この記事で紹介されている商品

市販のコーヒー豆のおすすめ12選!自宅でドリップ、カフェ気分を楽しむ

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

コーヒー好きなら「コーヒー豆」にこだわりを持っている方も多いのではないでしょうか?自分好みのコーヒー豆やコーヒー粉でドリップしたコーヒーは格別ですよね。この記事では、自宅でカフェ気分を味わえる、市販のコーヒー豆やギフトにもおすすめの商品をご紹介します。コーヒー豆の選び方も解説するので、ぜひ最後までご覧くださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

コーヒー豆・コーヒー粉はどう選べばいい?

コーヒー豆やコーヒー粉にはさまざまな種類があり、風味や味わいもそれぞれ異なります。

一般的にコーヒー豆の銘柄は、産地や国名から名付けられることが多いです。ブラジル・グアテマラ・コロンビアなどの国名や、イエメンのモカ港に由来するモカ、タンザニアにある山の名前のキリマンジャロのように、港や山の名前が使われているものもありますよ。

産地によってさまざまな味わいがあるので、産地別のコーヒー豆の特徴を理解しておくことが大切です。自分好みのコーヒーを見つけるために、コーヒー豆の特徴を購入前にチェックしてみてくださいね。

コーヒー豆の選び方

好みの特徴を持ったコーヒー豆の産地が決まったら、「焙煎度」「飲み方」といったポイントにも注目してみてください。焙煎の種類やどのような飲み方をするかによって、適切なコーヒー豆が異なりますよ。

1.焙煎度で選ぶ

コーヒー豆の焙煎度は、主に8段階に分けられており、特徴ごとに「浅煎り」「中煎り」「深煎り」の3つに大別されます。

焙煎時間でコーヒー豆の色や味わい、香りが異なり、焙煎が浅いものは酸味が強く、深いものは苦味とコクが増す傾向にあります。ここから詳しく見ていきましょう。

浅煎り

浅煎りとは、焙煎時間が短くきつね色程度の浅い色付きのコーヒー豆をいいます。苦味が少なくさっぱりとした味わいで、焙煎度は「ライトロースト」や「シナモンロースト」と呼ばれる段階です。

ただし、酸味は強く香りやコクは浅い傾向にあります。苦味を抑えたフルーティーなコーヒーを味わいたい方におすすめですよ。

中煎り

中煎りとは、程よい焙煎時間で栗色程度の色付きのコーヒー豆をいいます。酸味や苦味、甘味のバランスがよいのが特徴で、「ミディアムロースト」や「ハイロースト」と呼ばれる段階です。

ミディアムローストは、一般的に飲まれているアメリカンコーヒーのような味わいで、軽い飲み口になっています。ハイローストは市販のレギュラーコーヒーをはじめ、コンビニやカフェで提供されるホットコーヒーに用いられることが多いです。総じて中煎りは、コーヒー豆本来の風味や味わいを感じやすいですよ。

深煎り

深煎りとは、焙煎時間が長く、濃い茶褐色から黒褐色程度の色付きのコーヒー豆をいいます。焙煎が深くなるとコーヒー豆自体が膨らみ、それに伴い豆に空洞部分が多くなることで、香りが立つのが特徴です。

「シティロースト」や「フルシティロースト」と呼ばれる段階のもので、さらに極深煎りのものは「フレンチロースト」や「イタリアンローストと呼ばれます。

強い苦味や香ばしさがあり、濃厚な味わいなので、エスプレッソに適していますよ。フレンチローストは、カフェラテのようなアレンジメニューに使われることも多いです。

2.飲み方で選ぶ

コーヒー豆やコーヒー粉を選ぶ際には、飲み方から選ぶ方法もあります。「ブラックコーヒー」「カフェラテ・カフェオレなどミルク系」「アイスコーヒー」の3つに分類して、適したコーヒー豆をご紹介します。

ブラックコーヒー

ブラックコーヒーを飲むことが多い方は、浅煎りから中煎りのコーヒー豆を選ぶのがよいでしょう。苦味は控えめから適度なバランスのものが多く、コーヒー豆本来の風味や味わいを楽しめます。

特にコーヒー初心者の場合は、味のバランスがよいブルーマウンテンやグアテマラがおすすめ。すっきりとした味わいが好みなら、酸味は強めですが、モカやキリマンジャロも飲みやすいですよ。

カフェラテ・カフェオレなどミルク系

カフェラテやカフェオレなどのミルク系のコーヒーを楽しみたいなら、深煎りでコクのあるコーヒー豆を選ぶのがおすすめです。ミルクは乳脂肪分を含みコクのある風味のため、コーヒー豆も深いコクがあるものを選ぶとバランスがよくなります。

コロンビアは酸味と甘味が強めですが、全体的な味のバランスがよいので、まろやかな味わいになりますよ。重厚感のある苦味が好みなら、マンデリンがぴったり。酸味はほとんどありませんが、苦味が強くコクが深いのが特徴で、ミルクとの相性も抜群です。

アイスコーヒー

アイスコーヒーに適したコーヒー豆は、大きく2種類に分類されます。すっきりとした華やかさがあるタイプと、濃厚な苦みを感じられるタイプです。どちらのタイプを飲みたいのかによって、適したコーヒー豆は異なりますよ。

すっきりとした華やかさがあるタイプなら、ハイローストからシティローストから選ぶのがよいでしょう。エチオピアのように果実に特徴のあるコーヒー豆は、その個性を楽しめます。

濃厚な苦みを感じられるタイプなら、フレンチローストからイタリアンローストを選んでみてください。タンザニアやコロンビアは苦味の中にほんのりとした甘さを感じられますよ。好みのタイプから、コーヒー豆を選んでくださいね。

カフェインが気になるならデカフェもおすすめ

コーヒーに含まれるカフェインが気になるなら、デカフェを選ぶのがおすすめ。デカフェとは、カフェインを含んだ飲料や食物から、カフェイン自体を取り除いたものをいいます。ただし、もともと含まれていたカフェインを取り除いているため、カフェインを100%含んでいないという意味ではありません。

似た言葉に「カフェインレス」や「ノンカフェイン」がありますが、デカフェとは意味が異なります。カフェインレスは、もともとのカフェインの含有量が少ないものを指します。日本では、カフェイン自体を90%以上取り除いたものに、カフェインレスの表示がされていますよ。

これに対してノンカフェインは、カフェイン自体が全く含まれていないものを指しています。麦茶やハーブティーなどが有名ですね。コーヒー豆のカフェインが気になる場合は、デカフェやカフェインレスと表示されたものを選んでくださいね。

出典:いまさら聞けない「カフェインレス」のこと | デカフェやノンカフェインとの違いや製造方法について

コーヒーの味を劣化させない包装・保管方法

多くの油分を含んだコーヒー豆は、空気に触れると酸化しやすくなり、えぐみや雑味がでてしまうため、保管する際はできるだけ外気にさらさないようにすることが重要です。湿気にも弱いため、湿度の高い場所では酸化が進んでしまう可能性もあります。

そのため、保存容器にコーヒー豆を直接移したりせずに、袋のまま保存するのがよいですよ。ジッパー付きだと空気が入りにくいので、酸化しにくくなりますね。

また、紫外線の光によって温度が上がると、コーヒー豆の劣化が進む場合もあります。そのため、直射日光が当たらない冷暗所で保管するのがおすすめです。

市販のコーヒー豆のおすすめ12選

ここからは、美味しい市販のコーヒー豆をご紹介します。選び方のポイントを踏まえた、おすすめ商品を厳選しました。

PR
AGF 煎 飲み比べセット

商品情報

メーカー名:AGF
ブランド名:煎
商品タイプ:コーヒー豆(豆のまま)
原産国:日本
原材料:【香醇 済んだコク】コーヒー豆(生豆生産国名:タンザニア、コロンビア、他)【濃厚 深いコク】コーヒー豆(生豆生産国名:タンザニア、コロンビア、他)
賞味期限:製造日から 390 日

「香醇」と「濃厚」の2種類のコーヒー豆が入ったギフトセットです。日本の清らかな水に合うような繊細なコーヒーを目指し、独自の焙煎技術によって生み出されました。香醇はやや浅めの焙煎になっており、すっきりとした後味が特徴です。濃厚はやや深めの焙煎で、コクがしっかりとしており、奥深い味わいを楽しめますよ。その日の気分によって、飲み分けするのもいいですね。

PR
無印良品 オーガニックコーヒー オリジナルブレンド 豆

商品情報

内容量:200g
原材料:※添付画像をご覧ください
商品サイズ(高さx奥行x幅):6cm×9cm×19cm
原産国:日本
ブラント名: 無印良品

こちらのコーヒー豆は、厳しい有機栽培の基準をクリアしたオーガニック商品。コロンビアとホンジュラスにかかる山岳地帯で育てられ、ほとんどが手摘みで収穫されています。このオーガニックのコーヒー豆を使い、日本国内において焙煎やブレンドが行われています。中煎りして酸味や苦味、コクなどのバランスがよく、マイルドな風味が特徴。すっきりとした後味になっているので、ブラックで飲むのにも適していますよ。比較的飲みやすいので、コーヒーが初めてという方にもおすすめです。

PR
ヒルス リッチブレンド

商品情報

ヒルスコーヒーは、1878年に米国サンフランシスコでヒルス兄弟によって創られた、伝統と歴史のあるコーヒーブランド。
【内容量】600g×1袋
【味覚】コク深く芳醇な味わい
600gの大容量タイプ。

コーヒーの老舗ブランドである「ヒルスコーヒー」のコーヒー豆です。世界中から厳選されたコーヒー豆を産地や銘柄ごとに特徴を見極め、それぞれ条件を変えて焙煎。コーヒー豆の個性を引き出し、コク深く芳醇な味わいに仕上げてあります。600gの大容量タイプなので、毎日コーヒーを飲む習慣がある方にもおすすめですよ。パッケージには美味しいコーヒーのドリップ方法も記載されているので、初心者でも手に取りやすいですね。

PR
AGF ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンド

商品情報

メーカー名:AGF
ブランド名:ちょっと贅沢な珈琲店
商品タイプ:コーヒー豆(豆のまま)
原産国:日本
原材料:コーヒー豆(生豆生産国名:ベトナム、ブラジル、他)
賞味期限:製造日から 390 日

ブラジル産の上級なコーヒー豆を使用したスペシャルブレンド。コーヒー鑑定士が、香りが引き立つように上質なコーヒー豆をブレンドしています。さらに、コーヒー豆の香りとコクを引き出すために、じっくりと時間をかけて焙煎し、雑味の少ない味わいに仕上げていますよ。パッケージは焙煎したコーヒー豆をすばやく包装することによって、低酸素状態に保っているため、香りを守ってくれるのもポイント。カフェのような豊かなコクと深い香りが楽しめます。

PR
澤井珈琲 コーヒー豆2種類セット

商品情報

【内容量】ビクトリーブレンド 500gx2袋 ブレンドフォルティシモ 500gx2袋
【挽き方】中挽き / 豆のまま お選びいただけます。2種類各1kgの合計2kgで驚き価格!
【焙煎度合】・ブレンド・フォルテシモ ハイロースト(中強煎り) ・ビクトリーブレンド フレンチロースト(深煎り)

コーヒー専門店の2種類のコーヒー豆が2袋ずつ入ったセットです。「ビクトリーブレンド」は、じっくりと深煎りされたフレンチローストで、濃厚な香りとコクが特徴。口の中に豊かなコクが広がるブレンドは、カフェオレにも適しています。「ブレンドフォルテェシモ」は、ナッツのような香ばしさがあるコーヒー豆をブレンド。コーヒー豆本来の旨味が口の中に広がり、やさしい口あたりになっていますよ。500gが4袋あるので、家族の人数が多い家庭も安心ですね。

PR
TOKYO COFFEE オーガニックブレンド

商品情報

商品名: 東京コーヒーブレンド(200g 豆のまま)
Tasting Note: ブラックチェリー、アーモンド、ミルクチョコレート 苦味: ★★★ 酸味: ★★★ 甘味: ★★★★
おすすめの淹れ方 1番のおすすめはハンドドリップです。東京コーヒーのロースタリーカフェでは、ハンドドリップ、エスプレッソ共にこちらの オーガニック ブレンド を使用しています。

東京オリンピックを記念して作られたブレンド。南米やアジアのアラビカ種を厳選してブレンドし、焙煎度はシティローストに仕上げています。香ばしい香りと、フレーバーの酸味が特徴です。ハンドドリップに適したコーヒー豆なので、コーヒーを淹れる時間を楽しんでいる方にもおすすめ。有機栽培されたコーヒー豆を使用しており、環境にやさしいのもポイントですね。

PR
U COFFEE スペシャルブレンド

商品情報

U COFFEE スペシャルブレンド の特徴:バランスの良いミディアムローストで飲み口も後味もクセがなく、それでいてインスタントやコンビニコーヒーにはないコクと深い味わいが楽しめます。U COFFEE ( ウーコーヒー )のなかでも一番人気の看板商品で、高いコスパも人気の理由です。

コーヒー専門店「U COFFEE」のコーヒー豆です。グレードの高い生豆から手作業で不良なコーヒー豆を取り除き、雑味を少なくしています。焙煎する際は、季節や都市によって違いがあるコーヒー豆の水分量を考慮し、タイミングや火力、焙煎時間などを調整。数種類のコーヒー豆をブレンドし、それぞれの良さを引き出しています。1種類のコーヒー豆にはない奥深さや複雑な香りの豊かさも楽しめますよ。

PR
上島珈琲焙煎所 コーヒー豆 2種類セット

商品情報

ブランド 上島珈琲焙煎所
商品の形状 豆
ローストレベル medium_roast
パッケージ情報 バッグ
ユニット数 2008.0 グラム
商品の個数 4
商品の重量 500 グラム
個数 2
パッケージ重量 2.28 キログラム

こちらの商品は、2種類のコーヒー豆を2袋ずつ計4袋のセットです。「ウイナーブレンド」の焙煎度はハイローストで、酸味と苦味のバランスがよくまろやかな味わいが特徴。「プラチナブレンド」の焙煎度はシティローストで、酸味は抑えらており甘味が感じられます。濃厚な味わいなので、牛乳や豆乳を入れてカフェオレにするのもおすすめですよ。

PR
セイコー珈琲 ホテル・レストラン用コーヒー豆

商品情報

原材料:コーヒー豆(生豆生産国名/ブラジル、インドネシア)
商品サイズ(高さx奥行x幅):33cm×8cm×14cm

業務用のコーヒー豆で、コストパフォーマンスのよさが魅力です。クセがないレギュラーコーヒーなので、毎日飲んでも飲み飽きないおいしさですよ。酸味は抑えられ、苦味やコク、香りを引き出したブレンドコーヒーです。コクのあるミルクとの相性もよく、カフェオレなどのアレンジメニューにもうってつけ。サイフォンやコーヒーメーカーを使用すると、おいしく抽出することが可能です。

PR
キーコーヒー PREMIUM STAGE スペシャルブレンド

商品情報

【原材料】コーヒー豆
【内容量】200g(豆)
【1袋当たり商品サイズ】14.5cmx5cmx8cm (高さx奥行x幅)
【味わい】酸味と苦みが絶妙なバランスの奥深い味わい。
【商品特徴】選りすぐりのアラビカコーヒー豆を100%使用した、キーコーヒーを代表するブレンドコーヒーです。

こちらのコーヒー豆は、厳しい基準をクリアした上質なアラビカ種を100%使用したブレンドコーヒーです。よりおいしく飲めるように、コーヒー豆の焙煎方法にこだわり、飽きにくいコーヒーに仕上げています。酸味や苦味、コクなどすべてにおいてバランスが整っており、プレミアムなコーヒータイムを叶えてくれるでしょう。

PR
藤田珈琲 熱風ブレンドセット

商品情報

内容量:500g×4【計2Kg】
原産国:【ラオス】ベトナム、ラオス他【モカ】エチオピア、ベトナム 他
【ホンジュラス】ホンジュラス、インドネシア【コロンビア】コロンビア、エチオピア、インドネシア
豆のままか粉(中挽き)をお選びいただけます。

4種類のブレンドがセットになったコーヒー豆です。「プレミアムラオスブレンド」はナッツ系のほんのりとした香り残り、マイルドな口あたりでコーヒー初心者にもおすすめ。「エチオピアモカブレンド」はフルーティーな香りが特徴で、甘酸っぱさを感じます。「ホンジュラスブレンド」はフルーティな酸味と柔らかな甘みが特徴で、「コロンビアブレンド」はなめらかな酸味とコクがあり、甘味も口の中に広がります。さまざまな風味を味わえるセットで、日替わりで種類を変えられるのもうれしいですね。

PR
ドリップコーヒーファクトリー リッチブレンド

商品情報

濃厚な古き良き喫茶店全盛時代のコーヒーをDrip Coffee Factoryが再現してみました。
コーヒー豆 コーヒー 豆 粉 2kg リッチ ブレンド ( 500g × 4袋 ) コーヒー粉 珈琲 珈琲豆 ドリップコーヒーファクトリー
DRIP COFFEE FACTORY 日本1位焙煎士監修 自家焙煎

こちらの「リッチブレンド」は、従来の喫茶店の濃厚なコーヒーをイメージして作られたブレンドです。コク深く、苦味も強めで重厚な味わいになっています。チョコレートやアーモンドなどのナッツ類を使用したスイーツとの相性がよいので、食後の1杯はもちろん、おやつタイムに飲むのもよいですね。500gが4袋入りの大容量のセットなので、コーヒーを毎日飲む習慣がある方にもぴったり!また、コーヒー豆を注文する際には、豆のままか挽き豆にするかを選べますよ。

好みのコーヒー豆でコーヒータイムを楽しみましょう

市販のコーヒー豆はさまざまな種類があり、産地によって風味や味わいなどに違いがあります。また、焙煎度によっても苦味や酸味、コクなどが変化するので、自分に合ったタイプを見つけることが大切です。カフェインが気になる場合はデカフェを選び、カフェインの摂取量に注意するとよいですよ。今回ご紹介した内容を参考にして、ぜひお気に入りのコーヒー豆を見つけてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー