この記事で紹介されている商品
【2024年】生ゴミ用の臭わないゴミ箱おすすめ21選!密閉性の高いものから手入れのしやすいものまで詳しくご紹介

【2024年】生ゴミ用の臭わないゴミ箱おすすめ21選!密閉性の高いものから手入れのしやすいものまで詳しくご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

しっかり密閉してニオイを外に漏らさない「生ゴミ用ゴミ箱」。せっかく購入するなら、防臭効果が高く、臭わないゴミ箱を選びたいですよね。そこでこの記事では、生ゴミの嫌なニオイを防いでくれるゴミ箱の選び方を徹底解説!おすすめ商品もご紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

しっかり密閉してニオイを防ぐ「生ゴミ用ゴミ箱」

ゴミ箱から漏れ出る生ゴミの嫌なニオイに悩まされている方は多いのではないでしょうか。こまめに掃除をしてキッチンや水回りを清潔に保っても、ゴミ箱から生ゴミのニオイが漏れ出てしまうことありますよね。

そんなお悩みを持つ方におすすめなのが生ゴミ用のゴミ箱です。ゴミ箱の嫌なニオイを防ぐため、フタの密閉性や手入れのしやすさに工夫を凝らしたアイテムが各メーカーから販売されています。

ニオイを防ぐことに特化したゴミ箱を選べば嫌なニオイは抑えられるので、ぜひ選び方のポイントを参考にしてくださいね。

生ゴミ用ゴミ箱の選び方

生ゴミ用のゴミ箱といってもさまざまなタイプがあり、どのように選べばいいか迷ってしまいますよね。そこでまずは「密閉性」「開閉方式」「サイズ」「お手入れのしやすさ」の4つのカテゴリーに分けて選び方のポイントをご紹介します。

生ゴミの臭いを抑えるのにとくに重要なのは、フタの密閉性と開閉方式。フタと本体の構造によって、防臭効果の高さは大きく変わります。また、ゴミ箱のサイズや手入れのしやすさも、臭わないゴミ箱を選ぶ上で大切なポイントですよ。

密閉性の高さで選ぶ

フタをした状態でのニオイ漏れはフタと本体の密閉性の低さが原因。密閉性の高いゴミ箱がほしい場合は、フタと本体の間にパッキンが付いたものを選ぶのがおすすめです。さらにバックル付きを選べば、より密閉性を高められますよ。

密閉時のニオイを防ぐなら「パッキン付き」がおすすめ

フタをしているのにどこからか漏れ出すニオイにお悩みの方には、「パッキン付き」のゴミ箱がおすすめです。生ゴミのニオイはフタと本体の隙間から漏れ出ますが、その隙間をしっかり埋めてくれるのがパッキン付きのゴミ箱です。

フタと本体の密閉部分や開閉するフタの裏側など、隙間が生じる部分にパッキンがつけられたものを選ぶことで、密閉時のニオイを大幅に抑えられますよ。

PR
ライクイット フタ付きゴミ箱 LBD-02

商品情報

サイズ:約W33.7×D17×H62.5cm 容量:約25L
本体重量:約1.81kg

ニオイ防止のパッキンが取り付けられたフタ付きゴミ箱です。フタの裏側に密閉シリコンパッキンがついた構造で、ニオイ漏れをしっかり防ぎます。フタは片手で開けられるワンタッチ式で使いやすく、ゴミ袋の取り付けやすさにも工夫が凝らされています。スリムでシンプルな形状がおしゃれで、ニオイ対策とデザイン性が両立したアイテムです。

PR
ライクイット フタ付きゴミ箱

商品情報

ブランド:ライクイット(like-it)
サイズ:約W33.7×D16.5×H28.2cm
本体重量:約1.1kg
容量:約9.5L
材質:ポリプロピレン

このゴミ箱は、フタ裏のシリコンパッキンがすき間なく圧着し、内容物のにおい漏れを防ぐ密閉設計です。ワンタッチオープン式で、片手で簡単に開閉できるのもうれしいポイント。テーパーレス設計で壁にぴったりと置けるため、スペースを有効活用することもできますよ。

より密閉性を高めるなら「バックル付き」がおすすめ

パッキン付きのゴミ箱の中でも、「バックル付き」を選べばより密閉性を高められます。パッキンでフタと本体の隙間を埋め、さらにバックルでしっかり固定することによってニオイ漏れを徹底的に防ぎます。

防臭効果は抜群ですが、ごみを捨てる度にバックルも開閉しないといけないのが少々手間です。そのため、バックル付きは生ゴミ専用のゴミ箱として利用し、開閉しやすいゴミ箱と併用するのがおすすめです。

PR
アスベル ペール11L中バケツ付 エバン

商品情報

326×224×340mm
1197g

こちらの商品は、フタにWパッキン構造を採用しており、気になるニオイをしっかりと密閉することができます。ハンドルと持ち手が付いているため、ゴミ出しも楽々。簡単ワンプッシュオープン機能で使い勝手がよく、丈夫な金属製の袋止めがフタに付いているため、ニオイ漏れを防ぎます。フタはロック付きで、安心して使用できる設計ですよ。

開閉タイプで選ぶ

フタ付きのゴミ箱はさまざまなものが展開されていますが、主な開閉タイプは「ペダル式」「自動開閉(センサー)式」「手動式、ワンタッチ式」の3種類です。それぞれメリットとデメリットがあるので、使用シーンや生活スタイルに合わせて選んでみてくださいね。

作業しながら使うなら「ペダル式」がおすすめ

作業しながら使うのに適しているのが、足でペダルを踏んでフタを開閉する「ペダル式」のゴミ箱です。キッチンで料理をしているときなど、手が空いていなくてもゴミ箱に触れずに開閉できるので便利です。

一方、デメリットはフタを開けたままにできないアイテムが多いこと。ゴミ箱を開けたまま作業をしたい場合には不便です。ただ防臭の観点から考えると、フタが開けっ放しにならないのはメリットともいえそうです。

PR
Amazonベーシック ゴミ箱

商品情報

手動フットレバー付きの50L

大容量のステンレス製のペダル式ゴミ箱です。摩擦を抑えるソフトタッチ構造で、スムーズかつ静かにフタの開閉が行えるのが特徴。外側は耐久性に優れたステンレス製で、内側には取り外し可能なプラスチック製のバケツが付いているため手入れがしやすいのもポイントです。

PR
マナベインテリアハーツ トップアウト 40L

商品情報

ブランド:INTERIOR HEARTS
商品のサイズ:幅37.5×奥行34.5×高さ67(cm)
材質:合金鋼

足元ペダルで手がふさがっていても簡単に開閉できるゴミ箱です。ホワイトカラーで清潔感があり、どんなインテリアにも馴染みやすく、圧迫感を感じさせません。ペダルを使わずに開けると開いた状態で固定されるので、袋の交換がしやすいのもうれしいですよね。

衛生面重視なら「自動開閉(センサー)式」がおすすめ

センサー部分に手をかざしてフタを開けるのが「自動開閉(センサー)式」のゴミ箱です。フタに触れずに開閉ができるため衛生的で、スタイリッシュなデザインのものが多いのも特徴です

自動開閉式のゴミ箱のデメリットは、センサー付きなので値段が高くなってしまうこと。また、商品によっては開閉スピードがゆっくりなので、頻繁にフタを開け閉めする場合は煩わしいと感じてしまうかもしれません。

PR
MAXZEN 自動開閉ゴミ箱 31L

商品情報

ブランド:MAXZEN
商品の寸法:長さ33.3x幅33.3x高さ45.7cm
商品の重量:2.6kg
容量:31L

手をかざすだけで開けられる、自動開閉式のゴミ箱です。センサー感度距離は6~30cmの間で調整可能で、好みの距離で開くように設定できます。また、扉が左右に開くタイプですが、これはニオイ漏れ防止に効果的!縦開きと比べて、開けた時に嫌なニオイが広がりづらい構造になっています。

PR
アイリスプラザ ゴミ箱 センサー付き 48L

商品情報

センサー付自動ごみ箱。センサーに手や物を近づけると自動でフタが開き衛生的。

◎手を近づけるとセンサーが反応する、自動開閉機能付きのゴミ箱です。スタイリッシュなデザインなので、リビングやダイニング、キッチンなどどこに置いてもオシャレですよ。ステンレス製でお手入れも簡単で、汚れてもサッと拭くだけで清潔に保てます。

PR
エア・リゾーム ゴミ箱

商品情報

ブランド:エア・リゾーム
商品のサイズ:約幅39×奥行き28.5×高さ64cm(フタが開いた状態の高さ85cm)
商品の重量:約3kg
材質:本体:ステンレススチール、フタ:ABS樹脂
容量:約50L

50Lの大容量で、ステンレススチールのボディに同色フタを組み合わせたモノトーンデザインのゴミ箱です。高性能センサーは手や物を感知し、調理中や手が塞がっているときでも手を触れずに開閉できます。また、スリムなデザインなので、お部屋にすっきりと溶けこみますよ。

コスパ重視なら「手動式、ワンタッチ式」がおすすめ

比較的安価なアイテムが多いのが「主動式、ワンタッチ式」のゴミ箱です。フタは手で持ち上げる、またはボタンを押して開けるというシンプルな構造なので、丈夫で長く使えます。フタを少しだけ開けたり、開けっ放しにして使うことも可能です。

難点はやはり開閉時に手を使う必要があること。手がふさがっているときはどうしてもゴミが捨てづらくなってしまいます。

PR
サンコープラスチック ゴミ箱 パッキンプッシュペール

商品情報

本体サイズ:約W224×D306×H420mm
本体重量:約891g

ボタンを押して開ける、ワンタッチ式のゴミ箱です。フタは開いた状態で止まるので、ゴミの量が多くても楽に入れられます。フタの内側にはニオイ漏れを防ぐパッキンが付いていて、さらにポリ袋が簡単に装着できるフレームもあり。多機能ながら価格は手頃で、コスパの良いアイテムです。

PR
I'mD ゴミ箱 Kcud クード ラウンドロック

商品情報

ブランド:‎I'mD (アイムディー)
商品のサイズ:約幅 25.1×奥行27.1×高さ34.6cm
商品の重量:720g
容量:12.4L
素材:本体・フタ・ロック・袋止め:ポリプロピレン、パッキン:シリコーンゴム

インテリアに溶け込むやさしい色合いで、クラシックな空間からナチュラルな空間までマッチするゴミ箱です。シンプルながらも充実の機能を備え、生ゴミからニオイの気になる空きビン・缶まで対応。袋セットが簡単で、袋止め付きでゴミ袋のセットがスムーズなところも魅力のひとつですよ。

PR
[ベルメゾン] ゴミ箱

商品情報

約45L/幅約26.8、奥行約41.6、高さ約60.2cm、製品重量約1.85kg、(底面サイズ:幅約20.5、奥行約34cm)

便利なスライド式の折れフタ仕様のダストボックスです。上部空間が通常のフタの半分で十分なので、テーブルやラックの下など、省スペースな場所にもぴったりと収納可能。どのカラーも控えめながらもお部屋に馴染み、主張し過ぎないデザインですよ。

サイズや容量で選ぶ

ゴミ箱のサイズ・容量も、嫌なニオイを抑えるためにしっかり考えたいポイントです。ゴミ箱のサイズが小さすぎるとゴミが入りきらずニオイの原因になります。また、ゴミ箱が大きすぎるとついゴミを溜めてしまったり、ゴミ箱の掃除が大変になります。 そのため、出るゴミの量とゴミ出しの頻度に合わせてぴったりサイズのゴミ箱を探してみてくださいね。

生ゴミ専用にするなら「20L未満」がおすすめ

徹底的に生ゴミのニオイ対策をするなら、生ゴミ専用のゴミ箱を1つ用意するのも手です。その場合はかさばらない「20L未満」の小さなゴミ箱がおすすめ。

コンパクトなゴミ箱は手入れがしやすいため、こまめに洗うことで常に清潔な状態を保てます。生ゴミ専用に作られているものの中には、脱臭フィルターなどニオイ防止機能がついたものもありますよ。

PR
Joseph Joseph (ジョセフジョセフ) ゴミ箱 ふた付き スタック 生ごみ用 4L

商品情報

シンク周りやキッチンカウンターに置いて使えるコンパクトな生ごみ用ごみ箱。においの原因となる湿気を減らす通気性の良いデザインです。

容量4Lのコンパクトな生ゴミ用ゴミ箱です。特殊な構造でゴミ箱内の空気を循環させてニオイの原因となる湿気を防ぎ、さらにフタに取り付けられた脱臭フィルターが嫌なニオイを緩和してくれます。コンパクトながら開口部は広くてゴミを捨てやすく、汚れた場合は丸洗いも可能です。

1~2人暮らしなら「20~30L」程度がおすすめ

一般的に1~2人暮らしの家庭に最適とされているのが「20~30L」程度のゴミ箱です。このサイズのゴミ箱はスリムでおしゃれなデザインのものが多く展開されているので、好みのものを選びやすいでしょう。

ただし、デザイン重視のものは機能が簡易的な場合もあるので、パッキンの有無など機能面もしっかりチェックしてみてくださいね。

PR
ケユカ arrots ダストボックス

商品情報

ブランド:ケユカ
商品のサイズ:22×41×50cm(フタ開口時=60cm)
容量:27L
材質:ポリプロピレン

容量25Lの生ゴミ用ゴミ箱です。スッキリとしたデザインでどんなインテリアにも馴染みやすく、さらにフタはパッキン付きでニオイ漏れ対策もばっちり!持ち運びやすいキャスターとハンドル、分別可能な袋止めリングもついていて、使い勝手のよさも魅力です。

PR
KEYUCA kant ダストボックスII

商品情報

ブランド:KEYUCA (ケユカ)
商品のサイズ:W35×D29.6×H62.7cm
材質:本体:スチール(粉体塗装)、ポリプロピレン/フタ:スチール(粉体塗装)/ペダル:ステンレス鋼/インナーボックス:ポリプロピレン

こちらは、マットな黒色塗装で高級感を演出する、インテリアに馴染むシンプルなデザインのゴミ箱です。インナーボックスがついているので、ゴミ捨てや清掃が簡単にできるうえ、持ち運びも楽チンですよ。30Lの大容量で、キッチン用としても十分な機能性を持っています。

PR
リス ゴミ箱 ペダル式 ソロウ

商品情報

ブランド:リス(RISU)
‎商品のサイズ:36 x 22 x 38 cm
容量:20 L
材質:ポリプロピレン

「ソロウ」はスリムでスタイリッシュなペダルペールです。ユニークな左右に開くフタは、限られたスペースを有効活用できるデザイン。軽い踏みこみで開き、キャスター付きで移動も容易ですよ。フタは開けっ放しにもでき、ゴミ袋の取り替えや連続してのゴミ捨てが便利です。

ファミリー用なら「31~45L」程度がおすすめ

3人以上の家族で使うゴミ箱は「31~45L」ほどの容量があると安心です。ゴミが溢れてしまうことのないよう、余裕のあるサイズを選びましょう。

また、家族みんなで使うゴミ箱はフタの開閉頻度が高くなるので、パッキンがしっかりついた製品を選ぶのもポイント。小さな子どもがいる場合は、フタにいたずら防止のロックがついた製品を候補に入れてみてもよいかもしれません。

PR
リス ゴミ箱 ワンハンドパッキンペール ベージュ 45JS

商品情報

幅34.1x奥行45.9x高さ57.5cm
容量 47L

45Lのファミリー向けゴミ箱です。フタは手動式ですが大きな取っ手がついているので開けやすく、ロック機能もあるので子どものいたずら防止ができます。フタはパッキン付きなので、ニオイ漏れもしっかり防いでくれますよ。また、同じ容量のものを連結させて使えるのも便利です。

PR
イーケーオー ゴミ箱 ペダル式

商品情報

ブランド:イーケーオー(EKO)
商品のサイズ:(約)幅25×奥行44×高さ62.5cm
容量:40 L
素材:ポリプロピレン、シリコン、ステンレススチール

このスリムなゴミ箱はカウンターや家具の隙間にピッタリ収まり、オイルダンパー付きのフタは静かにゆっくり閉じます。フタとフレームが独立して開閉し、ごみ袋を簡単にセットできるので、開けたままの固定も可能。マット加工で指紋や汚れが目立ちにくく、スタイリッシュで機能的なデザインも魅力です。

手入れのしやすさで選ぶ

ニオイ対策のために高機能なゴミ箱を購入しても、定期的に掃除を行わなければニオイの原因になってしまいます。掃除が億劫にならないよう、手入れのしやすさも考慮にいれて、商品選びをすることをおすすめします。

軽くて洗いやすい「樹脂製」か、取り外せる「中バケツ付き」ならお手入れもしやすいので、選ぶ際はぜひチェックしてみてくださいね。

「中バケツ付き」なら取り出して洗える

ゴミ箱を清潔に保つなら、汚れがつきやすい内側をとりはずして洗える「中バケツ付き」のものがおすすめです。とくにサイズの大きなゴミ箱や重さのあるステンレス製、センサー付きで丸洗いができないものなどは、取り外せる中バケツが付いているかを確認しておきましょう。

PR
リス ゴミ箱 運べる防臭ペール ホワイト 10S

商品情報

容量: 10 L
パッケージ重量: 1.12 kg
形: 長方形
商品モデル番号: RSD-73WH

簡単にとりはずせる内容器が付いたゴミ箱です。内側に汚れやニオイが付着した場合は内容器だけをはずして丸洗いができるので、手入れが簡単で衛生的!フタはパッキン付きで防臭効果が高く、生ゴミ用のほか、おむつ用のゴミ箱としても重宝しそうです。

PR
天馬(Tenma) 防臭ごみ箱

商品情報

サイズ:幅24×奥行35×高さ40cm
素材:本体/ポリプロピレン、パッキン/ポリエチレン、中バケツ、ハンドル・ロッド/スチール、金属プレート/アルミ

こちらの商品は、におい対策に特化したデザインなので、特に生ごみの処理に最適です。内蓋には防臭剤を入れるポケットがあり、さらに防臭性を高めることができます。スタイリッシュなベージュカラーとアルミプレートで、どんなインテリアにも馴染みますよ。便利なペダル式で手を汚さずに使用でき、レジ袋を掛けるフックも付いています。

「樹脂製」なら軽くて丸洗いしやすい

ゴミ箱本体の軽さも、手入れのしやすさの重要なポイントです。ポリプロピレンなど「樹脂製」のものなら、軽量で持ち運びしやすくおすすめです。とくに大きめサイズのゴミ箱は重さがあると掃除が億劫になるので、なるべく軽いものにすると扱いやすくていいでしょう。

PR
アスベル ゴミ箱 エバンMP密閉ペダルペール

商品情報

45 L
サイズ:28.4×46.2×58.7cm
商品重量:2280g

ポリプロピレン製の45Lのゴミ箱です。フタと袋止めは取り外して洗える上、本体も樹脂製で軽いので簡単に丸洗いができます。樹脂製のものはチープな印象になりがちですが、本製品はマットな質感でインテリアの邪魔をしないのもうれしいポイントです。

PR
ニトリ 消臭スリムペダルペール 45L

商品情報

ブランド:ニトリ
商品のサイズ:(約)幅26.5×奥行45.5×高さ55.5cm
商品の重量:約2kg
容量:(約)45L
材質:ポリプロピレン

ニトリの消臭スリムペダルペール45Lは、洗練されたデザインと実用性を兼ね備えたゴミ箱です。スリムな形状で場所を取らず、45リットルの大容量を持ちながらも、キッチンやリビングなど、限られたスペースにも簡単に設置できます。ペダル式で蓋の開閉が簡単なところもうれしいポイントですね。

気になるAmazonでのランキングをチェック!

ここまでは生ゴミ用のゴミ箱の種類や選び方、おすすめ商品をご紹介しました。さらにゴミ箱を探したい方は、Amazonで売れ筋商品をチェックしてみてくださいね。

生ゴミ用に適したゴミ箱を選んで嫌なニオイを防ごう

今回は生ゴミ用ゴミ箱を選ぶ際のポイントをご紹介しました。しっかりニオイを防ぐには、フタと本体の密閉性や開閉タイプ、手入れのしやすさなどを考慮しながら選ぶことが大切です。ぜひこの記事を参考にして、おうちやライフスタイルに合った生ゴミ用ゴミ箱を選んでみてくださいね。

こちらもチェック!
キッチン用のゴミ箱収納棚・ラックのおすすめ10選!魅力と選び方も解説

ゴミ箱を収納して生活感をなくしてくれる「キッチン用のゴミ箱収納棚・ラック」。スリムなものからゴミ箱が3つ以上収納できるもの、インテリアに馴染むおしゃれな商品までさまざまな種類がありますよ。今回は、キッチン用のゴミ箱収納棚・ラックの選び方を解説します。おすすめ商品もご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

こちらもチェック!
【2024年】生ゴミ用の臭わないゴミ箱おすすめ21選!密閉性の高いものから手入れのしやすいものまで詳しくご紹介

しっかり密閉してニオイを外に漏らさない「生ゴミ用ゴミ箱」。せっかく購入するなら、防臭効果が高く、臭わないゴミ箱を選びたいですよね。そこでこの記事では、生ゴミの嫌なニオイを防いでくれるゴミ箱の選び方を徹底解説!おすすめ商品もご紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー