未経験でもエンジニアになれる?「やめとけ」と言われる理由やおすすめ転職サイト

未経験でもエンジニアになれる?「やめとけ」と言われる理由やおすすめ転職サイト

エンジニアになるためには、プログラミングやシステムに関する専門的な知識が必要があります。周りから「やめとけ」などと言われて不安になった未経験者の方もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では、エンジニアの職種・業務、必要な知識・スキル、「やめとけ」と言われる理由や未経験からエンジニアになる方法、おすすめの転職サイトなどもご紹介します。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

エンジニアの職種・業務

エンジニアには、さまざまな職種や業務があります。エンジニアになりたいと考えている方は、まずはどの職種を目指すのかを決めると良いでしょう。

ここでは、代表的なエンジニアの職種をご紹介していきます。

プログラマー

プログラマーは、システムエンジニアが作成した仕様書に従ってプログラムを組み、システムやソフトウェアなどを開発する職種です。

職場によっては、プログラムの間違い(バグ)を発見してそれを修正する「デバッグ」の実施を担当することもあります。

プログラマーには、Web系プログラマー、ゲーム系プログラマー、組み込み系プログラマー、オープン系プログラマー、セキュリティ系プログラマー、アプリケーションプログラマーなど、いろいろな職種があります。

担当する分野によって、使用するプログラミング言語や業務内容が異なるのが特徴です。

システムエンジニア

システムエンジニアは、ソフトウェアのシステム設計や開発などを行う職種です。クライアントの課題や悩みなどをヒアリングし、最適なシステムの設計や開発に取り組みます。

システムエンジニアの主な担当業務は、要求分析、要件定義、基本設計、詳細設計などの上流工程です。

予算管理や開発現場の進捗管理などのマネジメント業務を担当することもあります。プログラミングが完了した後は、システムが設計通りに動作しているかのテストも行います。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、OS、ネットワーク、サーバー、データベースなどのITインフラの設計を行う職種です。

インフラの構築、整備、保守などの業務も担当します。インフラ機器は常に稼働しているため、突発的なトラブルが発生した場合には迅速な対応が求められます。

インフラエンジニアは、ITインフラを支える縁の下の力持ち的な存在なのです。

職場によっては、サーバーエンジニア(クラウドエンジニア)、データベースエンジニア、セキュリティエンジニアなどの職種に分けられることもあります。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、コンピューターネットワークの要件定義や構築などを行う職種です。そのほかに、監視、運用、監視、保守など、幅広い業務を担当します。

ネットワークエンジニアは、取扱対象によって回線系、ルーター系、サーバー系などの職種に分けられることもあります。

ネットワークに関する知識全般のほか、不正アクセスを防ぐためのセキュリティに関する知識やスキルも求められる職種です。

Webエンジニア

Webエンジニアは、WebサイトやWebアプリケーションの設計、開発などを行う職種です。WebサイトやWebアプリケーションが完成した後は、運用や保守などの業務にも関わります。

職場によっては、モバイルエンジニア、Webアプリケーションエンジニア、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアなどの職種に分けられることもあります。Web開発全般だけでなく、OS、サーバー、ネットワークなどの知識も求められる職種です。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、Webサイトやアプリケーションの主にフロントエンド、つまり、ユーザーが直接触れる部分の開発に関わる職種です。

Webデザイナーが作成したデザイン案にもとづき、HTML、CSS、JavaScript、PHPなどの言語を用いてコーディングを行います。

職場によっては、フロントエンドエンジニアがWebデザイン制作に関わることもあります。WordPressなどのCMSにも関わることがあるため、PHPやMySQLなどの知識も必要です。

バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアは、WebサービスやWebアプリケーションの開発において、ユーザーから直接見えない裏側の仕組みについて、開発や設計を行う職種です。

プログラムの開発、Webサーバーやデータベースの導入、構築、運用、保守など、システムに関わる幅広い業務を担当します。

PHP、Java、C++、Ruby、Pythonなどの言語を用いたプログラミングスキルのほかに、フレームワーク、ミドルウェア、セキュリティなどの知識やスキルが求められる職種です。

フルスタックエンジニア

フルスタックエンジニアは、システム開発の分野において、オールラウンドに活躍するエンジニアのことで、マルチエンジニアと呼ばれる場合もあります。

フルスタックエンジニアが関わる業務は、モバイルアプリ開発、フロントエンド開発、バックエンド開発、ITインフラの構築や保守、Webデザインなど、多岐にわたります

上流工程から下流工程まで対応できる、Webサイトとプリケーションの両方の開発ができるといったように、特定の分野に限定せずに、複数のスキルが求められる職種です。

セールスエンジニア

セールスエンジニアは、エンジニアとして培ったスキルや知識を活かして、営業の現場で活躍する職種のことです。

自社製品やサービスのプレゼンテーション、技術的な提案などの営業活動を行います。製品・サービスの納品後は、アフターサポートも担当します。

ヒアリングから導入後のサポートまで、長期にわたって顧客と関わることになるため、ITに関する知識だけでなく、高いコミュニケーションスキルも必要となる職種です。

テストエンジニア

テストエンジニアは、ソフトウェアやサービスなどが正しく動作するように、テストを行う職種です。テスト計画の策定、計画書に基づいたテスト設計を行ったうえで、動作検証を行います。

すべてのテストが終了したら、レポートをまとめて管理者にフィードバックをします。

万一不具合や欠陥などが判明した場合は、担当者に改善策の提案を行うこともあります。ソフトウェアやサービスの品質に関わる重要な役割を担う職種です。

エンジニアに必要な知識・スキル

エンジニアに求められる知識やスキルは、仕事内容や専門領域などによって異なります。開発に関わる職種であるため、プログラミングは必須のスキルと言えるでしょう。

たとえば、Webシステムに関わるのであれば、PHP、Java、Ruby、JavaScriptなどのプログラミングスキルを身につけておく必要があります

また、エンジニアは、さまざまな人たちと関わりながら仕事を進めていくため、基本的なビジネスマナー、問題解決能力、論理的な思考力、ヒアリング能力、コミュニケーション能力などのヒューマンスキルも必要です。

エンジニアになる方法

エンジニアになる方法としては、大学や専門学校などで学んだ後、新卒でエンジニア職に就くというルートがあります

特に理数系の学部、コンピューター系の学部などの出身者は、就職後に学んだことを活かして働けることでしょう。コーダーやプログラマーなどの職種から、エンジニアを目指すというルートもあります。

自分がなりたいエンジニアに必要な知識やプログラミングスキルなどを身につけておけば、他業種からキャリアチェンジも可能です。

未経験でエンジニアになるのはやめとけと言われる理由

やめとけと言われる理由は、エンジニアが向き不向きのある職種だからです。エンジニア向きなのは、几帳面で好奇心が強い人が多い傾向にあります。

コミュニケーション能力が高い人、臨機応変に対応できる人、地道にコツコツ取り組める人なども向いています。

未経験からエンジニアを目指す人は、本当に向いているかを自己分析してみると良いでしょう。

職場によって、労働環境の差が大きいこともやめとけと言われる理由です。人手不足の企業では、勤務時間が長くなりやすい、休日出勤を求められる、休みが取りづらいなどの厳しい労働環境となっているケースもあります。

経験が浅い人は給与が低いこともやめとけと言われる理由のひとつでもあります。特に、下請け企業は給料が安い傾向です。

未経験からエンジニアになるメリットはある?

未経験からエンジニアになるメリットは、稼げるようになることです。実務経験を積んだり、専門性を身につけたりすれば、さらに年収がアップする可能性があります。

場合によっては副業で稼ぐことも可能です。未経験からエンジニアなることで、独立の道が開けるというメリットもあります。企業で実務経験を積んだ後、フリーランスに転身するエンジニアは少なくありません。

フリーランスエンジニアは、パソコンやインターネット環境などが整っていれば、どこでも仕事ができますので、会社員よりも柔軟な働き方ができるでしょう。

未経験からエンジニアになるためは

エンジニアの就職・転職では、実務経験者が有利になりやすい傾向があります。未経験からエンジニアなりたいのであれば、基本的なスキルを身につけておかなくてはなりません。

独学、もしくは専門学校やプログラミングスクールなどに通うなどして、最低限のスキルや知識を身につけておくと良いでしょう

ITパスポート、システムアーキテクト試験、データベーススペシャリスト試験などの資格を取得しておくのも手です。難しい資格を取得していれば、就職・転職活動の際にアピールポイントとなるでしょう。

未経験からのエンジニア求人がある転職サイト

未経験からでエンジニアを目指すことは可能です。未経験者や実務経験が浅い人を採用している会社もありますので、転職サイトを活用して探してみると良いでしょう。

最後に、エンジニアを目指す未経験向けに、おすすめの転職サイトをご紹介します。

Green

Greenは、IT業界の求人に特化した転職サイトです。15,000件以上の求人を取り扱っています。

業界未経験者歓迎、職種未経験歓迎などの求人もあります。写真を多数掲載している求人が多いので、職場の雰囲気を把握しやすいでしょう。

「気になる」機能を使えば、自分がその企業に興味があることを伝えることができます。求職者と企業がマッチングすれば、カジュアル面談へと進める仕組みです。人事担当者から直接スカウトを受けることも可能です。

マイナビジョブ20’s Tech Career

マイナビジョブ20’s Tech Careerは、20代のエンジニア志望者を専門としている転職エージェントです。

特徴は、未経験OKの求人が多いことです。

スキルや経験がない人でも、入社後のポテンシャルを見込んで積極的に採用している企業の求人がたくさんあります。

エンジニア専任のキャリアアドバイザーが手厚いサポートを行っていますので、エンジニアを目指す20代の方は気軽に相談してみると良いでしょう。

dodaエンジニアIT

dodaエンジニアITは、パーソルキャリア株式会社が運営する転職サイトです。

IT・Webエンジニアに特化しており、クラウドエンジニア、サーバーエンジニア、プログラマー、システムエンジニアなど、さまざまな職種の求人を取り扱っています。

職種未経験歓迎や第二新卒歓迎などの求人もあります。

ITエンジニアやクリエイターのための「合格診断」 も行っていますので、興味がある方は受けてみると良いでしょう。

転職サイトを活用して未経験のエンジニアの転職を成功させよう!

エンジニアは、システムエンジニア、ネットワークエンジニア、Webエンジニアなど、さまざまな職種があります。エンジニアの経験と営業スキルを活かして、セールスエンジニアとして活躍することも可能です。

未経験からエンジニアを目指したいのであれば、エンジニアの求人に特化した転職サイトを活用してみると良いでしょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のサービスカテゴリー

新着記事

カテゴリー