目次

楽天カードでキャッシングはできる?キャッシングの手順から返済方法までわかりやすく解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

手元に現金がない時に役立つのがキャッシングですが、楽天カードでも現金を引き出せることをご存じでしたか?楽天カードでのキャッシング方法や手数料、金利、返済方法などを詳しく紹介するので、興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

楽天カードとは

出典:楽天カード

楽天カードとは、楽天のサービスで利用すると便利なクレジットカードのことで、買い物や公共料金の支払いなど日常生活でとても役に立ちます。

インターネット通販で楽天市場を利用する方なら、楽天カードを使って購入すると効率的に楽天ポイントを貯められます。楽天カードで決済して貯めたポイントを買い物や月々の支払い、投資などに活用できるのも便利ですね。

出典:楽天カード

また、クレジットカードには年会費がかかるものもありますが、学生専用のカードや年会費無料のカードもあるので、初めてのクレジットカードにもおすすめです。

カードのブランドについては、主要な大手ブランドをはじめ、有名なものが用意されているので、よく行く店舗で使えるブランドを選ぶことができるでしょう。

年会費無料の楽天カードのサービスでは物足りない方は、旅行や買い物で特別なサービスを受けられる年会費有料のカードが用意されているので、ご自身の経済状況や受けたいサービスで選んでみてください。

支払い方法は一括払いだけでなく分割払いやリボ払い、ボーナス払いがあります。また、今回紹介するキャッシングにも対応しているため、お金を使いすぎてしまった時やお金が足りない時でも安心でしょう。

楽天カードのキャッシング機能

出典:楽天カード

楽天カードで設定した利用枠内で、現金を引き出せる機能です。キャッシング機能付きのカードを持っている方は、毎回事前に申し込みすることなく、緊急時にも現金を引き出せます。

楽天カードを使ってキャッシングをするためには、カード申し込み時に利用枠の申し込みをしておくか、楽天会員専用ページから申し込む必要があります。思ったよりも出費が多くなってしまいキャッシング可能枠を増額させたい場合は、キャッシングの申し込み同様、楽天会員専用ページから手続きが可能です。

後から返済しなければならないので、キャッシング機能付きのカードを持っていても希望する金額を全額借りられないということも覚えておきましょう。

楽天カードの具体的なキャッシング方法

楽天カードでキャッシングする方法は、ATMでの引き出しネットキャッシングの2種類で、ATMとネットキャッシングでは手続き方法や手続き可能時間などが異なります

銀行の融資や審査ありのカードローンよりも手軽に借りることができ、誰かにキャッシングしていると知られる心配もありません。

先ほども紹介しましたが、キャッシングするにはあらかじめカードにキャッシング機能を付与する必要がありますから、キャッシングできる金額がどれくらいなのか不安な方は楽天会員専用ページで確認しておきましょう。

ATM

出典:楽天カード

ATMから現金を引き出す際は、キャッシング対応のクレジットカードと、カード申し込み時に設定した暗証番号が必要です。また、引き出しできる金額単位が制限されているので、借入金額を入力する際は注意しましょう。

楽天カードによるキャッシングに対応しているATMは、コンビニや駅、銀行、あるいは郵便局などで利用できます。

ATMの利用可能時間についてですが、銀行や郵便局は基本的に営業時間内での利用が可能です。一方、コンビニのATMは遅い時間帯や土日祝にも対応しているため、急ぎで現金が必要な場合には嬉しいですね。

楽天カードに対応しているATMかどうか見分けるためには、赤文字や黒文字で楽天カードという単語が書かれているかどうか見てください。ロゴの種類は3つあり、日本語とアルファベット混合のものとアルファベット表記のものがあるので、対応カードについて書かれている箇所を注意深く見る必要があるでしょう。

ATMの操作方法は、機械によって多少異なる可能性がありますが、カードを入れる、借入(出金)をタッチパネルで選択、暗証番号を入力、借入金額を入力、返済方法を選択するというのが一連の流れです。

ネット

出典:楽天カード

ネットキャッシングをするには、楽天カード会員専用ページである「楽天eNAVI」から手続きする必要があります。ATMとは異なり、カードを機械に挿入する必要もなく、お手持ちのスマホやパソコンから手軽に申し込むことが可能です。

ネットキャッシングに申し込むには、会員専用ページにログインし、キャッシング用のページに移ります。それから振込希望日、振込希望金額、支払い方法、暗証番号を入力すると申し込みの手続きは完了です。

振込希望日の選び方は2種類あり、最短日程で振り込まれる「今すぐ振込み」と、指定した日に振り込んでもらえる「指定日予約振込み」があります。

今すぐ振込では、クレジットカード利用代金の引き落とし口座が楽天銀行以外であれば時間帯によっては翌日の振込になりますが、楽天銀行を指定していれば最短数分で振り込まれます

指定日予約振込とは、当日以外の指定した日に振り込むサービスのことです。申し込み当月を含む最大3ヶ月先まで振込み日を指定できます。カード利用代金の引き落とし口座が楽天銀行であれば土日祝日も設定可能

楽天カードのキャッシングの金利・手数料・シミュレーション

楽天カードのキャッシングの金利は、借入日数と利用金額によって決まります。公式ホームページでシミュレーションができるので、具体的な金額が気になる方は、希望借入金額や支払い方法などを入力してみてください。

金利の計算方法は、借入金額に実質年率18%をかけて、365日(閏年は366日とする)で割り、利用日数をかけるというものですが、条件によっては異なるケースもあるので注意が必要です。シミュレーションで計算した金額はあくまで目安として考えるようにしましょう。

また、ATMを利用して現金を引き出した際にかかる手数料があり、利用金額が1万円以下で110円(税込)、1万円を超える時は220円(税込)です。ATMを利用して借入する度に利用金額に応じた手数料が毎回かかります。

ネットキャッシングを利用する場合は、引き落とし口座に直接振り込まれ手数料はかからないので、手数料を抑えたいという方は、ネットキャッシングを選んでおくと良いでしょう。

キャッシングの返済方法

楽天カードでキャッシングした時の返済は、カードの引き落とし日に登録口座から自動引き落としされます。楽天カードの引き落とし日は楽天市場でのショッピングを除き、末日締めの翌月27日引き落としとなっているので、この期日までに返済する金額を準備しておくとよいでしょう。

出典:楽天カード

一括払い

一括払いはキャッシング利用月の翌月に金利と借りた金額を一括して返済する方法です。一度で払い終わってしまえばそれ以上返済する必要はありません。万が一、返済ができない時は借り入れた後でもリボ払いに変更することが可能です。

リボ払い

一方、リボ払いは一回で、借りた金額と金利を返さずに、毎月ほぼ同じ金額の元金を払い、数ヶ月に分けて支払う返済方法です。残高ごとに金利を払う仕組みになっているため、一括で返済する場合よりも最終的に返済する金額が高くなってしまう点には注意しておきましょう。

海外キャッシングの方法・違い

出典:楽天カード

楽天カードによるキャッシングは、国内のみならず海外でも可能であるため、海外旅行や海外出張で現地の通貨が必要な時にも重宝します。

海外で利用する時は、クレジットカードを機械に入れ、言語を選び暗証番号を入力、現金引き出しを選択。現金引き出しを選んだ後はクレジットカードで引き出すを選び、引き出したい金額を入力し、間違いないというボタンを押せば引き出せます。

返済方法は日本で借り入れる時と異なり、一括払いのみの対応になりますが、払えない場合はあとからリボ払いに変更できるので安心してくださいね。

日本で事前に現地通貨に両替できる場所は限られるため、両替するのにわざわざ遠くまで行かなければならないケースもありますが、クレジットカードであれば、24時間好きなタイミングで現金を手に入れることができるでしょう。

楽天カードでキャッシングする方法まとめ

現金が手元になくて急に必要になった時に役立つのがクレジットカードのキャッシング機能です。引き落とし口座を楽天カードに設定していれば、申し込みから最短数分で借入が可能です。

返済する時に金利がかかるので、考えて使う必要がありますが、借入をしてからできるだけ早く返済することで金利を抑えることができるでしょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

新着記事

カテゴリー