この記事で紹介されている商品

【あこがれの垢抜け眉毛へ】黒髪におすすめのアイブロウと選び方のポイントを紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

トレンドの黒髪ですが、ちょっと重い印象を与えてしまう可能性もある黒髪。そこで、印象をガラリと変わる大事なパーツが「眉毛」なんです。アイブロウを使って眉毛の色やメイクを変えることで自然に垢抜けることができるんです。 そんなアイブロウですが、使われている方の中には 「眉メイクを見直して少しでもきれいになりたいけど、黒髪に似合う眉メイクがわからない」 「黒髪に明るいアイブロウを使うと、不自然な仕上がりになってしまう」 などと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 これらの疑問は、本記事を読むことで解決できます。 ・黒髪で垢抜ける眉毛はどんな色 ・アイブロウを選ぶ際に注意するポイント ・黒髪に似合うおすすめのアイブロウ の順番に重要なポイントに絞って紹介していきます。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

黒髪で垢抜ける眉毛はどんな色?

黒髪の場合、髪色よりもワントーン明るい色味にすることで垢抜けた印象を与えられます。 黒髪にはライトブラウンの眉毛では明るすぎるため、もう少し落ち着いた暗めの色合いを選びましょう。 黒髪におすすめの眉メイクアイテムの色味は、例えば以下の3つが挙げられます。 ・ダークブラウン ・アッシュブラウン ・グレー それぞれどんな印象になるのかを紹介します。

ダークブラウン

ダークブラウンはやさしげな印象を与え、あたたかく親しみやすい印象に仕上がります。 カジュアルスタイルや女性らしいフェミニンなファッションの場合は、ダークブラウンがおすすめです。カラーで迷ったら、ダークブラウンを選べば間違いありません。大人っぽくも可愛らしくもできるので、どんな髪型やメイクにも合う万能カラーです。

アッシュブラウン

アッシュブラウンは、自然で落ち着いた色味で、やわらかな印象に仕上がります。 アッシュとはくすみのある灰色で、赤みや黄みを抑えられるため透明感を演出しやすいカラーとなっております。アッシュブラウンのアイブロウを使用すれば、黒髪でも眉毛だけが浮く心配がありません。一口にアッシュブラウンと言っても、種類によって明るさは異なりますので、髪色に近いダークカラーの中から選びましょう。

グレー

グレーはさり気なく黒髪の肌をトーンアップしてくれるので、印象はあまり変えずにほどよい抜け感に仕上がります。眉毛の色をほとんど変えずに、知的で落ち着いた雰囲気に仕上げたい場合におすすめです。また、シャツやスーツをとことんカッコよく着こなしたいときや、モード系のヘアスタイルやファッションを楽しむときにもおすすめです。

眉毛の描き方

眉毛の書き方の手順は以下の5つです。 1.スクリューブラシで毛の流れを整える 2.アウトラインを描き理想の形にする 3.薄い部分を埋めていく 4.眉頭はナチュラルにする 5.毛を整えながら眉マスカラをつける 眉毛を上手に描くポイントとして、はじめにスクリューブラシでしっかりと毛の流れを整えましょう。アイブロウで色を乗せる前に毛の流れを整えることで、描き足す部分を把握しやすくなります。 次にアウトラインを描いて理想の形にします。描く際のポイントは、眉山と眉尻から描いていくことです。 アウトラインをつけたら薄い部分を埋めていきます。眉頭に色を乗せる際は、ナチュラルにするのがポイントです。 色を乗せすぎると不自然な仕上がりになり、とくに黒髪の場合は地味に見えてしまうので注意してください。最後にのっぺりしないよう、下から上へと毛の流れを整えながら眉マスカラをつけます。 これで立体感のある垢抜け眉が完成です。

アイブロウを選ぶ際に注意するポイント

アイブロウを選ぶ際に注意するポイントは以下です。

アイブロウのタイプを選ぶ

アイブロウはタイプによって印象や使用感が異なるため、それぞれの特徴を知ったうえで選ぶのがポイントです。 パウダータイプ パウダータイプは、ふんわりとした自然な眉を作りたいときに効果的です。色の濃さを調整しやすいので、自眉がしっかりある人は濃くなりにくく、まばらな人は足りない部分をパウダーで埋めることで美眉を演出できます。複数の色がセットになったパレットタイプが多く、色を混ぜて使用できるのも魅力です。 ペンシルタイプ ペンシルタイプは、眉毛を1本ずつ細かく描き足すように使えるのが特徴です。眉毛のフォルムを取ったり眉尻の繊細なラインを描いたりなど、くっきりとした印象に仕上げられます。くり出し式と鉛筆タイプの2種類があり、芯の太さも種類があるため、使いやすいものを選びましょう。 リキッドタイプ リキッドタイプは、眉毛を1本ずつ描ける筆ペンのような使用感が特徴です。細い線をなめらかに引けるので、自眉が少ない人でも元から眉が生えているような自然な仕上がりを演出できます。細筆のものを選ぶと、より本物の眉のような繊細な線を描けるのでおすすめです。ふわっとした柔らかい眉を作りたい人はリキッドで形をとり、パウダーで隙間を埋めるとよいでしょう。 マスカラタイプ マスカラタイプはマスカラ液のついたブラシで、眉毛にカラーをつけられるのが特徴です。眉毛にマスカラ液を塗ることで、やんわりと立体的に見せる効果があります。色がつかないものもあるので、毛並みを整えたいだけの人にもおすすめです。

【タイプ別】黒髪に似合うおすすめアイブロウ

黒髪に似合うおすすめのアイブロウを以下のタイプ別で紹介します。

パウダータイプ

コーセー「Visee アイブロウパウダー BR-3」

目尻までなめらかに描けるアイブロウパウダー コーセーのViseeアイブロウパウダーBR-3はふんわり眉と陰影のある鼻筋を演出するアイブロウパウダーです。コスメサービス「LIPS」の2022年上半期ベストコスメでアイブロウ部門の使い心地賞第1位に輝いています。 また、アイブロウとしてはもちろん、ハイライト、ノーズシャドウとしても使うことができます。

セザンヌ化粧品「パウダリーアイブロウ P3」

PR
セザンヌ パウダリーアイブロウ

商品情報

カラー:P3 チャコールグレー
サイズ:2.0g
内容量:2.0g

ナチュラルな立体感のある眉で、小顔効果も期待できる セザンヌのパウダリーアイブロウ P3 はパウダーが肌に密着するので、描いた眉が落ちにくく、黒髪にも違和感なくなじみます。淡パウダーで眉全体を、濃パウダーで目尻を締めれば、ナチュラルな立体感のある眉に仕上がるでしょう。 マスクメイクにも眉に立体感を出すことで、ナチュラルな小顔効果も期待できます。

ペンシルタイプ

コーセー「Visee アイブロウペンシルS GY001」

PR
コーセー Visee アイブロウペンシル

商品情報

1.5mmの細芯なのに、やわらかな使い心地。眉尻までなめらかに描けるアイブロウペンシルです。

眉尻までなめらかに描ける コーセーのViseeアイブロウペンシルSGY001は、1.5mmの細芯なのにやわらかな使い心地で、眉尻までなめらかに描けます。細かい部分も1本1本描き足すように描くことができ、自然な眉に仕上がります。美容液成分配合で、メイクしながらやさしく保湿ケアに期待できるのもうれしいポイントです。

イミュ「デジャヴュ ステイナチュラ」

PR
イミュ デジャヴュ ステイナチュラ

商品情報

原産国:日本
サイズ:1個 (x 1)

パウダーをペンシル状に練り固めたアイブロウ イミュのデジャヴュステイナチュラはパウダーをペンシル状に練り固めたアイブロウです。自然な仕上がりを持続させる密着成分を配合し、ウォータープルーフなので皮脂やこすれ、汗による崩れを防げます。芯の細い方を使えば、極細ペンシルのように毛1本1本まで描け、太めの方を使えば、パウダーブラシで描くように一度に広めに描くことができます。

リキッドタイプ

黒龍堂「キングダム パウダリーリキッドアイブロウ ウルトラキープ」

PR
黒龍堂 キングダム パウダリーリキッドアイブロウ ウルトラキープ

商品情報

これ1本で落ちにくいふんわり眉毛が完成。パウダリー仕上がりのリキッドアイブロウ。

落ちにくいウォータープルーフとスマッジプルーフ 黒龍堂のキングダム パウダリーリキッドアイブロウ ウルトラキープは、落ちにくいウォータープルーフとスマッジプルーフです。汗、水、皮脂に強いので、ふんわりキレイな眉を長時間キープできます。描きやすい平筆タイプなのもうれしいポイントです。

常盤薬品工業 「SANA パワースタイル リキッドアイブロウSWP N3(グレイッシュブラウン)」

PR
常盤薬品工業 パワースタイルリキッドアイブロウスーパーウォータプルーフ

商品情報

色:N3グレイッシュブラウン
漆黒濃厚ラインを長時間キープ
ロング、カール、ボリュームを叶えるマスカラ

漆黒のラインを長時間キープ 常盤薬品工業のパワースタイルリキッドアイブロウスーパーウォータプルーフN3は、黒のラインを長時間キープできます。細筆薄付きフェルトタイプで、濃さも太さも自由自在に調整できるため、根元から感動の立ち上がりを演出できます。海やプール、温泉などの水中のシーンでも落ちにくいほどのスーパーウォータープルーフです。

マスカラタイプ

クオレ「K-Palette ニュアンスブロウマスカラ」

なじみが良く、眉尻も細い毛もムラなくきれいに仕上がる クオレのK-Paletteニュアンスブロウマスカラは、ひと塗りで垢抜けおしゃれ眉になります。なじみが良く、眉尻も細い毛もムラなくきれいに仕上がります。 肌につかないストレスフリーな使いごこちと、ひと塗りできれいにできる使いやすいブラシがついているのもおすすめポイントです。

参考サイト:ニュアンスブロウマスカラ|K-Palette(Kパレット)

コティジャパン「リンメル プロフェッショナル 3Dブロウ マスカラ」

張り付いたような眉毛もふんわりと立体的な仕上がりへ コティジャパンのリンメル プロフェッショナル 3Dブロウは、濡れツヤパールとふわ立体眉ファイバーで、張り付いたような眉毛もふんわりと立体的な仕上がりになります。ふわ立体眉ファイバーは眉毛を濃く見せる効果も期待できます。

まとめ

今回は、黒髪におすすめのアイブロウと選び方のポイントについて紹介しました。 眉毛は顔の印象を左右する重要なパーツのため、自分に合ったアイブロウを選べば、今よりグッと垢抜けられるでしょう。 ただし、アイブロウは自分の状況に応じて使い分けることが大切です。 黒髪に合うアイブロウを探している方は、本記事を参考にして自分に合うアイブロウを検討してみてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

コスメ・化粧品のカテゴリー

その他の美容・コスメカテゴリー

新着記事

カテゴリー