この記事で紹介されている商品
珈琲チョコレートのおすすめ14選!ビーンズタイプや練り込みタイプも

珈琲チョコレートのおすすめ14選!ビーンズタイプや練り込みタイプも

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

コーヒーの香りやほろ苦さとチョコレートの甘さを一度に楽しめる「珈琲チョコレート」。コーヒー豆がそのまま入ったビーンズタイプや練り込みタイプなど、種類が多くて迷ってしまう方も多いでしょう。そこで今回は、珈琲チョコレートの選び方やおすすめ商品をご紹介!ギフト向けのおしゃれな商品もピックアップしているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

珈琲チョコレートの魅力とは?

実際に食べてみると分かるとおり、コーヒーとチョコレートは相性がよいといわれていますが、その理由は「コーヒー豆とカカオの共通点」にあります。コーヒー豆とカカオの原産地が南半球の発展途上国に集中している点や栽培に適した条件が似ている点などです。

また、コーヒー豆とカカオにはポリフェノールとカフェインが含まれているという部分も共通しており、こうした理由からコーヒーとチョコレートは相性がよく、結果的にコーヒーの味をチョコレートに混ぜ込むことで双方の魅力を堪能できるのです。

珈琲チョコレートの選び方

珈琲チョコレートを選ぼうにも種類が多すぎて悩んでしまいますよね。選ぶ際は、ミルクやビター、ホワイトなどのチョコレートの種類、ビーンズタイプや練り込みといったタイプの2点に着目するのがポイントです。

ここからはそれぞれの選び方について詳しく解説しますので、参考にしてみてくださいね。

1.チョコレートの種類で選ぶ

まずは珈琲チョコレートに使用されているチョコレートの種類をチェックしましょう。使われているチョコレートのフレーバーによって味わいが異なります。チョコレートはカカオや乳成分、砂糖を原料としており、カカオの含有量によって甘さもさまざま。

甘味と苦味のバランスの良さならミルク、苦めが好みならビター、甘さを重視するならホワイト、カカオの風味を感じられるクーベルチュールがありますよ。ここからは各チョコレートの種類の特徴を詳しく解説します。

ミルクチョコレート

ミルクチョコレートはカカオの苦味とチョコレートの甘味を同時に堪能できます。カカオマスの比率は20~40%ほどで乳成分も多く含まれるため、カカオの味わいとミルクのまろやかさをバランスよく味わえるのが魅力です。

ミルクチョコレートを使った珈琲チョコレートの数も多く、色々な商品を試したい方にもピッタリ。コーヒーとの相性もバッチリで一度食べたらクセになるでしょう。

ビターチョコレート

ビターチョコレートはカカオの濃厚な味わいを楽しめるチョコレートです。カカオマスの比率は40%以上とミルクチョコレートよりも高め。さらに、乳成分をほぼ使用せず、カカオの芳醇な香りをダイレクトに堪能できるのも魅力です。 甘さも控えめで、甘いものが苦手な方やカロリーが気になる方にもおすすめですよ。

コーヒーとチョコレートの苦味がマッチするため、日本酒やウイスキーといったお酒のおつまみにも適しています。

ホワイトチョコレート

ホワイトチョコレートは甘党の方に最適。砂糖や乳製品を原料としているホワイトチョコレートは、見た目は白や黄色がかった白色となっています。 カカオマスは使わず、カカオバターを使用しているのもホワイトチョコレートの特徴。カカオ独特の苦味や渋味がなく、濃厚な甘味を感じられますよ

クーベルチュールチョコレート

カカオ成分の高さを重視する方はクーベルチュールチョコレートがおすすめです。カカオ成分は35%以上、カカオバター以外の代用油脂は5%未満といった国際規格を満たしているものを「クーベルチュールチョコレート」としています。 カカオ成分が多く含まれているため、苦味が強くカカオの風味を堪能できますよ。

市販のチョコレートより値は張りますが、カカオの苦味が好きな方やカカオ強めのチョコレートを探している方にもピッタリです。

2.タイプで選ぶ

珈琲チョコレートには、主に「ビーンズタイプ」と「練り込みタイプ」の2種類があります。それぞれ味わいや香りの感じ方が異なるため、好みに合う方を選びましょう。

コーヒー豆の味わいを楽しむなら「ビーンズタイプ」

ビーンズタイプは焙煎したコーヒー豆をチョコレートでそのままコーティングしているため、コーヒー豆のダイレクトな味や香りを楽しめます。コーヒー豆の香りと味を堪能できるだけではなく、カリッとした歯ごたえも魅力。一度食べたらやみつきになる味わいです。

香りや風味を楽しむなら「練り込みタイプ」

チョコレート生地にコーヒーを混ぜ合わせた練り込みタイプもおすすめです。コーヒーとカカオのバランスが絶妙で濃厚な苦味とまろやかな甘味を同時に味わえますよ。ビーンズタイプのような歯ごたえはないですが、食べやすさでは練り込みタイプの方が優れています。コーヒーのダイレクトな苦味が少なく、甘党の方にもおすすめですよ。

本格派なら専門店の珈琲チョコレートがおすすめ!

量販店で手軽に買える珈琲チョコレートもよいですが、コーヒー専門店の珈琲チョコレートはひと味違った高級感が魅力。

お気に入りのコーヒー専門店でのチョコレートなら、普段から親しんでいるコーヒーの味をチョコレートでも楽しめるでしょう。 使用する豆の種類から焙煎方法まで、専門店ならではのこだわりを感じられるはずです。普段からコーヒーを飲む方へのプレゼントにも喜ばれますよ。

おしゃれなパッケージならギフトにもぴったり

珈琲チョコレートはギフト用としても最適です。甘党の方にはホワイトチョコ、甘い物が苦手な方やお酒が好きな方にはビターといったように、相手の好みをリサーチしておきましょう。

また、味だけではなくパッケージもおしゃれなものがおすすめですよ。素敵なデザインの珈琲チョコレートを贈れば、相手も開ける際の楽しみが増えてよいですね。パッケージも相手の好みや年齢に合わせたデザインを吟味しましょう。

カバヤ食品 ドトール コーヒービーンズチョコレート

カバヤ食品 ドトール コーヒービーンズチョコ ハイカカオ

QBB コーヒービーンズチョコ

ROYCE' コーヒービーンズチョコレート

ヒロコーヒー コーヒービーンズチョコ スタンドパック

チョコル 割れチョコ 朝焼けほろにがコーヒー

明治 コーヒービート

チロルチョコ コーヒーヌガー

ROYCE' コーヒーチョコレート

サロンドロワイヤル コーヒーチョコレート 

高岡食品工業 ショコラ 生チョコ仕立て 深煎りコーヒー

高岡食品工業 コーヒーチョコ玉

ピュアレ コーヒーティラミスチョコレート

富澤商店 マカダミアナッツ コーヒーチョコ掛け

最安値
タイムセール
¥1,300-9%
参考価格¥1,426

-

タイムセール
¥483-30%
参考価格¥690

-

Amazonカスタマーレビュー
4.137
4.3114
-
-
-
-
3.65
4.5660
-
4.012
-
4.426
4.57
-
購入リンク

珈琲チョコレートのおすすめ14選

選ぶポイントがわかったところで、ここからは珈琲チョコレートのおすすめ商品を見ていきましょう!ビーンズタイプと練り込みタイプに分けてご紹介しているので、ぜひお気に入りの一品を見つけてくださいね。

ビーンズタイプ

ビーンズタイプのおすすめ商品を6品ご紹介します。老舗企業と人気カフェチェーン「ドトール」のコラボ商品や、北海道のお菓子メーカー「ロイズ」の商品などをピックアップしました。

PR
シュガーコーティングしたコーヒー豆のカリッと食感がたまらない
カバヤ食品 ドトール コーヒービーンズチョコレート

商品情報

内容量:1袋 40g
原材料:砂糖、全粉乳、植物油脂、ココアバター、カカオマス、コーヒー豆、乳糖、デキストリン/乳化剤(大豆由来)、光沢剤、香料(小麦・卵由来)、糊料(キサンタンガム)

数多くのヒット作を生み出している老舗企業の「カバヤ食品」と、コーヒー店を全国に展開する「ドトール」のコラボ商品です。ビーンズタイプの珈琲チョコレートで、シュガーコーティングした焙煎コーヒー豆を使用しています。 カリッとしたコーヒー豆の食感と、まろやかなチョコレートの風味を楽しめますよ。口に入れると、上品なコーヒーの香りが際立つのも魅力のポイントです。

PR
ビターな風味がクセになること間違いなし
カバヤ食品 ドトール コーヒービーンズチョコ ハイカカオ

商品情報

内容量:1袋 35g
原材料:カカオマス、砂糖、ココアバター、ココアパウダー、コーヒー豆、全粉乳、デキストリン/乳化剤(大豆由来)、光沢剤、香料(小麦・卵由来)、糊料(キサンタンガム)

丁寧に焙煎されたブラジル産のコーヒー豆をまるごと一粒、カカオ分70%の濃厚なハイカカオチョコレートで包み込んだ、味わい深いチョコレートです。カバヤ食品が提供するこのチョコレートは、セルフスタイルコーヒーチェーン店舗数No.1を誇るブランドとのコラボレーション商品。コーヒー好きなら一度は試してみたい、豊かな風味と深みのあるカカオの味わいが楽しめる一品です。

PR
やみつき必至のほろ苦チョコ
QBB コーヒービーンズチョコ

商品情報

内容量:1袋 45g
原材料:砂糖(外国製造)、カカオマス、ココアバター、コーヒー豆、 乳糖、植物油脂、全乳粉、香辛料/乳化剤(大豆由来)、香料、光沢剤

カリッとした食感を楽しめるビーンズタイプの珈琲チョコレートです。丁寧にローストした香り高いコーヒー豆を使用しており、ミルクチョコレートでコーティング。コーヒーの苦味とミルクチョコの甘味が絶妙なバランスに仕上がっていますよ。 袋はジッパー付きの小袋サイズで持ち歩きにも便利。バックやポケットに入れておけば小腹が空いたときでも手軽に取り出して食べられます。

PR
個包装でプチギフトや手土産にもぴったり
ROYCE' コーヒービーンズチョコレート

商品情報

内容量:34g×5袋
原材料:ー

ROYCE'の「コーヒービーンズチョコレート」は、セレクトされたコーヒー豆を芳醇なチョコレートで包み込んだ、大人の味わい深いスイーツです。厳選されたコーヒー豆は、その香りと味わいを最大限に引き出すために丁寧に焙煎され、ROYCE'の滑らかなチョコレートでコーティングされています。上品でリッチな味わいは、大切な方へのギフトや自分へのご褒美に最適ですよ。

PR
契約農園のブラジル・シャパドンのコーヒー豆を使用
ヒロコーヒー コーヒービーンズチョコ スタンドパック

商品情報

内容量:1袋 60g
原材料:チョコレート(国内製造)(砂糖、カカオマス、全粉乳(乳成分を含む)、植物油脂、カカオバター、乳糖、その他)、コーヒー豆、澱粉分解物/光沢剤、乳化剤(大豆由来)、香料

ブラジル・シャパドンのコーヒー豆を使用した、心地よい苦みと優しい甘さが絶妙に融合したミルクチョコレートコーティングのコーヒー豆です。コーヒーのビターな味わいとミルクチョコの甘さがベストマッチし、ほろ苦いチョコレートの中からカリッとした音を奏でるコーヒー豆が独特の食感を提供します。一度食べ始めると止まらない、やみつきになること間違いなしのチョコレートですよ。

PR
コーヒー豆とココアクッキーのザクザク食感がやみつき
チョコル 割れチョコ 朝焼けほろにがコーヒー

商品情報

内容量:1袋 180g
原材料:チョコレート(砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、植物油脂、ココアパウダー、脱脂粉乳、乳糖)(国内製造)、クッキー(小麦粉、砂糖、加工油脂、ココアパウダー、ぶどう糖果糖液糖、コーンフラワー、デキストリン、カカオマス、乳等を主要原料とする食品、食塩)、コーヒー豆/甘味料(ソルビトール)、乳化剤、膨張剤、香料、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)

このチョコレートは、ほのかな苦味を持つコーヒーの風味が際立つ、大人向けの商品です。厳選されたコーヒー豆を使用し、それを繊細にコーティングしたミルクチョコレートは、口の中で溶け合うと、コーヒーのほろ苦さとチョコレートの優しい甘さが絶妙にマッチします。自分へのご褒美や大切な人への贈り物にぴったりな一品ですよ。

練り込みタイプ

つづいては練り込みタイプのおすすめ商品8品をご紹介します。お菓子メーカーのロングセラー商品から、ナッツをコーティングした変わり種まで幅広くピックアップしました。

PR
長年愛され続けているロングセラー商品
明治 コーヒービート

商品情報

内容量:1個 32g
原材料:砂糖、全粉乳、ココアバター、乳糖、カカオマス、植物油脂、クリームパウダー、コーヒー、でん粉、水あめ、脱脂粉乳、ゼラチン、乳化剤(大豆を含む)、香料、光沢剤、タマリンド色素、増粘剤(アラビアガム)、卵殻カルシウム

1971年の発売以来、50年の年月が経っても愛される明治のロングセラー商品。コーヒー豆の形状を再現したかわいい小粒チョコレートです。食べやすいサイズのうえ、容量は100g以上もありボリューム感もバッチリ。チョコレートの甘味にコーヒーの味がほんのりと広がります。 昔懐かしい珈琲チョコレートが好きな方や、家族みんなで楽しめるおやつを探している方にもおすすめですよ。

PR
コーヒーヌガーをミルクチョコレートでコーティング
チロルチョコ コーヒーヌガー

商品情報

内容量:1個
原材料:砂糖、水飴、全粉乳、カカオマス、植物油脂、ココアバター、加糖練乳、コーヒー、コーヒーエキス、コーンスターチ、食塩、乳化剤(大豆由来)、香料

1979年に登場し、そこから40年以上経った今も幅広い世代に愛されているロングセラー商品です。「ヌガー」とは砂糖とはちみつなどを混ぜ合わせて煮詰めたもの。中にナッツやドライフルーツなどを加えたフランスの伝統菓子をいいます。チロルチョコのコーヒーヌガーも、そんなフランスの伝統菓子に似せた味わい。 苦味と甘味の絶妙なバランスを楽しめる上、一粒サイズで仕事の間食や小腹が空いたときにもピッタリです。

PR
コーヒーの豊かな香りが口いっぱいに広がる
ROYCE' コーヒーチョコレート

商品情報

内容量:32枚
原材料:ー

北海道土産で有名な「ロイズ」の珈琲チョコレートは、高級感のある手土産を探している方にもおすすめ。口に入れた瞬間にコーヒーの豊かな香りが広がりますよ。板状で食べやすいひと口サイズなのもうれしいですね。一枚一枚包装されているため、職場や友人へのお土産や家族でシェアしたいときにもピッタリ。 焙煎したてのコーヒーのような香ばしさを堪能できますよ。

PR
ほどよい苦味と酸味のブラジルサントスコーヒーを使用
サロンドロワイヤル コーヒーチョコレート 

商品情報

内容量:170g
原材料:モカコーヒーチョコレート((国内製造)ココアバター、砂糖、全粉乳、乳糖、レギュラーコーヒー、脱脂粉乳)、ミルクチョコレート(砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス)、コーヒーパウダー/乳化剤(大豆由来)、香料

ミルクチョコにコーヒーを練り込み、仕上げにブラジルのサントスコーヒーパウダーをまぶすことで、コーヒー感の風味を十分に堪能できますよ。サントスコーヒーは酸味と苦味のバランスがよく、それでいてまろやかでキレのある味わいが特徴です。個包装になっているのもポイント。つい手が伸びてしまう黄金色のフィルムは、友人とのパーティーやオフィスでのおやつにもおすすめです。

PR
なめらかな口どけがクセになる
高岡食品工業 ショコラ 生チョコ仕立て 深煎りコーヒー

商品情報

内容量:1袋 145g
原材料:植物油脂(国内製造)、砂糖、ココアパウダー、コーヒーパウダー、脱脂粉乳、カカオマス/乳化剤、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)

高岡食品工業は戦後からチョコレートを作り続けている老舗企業で「ショコラ生チョコシリーズ」は会社を代表するロングセラー商品です。そんな生チョコシリーズのコーヒー味は口溶けのよさを追求して作られています。 コーヒー豆専門店の炭焼きコーヒー豆を使っており、大人向けの一品に仕上がっていますよ。お得なファミリーサイズで、一度食べたら止まらなくなること間違いなしです。

PR
食べやすい小粒サイズでコーヒータイムのお供にぴったり
高岡食品工業 コーヒーチョコ玉

商品情報

内容量:1袋 115g
原材料:砂糖(国内製造、外国製造)、ココアバター、全粉乳、乳糖、コーヒーパウダー、脱脂粉乳、植物油脂、コーンスターチ、カカオマス/乳化剤、カカオ色素、増粘剤(アラビアガム)、光沢剤、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)

チョコの甘さとコーヒーのほろ苦さはブレイクタイムにピッタリ。甘いチョコ玉にコーヒー豆専門店の豆を練り込んで作られたチョコ玉です。カリッとした食感がやみつきになりますよ。 個包装タイプなので、職場や家族でシェアしたいときに便利。包装紙はカラフルですが中身は全部珈琲チョコレートです。

PR
コーヒーチョコをクリームチーズでコーティング
ピュアレ コーヒーティラミスチョコレート

商品情報

内容量:1袋 405g

原材料:

ココアパウダー、砂糖、全粉乳、植物油脂、乳糖、カカオマス、脱脂粉乳、チーズパウダー、コーヒー、バターオイル、マスカルポーネ、乳蛋白、ココアパウダー、乳化剤(大豆由来)、香料、光沢剤  

風味豊かなコーヒーチョコと、マスカルポーネのクリーミーな味わいが楽しめるティラミスチョコレート。甘さやほろ苦さ、チーズのコクのバランスが絶妙で、ひと粒でスイーツを食べているかのような満足感があります。ひとくちサイズなので小腹が空いたときや仕事の間食にもピッタリですね。

PR
ミルキーなチョコレートにマカダミアナッツの香ばしさがマッチ
富澤商店 マカダミアナッツ コーヒーチョコ掛け

商品情報

内容量:1袋 100g
原材料:ローストマカデミアナッツ(国内製造)、砂糖、ココアバター、全粉乳、植物油脂、麦芽糖、乳糖、インスタントコーヒー、カカオマス、でん粉分解物/光沢剤、乳化剤(大豆由来)、香料

業務用製菓や製パン材料を扱う「富澤商店」が作った珈琲チョコレートです。程よく焼き上げたマカダミアナッツを珈琲チョコレートでコーティング。チョコレートはミルキーな味わいの中に優しいコーヒーの香りが感じられますよ。

おすすめの食べ方!コーヒーとのペアリング

珈琲チョコレートはコーヒーとのペアリングを考えて選ぶのがおすすめです。それぞれのチョコレートに合ったコーヒーがあれば、より一層ブレイクタイムを楽しめますよ。

たとえば、ベースがミルクやホワイトなど甘味が強い珈琲チョコレートには、ほろ苦い味わいのブラックコーヒーがおすすめです。ブラックコーヒーには砂糖や乳成分が入っていない分甘味をチョコレートで補えるため、相性がよいといわれています。

反対にビタータイプなら甘味を感じられるカフェラテが最適。カフェラテのまろやかな甘味がビターチョコレートの苦味を中和してくれることから、絶妙なバランスを堪能できますよ。 このようにチョコレートとコーヒーの相性も考えながら選んでみてくださいね。

珈琲チョコレートの保存方法は?

珈琲チョコレートは熱や湿気に弱い食べ物です。そのため高温や多湿の場所は避けて、28℃以下の涼しいところで保管しましょう。

夏場などの室内は28℃を簡単に超えてしまうので、暑い時期は冷蔵庫で保管しましょう。珈琲チョコレートは冷蔵庫でももちろん保管できますが、そのままの状態で冷蔵庫に入れるとほかの食品に匂いが移る恐れがあります。ジッパーや蓋が付いた密閉容器に入れると匂い移りを防げますよ。

お気に入りの珈琲チョコレートを味わおう!

コーヒーとチョコレートは相性バッチリ。ミルクやホワイト、ビターなどチョコの種類によってさまざまな味を楽しめますよ。コーヒーにもビーンズタイプや練り込みタイプがあるので、自分好みの珈琲チョコレートを見つけてくださいね。

こちらもチェック!
チョコレートギフトおすすめ13選!おしゃれでかわいいものをご紹介

高級感があっておしゃれでかわいい「チョコレートギフト」は、バレンタインやホワイトデーなどのイベントだけでなく特別な日の贈り物にも喜ばれる商品です。今回は、そんなチョコレートギフトの選び方とおすすめの商品をご紹介します。

こちらもチェック!
高級チョコレートのおすすめ15選!人気ブランドやプレゼントに使えるものまでアイテムをご紹介

ギフトや自分へのご褒美にぴったりの「高級チョコレート」。ベルギーやフランス、東京などで作られていて、味わいやデザインはさまざま!通販で気軽に手に入れられるため、どれが良いか多くて迷う方も多いのではないでしょうか?この記事では、ギフトや特別な日のおやつにおすすめな高級チョコレートの選び方と、おすすめ商品をご紹介します。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー