この記事で紹介されている商品

初心者さんでもわかる!コーヒー豆の選び方について解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ほっとひと息つきたいときにぴったりのコーヒー。おうちでも気軽においしいコーヒーを淹れて飲みたいですよね。この記事では、「コーヒー豆」の種類や選び方について解説します。焙煎度合いや産地による違いなど、知れば知るほどコーヒー豆を選ぶのが楽しくなりますよ!おすすめ商品もご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

コーヒー豆の種類

コーヒー豆の種類にはさまざまありますが、まず知っておきたいのが「ストレートコーヒー」と「ブレンドコーヒー」の違いです。それぞれの違いは、何種類のコーヒー豆を使っているかという点にあります。

コーヒー豆は産地によって特徴が異なりますが、ストレートコーヒーは1種類のコーヒー豆のみを使ったもの。味や香りなど、その豆の個性をそのまま楽しむことができます。一方、ブレンドコーヒーは数種類のコーヒー豆を混ぜ合わせたもの。それぞれの豆の個性が合わさることで、新たなおいしさが生まれます。

焙煎方法で選ぶ

コーヒー豆は、種類だけでなく、焙煎度合いによっても味わいが異なります。コーヒーの生豆は淡緑色をしていて、私たちが知っているようなコーヒーの香りなどはほとんどありません。そこで、この生豆を炒って加熱することによって、苦味や酸味、香ばしさなど、コーヒーらしい風味を引き出すのです。

この工程を「焙煎」と呼び、熱のかけ方や加熱時間の違いによってコーヒーの味わいが左右されます。大きく分けると「浅煎り」「中煎り」「深煎り」の3段階に分けられますが、さらに細かい8段階の分け方があり、実際の商品にはこちらの8段階の焙煎度合いが示されます。以下で、8段階の焙煎度合いの特徴について詳しく解説します。

ライトロースト(浅煎り)

最も浅い焙煎度合いで、生豆にうっすらと焦げ目がついた程度。コーヒーらしい香りやコクはほとんどないので、ライトローストのコーヒー豆で一般的な飲用のコーヒーを淹れることはほぼありません。

PR
Dr-i-gama エルサルバドル SHG ブルボン ウォッシュド ライトロースト

商品情報

【生産国】エルサルバドル
【生産地域】チンゴ火山中腹
【品種】ブルボン種
【規格】SHB

エルサルバドルで生産されているブルボン種のコーヒー豆。りんごやさくらんぼのような軽やかな風味と、キャラメルのような甘味が特徴です。こちらのコーヒーは、ライトローストからイタリアンローストまで8種類からお好みの焙煎度を選ぶことができますよ。

シナモンロースト(浅煎り)

シナモンローストは、コーヒー豆がシナモン色になるまで焙煎したもの。苦味はほとんどなく、酸味が強く出る煎り方です。シナモンローストも、コーヒーらしい風味はまだ少なく、使われる機会は多くないようです。

PR
ばいせん工房 珈琲倶楽部 4か国の珈琲飲み比べ シナモンロースト

商品情報

商品タイプ ‎豆
4か国の珈琲から焙煎度もお選びください! コロンビアスプレモ/ブラジルサントス/ ガテマラ/ エチオピアシダモ

こちらの商品は、コロンビアスプレモ、ブラジルサントス、ガテマラ、エチオピアシダモの4種類の飲み比べができるコーヒー豆です。5種類からお好みの焙煎度を選ぶことができ、浅煎りのシナモンローストはすっきりとした味わいが楽しめます。

ミディアムロースト(中煎り)

ミディアムローストまで焙煎すると、コーヒーらしい香りが立ってきます。ミディアムローストは、酸味が強く、軽い苦味があるのが特徴。アメリカンコーヒーに使われることも多いので、「アメリカンロースト」と呼ばれることもあります。

PR
イリー ブレンド 豆 ミディアムロースト (クラシコ) 250g

商品情報

原材料:コーヒー豆
内容量:250g
商品サイズ(高さx奥行x幅):14.3cm×9.1cm×9.1cm
原産国名:イタリア
賞味期間:製造日より24ヵ月

こちらのミディアムローストのコーヒー豆は、苦味と酸味のバランスがよく、香り豊かな味わいが特徴です。ブラジルやエチオピアなどの豆をブレンドしていて、キャラメルやチョコレートを思わせる甘い香りもあります。

ハイロースト(中煎り)

ハイローストは、ほどよい酸味とコーヒーらしい苦味や甘味があるのが特徴です。やわらかい口当たりで、飲みやすい味わいなので、カフェや家庭でも多く使われる焙煎度合いです。

PR
土居珈琲 グァテマラ ハイロースト

商品情報

ブランド 土居珈琲
商品の形状 豆
商品の重量 200 グラム

グァテマラのカペティロ農園で栽培されたレッドブルボン種のコーヒー豆です。生産量が少なく希少な銘柄で、柑橘系の爽やかさとナッツのような甘味が特徴。後味にはチョコレートのような甘味が残ります。

シティロースト(深煎り)

ここからが深煎りといわれる焙煎度合いで、コーヒーらしい鮮やかな茶色になるまで焙煎します。苦味と酸味のバランスがよい味わいが特徴で、ハイローストと同様、一般的によく使われています。

PR
SADACOFFEE オリジナルブレンド シティロースト 200g

商品情報

ブランド SADACOFFEE
商品の形状 ホールビーン
商品の重量 200 グラム

ブラジル、ベトナム、コロンビアのコーヒー豆を使用したオリジナルブレンドのコーヒー豆。控えめな酸味と、ナッツやチョコレートのような甘味が特徴です。半熱風式で焙煎されており、マイルドで飲みやすい味わいです。

フルシティロースト(深煎り)

フルシティローストまで焙煎すると、コーヒー豆の色はダークブラウンになり、表面に油がにじんできます。酸味は少なくなり、苦味や香ばしさが出てくるのが特徴です。

PR
TOKYO COFFEE オーガニックブレンド 200g

商品情報

商品名: 東京コーヒーブレンド(200g 豆のまま)
Tasting Note: ブラックチェリー、アーモンド、ミルクチョコレート
苦味: ★★★ 酸味: ★★★ 甘味: ★★★★

こちらの商品は有機栽培されたコーヒー豆を使用しています。特徴はブラックチェリーやアーモンド、ミルクチョコレートのような香りと甘味。フルシティローストでバランスのとれた味わいをお楽しみください。

フレンチロースト(深煎り)

フルシティローストよりさらに濃い色になり、内部から浮き出た油によって豆にツヤが出ます。コーヒーらしい苦味が際立つ味わいで、エスプレッソやカフェオレなどによく合います。

PR
ビーンズトーク フレンチローストブレンド 500g×2

商品情報

ブランド BEANS TALK
商品の形状 豆
商品の個数 2
商品の重量 500 グラム

コーヒーならではの苦味やコクが味わえるフレンチローストブレンド。プレミアムグレードのアラビカ種を100%使用し、焙煎士の手によりこだわって作られています。アイスコーヒーやカフェオレなどのアレンジにもおすすめですよ。

イタリアンロースト(深煎り)

イタリアンローストが最も深い焙煎度合いで、豆は黒に近い色をしています。強い苦味とコク深い味わいが特徴で、エスプレッソやカプチーノなどによく使われます。

PR
【焙煎珈琲】イタリアンロースト/200g(豆)

商品情報

名称: レギュラーコーヒー
ロースト: 深煎り
生豆生産国名 :ブラジル、コロンビア他
原材料: コーヒー豆
内容量:200g

こちらのイタリアンローストのコーヒー豆は、濃厚な苦味とコクに加え、甘い香りが感じられるのが魅力です。ブラックで飲んでももちろんおいしいですが、ミルクや砂糖と合わせてカフェラテやエスプレッソを楽しむのもおすすめですよ。

産地で選ぶ

コーヒー豆の味わいは、品種自体の特性はもちろんですが、生育した地域の環境条件によっても左右されます。そのことから、コーヒー豆の銘柄名の多くは、生産地の名前をとって名付けられています。以下でそれぞれの特徴について解説するので、見てみましょう。

キリマンジャロ

キリマンジャロとは、産地であるアフリカのタンザニアにある山の名前が由来となっています。特有のすっきりとした酸味とコクのある味わい、甘い香りがあるのが特徴。焙煎度合いにもよりますが、ほかの銘柄のコーヒー豆と比べると、苦味は弱めです。

PR
キーコーヒー プレミアムステージ LP キリマンジャロブレンド

商品情報

キリマンジャロの良質な酸味とコク、さわやかな味わい

こちらの商品は、タンザニア産のキリマンジャロをベースとしてブレンドしたコーヒー豆です。キリマンジャロならではの上品な酸味とコクが魅力。すっきりとした後味のコーヒーを淹れたいときにおすすめです。

ブルーマウンテン

ブルーマウンテンの生産国はジャマイカです。ただし、ジャマイカの中でもブルーマウンテン山脈の限られたエリアで生産されたものだけを、ブルーマウンテンと呼ぶことができます。酸味やコクなどのバランスが非常によく、優雅な香りがあることから、「コーヒーの王様」と呼ばれることも。

PR
UCC 香り炒り豆 ブルーマウンテンブレンド

商品情報

上質な香りと豊かな時間を楽しめる炒り豆
酸味、苦味が絶妙に調和。
優雅な香りとまろやかな味わいが楽しめます

こちらは、ブルーマウンテンをベースとしてブレンドしたコーヒー豆です。酸味や苦味の調和のとれたまろやかな味わいで、上質な香りがあるのが魅力です。パッケージの素材は、この香りを逃しにくいよう設計されていて、豆を挽くたびにこだわりの香りを楽しむことができます。

そのほかのコーヒー豆

キリマンジャロとブルーマウンテン、とても有名な銘柄のコーヒーをご紹介しましたが、おいしいコーヒー豆はほかにもたくさんあり、それぞれ特徴が異なります。たとえば「モカ」。モカはフルーツを思わせる酸味と、甘みやコクがあるのが特徴です。

ブレンドコーヒーのベースとしてよく使われるのが「ブラジル」。程よい苦味と酸味があるマイルドな味わいが魅力です。また、キリマンジャロやブルーマウンテンとともに世界三大コーヒーと呼ばれるのが「コナ」。強い酸味と甘い香りが特徴です。

飲みたいコーヒーのタイプで選ぶ

コーヒーを選ぶときには、ドリップやエスプレッソ、カフェオレなど、どのような飲み方をしたいかも考慮するといいですよ。以下でそれぞれの飲み方におすすめのコーヒー豆をご紹介します。

エスプレッソ

エスプレッソは、細かく挽いたコーヒー豆に圧力をかけて、短時間で抽出する飲み方です。濃厚な味わいに仕上がるのが特徴で、デミタスカップと呼ばれる60~80mlのカップで飲みます。エスプレッソらしいインパクトのある苦味を味わうために、深煎りの豆を使う場合が多いです。

ドリップ

ドリップとは、挽いたコーヒー豆にお湯を注いで成分を抽出する飲み方です。ドリップにもいくつかの方法がありますが、多くのご家庭では、紙や布、金属のフィルターを透過させるドリップをしている場合が多いのではないでしょうか。紙や布のフィルターを使うと、フィルターがコーヒー豆の油分を吸収し、さっぱりとした味わいに仕上がります。ドリップに向かないコーヒー豆の種類などはないので、お好みのコーヒー豆を使ってお楽しみいただけます。

カフェオレ

ミルクと混ぜ合わせて飲むカフェオレでは、ミルクのコクや甘みでコーヒーの味がぼやけないよう、苦味の強いコーヒー豆を選ぶといいですよ。焙煎度合いでいうと、深煎りのコーヒー豆を選ぶと、強い苦味とコクがミルクとよく合い、おいしく仕上がります。銘柄では、酸味よりも苦味が強いコーヒー豆がおすすめです。

気になるAmazonでのランキングをチェック!

ここまではコーヒー豆の種類や選び方、おすすめ商品をご紹介しました。さらにコーヒー豆を探したい方は、Amazonで売れ筋商品をチェックしてみてくださいね。

コーヒー豆の特徴を知って、上手に選ぼう!

今回は、コーヒー豆の種類や焙煎方法、選び方について解説しました。選び方については、一般的によく使われるものなどもご紹介しましたが、味や香りなどの感じ方には個人差があるので、ご自身の好みによって使い分けてみてください。

こちらもチェック!
【2024年】電動コーヒーミルのおすすめ12選!臼式・プロペラ式別のおしゃれな商品を紹介

コーヒー豆をスイッチひとつで手軽に挽ける「電動コーヒーミル」。電動コーヒーグラインダーとも呼ばれています。今回は、そんな電動コーヒーミルの選び方やハンドミルとの違いを詳しく解説!臼式・プロペラ式や携帯に便利なコンパクトタイプなど、おすすめ商品もご紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

こちらもチェック!
計量スプーンのおすすめ10選!調味料やコーヒー豆にも。便利な特徴と選び方を解説

正確な調味料の分量をはかる基本の道具「計量スプーン」。シンプルなツールですが、素材や機能の違いで使用感が変わるので、使いやすいものを選びましょう。今回は、素材別の特徴と便利機能のついたおすすめ商品をご紹介します。デジタル式や珪藻土のもの、大さじと小さじ一体型などもあるので、ぜひ最後までご覧くださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー