目次

楽天マガジンのメリット・デメリットを徹底調査!登録方法や注意点も解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天マガジンは、雑誌1冊分よりも安く1,400誌・6,000冊以上の雑誌が読み放題という、雑誌を読むのが大好きな人におすすめしたいサービスです。アプリ版には雑誌丸ごとダウンロード機能や記事の検索機能や付箋機能など、便利な機能が満載です。

楽天マガジンとは?

「楽天マガジン」とは、月額418円(税込)を支払うと雑誌やムック本が好きなだけ読める人気の雑誌読み放題サービスです。お手軽な価格で読み放題になるため、毎月いろんな雑誌を購入したり定期購読をしている人にとてもおすすめですよ。

楽天マガジンの魅力はこんなところ!

出典:楽天マガジン

楽天マガジンの一番の魅力は何と言っても取り扱う雑誌やムック本の豊富さです。1,400 誌・6,000冊以上も取り揃えられていて、ジャンルは「女性ファッション」や「男性ファッション」、「IT・ガジ ェット」や「ビジネス」、「車・バイク」や「グルメ・トラベル」など全20ジャンルあります。雑誌のほとんどがバックナンバーも取り扱っているため、書店ではもう手に入らないものも読むことができます。

楽天マガジンへの登録方法とは?

楽天マガジンは楽天の雑誌読み放題サービスなので、楽天のアカウントが必要です。まだアカウントを持っていない場合は、楽天マガジンの会員登録をする際に「楽天会員に新規登録してサービスを利用する」を選び、必要情報を入力してアカウントを作成してから、改めて楽天マガジンを登録しましょう。

登録の際に料金プランを月額か年額か選ぶことができ、支払いには楽天ポイントを利用できます。また31日間は無料お試し期間なので、期間中に合わないなと思った時は料金を支払う必要なく解約できて安心です。解約手続きを行わないまま無料期間が終わると、自動的に本契約となり料金が発生するので気をつけましょう。

楽天マガジンの7つのメリット

楽天マガジンには、雑誌読み放題サービスを会員が快適に楽しむことができるメリットがたくさんあります。

まず1つめは「料金の安さ」で、楽天マガジンには月額プランと年額プランの2種類があります。月額プランは月額418円(税込)と販売されている雑誌の一般的な価格より安く、年額プラン(3,960円(税込)/年)であればひと月あたりの金額は330円(税込)ともっと安くなるため、とてもお得だといえるでしょう。雑誌を定期購読している人も、実際に書店で購入するよりも安い値段で手軽にいつでも読むことができ、家の収納スペースも圧迫しないのでおすすめです。

2つめに挙げられるメリットは「楽天ポイント」です。楽天マガジンの月額・年額料金を支払うことで楽天ポイントが付くほか、支払いに楽天ポイントを利用できます。普段からよく楽天市場でショッピングをしている人にとっては、雑誌が読み放題なうえに楽天ポイントを貯めたり利用したりできるのはうれしいポイントです。

3つめは「ラインナップの多さ」で、料金が安いにもかかわらず1,400誌・6,000冊以上と配信されている雑誌数もとても多いです。取り扱っているジャンルも、男女別のファッションやライフスタイルのほか、料理や健康、ビジネスやIT、スポーツやグルメなど多岐に渡っているため、必要な情報を提供してくれる1 冊や興味を惹かれる1 冊を探すのが楽しくなるでしょう。

4つめのメリットは「バックナンバーも読める」ことです。多くの雑誌でバックナンバーも取り扱われていて何度でも読めるため、定期購読し損ねてしまったものや後から知って読みたかったものなども、楽天マガジンなら見つけられるかもしれません。ただし配信期間が終わると読めなくなってしまう点に注意が必要です。

5つめは「ナナメ読みできる」ことで、アプリ版を利用するとキーワード検索することができ、気になる情報に関する記事を一気に集めて読むことが可能です。また検索タブには各ジャンル別に楽天マガジン編集部おすすめの記事がまとめられているなど、あまり時間がない中でも情報を集めておきたい人に便利なサービスだといえるでしょう。

6つめのメリットは「雑誌を読んでいるかのようなビューワー画面」です。楽天マガジンのビューワー画面は操作がシンプルで、アプリ版からであれはスワイプするだけでページをめくることができます。またお気に入りのページを登録したり、後から読み直したいページに付箋を付けたりもでき、 サムネイルが表示されているため好きなページへのジャンプも簡単です。

7つめは「1アカウントで最大5台の端末から読める」ことで、スマホとタブレットであれば5台、 パソコンであればブラウザを2つ同時に使用できます。そのため通学時や在宅時など利用環境に合わせて端末を使い分けられるのがとても便利です。また家族や友人と一緒に利用できるため、1アカウントの料金を払うだけで一緒にたくさんの雑誌を楽しむことができます。

楽天マガジンの3つのデメリット

楽天マガジンには、以下のようなデメリットもあります。

まず1つめに「データ通信量の消費量が大きい」という点です。電子雑誌は拡大しても画質が良い分、ファ イルサイズが大きくなりがちです。特に写真が多いものは50MB以上になるものも多く、中には100MBを超えるものもあるため、Wi-Fi環境のない場所では通信量が大きくかかってしまう可能性があります。

アプリ版では雑誌を読もうとすると自動的にダウンロードされるため、読みたい雑誌は予めWi-Fi環境のある場所でダウンロードしておくとよいでしょう。パソコンから読む場合はダウンロードされず読む度に通信量がかかるので、その点にも注意が必要です。

2つめは「ダウンロードデータを自分で整理しなければならない」点です。アプリ版では一度雑誌を開くとデータがダウンロードされます。1 冊単位でダウンロードされるためファイルサイズが大きく、読まない雑誌は削除するなどして整理しなければ、スマホの容量を圧迫してしまいます。

特に定期購読している雑誌は知らず知らずのうちに増えてしまうため、マイページからダウンロード数を確認して、必要ないものは削除しましょう。削除は1冊ずつでも一括でも行えます。

3つめは「ブラウザ版の機能はビューワーのみ」という点です。ビューワー画面の便利な機能である付箋や検索といった機能はアプリ版にはありますが、ブラウザ版にはありません。ダウンロード機能もないため、通信環境の無い場所で読むこともできません。あくまで読むだけの機能しかないため、スマホやタブレットではなくパソコンで読みたいという人は、一度無料期間内に使用感を試してみることをおすすめします。

楽天マガジンの覚えておくと便利な機能

楽天マガジンアプリ版の覚えておくと便利な機能は、以下のようなものがあります。

1つめは「付箋機能」で、必要な情報が載っている気になる記事を見つけたら、右上の付箋ボタンをタップしましょう。そうすることで、マイページからいつでも該当の記事を読みにいくことができ、探す手間が省けます。

2つめの便利な機能は「ダウンロード機能」です。あらかじめ読みたい雑誌をダウンロードしておくとオフラインでも読むことができ、通信環境のない場所で読みたい時や通信量を抑えたい時にとても便利です。ダウンロードはダウンロードマークをタップするだけで、最大20冊まで行えます。

3つめは「検索機能」です。キーワードをフォームに入力すると、関連情報が載っている雑誌が出てくるため情報収集に役立ちます。またキーワード以外に、ジャンルや雑誌名、人気順などさまざまな方法で検索ができるので、用途に合わせて目的にぴったりの雑誌が探しやすい点もメリットです。

楽天マガジンの退会方法と注意点

楽天マガジンに登録してみたけれどうまく活用できないなど、諸事情で解約したくなった場合には次の手順で退会できます。 アプリ版からでは解約手続きを行えないため、ブラウザ版で行う必要があります。

  • 楽天マガジンのアカウントにログインし、会員メニューの中から「ご契約内容の確認・変更」を選ぶ
  • 画面下へスクロールして「解約ページへ」ボタンをクリック
  • 「解約処理に進む」を選ぶと確認画面が表示されるので、間違いがなければ完了ボタンをクリックして終了

注意点としては、契約期間の途中で退会しても残りの期間分の返金はされません。

しかし、退会しても契約期間内は読み放題サービスを継続利用できます。 また、楽天会員を退会してしまうと、楽天マガジンを退会するつもりがなくても自動的に解約となってしまい、定期購読してダウンロードしておいたお気に入りの雑誌などが全て削除されてしまい ます。アカウントの復元もできないため気をつけましょう。

楽天マガジンを楽しもう

楽天マガジンは、雑誌を1 冊購入するよりも安い料金で1,400 誌・6,000 冊以上もの雑誌が読み放題のお得なサービスです。特にアプリ版では付箋やお気に入り登録、検索などの便利な機能を利用でき、スワイプでページをめくるなどまるで本当に雑誌を読んでいるかのような感覚で楽しめます。

楽天マガジンの使用感が気になる方は、ぜひ31日間の無料体験に申し込んでみてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

新着記事

カテゴリー