この記事で紹介されている商品

壁寄せテレビスタンドは倒れる?ロータイプや収納力のあるアイテム10選!

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

リビングを広く使いたいときにおすすめな「壁寄せテレビスタンド」。おしゃれな製品も多いですが、テレビ台に比べると不安定に見え、配線の隠し方も難しそうですよね。そこで今回は、壁寄せテレビスタンドのメリット・デメリットや選び方を解説します。人気のロータイプや収納力に優れた製品もご紹介するので、ぜひ最後までご覧くださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

壁寄せテレビスタンドとは?

部屋の中でも、特に居る時間が長いリビングは、できるだけすっきり広く見せたいですよね。テレビのように大きな家電の配置がポイントになりますが、壁掛けテレビは壁に穴をあける必要もあるので「ハードルが高い」と感じる方も多いのではないでしょうか? そんなときにおすすめなのが「壁寄せテレビ台」です。薄型で壁に寄せて使えるため省スペース。工事の必要もなくすぐに設置できるので、賃貸マンションにお住まいの方でも気軽に活用できますよ。

壁寄せテレビスタンドのメリット

壁寄せテレビスタンドの最大の魅力は「省スペースで設置できること」。また、一般的なテレビ台に比べてコンパクトなので配置換えしやすいといった特徴もあります。キャスターつきのタイプを選べば楽に移動でき、掃除もスムーズですよ!ケーブルもスタンドの裏に収納できるアイテムが多いため、テレビ周りがすっきりします。 スリムで圧迫感もなく、おしゃれなデザインのものが多いのもポイントです。ゆったりとした雰囲気のお部屋にしたいなら、壁寄せスタンドを検討してみてくださいね。

壁寄せテレビスタンドのデメリット

一見メリットの多い壁寄せスタンドですが、もちろん下記のようなデメリットもあります。 ・お子様がぶら下がると危ない ・収納が少ない 小さなお子様はテレビに興味を示しやすく、壁寄せテレビスタンドは特に好奇心をくすぐる形状をしています。倒れにくい設計にはなっていますが、ぶら下がったり揺すったりすると大変危険なので、小さいお子様がいらっしゃるご家庭は、転倒防止などの対策を行うことが大切です。 また、スタイリッシュでスリムな分、一般的なテレビ台に比べると収納も少なめです。収納面に関しては、選ぶスタンドによっても解消できるので、後ほどテレビスタンドの選び方と併せて、おすすめ商品をご紹介しますね!

壁寄せテレビスタンドは倒れる?

テレビスタンドは、重たいテレビをスリムなスタンドで支えているため、一見不安定に見えますよね。「簡単に倒れてしまいそう…」と不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。 実は壁寄せテレビスタンドは、後方に重心があり、倒れにくい設計になっているんです。「震度7の地震でも倒れない」とアピールしている商品もあり、基本的には安心して使用できます。ただし絶対に倒れないとは限らないので、万が一に備えて耐震ジェルなどで対策をしておくとより安全です。

心配な方にはしっかり固定する突っ張りタイプがおすすめ

どうしても転倒が心配な方は、収納スペースが多く下に重心があるタイプや、突っ張り式で固定できるタイプがおすすめです。 突っ張り式は、高さがある分少し圧迫感が出ますが、天井と床面で突っ張って固定するので高い強度が期待できます。テレビの上下に収納スペースが確保できる点もうれしいポイントですよ。上段に観葉植物や小物を置けば、インテリアとしても楽しめます。

PR
タンスのゲン テレビスタンド 45400050(79323)

商品情報

【サイズ】[外寸]幅60×奥行32.5×高さ200~260cm [上部棚板]幅60×奥行15cm [下部棚板]幅60×奥行25cm
【重量】約17kg

天井に突っ張って固定するテレビスタンドです。耐震性を高めるため、後方に転倒防止のワイヤーがついており、安心して使用できます。棚板も上下左右に調節ができるので、自由にレイアウトを楽しめますよ。 上下クッションつきなので、床や天井をキズつける心配もありません。対応するテレビは32~65V型ですが、40V型以下だと取付金具が見えてしまうのでご注意ください。

壁寄せテレビスタンドの選び方

ここからは、壁寄せテレビスタンドを選ぶ際のポイントをご紹介します。まずは自宅のテレビが設置できるよう、対応サイズや耐荷重を確認してください。ほかにも高さや角度をどの程度調節できるか、周辺機器をどの程度収納できるかといった点をチェックすると失敗しにくいですよ。 また、テレビスタンドは部屋における割合が大きいので、見た目にもこだわりたいところ。大きくロータイプとハイタイプの2種類があるので、ぜひお好みのスタンドを見つけてくださいね。

対応サイズや耐荷重をチェック

スタンドによって対応しているテレビのサイズが異なるため、まずは自宅のテレビに対応しているかを確認することが大切です。 製品表示には「〇〇V型まで」と「〇〇インチまで」の2つの形式があります。それぞれ若干定義が違い「V型」は実際に画面が表示される部分の大きさ、「インチ」はフチの部分までを含めた大きさを差します。製品によってはほどんど変わらないものもありますが、対応サイズギリギリだとはまらない可能性もあるので注意してくださいね。 また、テレビを実際設置したときに「思っていた雰囲気と違う」とがっかりしないために、製品イメージが何インチのテレビを設置しているかをチェックしておくのもポイントです。耐荷重は、テレビの重さだけでなくレコーダーやゲーム機など周辺機器の重さも含めて確認しましょう。

まずは種類を選ぼう

壁寄せテレビスタンドには、大きく分けて「ハイタイプ」と「ロータイプ」の2種類があります。 それぞれの特徴を、おすすめ商品と併せてご紹介するので、テレビの視聴環境に合わせて選んでくださいね!

広いお部屋で見るならハイタイプ

高い位置にテレビを設置するのが「ハイタイプ」です。遠くからでもテレビを見やすいので、広い部屋への設置や大人数で視聴したい場合に向いています。 テレビを高い位置に配置することで見栄えもよく、スタイリッシュな空間に。スタンド自体もおしゃれなアイテムが多いので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

PR
Rfiver 壁寄せテレビスタンド

商品情報

テレビスタンドのVESA規格は、最小限は10×10cm、最大限は40×40cmです。テレビスタンドは32-70インチのテレビやモニターに対応します。

ハイタイプの壁寄せテレビスタンドで、32~70インチのテレビに対応しています。シンプルですが、レコーダーなどの周辺機器もしっかり収納できるので、テレビ周りをすっきりきれいに見せられますよ。棚板は可動式ですが取り外すこともできるので、よりすっきりさせたいならあえて外すのもいいですね。 左右はの角度は±30度、上下は112~127㎝調節可能なので、快適な視聴環境を整えられます。

座ってゆったり見るならロータイプ

「ゆっくりくつろぎながらテレビを見たい」という方におすすめなのはロータイプです。カーペットやソファーに座って視聴しやすい高さに設計されています。見上げてテレビを見ることがないので、首や目の疲れを軽減する効果も期待できますよ。 ロータイプは高さがない分、圧迫感も少ないので「部屋を広く見せたい」という方にもおすすめです。

PR
PERLESMITH テレビスタンド

商品情報

①対応サイズ:37~55インチ以内。②対応重量:40kg以内。③対応VESA:横二点間の距離/100mm~400mm、縦二点間の距離/100mm~400mm

31・36・41cmの3段階に高さ調節できるテレビスタンド。ロータイプの中でも高さが低めなので、床に寝転がりながらリラックスモードでテレビを見たい方におすすめです。チェストの上に設置したり、オフィスのテーブルに配置したりと幅広い使い方も可能ですよ。 どんな空間にも馴染むシンプルさも魅力で、底面は強化ガラスのため耐久性もあります。

視聴環境に合わせて調節するなら3つのポイントを確認

テレビを見る位置や視聴する人数によって、見やすい高さや角度は違いますよね。「快適な視聴環境を整えたい」という方は、高さや角度を調節できる製品を選びましょう。 キャスターつきのアイテムなら、テレビスタンドごと移動できるので、角度も自由に調節できますよ。

高さ調節で目線に合わせる

高さ調節できるスタンドなら、見る方の身長や座る椅子の高さに合わせて目線を調節できます。ちょうど正面から10~15度下の角度が疲れにくく、首に負担がかからない高さと言われています。「テレビを見ていると疲れる」という方は、見上げたり見下ろしすぎたりしている可能性があるで、目線の高さを意識してみてくださいね。 無段階に高さを調節できるものなら、細かく微調整できて便利ですよ。

PR
アイリスオーヤマ テレビ台 UTS-600R-B

商品情報

商品サイズ(cm):幅約60×奥行約40×高さ約116.5~146.5●製品質量:約11.5kg
対応テレビサイズ:32V~55V型

95~125cmの間で、5cm間隔で7段階に細かく高さ調節ができます。目線に合わせて上下の角度も±10度調節できるので、より快適な視聴を実現できる優れものです。対応するテレビのサイズは32~55V型。底面の大きさは幅60×奥行40㎝なので、省スペースでの設置も叶えてくれますよ。

首振り機能があれば角度の調節が可能

テレビスタンドの中には、首振り機能がついており、設置したテレビの角度を調節できる製品もあります。上下に角度調節できるものなら負担がかからない目線に調節でき、左右に調節できるものなら視聴する場所に合わせられます。 広い部屋に設置する場合や、座る位置をよく変える場合は、あるとうれしい機能ですよ!

PR
WLIVE テレビスタンド

商品情報

30~65インチのテレビやモニターに適応します。
キャスターが付きますので、一人で楽に移動可能です。

高さだけでなく、左右の角度調節ができるハイタイプのテレビスタンド。左右は±25度回転するので、座る位置に合わせて最適な角度に調節可能です。棚板の耐荷重は中段5kg 、底面10㎏あるので、レコーダーやゲーム機など周辺機器の収納力にも優れていますよ。 キャスター前輪のストッパーは足で操作できるので、立ったままで楽に移動できます。

キャスター付きなら移動も楽々

「いっそテレビスタンドごと移動させたい」という方にはキャスター付きがおすすめ。座る場所に合わせて角度を変えるのはもちろん、転がすだけでスタンドの位置を変えられるので、模様替えが好きな方にもピッタリです。 掃除する際に移動させれば、溜まりがちなホコリも取りやすくなるので、お手入れの負担を軽減できますよ。

PR
EQUALS イコールズ テレビ台

商品情報

【対応テレビサイズ】24~55インチ(20kg相当)まで
【素材】スチール
【震度7での耐震試験済み】

ひとりでも簡単に移動できるキャスター付きのテレビスタンドです。一見キャスター付きには見えない「超低床キャスター」設計で、自由な視聴スタイルと美しさを両立しています。支柱とテレビが離れており画面が浮いているように見えるので臨場感があり、映像の世界に入り込めそうですね! ほとんどのテレビスタンドは32型以上に対応ですが、こちらの製品は24~55型と小さめのテレビにも対応しています。

使い勝手に合わせて選ぶ

視聴環境を整えたなら、後はライフスタイルに合わせた使い勝手をチェックしましょう。レコーダーなど周辺機器が多い方は棚の収納力、テレビ周辺をスッキリさせたい方は配線コードの隠し方も大切ですよ。

収納力をチェック

テレビ台には、レコーダーやゲーム機などの周辺機器を設置することも多いですよね。なかには、ゲーム機が何台もあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 周辺機器が多い方は、収納力のチェックも欠かせません!壁寄せテレビスタンドは一般的なテレビ台より収納が少ない製品も多いですが、大きめの収納棚を持つスタンドも販売されています。

PR
SunRuck サンルック 壁寄せ テレビスタンド SR-TVST07B

商品情報

リビング、オフィス、お店など、シーンに合わせて使用できる壁掛け風テレビ台。工事不要で賃貸アパート・マンションでも設置可能!

収納力が高い棚付きのテレビスタンドで、32~65V型のテレビ対応です。40×90㎝とワイドなボードがついているので、レコーダーやスピーカー、ゲーム機などをたっぷり設置できます。下の棚には、ゲームソフトやコントローラーなどの小物を片付けておけますね。 棚の耐荷重は25gで、底面には調節用アジャスターがついているので、転倒やガタつきを防止してくれます。

配線コードをきれいに隠したい

テレビを設置するときに気になるのが配線コードですよね。なんと壁寄せテレビスタンドには、配線コードを隠して収納できるよう、スタンドの裏が収納になっているタイプも多いんです。 配線コードがあると見栄えが悪いだけでなく、ひっかかるなどの危険もあります。ホコリもたまりやすいので、掃除の手間を省くためにもコードの収納は重要ですよ!

PR
EQUALS イコールズ テレビ台

商品情報

【対応テレビサイズ】32~80インチ(50kg相当)まで
【素材】スチール
【震度7での耐震試験済み】

スタンド裏に配線コードを隠して収納できる、テレビスタンドです。一見木目調ですが、スタンド自体はスチール製なので、マグネット式の電源タップを取り付けることで周辺機器のコードもすっきり収納できます。 シンプルにそのまま使用するのもいいですが、別売りで「ゲーム機収納用棚板」や「HDDホルダー」があるので、使用環境に合わせたカスタマイズも可能です。

見た目にこだわって選ぶ

リビングにおけるテレビの割合は大きく、それを支えるテレビスタンドも部屋の印象を決める大きなポイントとなりますよね!最後に、部屋の雰囲気に合わせてテレビスタンドを選ぶコツをご紹介します。

どんなリビングにも合わせやすいのはシンプルなスタンド

ハイタイプのテレビスタンドは印象的でおしゃれですが、高さがある分圧迫感が出てしまうことも。落ち着いた空間にしたいなら、ロータイプを選んでみましょう。座ったときに目線が合わせやすく、ゆったりと視聴できます。 スタンド部分もシンプルな製品にすれば、どんなお部屋にも馴染みますよ!

PR
WALL テレビスタンド

商品情報

【対応テレビサイズ】32~60インチ(40kg相当)まで 
【サイズ】幅60x奥行46x高さ101.5~121.5cm・高さ調節ピッチ:5cm(5段階)

徹底的に無駄を省いた洗練されたデザインが魅力です。真っ白なスタンドは清潔感があり、どんな部屋にもよく馴染みますよ。 ロータイプなので座ってゆったりと視聴できるだけでなく、5段階の高さ調節機能も備わっており、性能面も充実しています。震度7の耐震試験実施済みで、40㎏のテレビを載せても転倒しない安定感があります。

おしゃれさを求めるなら個性的なデザインを探すのもあり

「普通のテレビスタンドじゃ物足りない」という方は、徹底的にデザイン性を追求するのもおすすめです。たとえば北欧風をイメージしているお部屋なら、木製のアイテムが馴染みやすいですよ。ほかにも、イーゼルタイプになったものなどは、まるで絵画を見ているように感じられるでしょう。

PR
DMM.make DISPLAY/TVスタンド DKS-LS4L

商品情報

対応ディスプレイサイズ:43~65インチ
スマートな配線を助けるケーブルフック付属・床を傷つけないラバーパッド

木目調の足が4脚ついた、イーゼル風のテレビスタンドです。スタンドを置くだけで、自宅が美術館のような非日常空間に早変わり!足にはケーブルフックがついているので、コードも目立たず配線できるのもうれしいポイントです。 ラインナップには3脚スタンドやV足スタンドもあるので、部屋の雰囲気に合わせてチョイスできますよ。

壁寄せテレビスタンドなら省スペースでおしゃれ

壁寄せテレビスタンドは、省スペースなだけでなくいつもの部屋をおしゃれな空間にしてくれるアイテムです。角度や高さなど視聴環境も整えられるので、ぜひご紹介した内容を参考にしていただき、お気に入りのテレビスタンドを見つけてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のインテリア・家具カテゴリー

新着記事

カテゴリー