楽天カードの磁気不良の原因は?利用時の注意点や再発行方法について解説

楽天カードの磁気不良の原因は?利用時の注意点や再発行方法について解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天カードの再発行は、家族カードでない限り、すべてウェブ上で手続きが完結します。一方、家族カードの再発行には電話が必要になるため、待ち時間が長くなる傾向があります。そのため、電話をする前にできることはなるべく試しておくことをおすすめします。

この記事では、楽天カードの磁気不良に関する再発行や手数料の詳細、家族カードやタッチ決済について詳しく解説していきます。

楽天カードとは

楽天カードは、楽天グループが提供するクレジットカードであり、その豊富な特典とサービスで人気を集めています。

楽天カードの最大の特徴は、使うごとに楽天ポイントが貯まることです。楽天ポイントは、楽天市場をはじめとする楽天のさまざまなサービスでの支払いに利用できるだけでなく、コンビニやスーパーなどの日常の支払いにも現金感覚で使えます。他社のクレジットカードにもポイント還元システムがありますが、楽天カードはポイント還元率が特に高いことで知られており、ポイント目当てに楽天カードを作成する人も多くいます。

楽天カードには、年会費無料の基本カードから、ワンランク上の楽天ゴールドカード、最高ランクの楽天プレミアムカードまで、ユーザーのニーズに合わせた複数の選択肢があります。旅行好きな人には海外旅行保険や空港ラウンジが利用できる、楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードがおすすめです。

また、楽天市場では、楽天カードユーザー限定のキャンペーンやセールが頻繁に開催されており、普段の買い物でより多くのポイントを獲得したり、特別な割引を受けたりすることができます。

さらに、楽天カードはオンラインで管理しやすいのも特徴です。利用明細の確認からポイント管理、カードの設定変更まで、インターネットを通じて簡単に行えます。セキュリティ面にも対策が施されており、アプリを通じてリアルタイムでの利用通知やカードの一時的な利用停止などができます。

こちらもチェック!
楽天カードは10種類もある!それぞれの特徴とおすすめポイントを解説

楽天カードは楽天グループをよく利用している人にはおすすめのクレジットカードといえます。全部で10 種類あるのですが、それぞれ異なる特徴を有しています。年会費やサービス内容などに違いが見られるので、これから入会する人は自分に合ったカードを探してみてくださいね。

楽天カードが磁気不良になる原因

そんな便利な楽天カードですが、磁気を利用したクレジットカードである以上、使い方によっては磁気不良により使えなくなってしまうことがあるので注意が必要です。楽天カードに限らず、磁気を利用したクレジットカードでは、カードの背面にある磁気ストライプに情報が記録されています。カードリーダーを通すことで、この磁気ストライプの情報が読み取られ、支払い処理が行われる仕組みです。

また、最近ではICチップを搭載したクレジットカードも増えています。楽天カードもICチップをもっており、これにより偽造やデータ解析が難しくなりセキュリティ機能が高まります。また、タッチ決済ができるのもICチップ搭載のクレジットカードの特徴です。

なお、磁気不良の大きな原因は、カードが強い磁場にさらされることです。たとえば、スマートフォンやタブレット、ハンドバッグに付いている磁石の留め具など、日常生活のなかには予想以上に強い磁場を発生させるアイテムがあります。これらの近くでカードを保管していると、磁気ストライプの情報が消去されたり、書き換えられたりすることがあります。楽天カードをほかのクレジットカードと一緒に重ねて保管することも、磁気ストライプ同士が干渉し合うため、磁気不良を引き起こす原因となります。

また、カードが物理的なダメージを受けることも磁気不良の原因です。カードが折れ曲がったり表面が傷ついたりすることで、磁気ストライプ自体が損傷し、情報の読み取りが困難になることがあります。

磁気ストライプの経年劣化が原因となる場合もあります。長期間使用しているうちに、自然と磁気ストライプの磁力が弱まり、情報が読み取りにくくなるのです。

楽天カードが磁気不良になった際の対処法

楽天カードが磁気不良により使えなくなった場合は、再発行の手続きを行う必要があります。再発行の手続きは意外と簡単で、まず楽天カード会員向けの専用サイト「楽天e-NAVI」にアクセスします。IDとパスワードでログインし、トップページの上部にある「お申込み(カード/サービス)」から「カードの作り直し」を選択します。

次の画面で、カードを作り直す理由として「カードの破損・読み取り不良」を選択し、新しいカードの届け先住所を確認します。住所に変更がなければ、ページ下部のボタンをクリックして最後の確認画面に進み、内容に問題がなければ完了ボタンをクリックします。これで、カードの再発行手続きは完了です。

楽天e-NAVIが使えない場合は、自動音声専用ダイヤルを使って電話で申し込むこともできます。電話は24時間365日対応しているので、いつでも再発行を申し込めます。ただし、家族カードの再発行は楽天e-NAVIでは申し込めないため、直接、楽天カードコンタクトセンターに電話しなくてはいけません。

磁気不良による再発行の場合、カードの再発行手数料はかかりません。再発行したカードの有効期限やカード番号は元のカードと同じで、自動引き落としの変更も不要です。新しいカードが届くまでは物理的なカードが使えませんが、ネット通販は問題なく利用できます。

新しいカードが届いたら、磁気不良で使えなくなったカードはハサミで切るなどして完全に使えなくしてから処分してください。

再発行を機に、タッチ決済機能付きのカードに変更するのもおすすめです。タッチ決済は、近距離無線通信(NFC)技術を利用しており、カードを端末にかざすだけで支払いが完了できます。この方式は、磁気ストライプと比較して、カードの物理的な摩耗や磁場による情報損失のリスクを大幅に低減でき、支払いスピードも速いため、日常のさまざまなシーンで利便性が高いです。

なお、カードが磁気不良ではなくても、タッチ決済機能付きのカードに変更することができ、その際の変更手続きでも手数料は一切かかりません。

楽天カード利用時の注意点

楽天カードの磁気不良を防ぐためには、カードを強い磁場から離して保管することが重要です。また、物理的なダメージを防ぐためにも、他のカードや鋭利なものと一緒にせず、専用のケースに入れて保管するとよいでしょう。

これは、楽天カードに限らず、磁気を利用したすべてのクレジットカードに共通する注意点です。日頃からクレジットカードの取り扱いには十分注意し、適切な方法で保管するようにしましょう。

さらに、カード情報の内容に変更があった場合は、速やかに楽天e-NAVIで更新することを忘れないでください。

楽天カードの磁気不良は保管方法に注意

磁気不良によるトラブルは、磁気ストライプを使用しているすべてのカードで起こり得る問題です。楽天カードをはじめとする磁気ストライプ付きのカードを安全に使用するには、日頃からカードの取り扱いや保管方法に注意を払う必要があります。

もし現在の保管方法に不安がある場合は、安全性を高めるためにタッチ決済への切り替えを検討してみるのもよいでしょう。磁気不良やタッチ決済への変更を理由とする楽天カードの再発行には、手数料はかかりません。

安全にカードを使用するために、この記事で紹介した内容を参考にして楽天カードを作り直すことをおすすめします。

こちらもチェック!
楽天カードを再発行するには?手続き方法や再発行できない時の対処法を解説

「楽天カード」は、楽天ポイントが貯まりやすく、ポイント還元率もいいクレジットカードです。楽天ユーザーや楽天市場をよく利用する方であれば持っておきたい1枚です。万が一、クレジットカードを紛失してしまった時は、慌てずに専用ダイヤルに電話しましょう。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天カードや楽天ペイでお得に支払おうのカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー