この記事で紹介されている商品
三角コーナー8選!三角コーナーいらずの使い捨てタイプや人気商品などをご紹介

三角コーナー8選!三角コーナーいらずの使い捨てタイプや人気商品などをご紹介

キッチンを衛生的に管理するのに欠かせない「三角コーナー」には、さまざまな種類があります。お店で適当に購入してしまい、後々使いづらさに悩まされてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。三角コーナーを使いこなすには、メリットや特徴を理解する必要があります。今回は、三角コーナーのメリットや選び方を解説します。

プラスチック製は金属製よりも自由な色彩・デザインのものが多く、さまざまな形状の製品が販売されています。シンクやキッチンのインテリアにこだわりたい方におすすめです。
また、プラスチック製は比較的安価なので、買い替えが容易なのもメリットといえます。ただし、汚れや臭いがつきやすいため、定期的なお手入れが必要です。最近では洗いやすい形状のものもあるので、プラスチック製の三角コーナーを選ぶときにぜひ注目してみてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

三角コーナーを使うメリット

三角コーナーのメリットは、シンクの隅に置いておくことで、料理をする際に出るごみなどをすぐに捨てられる点です。例えば魚をさばくときに骨などを取り除くことがありますよね。取り除いた骨を三角コーナーにすぐ捨てれば、食材に混ざることがなくなります。
また、生ごみは水分が多いため臭いの原因にもなりますが、三角コーナーがあれば水切りしながら捨てられます。ごみの量を減らす効果も期待でき、一石二鳥なんですよ!

三角コーナーの選び方

便利な三角コーナーですが、製品ごとにタイプや特徴が異なります。

普段から使っているなら据え置き型が、生ごみを捨てるときだけ使うのであればホルダー型など、シーンによって選ぶのがおすすめです。
また、素材にもさまざまな種類があります。菌や臭いに強いステンレス型・水気を三角コーナーごと絞れるシリコン型、さらにフタ付き・使い捨てなど、衛生面で便利な機能が付いているものもあるんですよ。

そのため、三角コーナーを選ぶ際は、

・タイプ
・素材
・衛生面での機能

これらの特徴に注目して選んでみてくださいね。

①タイプを選ぶ

三角コーナーは、大きく分けると2つのタイプに分けられます。
・据え置き型
・ホルダー型
据え置き型は、シンクの端に収まるように作られているタイプです。昔からあるタイプなので見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。安定感があり、水切りネットなしに使えるのが特徴です。

ホルダー型は、枠に水切りネットを設置して使う三角コーナーです。生ごみが三角コーナーに直接触れず、手入れもいらないため気軽に使えるのが特徴です。
三角コーナーを選ぶときは、まずどちらのタイプがご自身のライフスタイルに合っているか、を確認しましょう。キッチンの構造や、三角コーナーを使う頻度なども含めて検討してみてくださいね。以下でそれぞれの特徴をもう少し詳しく解説しつつ、おすすめの商品をご紹介します。

据え置き型のもの

据え置き型は、安定感があるため常にシンクに設置が可能です。水切りネットがいらないので、ランニングコストがかからないのもうれしいポイント!料理をあまりしない方や水切りネットの交換が面倒に感じる方など、三角コーナーを使う頻度が低い方におすすめです。
扱いやすいタイプではありますが、ごみや水分に触れる箇所が多いため定期的に洗う必要があります。洗わないまま放置すると、臭いやコバエ・ぬめりなどが発生する原因になるため注意が必要です。
ただ、最近はこれらのデメリットを軽減する、菌やコバエが発生しにくいステンレス製やフタ付きのものが販売されています。手間を少しでも減らしたいなら、形状だけでなく材質や機能にも注目するのもおすすめですよ!この後でも、お手入れの手間が少ない三角コーナーについて解説しますので、ぜひご覧ください。

リス 三角コーナー ホワイト W20×D15×H14.7cm H&H コーナーポケット 日本製

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(127件)

>

商品情報

20x15x14.7 cm
ポリプロピレン
ホワイト
使いやすくてお手入れしやすい防汚・抗菌加工

シンプルなデザインの三角コーナーです。防汚・抗菌加工がされており、汚れや臭いが発生しにくいのが特徴で、汚れてもすぐに洗えるため手入れの手間もかかりません。食洗器にも対応しているのもうれしいポイントです。
スタンダードなデザインのため、シンクの形状やデザインを選ばないのも魅力!とりあえずシンクに三角コーナーを置きたいと考えている方や、お手入れしやすい三角コーナーを探している方におすすめです。

ホルダー型の物

ホルダー型は水切りネットを設置して使うタイプです。ゴミが溜まってきたらネットを交換するだけなので、三角コーナーを洗うといった手間がかからないのがメリット!なかには、ホルダーの枠をたためるタイプもあり、狭いキッチンでも使いやすいといった魅力があります。
ホルダーは設置方法が複数ありますが、吸盤タイプだと設置場所を選ばずに使えるため便利ですよ。
ただし、水切りネットを交換しなければならないため、ランニングコストがかかります。
使わないときは収納しておきたい方や、衛生的にキッチンを管理したい方におすすめのタイプといえるでしょう。

山崎実業(Yamazaki) 吸盤 シンクコーナー ポリ袋ホルダー ホワイト 約W20.5XD11XH8cm タワー ゴミをその場でぽい 三角コーナー シンクコーナー 4750

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(879件)

>

商品情報

※注意※販売元の発送元が日本国外の場合、コピー品の恐れがありますのでご注意下さい。
サイズ:約W20.5XD11XH8cm
品質表示:本体:スチール(ユニクロメッキ+粉体塗装) 滑り止め:シリコーン 吸盤:PVC×2
耐荷重:約500g
対応サイズ:約W25cm以上のポリ袋(周囲約50cm)
取り付け可能な壁:(光沢のある平らな面)タイル、ステンレス、 プラスチック面、透明ガラス、鏡面、金属塗装面
生産国:中国

吸盤で簡単に取り付け簡単!シンクにぴったりくっつく三角コーナーです。水切りネットやポリ袋をかけるだけで使えます。滑り止めはシリコン製で、大きめのごみを捨ててもネットや袋がずれないうえに、シンクに傷がつきにくくなっています。捨てるときは下から引っ張れば簡単に外れるので、ネットを交換する際にの手間がかからないのもうれしいポイントです。
食洗器などには対応していないため手洗いが必要ですが、洗う面積が少ないのでお手入れも簡単ですよ。交換や掃除の手間を減らしたい方におすすめです。

②素材を選ぶ

三角コーナーの使い勝手を決めるのは、タイプだけではありません。製品の材質でも左右されます。三角コーナーにはさまざまな素材が使われていますが、特に多いのが以下の3つです。
・金属製
・プラスチック製
・シリコン製
金属製は耐久性が高く、洗いやすいのが特徴です。特にステンレスは耐水性が高く、臭いや雑菌が付きにくいことから人気があります。プラスチック型はカラフルで多彩なデザインが多く、昔から使われてきたタイプでもあります。
シリコン製はプラスチック同様、カラフルでデザインも豊富です。プラスチックにはない特徴としては、素材が柔らかく、シンクに傷をつける心配がない点があげられます。また、シリコン製はごみの水気を切るとき三角コーナーごと絞り込めるため、ごみ捨ての手間を軽減する効果も期待できます。
タイプによる違いにこだわりがない場合や、タイプだけでは絞り込めないときは、材質にも注目しましょう。タイプ同様、普段のキッチンやシンクの状態を思い出しながら選んでくださいね。

丈夫で衛生的なら「金属製」がおすすめ

できるだけ丈夫な三角コーナーがほしい方におすすめなのが、金属製です。使われる金属により付属効果があるため、選ぶときは金属ごとの特徴にも注目しましょう。主な材質は以下のふたつです。
・ステンレス
・銅
ステンレスは軽く、水分やサビに強いのが特徴。銅は抗菌作用があります。扱いやすいものがほしいならステンレス、ぬめりや臭いが気になるなら銅がおすすめです。どちらも独特の質感を活かした、スタイリッシュなデザインのものが多いので、キッチンの雰囲気に合わせて選ぶのもよいでしょう。

軽くて使いやすく、汚れの付きにくいステンレス製の三角コーナーをご紹介します。脚もステンレス製のため、ぬめりなどが発生しにくく、安定感もあります。高さも3cmあるので水はけもよく、側面の穴は生ごみの臭いがこもらないような位置に空けられています。
さらに耐久性にも優れていて長持ちするのもうれしいポイントです。

見た目やデザイン重視なら「プラスチック製」がおすすめ

プラスチック製は金属製よりも自由な色彩・デザインのものが多く、さまざまな形状の製品が販売されています。シンクやキッチンのインテリアにこだわりたい方におすすめです。
また、プラスチック製は比較的安価なので、買い替えが容易なのもメリットといえます。ただし、汚れや臭いがつきやすいため、定期的なお手入れが必要です。最近では洗いやすい形状のものもあるので、プラスチック製の三角コーナーを選ぶときにぜひ注目してみてくださいね。

岩崎工業 三角コーナー L ペパーミント グリーン 日本製 K-1344 PMG

Amazonカスタマーレビュー

3.2

Amazonカスタマーレビュー

(11件)

>

商品情報

●サイズ:22×17.3×14.8cm
●重量:154g
●材質:ポリプロピレン
●生産国:日本
●食洗機の使用:不可

優しいペパーミントカラーが特徴の三角コーナーです。大容量タイプで、大きいシンクに適しています。水切れのよいスリット型の穴を採用しているため水はけにも優れていること、また、材質に抗菌剤を練り込んでいるので、臭いやぬめりが気になるけど、プラスチック製がほしいという方におすすめです。

シンクに傷が付きにくいものなら「シリコン製」がおすすめ

やわらかいシリコン製は、シンク周りを傷付けないのが魅力!カラフルでデザイン性の高いものも多く、プラスチック製と並んで人気があります。軽くて柔らかく、ごみを捨てるときに三角コーナーごと絞って水切りできるのもメリットです。
そんな便利な素材ではあるももの、軽くてやわらかいため、強い水流や手がぶつかったときに動いてしまうときがあります。この弱点を改善するため、最近は金属やプラスチックなどの素材を組み合わせた製品も販売されるようになりました。
シリコン製の三角コーナーには同じ材質でもさまざまな形状・性能があるので、使いやすいものを選んでくださいね。

しぼりっ子Ⅹ【本体】 三角コーナー ピンク シリコン

Amazonカスタマーレビュー

5.0

Amazonカスタマーレビュー

(3件)

>

商品情報

生ごみから出る水をしぼることで、地球温暖化防止に寄与します
取手を握り、押すだけで簡単に絞れ、手が汚れません ・底部のみスリットなので、洗浄が簡単
取手が付いているので簡単に生ごみが捨てられます
より柔軟性の高いシリコン素材にすることで、さらに絞りやすくなりました。また、絞っても形が戻ります。
サイズ:幅16㎝×奥行16㎝×高さ13㎝  原料樹脂:シリコン 耐熱温度:160℃

ピンク色のかわいらしいこちらの三角コーナーは、取っ手を握って押すだけで水切りができます。手を汚さずにごみの量を減らせるため、とても便利ですよ。また、底部にだけスリットがあり簡単に洗えるうえ、茶葉などの細かいごみも逃しません。
シリコン製ですが適度に厚みがあり、型崩れにしにくいのも特徴です。生ごみの処理にかかる手間を解消したい方や、三角コーナーの置き場に悩みがちな方におすすめですよ。

③衛生的に使える物を選ぶ

三角コーナーは、ごみを捨てるアイテムのためどうしても汚れが発生します。汚れを放置すると雑菌が湧き、臭いやぬめりの元になることも。コバエなどが飛んでくるのも、頭の痛い問題です。
このような問題を改善するために、三角コーナーのなかには衛生的に管理しやすい製品が多数販売されています。その中でも代表的なのが、以下3つの特徴のある三角コーナーです。
・洗いやすい形状
・使い捨てタイプ
・フタ付き
複雑な形をしたものは、スポンジやブラシで洗うのが大変ですよね。三角コーナーのなかには、凹凸を減らし、洗いやすい形状のものがあります。また、最初から洗う必要のない使い捨てタイプもあり、ごみを捨てたらそのまま捨てられるのが魅力です。
臭いやコバエの発生が気になるなら、フタ付きタイプを活用しましょう。使わないときはフタを閉めておけば、多少汚れがあっても気になりません。より衛生的に管理したい・三角コーナーで発生しがちな問題を避けたいなどの場合は、衛生的に使える機能があるものを選んでみてくださいね。

凹凸がなく「洗いやすい」ものがおすすめ

定期的に洗って管理したいなら、凹凸の少ない形状のものがおすすめです。内部が単純にできている三角コーナーなら、簡単に掃除できます。
また、金属製品のような汚れにくい材質を活用している製品や、抗菌素材を練り込んでいるタイプも便利です。汚れや臭い、ぬめり対策がされているものなら、汚れにくい分洗う頻度が少なく済ませられます。こまめにきれいにしたいという方は、洗いやすい、もしくは汚れにくいものを活用してみてはいかがでしょうか。

抗菌ステンレス製のシンプルな形状が特徴的な三角コーナーです。汚れてもすぐに水洗いで落とせます。フタが付いており、使わないときは閉めておけるので、臭いが軽減されますよ。使うときはフタを本体に立てかけられるのもうれしいポイント!抗菌性で、汚れにくく洗いやすいため、衛生管理が簡単にできます。

使いたい時だけ置ける「使い捨て」のものがおすすめ

使い捨てタイプは、使いたいときだけ取り出して使うタイプです。水に強い防水ペーパーやビニールでできていて、マチのある紙袋のような形状をしているものが多いです。終わったらそのまま捨てられるため、洗う手間がかかりません。頻繁に料理をするなど、ごみの量が多い方に向いているタイプです。
ただし、便利ではあるものの、水切りネットなどに比べると割高な傾向にあり、ランニングコストがかかります。

レック 立てる 水切り袋 クリアカラー (100枚パック) 三角コーナー不要 自立タイプ K00175

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(1,243件)

>

商品情報

本体:25×10×20cm
●三角コーナーいらず。立てることができる水切り袋です。
●袋ごと捨てられるので衛生的です。
●通水性が良く、細かいゴミも逃さないメッシュです。
●毎日使える100枚入の大容量。
●ぜひ一度お使いください。その便利さが分かります!

通水性の高いメッシュ素材で作られた三角コーナーです。マチがあり、袋を広げておけばそのまま自立します。捨てるときはそのまま絞れば、ごみの水切りもできる優れものです。
100枚入りの大容量で、毎日料理する方に最適ですよ!

臭いが気になる時は「フタつき」のものがおすすめ

臭いが気になるなら、フタ付きタイプを活用しましょう。フタを閉めることで、臭いが外に漏れづらくなるだけでなく、コバエなどの発生を防ぐ効果も期待防止できます。
三角コーナーに発生しがちなトラブルを避けたいなら、フタ付きタイプを選んでください。

山崎実業 三角コーナー 浮かせる 蓋付き 三角コーナー アクア ホワイト 3236

Amazonカスタマーレビュー

3.7

Amazonカスタマーレビュー

(248件)

>

商品情報

※販売元、発送元が日本国外の場合、コピー品の恐れがありますのでご注意ください
サイズ :約W17×D17×H12.5(㎝)
本体 :ポリプロピレン 付属品:吸盤取り付けパーツ×1 吸盤×1
耐荷重:約1kg
耐熱温度:70℃
耐令温度:-40℃

シンプルなフタ付き三角コーナーです。シンクから浮かせて設置できることに加え、ふたを含めたパーツはすべて分解洗浄できるため、細かい汚れもきっちり落とせるので、衛生的に管理できます。
水切りネットも使える製品で、併用すればゴミ捨ての手間もかかりにくいタイプです。メンテナンスの手間を少しでも減らしたい方におすすめですよ!

全8商品

おすすめ商品比較表

リス 三角コーナー ホワイト W20×D15×H14.7cm H&H コーナーポケット 日本製

山崎実業(Yamazaki) 吸盤 シンクコーナー ポリ袋ホルダー ホワイト 約W20.5XD11XH8cm タワー ゴミをその場でぽい 三角コーナー シンクコーナー 4750

下村企販 ステンレス脚の抗菌三角コーナー 41778 シルバー

岩崎工業 三角コーナー L ペパーミント グリーン 日本製 K-1344 PMG

しぼりっ子Ⅹ【本体】 三角コーナー ピンク シリコン

タケコシ 三角コーナー 蓋付 抗菌ステンレス CK-114S

レック 立てる 水切り袋 クリアカラー (100枚パック) 三角コーナー不要 自立タイプ K00175

山崎実業 三角コーナー 浮かせる 蓋付き 三角コーナー アクア ホワイト 3236

Amazonカスタマーレビュー
4.2127
4.1879
4.32,130
3.211
5.03
4.3268
4.21,243
3.7248
最安値

-

タイムセール
¥1,544-11%
参考価格¥1,738
タイムセール
¥707-46%
参考価格¥1,320
購入リンク

三角コーナーは使いやすい材質・機能を考えて選ぼう

三角コーナーは、タイプや使われている材質・機能で使い勝手が大きく変化します。選ぶときは、普段のキッチンやシンクの状況・三角コーナーを使う頻度を意識しながら検討しましょう。自分が使いやすいものを選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー