目次

楽天ETCカードのメリット・デメリット解説!加入方法と注意点をわかりやすくご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天ETCカードとは、有料道路をスムーズに通過するためのETC機能を備えたカードです。他の ETCカードと比較して、ポイント還元率が高いなどのメリットがあります。ここでは、楽天ETCカードのメリットのほか、利用の際の注意点など、このカードの詳細について取り上げていきます。

楽天ETCカードとはどんなカード?

出典:楽天カード

楽天ETCカードは、その名前の通り、高速道路の料金所をスムーズに通過するためのETC機能がついたカードのことで、楽天カードに付帯する形で利用できます。楽天カードをすでに持っている方やこれから作成したいと思っている方は、選択肢のひとつになるかもしれません。

車を使う機会が多い方や、有料道路を使う機会が多い方にとっては料金を支払う手間を省くとても便利なカードと言えるでしょう。さらに、楽天カードに付帯する機能なので、使用することで楽天ポイントが貯まります

楽天ETCカードを上手に活用することで、お得に有料道路の支払いができるようになります。なお、楽天カード1枚につき楽天ETCカードを1枚持つことが可能です。

楽天ETCカードの加入方法とその手順について

出典:楽天カード

楽天ETCカードへの加入方法は大きく分けて2つあります。まずは、楽天カードを新規で申し込んだ後にETCカードにも申し込む方法です。もうひとつは、すでに楽天カードを持っている方が新たにETCカードに申し込む方法です。

前者の場合には、まず楽天カードそのものに申し込む必要があります。楽天カードでは新規加入者 にさまざまな特典を用意しているので、どのような特典を受けられるのかを確認したうえで申し込むタイミングを決めるとよいかもしれません。

なお、以前は楽天カードの新規申し込みと同時に、楽天ETCカードの申し込みもできましたが、現在はできなくなっています。まずは、楽天カードを手に入れたうえで、ETCカードに申し込むようにしましょう。

そのため、カードの審査を通過して楽天カードを持てる状況になることが大前提です。

出典:楽天カード

すでに楽天カードをお持ちの場合には、楽天カード会員向けのオンラインサービス「楽天e- NAVI」から申し込みができます。 この「楽天e-NAVI」はカードを取得後に楽天IDからアクセスし、クレジットカード番号や生年月日などの基本情報を登録することで利用が可能です。

ETCカードに申し込む場合には、ログインしたうえで「カードの申し込み(カードの追加・切り替え)」の部分をタップします。

その後、選択肢から「楽天ETCカード」をタップし、楽天ETCカードを送付する住所などの基本情報を確認しましょう。問題がないかどうかをチェックしたうえで「確認画面へ」に進みます

最後に「同意して申し込む」をタップすれば完了です。

すでに審査が済んでいる状況なので、追加で審査が行われることはありません。楽天カードを持っている方であれば、問題なく申し込みができると考えて良いでしょう。

楽天ETC カードのメリットとは?

出典:楽天カード

楽天ETCカードのメリットは、やはり楽天ポイントを貯めたり使ったりできることでしょう。ETCの支払いに使用した場合には、100円につき1ポイントが貯まります。有料道路の料金が実質1%割引になる認識です。

獲得したポイントを楽天での買い物・サービスに使うことで、毎日のショッピングをお得にすることも可能です。このポイント還元率1%という数字は、ETCカードの中では比較的高い傾向にあります。他のETCカードではポイント還元がないものもあるので、還元率だけでも非常に大きなメリットではないでしょうか。

さらに、楽天カードに用意されているさまざまな特典を活用することで、お得なメリットを得られます。例えば、車で旅行する際に楽天トラブルを利用して宿泊施設を予約し、給油をエオネスで行えば効率的にポイントが貯まるでしょう。

まとめると、楽天ETCカードでETCの支払いをすれば1%のポイントが還元され、楽天トラベルで予約をすれば2%還元、さらにエオネスで楽天カードを使用すれば最大で1.5%分の還元を受けることが可能です。楽天カードと併用することで、楽天ETCカードのメリットがどんどん大きくなります。

使えば使うほどお得になる点として、年会費を無料にする方法もあります。この楽天ETCカードには550 円(税込)の年会費がかかりますが、一定の条件を満たすことで年会費を無料にできます。この点に関しては後述します。

発行手数料や解約手数料も不要で、余計な経費がかからない点も魅力的です。

楽天ETCカードのデメリットにはどんなものがある?

デメリットは、先述したように年会費550円が必要な点です。100円ごとに1%のポイント還元となっているので、550 円を相殺するためには、55,000 円を使用する必要があるでしょう。それだけETCカードを使用する機会があるかどうかで、楽天ETCカードの評価が変わってくるとも言えます。

また、楽天カード1枚につきETCカードを1枚しか持つことができないため、家族用として別にETCカードを持つことができません。家族カードにもETC機能を付帯できないので注意しておきましょう。

あくまでも、楽天カードを所有している本人だけが利用できるサービスとなります。

楽天ETCカードを年会費無料にする方法はある?

出典:楽天カード

先ほどご紹介した、ETCカードの年会費を無料にする方法には3つのパターンがあります。

1つ目は、楽天会員のランクをプラチナランク以上にすること。

楽天会員には、楽天ポイントの獲得回数・ 獲得ポイントの状況に応じて「レギュラー」「シルバー」「プラチナ」「ダイヤモンド」の4つのランクが用意されています。プラチナランク以上になることでETCカードの年会費を無料できます

つまり、日頃から楽天サービス内でよく買い物をしている方ほど、ETCカードもお得に利用できるでしょう。

なお、プラチナランクの条件は、過去6ヶ月の楽天ポイントの獲得数が2,000ポイント以上、ポイント獲得回数が15回以上となっています。ETCカードの利用だけでは厳しい面もあるため、日頃から楽天市場で買い物をしている方は達成しやすいかもしれません。

2つ目は、年会費550円を超えるポイントを獲得できるようにすることです。

年会費以上のポイントが貯まれば、実質年会費は無料になります。これが一番簡単な方法なので、1年間にどれだけETCを利用するかを確認したうえで、無料にできそうかどうかを判断すると良いでしょう。

3つ目は、一般の楽天カードではなく、楽天ゴールドカード、楽天プラチナカードを持つことです。これらのカードの特典では、ETCカードの年会費が無料になります。

楽天ETCカードの利用に伴う2つの注意点

楽天ゴールドカード・楽天プラチナカードは楽天ETCカードの年会費を無料にできますが、カードそのものに年会費がかかってしまいます。楽天ゴールドカードでは2,200円、楽天プラチナカードでは11,000円(いずれも税込)の年会費が必要です。

つまり、ETCカードの年会費以上の出費が必要になることも覚えておきましょう。ただし、これらのカードには一般の楽天カードにはないさまざまなメリッ ト・特典がつくことも事実です。さまざまなメリットも考慮したうえで、結果的にETCカードの年会費を無料にするのがお得なのかどうかを判断するのがベストでしょう。

さらに、ETCカードの請求はクレジットカードの請求と一緒に行われるということにも注意しておきましょう。つまり、ETCカード単体でのご利用明細は発行できず、楽天カードのご利用明細にETCの利用も一緒に記載されてしまいます。

社用でのETC利用を自分のカードで支払っているなど、ETCカード単体の利用明細が必要なときには不便かもしれません。

なお、ETCカード単体の明細が必要な場合には、高速道路会社が提供しているETC利用照会サービスを利用することでご利用明細を確認できます。

楽天ETCカードのキャンペーンにはどんなものがある?

楽天ETCカードに入会、もしくは入会後に利用した際にポイントがプレゼントされるキャンペーンも用意されています。

具体的なキャンペーンの内容は時期によって変更される可能性もあるので、詳細は入会の際にチェックすると良いでしょう。最大で3,000ポイントが当たるキャンペーンが行われることもあり、うまく活用すれば大変お得になります。

過去には、楽天ETCカードに加入するだけで1,000ポイント、入会の翌日末までにETCカードを200 円以上使用した場合に2,000 ポイントがあたるキャンペーンが実施されたこともあります。

楽天ETCカードはメリット満載!

楽天カードをすでに持っていて、日頃から楽天サービス内で買い物をする方にとっては、メリットの大きなETCカードと言えるでしょう。

ETCの支払いのたびに1%還元されるというのはやはり大きな魅力で、楽天のサービスを利用すればするほどお得になるメリットも見逃せません。

このカードを利用するかどうかは、日頃楽天をどれだけ利用しているかが重要な判断のポイントとなってきそうです。ただし、単体のETCカードとして見ても魅力的な内容を備えているのも間違いないため、ご自身の利用頻度と合わせてチェックしておきましょう!(2024 年現在)

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

新着記事

カテゴリー