、サビにも強く長く使えますね。

気になるAmazonでのランキングをチェック!

ここまでは布団干しスタンドの種類や選び方、おすすめ商品をご紹介しました。さらに布団干しスタンドを探したい方は、Amazonで売れ筋商品をチェックしてみてくださいね。

布団干しスタンドで面倒な布団干しを快適にしよう!

布団が干せるスタンドをひとつ持っておけば、ベランダや室内など好きな場所で布団を干せます。コンパクトな折りたたみタイプならさっと広げて使えて、布団干しの手間をぐっと減らせますよ。ぜひ本記事を参考に、お気に入りの布団干しスタンドを見つけてみてくださいね。

こちらもチェック!
室内向けの布団干しおすすめ8選!折りたたみ式でコンパクトになるアイテムなどご紹介

天気を気にせずに使える「室内向けの布団干し」。おしゃれなスタンドやコンパクトに収納できる折りたたみタイプなどがあります。キャスター付きやベッドにもなるすのこタイプもあるため選ぶのに迷いますよね。今回は、室内向けの布団干しの選び方とおすすめの商品をご紹介!ベランダや洗濯物を干す際にも使えて便利ですよ。

こちらもチェック!
布団干しおすすめ11選!おしゃれなものやステンレス製のものをご紹介

布団干しがあれば、手軽にベランダや室内で布団を干すことができます。マンションのベランダに置けるコンパクトなものや、広めの庭に設置しやすいワイドサイズなど、商品のバリエーションはとても豊か。今回は布団干しの選び方とおすすめの商品をご紹介します。室内に置いてもおしゃれなデザイン性の高いタイプもあるのでぜひチェックしてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー