この記事で紹介されている商品

足拭きマットおすすめ13選!珪藻土やマイクロファイバーなど素材別にご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

お風呂上りの脱衣所に欠かせない「足拭きマット」。近年は、珪藻土・マイクロファイバー・綿(コットン)・麻(リネン)など、さまざまな素材の商品が販売されており、おしゃれなデザインや色展開も豊富です。特に、珪藻土やマイクロファイバーで作られた足拭きマットは、吸収性・速乾性に優れており、サイズも設置場所に合わせて選べます。足触りにこだわった足拭きマットも多くあるため、用途や好み・利用場所のサイズに合う最適な足拭きマットを見つけてくださいね!

この記事で紹介されている商品
もっとみる

足拭きマットの選び方

使いやすい足拭きマットを選ぶときは、サイズや素材、デザインのほか、抗菌加工や滑り止め加工などの有無もチェックしておくとよいでしょう。

ここからは、選ぶときに注目したい4つのポイントについて詳しく解説します。

1.サイズで選ぶ

足拭きマットのサイズは、大きく「小さめサイズ」「標準サイズ」「大きめサイズ」に分けられます。小さめサイズは、35×50センチ前後のサイズが多く、一人暮らしの方や狭いスペースにバスマットを置きたい方に最適でしょう。大人が一人立つと丁度よいサイズ感です。

標準サイズは、45×60センチ前後のサイズが多く、大人が一人立つと少し余裕のあるサイズ感です。1人で余裕のあるサイズを使いたい方、2~3人暮らしの方にもぴったり。大きめサイズは、50×70センチ前後のサイズが多く、大人と子どもが一緒に立っても余裕のあるサイズ感です。同時に複数人が使う場合にもおすすめです。

利用人数や1日の入浴回数、脱衣所の広さを基準に、足拭きマットのサイズを選んでくださいね!

2.マットに施された加工で選ぶ

足拭きマットは、商品により抗菌・防臭、滑り止め加工が施されています。用途に合わせた加工を選ぶことで、安全かつ衛生的に足拭きマットを使えます。

抗菌・防臭加工は、湿気が多い脱衣所に足拭きマットを置く場合や、利用人数が多いときにおすすめです。足拭きマットは、半乾き状態がつづくと、雑菌の繁殖や嫌な臭いの原因になることも。そこで重宝するのが、抗菌・防臭加工の足拭きマットです。複数人が次から次へとお風呂に入るような場合や、湿気の多い場所に置きたい方におすすめです。

滑り止め加工は、お年寄りの方やお子さんのいるご家庭であれば、ついていた方がいいでしょう。床やマット自体が濡れ過ぎると滑りやすくなり、転倒しかねません。そこで、足拭きマットの裏に滑り止めがつけることで、滑らない安定した足元を保て、安心して体や髪を拭けるでしょう。

3.デザインで選ぶ

足拭きマットには、カラーや形など豊富なデザインがあります。定番の長方形型やリーフ型、丸い形のバスマットも販売されています。その他キャラクターものやチェック柄、花柄やボーダーなど、ポップ~シンプルまで、脱衣所の雰囲気を演出できるデザインが盛りだくさんです。機能性と共にデザインもチェックしてみてくださいね!

4.素材で選ぶ

記事の冒頭でもご紹介したように、足拭きマットには珪藻土やリネン、コットンなどさまざまな素材があります。ここでは各素材の特徴やメリット・デメリットを解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

お手入れが楽な「珪藻土」

珪藻土の足拭きマットは、使った後に立てかけておくだけで乾くため、お手入れが簡単です。洗濯の必要はなく、月1回程度の陰干しや日干しだけで清潔を保てるのは、忙しい方にはうれしいポイントです。吸水性が低くなったときは、紙ヤスリで表面を削る手間はありますが、頻繁な作業ではないため、大きな手間にはならないでしょう。

さらに、珪藻土の足拭きマットは、さらっとした肌触りで、吸収性・速乾性ともに秀でています。髪や体から落ちた水滴を吸いとり蒸発するため、次に使う人も快適に使用できるでしょう。お手入れの手間を省きたい方におすすめです。

複数人で使うなら「マイクロファイバー」

マイクロファイバーの足拭きマットは、吸収性に優れています。とても綿密な素材からできているマイクロファイバーは、他の素材に比べ湿気や水分を素早く吸収します。2人分の水滴でもサッと吸いとるため、複数人で使うときにぴったりです。毛足の長いタイプもあるため、心地よい足触りの中で、体や髪を拭くことができます。洗濯機で丸洗いできるものがほとんどなので、定期的なお手入れも忘れないようにしましょう。

耐久性を求めるなら「麻(リネン)」

麻製の足拭きマットは、強度が強いため、洗濯しても型崩れしにくく長持ちします。通気性が高く、シャリ感と呼ばれる硬めの足触りは、自然素材ならではのものです。麻織物のナチュラルなデザインは、どんな脱衣所にもなじんでくれるでしょう。自然素材の足拭きマットをお探しの方、ナチュラルで自然な風合いを残したデザインの足拭きマットをお探しの方にぴったりです。

肌触りを重視するなら「綿(コットン)」

綿は、寝具やタオル、オムツなどにも多く使われる肌にやさしい素材で、やわらかく心地のよい肌触りが特徴です。他の素材に比べ、やや速乾性に劣るケースもありますが、夏は涼しく冬には温かさを感じられるコットンは、寒暖差のある日本にぴったりと言えるでしょう。万人受けしやすいので、複数人が使用する場合などには使い勝手が良いでしょう。

珪藻土製の足拭きマットおすすめ8選

ここでは、おすすめの珪藻土製の足拭きマットをご紹介します。

PR
アイリスプラザ 珪藻土バスマット L 木目調

商品情報

サイズ:Lサイズ(約60cm×39cm)
重量:約2.1kg
素材:珪藻土(珪藻土45%、消石灰35%、紙パルプ15%、石英砂5%)
特徴:吸水・速乾、素早い放湿性、週1~2回の陰干しでOK

お風呂上りにマットを踏むだけでカラッと足元が乾くバスマットです。使った後も素早く乾くため、さらっとした気持ちのよい足触りが続きます。カビやダニの発生を抑制する加工も施されており、陰干しするだけで清潔な状態を保てます。陰干しOKの珪藻土バスマットをお探しの方、木目調の珪藻土バスマットをお探しの方におすすめです。アスベスト検査済みで、全6つのカラーバリエーションから選べます!

PR
アネスティ 珪藻土 バスマット グレー Sサイズ

商品情報

サイズ: 縦46×横34×高さ2.2cm
耐荷重:約150kg
材質・原材料:タイル/珪藻土、フレーム・クリップ/ポリプロピレン
生産国:中国
滑り止めシート:eva樹脂

デザインと機能美を兼ねそなえた珪藻土製品を販売するアネスティの足拭きマットです。最大700mlの水分が瞬時に消えるほど吸収性に優れており、お手入れも簡単です。天日干ししてもひび割れしないため、衛生的で長く愛用できるでしょう。また、アーチ型のタイルが足裏にぴったりフィットするため、滑りにくく安心です。

PR
アンドエヌイー(&NE) 珪藻土バスマット Bathtime

商品情報

ブランド
&NE アンドエヌイー
商品名
珪藻土バスマット モチーフ Bathtime
デザイン・カラー
Bathtime(バスタイム):ホワイト、グレー、ブラック、ピンク、ブラック
サイズ・重量(約)
幅60 × 高さ35 × 厚さ1 cm / 1.8kg

自然素材にこだわったアンドエヌイーの足拭きマットです。まるで吸いつくような超速の吸水力で踏んだ瞬間から乾燥しはじめ、約3分後にはサラッとした完全乾燥状態に戻ってくれる優れもの。おしゃれなデザインになっているので、デザインにこだわりたいという方も嬉しいですね。

PR
アンドエヌイー(&NE) 珪藻土折りたたみ 吸水バスマット shadow

商品情報

サイズ(約):幅60×高さ39×厚さ1cm / 折りたたみ時:幅14.5×高さ39×厚さ 4.6cm
重量(約): 2.0kg
材質 :珪藻土、植物繊維など

4分の1に折りたためる珪藻土バスマットです。4つの縦長板を広げると通常のマットサイズとなり、使用後はじゃばら方式で折りたためます。珪藻土バスマットは、収納時に幅を取る1枚式が多いため、置き場所に困っていた方にはピッタリの商品でしょう。3パターンのデザインから選ぶことができ、お風呂場やお部屋の雰囲気にあわせて選ぶと良いでしょう。

PR
ニトリ 珪藻土バスマット カイテキサラサラSP

商品情報

サイズ:幅55×奥行40cm
重量:2kg
材質:珪藻土、パルプ繊維、消石灰

「お値段以上・ニトリ」のCMで有名なニトリの珪藻土バスマットです。珪藻土の含有率が高く作られているため、吸収性も高く、より早く乾きます。シンプルなアイボリーデザインで、あらゆる脱衣所にすっと馴染んでくれるでしょう。お手入れに使うサンドペーパー付き。滑り止めシートも付属しているため、滑るのが心配という方も安心して使えるでしょう。

PR
フジワラ化学 足乾バスマット

商品情報

サイズ:大
重量:2.2kg
材質:珪藻土、珪酸系骨材、無機質繊維

内装外装を手がけるフジワラ化学の珪藻土バスマットです。汚れが溜まる原因となる掘り柄や模様をあえて省いたシンプル設計を採用で、圧倒的な吸収力を発揮してくれます。水洗い・天日干しが可能なところは、衛生面が気になる方にうれしいポイントです。着色料なども使用しておらず、品質を重視したいという方も納得の一品です。

PR
SHINGONE バスマット 珪藻土

商品情報

サイズ:40×60cm
重量:0.57g
材質:ポリ塩化ビニル

浴室やキッチンなどの水回り製品を販売するSHINGONE(シンゾーン)の足拭きマットです。珪藻土バスマットの欠点だった硬い足触りや割れやすさが改善された進化版。やわらかく快適な足触りを実現し、吸水力もアップしています。PU透水層・珪藻土層・滑り止め層などの4重構造となっており、抜群の速乾性を発揮してくれます。アスベスト検査も通過しているため、ペット用としても安心して利用できますね!

PR
SALANA(サラナ) 珪藻土バスマット Mサイズ

商品情報

サイズ:Mサイズ
重量:1.12kg
構造タイプ:マシンメイド

衛生面に優れたサラナの珪藻土バスマットです。天然素材や多孔質材料による防カビ効果で、カビ菌がつきにくくダニの繁殖も防ぎます。消臭効果もあり、玄関や生ごみの近くに置くだけで嫌なニオイの軽減にも繋がります。裏面も同じように利用できるため、長い期間愛用できるでしょう。ひとまわり大きいLサイズも販売されているので、使用場所の広さにあわせて検討してみると良いでしょう。

マイクロファイバー製の足拭きマットおすすめ5選

続いて、マイクロファイバー製のおすすめ足拭きマットを紹介します。

PR
山崎産業 ソフワ マイクロファイバーバスマット

商品情報

サイズ:幅500×奥行360×高さ28mm
重量:262g
材質:マイクロファイバー(ポリエステル)
原産国:中国

モップやワイパーなどの掃除用品を手がける山崎産業の足拭きマットです。山崎産業が独自開発した超吸収モールは、特許取得済み。モール状のマイクロファイバーが水分をピンポイントに捉え、瞬時に吸収します。とにかく蒸発スピードが速いので、マットの表面はいつも速サラサラ。次の人に不快感を残しません。裏面には滑り止め加工がされており、安全面も配慮されています。

PR
アイメディア マイクロファイバーバスマット

商品情報

サイズ:35㎝×50㎝
重量:0.28kg
材質:マイクロファイバー(ポリエステル)
パイル高さ:ミディアムパイル

ユニークな家庭用品を販売するアイメディアのバスマットです。極細繊維のマイクロファイバーが、サッと水滴を吸収し、心地よい足元を作ります。長い毛足も特徴的で、ふわふわの足触りがお風呂上りの爽快感をより感じさせてくれるでしょう。クッション性もあり、丸洗いできるのもうれしいポイントです。

PR
センコー S.D.S ハリー バスマット

商品情報

サイズ:約35cm×50cm
重量:0.22kg
素材・材質:マイクロファイバー(ポリエステル100%)
織りタイプ:フック
生産国:中国

トレンドに敏感で機能美に優れたS.D.Sのマイクロファイバーバスマットです。モダンなカラー展開が特徴で、グレーのほかに、オレンジ・ブルー・ブラウンなど全5色の中から、お好みの色を選べます。ネットを使用すれば、洗濯機で丸洗いもできるので、清潔に使い続けられるでしょう。

PR
TECHMILLY バスマット マイクロファイバー

商品情報

サイズ:40㎝x60㎝
重量:0.53kg
材質:マイクロファイバー
パイル高さ:ロングパイル

落ち着いたグラデーションカラーが目を引くTECHMILLYのバスマットです。約4センチの厚みが素足を気持ちよく包み込み、踏み心地抜群!「雲の上を歩くような足心地ち」と表現されるほどです。滑ったり角が丸まったりするのを防ぐ滑り止めもついており、お子さんやお年寄りの方のいる家庭でも安心です。1か月間の無料返品保証もあるため、気になる方は試し買いしてみるのがベストです。

PR
Amazonベーシック マイクロファイバーバスマット

商品情報

サイズ:53.3cm×86.3cm
重量:816g
材質:ポリエステル、ポリアミド、マイクロファイバー
織りタイプ:タフト

高品質・低価格な商品を取りそろえるAmazonベーシックのバスマットです。マイクロファイバーシャギーの優しい柔らかさが特徴です。ふわふわで吸収性・耐久性に優れており、洗濯機で洗えるのもうれしいポイント!大きくしっかりしたサイズ感で、利用人数の多いご家庭の方でも大活躍してくれるでしょう。

用途や環境に合った素材の足拭きマットを見つけよう!

今回は、サイズ別、素材別にさまざまな足拭きマットを紹介しました。基本機能である速乾性や吸水性は、どの素材も一貫して優れています。しかし、足触りのよさやお手入れのしやすさ、より高機能を求めるときは、用途や利用場所に合った素材やサイズを選んでみてくださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー