目次
楽天カードの16桁の番号を確認する方法!ネットやアプリでも確認できるの?

楽天カードの16桁の番号を確認する方法!ネットやアプリでも確認できるの?

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天カードが手元にない状態でも、買い物や支払いをしたい場合もあるのではないでしょうか。本記事では、楽天カードの16桁の番号の確認方法や、カードが届く前にアプリで確認する方法などを紹介します。カード番号の確認方法がわからないと気になる方は、ぜひ最後までご覧ください。

楽天カード16桁の番号とは

楽天カードに記された16桁の番号とは、クレジットカードを識別するためのカード番号を指します。番号の付け方には決まりがあり、ISO/IEC7812という国際規格に則って付けられています。全てのクレジットカードが16桁の番号が記されているわけではありませんが、16桁の国際ブランドが多い傾向にあります。一部の国際ブランドのカードを持っている場合は、15桁の番号が記されています。

カード番号はいくつかのブロックに分けることができ、そのブロックごとに意味を持っています。例えば、1234-5678-9101-1213という番号のカードを持っていると仮定してみてください。先頭から6桁の1234-56は銀行識別番号、または発行者識別番号を意味する数字です。クレジットカードを発行しているカード会社によって異なるので、同じ国際ブランドのカードであっても、カード会社が違えば番号は異なります。先頭が4、5、35、34か37になっており、先頭の番号を見るだけで国際ブランドを判断できるでしょう。楽天カードと他社のカードでは国際ブランドが同じでも、銀行識別番号または発行者識別番号が違うということです。

また、先頭から数えて7桁目から15桁目の78-9101-121は会員口座番号を意味しています。14桁のカード番号であれば、7桁目から13桁目までが会員口座番号になっています。金融機関の個人の口座番号ではなく、個人一人一人を識別するための番号です。基本的に、ほかの人と同じ番号にはなりません。

最後の1桁はチェックデジットと言い、入力ミスがないかどうかをチェックするための数字です。カード番号が正しいかどうか調べる時に特殊な計算を使い、チェックデジットに一致するかを確認しています。購入の際の入力ミスが全て判明するわけではありませんが、入力ミスを避ける確率が高まる効果を持っています。

カード番号の1桁目にも意味があり、発行業者の業態を判別する主要産業識別子を表しています。具体的に、3は銀行や金融、旅行、娯楽、4と5は銀行や金融を営んでいる企業、6は銀行や運送会社、7は石油やその他を営んでいる企業であることがわかります。8はヘルスケアや医療、通信に関する企業であるという意味です。ちなみに、例で挙げた1は航空関係の企業のカードになります。国際ブランドによっても1桁目は異なっているので、気になる方は実際にお持ちの楽天カードの番号を見て、確認してみてくださいね。

このように、16桁の番号はインターネット通販でカード番号を入力する際に、番号とその他の情報に矛盾がないか、チェックするのに使われます。よって、楽天カードの番号の情報を他人と共有したり、不正なプログラムが組んであるサイトで入力したりすると、個人の金融情報が危険に晒されるリスクが高まります。

楽天カード16桁の番号をネットで確認する方法

楽天カードの16桁の番号をネット上で確認する方法は、残念ながら今のところありません(2024年現在)。ただし、利用明細やその他のサービスなどで、楽天カードの下4桁のみ確認することができます。

楽天カードの明細が見られる楽天e-NAVIというサービスがあり、日頃から利用している方も少なくないでしょう。明細確認やリボ払い・分割払いへの変更などができる、便利なサービスです。楽天e-NAVIでは、結婚や離婚した際の名前の変更、勤め先が変わった際の変更などの手続きも手軽に行えるので便利です。

楽天e-NAVIには様々な機能があり、楽天カードを使う上で便利ですが、楽天カードが手元に届く前も、届いた後も、インターネットサイトで16桁全ての番号を見ることはできません。セキュリティ上の問題から、楽天カードの番号をネットで見られないようになっています。

どうしてもプラスチックのカードで直接番号を見る以外の方法で楽天カードの16桁の番号を知りたいという方は、スマートフォンアプリが最も手っ取り早い方法となります。

楽天カード16桁の番号をアプリで確認する方法

楽天カードの16桁の番号をアプリで確認するには、楽天カードアプリのホーム画面で「カード番号を見る」と書かれた箇所をタップしてください。アプリを開いた段階では、下4桁しかわからないようになっています。

「カード情報の表示」という文字があるので、横のボタンをスライドさせると16桁のカード番号が表示されます。ちなみに、楽天カードのアプリはインストールしてもすぐに使えず、本人確認が必要となります。表示される言葉に従って、初回登録を済ませましょう。

アプリでは16桁のカード番号のほかに、カードの名義人や有効期限など、インターネット通販で入力する重要な情報を見ることができます。ボタンを横にスライドさせると、セキュリティコードを見ることもできます。

入力する際にアプリと入力先のサイトを行き来するのは大変であるため、「コピーする」という箇所をタップするだけで番号が丸々コピーできる便利機能も付いています。ほかにも、買い物で使える楽天ポイントがどのくらい貯まっているのか、次の支払い日と支払う金額など、楽天カードに関して気になる情報を一つのアプリで手軽に見ることが可能です。

楽天カードは申し込んでから自宅に郵送されるまで、通常1週間から10日程度はかかるとされています。原則、カードが届く前にカードの情報を使って買い物や支払いをすることはできません。ただし、楽天モバイルと契約している方が楽天カードに申し込んだ場合は、カードが手元に届く前に利用することができます。楽天モバイル以外の携帯会社と契約している場合は、カードが届くまで番号の確認方法はなく、番号もわからないため、気長に待ちましょう。

スマホのアプリに楽天カードの番号が表示されるのは、カードが手元に届いてからとなります。カードが届く前にインストールしていればアプリを開き、まだインストールしていない場合はアプリをインストールするところから始めましょう。アプリは初回登録で本人確認があると説明しましたが、生体認証があるため、セキュリティにも力を入れていることがおわかりいただけるでしょう。一定期間利用していない時は再度本人確認が必要になる点も、セキュリティ対策が厳重で安心です。

スマホアプリを使えば、カードが手元になく、カード番号がわからない時も確認することが可能です。会社の休憩中にほしいものを購入する時や、自宅の別室にカードがある時などに役立ちます。公共料金をクレジットカードで引き落としするための申込書を書く時にも、カード番号が必要になります。会社のデスクや街中のカフェなど多くの人に見られるような場所で、うかつにカード番号を確認しないように、細心の注意を払いましょう。

万が一、16桁のカードを見ることができるアプリの入ったスマートフォンを紛失した時は、楽天e-NAVIで一時停止や設定解除などの対応をしてください。スマホを拾った人に勝手にカード番号を見られて使われてしまうといった最悪の事態を防げるでしょう。

基本的に楽天カードには盗難保険が付帯されていますが、スマホを紛失して誰かにタッチ決済をされた場合は盗難保険が適用されないことがあります。スマホを紛失した、もしくは盗難の被害に遭ったと分かった時点で、利用できないようにすることが必要です。

楽天カード番号がわからない時の確認方法をチェック

楽天カードの16桁の番号は、カードがどの会社から発行されているのか、どのような業種の会社のカードなのかなどといった識別情報を示しています。

カード番号がわからない時の確認方法は、スマートフォンアプリのホーム画面へアクセスすることです。初回登録や生体認証が済み次第使えるようになるため、実際にアプリをインストールして確認してみてください。楽天カードはデジタルカードに対応していますが、即日発行はしていないため、残念ながらカードが届く前に番号を見ることはできません。

基本的に、お店や金融機関から電話でカード番号やカードに関する情報を聞かれることはないため、うかつに大切な情報を漏らさないように注意しましょう。

こちらもチェック!
楽天カードを再発行するには?手続き方法や再発行できない時の対処法を解説

「楽天カード」は、楽天ポイントが貯まりやすく、ポイント還元率もいいクレジットカードです。楽天ユーザーや楽天市場をよく利用する方であれば持っておきたい1枚です。万が一、クレジットカードを紛失してしまった時は、慌てずに専用ダイヤルに電話しましょう。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天カードや楽天ペイでお得に支払おうのカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー