目次

楽天カードの反映が遅すぎる?利用明細や利用可能枠に反映されるのはいつ

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天カードは年会費永年無料で人気のクレジットカードですが、「利用明細や利用可能枠への反映が遅い」という声も聞かれます。

確かに利用データの反映が遅いと、支出状況や残高を正確に把握できず、予算管理が難しくなりますよね。

しかし、楽天カードの反映速度は本当に遅いのでしょうか。他のカード会社と比較して、どのような違いがあるのでしょうか。

そこで、本記事では利用明細や利用可能枠への反映速度が遅い理由と、反映までどれくらいの時間がかかるのかを詳しく解説します。

また、楽天カードの利用明細の確認方法についても詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

楽天カードの反映が遅すぎる?タイムラグはどれくらい?

楽天カードで支払った金額が利用明細や利用可能枠に反映されるまで、どのくらいかかるか気になりますよね。

すぐに反映されれば、自分のカード利用状況を正確に把握でき、残りの利用可能額もわかるため、計画的にカードを利用できます。

しかし、実際には反映されるまでに数日を要します。

楽天カードは利用後2~4営業日で明細に反映される

楽天カードで支払いをすると、利用明細に反映されるまで2~4営業日かかります。

これは、お店からカード会社へ支払い情報が送信されるタイミングに差があるためです。支払い後すぐに情報を送信するお店もあれば、数日後に送信するお店もあります。

海外で楽天カードを使用した場合、情報がカード会社に届くまでの時間はさらに長くなる可能性があります。

場合によっては、支払いが月をまたいでしまい、取引が翌月の引き落としとして反映されることもあるでしょう。

カード利用の速報版はメールで届く

楽天カードには、最短翌日に利用内容をメールで通知してくれる便利なサービス【速報版】カード利用お知らせメールがあることをご存じでしょうか。

すぐに利用データを送信するお店で楽天カードを利用した場合、通常版のカード利用お知らせメールよりも早く利用内容を確認できる点が特徴です。

 カード利用お知らせメール【速報版】カード利用お知らせメール
メール配信日最短2日後最短翌日
内容例利用日
利用先
利用者
支払い方法
利用金額
利用日
利用者
利用金額

【速報版】カード利用お知らせメールは、利用明細書や請求書ではありませんが、利用金額をいち早く把握できます。使いすぎ防止や不正使用の早期発見にもつながるので安心ですね。

このサービスを利用したい方は、以下の手順で登録できます。

【速報版】カード利用お知らせメールの登録方法
  • 楽天e-NAVIにログインする
  • メニューの「あんしんサービス(セキュリティ)」をクリックする
  • 「カード利用お知らせメールの登録・変更画面」へ進む
  • 「カード利用お知らせメール」と「【速報版】カード利用お知らせメール」の項目で「受信する」を選択する
  • 受信するメールアドレスを入力して完了

※【速報版】カード利用お知らせメールの登録には、通常版のカード利用お知らせメールの登録が必要です。

他のカードではどれくらいで反映される?

楽天カードは利用後2~4営業日で明細に反映されますが、他のカードはどのくらいかかるのでしょうか。

例えば、エポスカードは、カード利用日から反映まで数日かかり、最短2日後にエポスNetやアプリで確認できると記載されています。

------------------------------------------------------------

利用明細の確認は、ご利用日から数日お時間がかかります。

最短2日後にエポスNetやエポスカードのアプリでご確認いただけます。

※ご利用データをご確認いただけるまでの期間は、ご利用先によって異なります。

------------------------------------------------------------

出典:エポスカード「よくあるご質問」

三井住友カードは、すぐに送信する店舗であれば2~3日後、集計後に送信する店舗であれば2~3カ月遅れて反映されるとあります。

------------------------------------------------------------

ご利用の店舗から弊社へお客さまのご利用データ(または伝票)が到着次第、2~3日後にWEBサービス「Vpass」やVpassアプリへ反映されます。

しかし、ご利用データを集計後に送信する店舗であれば実際のご利用日から2~3カ月遅れて反映する場合がございますので、時間をおいてご確認ください。

------------------------------------------------------------

出典:三井住友カード「カードを利用しましたが、Vpassの明細に利用履歴が載っていないのはなぜですか?」

このように、他のカードでも反映には数日~数カ月かかるため、楽天カードの利用明細への反映が特に遅いというわけではありません。

引き落とし後、利用可能枠が回復するのにもラグがある

楽天カードでは、毎月の請求額が引き落とされたあと、利用可能枠が回復するまでに2〜4営業日ほど時間がかかります。

その理由は、楽天カードが金融機関から引き落とし結果の情報を受け取るまでに時間がかかるためです。

【例:2024年2月の利用可能枠反映スケジュール】

設定口座利用可能枠反映の目安
楽天銀行2024年2月27日(火)~2024年2月28日(水)
楽天銀行以外の金融機関2024年2月29日(木)~2024年3月4日(月)
出典:楽天カード「2月度カード請求分の引き落とし額が、ご利用可能額に反映する時期について」

利用可能枠が回復するまでのタイムラグを考慮して、余裕を持った利用を心がけましょう。

楽天カードの締め日と請求金額確定日はいつ?

楽天カードの締め日は、通常利用の場合は月末で、引き落とし日は27日です。毎月1日~月末までの利用額がまとめて翌月の27日に引き落とされます。

ただし、楽天市場でのカード利用は締め日が25日となります。そのため、26日〜月末までの利用分は翌々月の27日に請求されます。楽天市場でお買い物する際は、請求タイミングに注意しましょう。

 カード利用締日ご請求
楽天市場以外のお買い物月末翌月27日
(金融機関が休業日の場合は翌営業日)
楽天市場でのお買い物25日翌月27日
(金融機関が休業日の場合は翌営業日)

楽天カードの請求金額確定日は、支払い方法によって異なります。口座振替で支払う場合は、毎月12日に請求金額が確定します。コンビニ・銀行振込払いの場合は、毎月10日に請求金額が確定します。

 請求金額確定日
口座振替毎月12日
コンビニ・銀行振込払い毎月10日

請求金額を知りたいときは、毎月12日以降に楽天e-NAVIの「ご利用明細」から仮の請求金額を確認できます。

なぜ仮の請求金額かというと、最長24日まで支払い金額の変更が可能だからです。支払い方法の変更も、楽天e-NAVIの「ご利用明細」から操作できます。

楽天カードの利用明細の確認方法

楽天カードの利用明細は、パソコンまたはスマートフォンのアプリから確認できます。

パソコンで確認する方法

  • 楽天e-NAVIにアクセスする
  • 楽天ユーザIDとパスワードを入力してログインする
  • 画面上部のタブから「お支払い(ご利用明細)」を選択する
  • 「ご利用明細」をクリックすると、最新の明細が表示される

アプリで確認する方法

楽天e-NAVIに登録していれば、スマートフォンの楽天カードアプリからも明細が確認できます。

  • 楽天カードアプリ(iOS/Android)をダウンロードする
  • 楽天ユーザIDとパスワードを入力してログインする
  • 画面下部にある「ご利用明細」をタップすると、最新の明細が表示される

楽天カードの利用明細は毎月必ずチェックして、身に覚えのない請求がないか確認しましょう。

楽天カードは利用明細に反映されるまでに時間がかかる

楽天カードを使ったとき、支払い情報が利用明細に反映されるまで2~4営業日かかります。

最短で利用額をチェックしたいときは、楽天カードのオプションサービスである【速報版】カード利用お知らせメールを利用しましょう。

また、毎月のカード請求分が引き落とされたあと、利用可能枠が回復するまでに2~4営業日かかります。毎月のカード利用額をこまめに把握して、計画的に利用しましょう。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天カードや楽天ペイでお得に支払おうのカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー