この記事で紹介されている商品
【2024年】プチプラのメイク落としのおすすめ12選!タイプ別に紹介

【2024年】プチプラのメイク落としのおすすめ12選!タイプ別に紹介

毎日使う「メイク落とし」。オイルやクリームなどたくさんの種類があって、自分の肌に合う商品を探すのが難しいですよね。

今回は、プチプラのメイク落としのおすすめ12選を紹介していきます。ドラッグストアでも買える商品ばかりですので、チェックしてみてくださいね。また、敏感肌や乾燥肌の方向けの選び方も紹介します。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

プチプラメイク落としの選び方

ここからはプチプラメイク落としの選び方のコツを紹介します。コスパや洗浄力、W洗顔不要などの観点も注目ポイントです。他には、自分の肌質やオイルやシートなどメイク落としのタイプも確認しましょう。安く購入できるものが多いので、シーンに応じて複数のメイク落としを使い分けるのもおすすめですよ。

1.本当にコスパが良いかチェックして選ぶ

頻繁に使うメイク落としだからこそ、コスパは気になるところです。商品の値段を見て「安い」と感じても、案外内容量が少ないこともあります。購入の前には、値段に対する容量をチェックしておくと、しっかりコスパを見極められますよ。また、詰め替えができる商品だと、継続して使う場合にお得に使えます。

容量

プチプラ商品といえども、メイク落としは毎日使うもの。コスパの良い商品を選ぶと、出費を抑えることができます。

まず注目したいポイントは、容量です。液体やクリームのメイク落としは同じような値段でも、容量が倍近く異なることも。商品によって1回に使う量が異なるので、どれくらい長持ちするのかを確認しておくと良いでしょう。

また、シートタイプのメイク落としなら、シートの大きさや1回のメイク落としに何枚使うかなども気になるところです。

詰め替えの有無

同じメイク落としを継続して使う場合、詰め替えができる商品の方が価格を抑えられるケースもあります。自分の肌やライフスタイルに合うお気に入りの商品が見つかった場合は、毎回新品を購入するのではなく、詰め替えて使うのがおすすめです。

2.洗浄力で選ぶ

安いプチプラ商品を買っても、しっかりとメイクを落とせない商品だと、むしろ出費がかさんでしまいます。自分の肌に合う商品を探すと、洗浄力の高い商品を見つけやすいですよ。

ただし、洗浄力が高すぎると肌への負担が大きく、乾燥肌の原因になってしまうこともあります。乾燥肌の方や冬の寒い時期には要注意ですね。洗浄力で選ぶ場合には、自分の肌状況や季節も考慮しましょう。

3.タイパも重要!W洗顔不要かどうかで選ぶ

W洗顔とは、メイク落としをしたあとに洗顔フォームでもう一度顔を洗うことを指します。忙しい時には手間に感じてしまいますよね。

メイク落としによってはW洗顔不要な商品もあり、時間の節約になります。タイパを重視して、メイク落としにかけた時間に対する満足度が高い商品を探すのも良いですね。

加えて、洗顔フォームを消費しなくてよいので、お金の面でも節約になります。

また、何度も洗顔すると肌に負担がかかりやすくなります。肌荒れが気になる方は、W洗顔不要なアイテムを探すのもおすすめです。

4.タイプで選ぶ

メイク落としには、オイルやクリーム、シートタイプなど様々な種類があります。それぞれ特性や使い方が異なりますので、自分に合ったものを選びましょう。シーンに合わせていくつかの商品を併用するのも良いですね。

オイルタイプ

オイルタイプのメイク落としは、洗浄力の高さが魅力です。濃いメイクをした日に、すっきり落としてくれます。しかし、肌の油分まで洗い流してしまい、負担が大きくなることもあるので注意。使った後に保湿をする、乾燥しにくい商品を選ぶ、濃いメイクのときのみ使うなど、使い方を見極めていくと良さそうです。

クリームタイプ

クリームタイプのメイク落としは、油分に加えて保湿剤が入っていることが多く、比較的肌への負担が少ない商品が多いです。洗浄後の肌のうるおいを重視したい方におすすめです。オイルタイプに比べると洗浄力が弱くなってしまいますが、ナチュラルメイクの方の日常使いには合いそうです。

シートタイプ

シートタイプのメイク落としは、手軽さが魅力。旅行先や疲れている日に、メイクだけでもササっと落としたい日に活躍します。メイク落とし以外に、美容液が含まれている商品もあります。シートで肌を拭くので、肌が痛まないようにやさしく使うのがおすすめです。多忙な方は、1つ持っておくと便利に使えそうですね。

ジェルタイプ

トロンとした使用感が魅力のジェルタイプ。透明タイプと乳化タイプの2種類の商品があります。透明タイプはさっぱりしており、オイリー肌で油分を控えたい方におすすめです。乳化タイプは、クリームタイプに近い使い心地で、洗浄力は弱めですが肌に優しい使用感です。比較的肌への負担が少ない商品が多いので、日常使いでナチュラルメイクを落とすのに活躍します。

ミルクタイプ

ミルクタイプのメイク落としは、水分が多い乳液のような商品です。洗顔後の肌への負担が気になる方は、ミルクタイプのメイク落としを探すのはいかがでしょうか。また、敏感肌や肌荒れが気になる方は、無添加で低刺激の商品を探してみるのもおすすめです。

5.肌質に合ったものを選ぶ

メイク落としを選ぶ時には肌質に合った商品を選びましょう。肌トラブルを避けるためにも、その日の肌の状態に合わせて使うのが良いですよ。乾燥肌と敏感肌の方向けの選び方を紹介します。

乾燥肌:うるおいを保つタイプをチェック

乾燥肌の方は、しっとりとうるおいを保つメイク落としがおすすめです。肌の乾燥を防ぐ商品を探してみましょう。メイク落としの洗浄力が強すぎると肌の水分や油分まで落としてしまうことも。クリームタイプやミルクタイプのメイク落としの中から探すと、うるおいを保つ効果が期待できる商品が見つかりやすいです。また、冬になると肌が乾燥しやすくなるので、気になる方は季節に応じてメイク落としを使い分けましょう。

敏感肌:敏感肌向けタイプをチェック

肌が刺激に弱く荒れやすい敏感肌の方は、「敏感肌の方向け」などと記載されている商品を探してみましょう。敏感肌の人向けに作られた商品もあるので、その中から選ぶと合うものが見つかるかもしれません。また、しっかりと成分表を確認して、自分の肌に合わない成分は避けていくと良いです。少しだけ手間がかかってしまいますが、毎日使うものだからこそ商品の説明をよく見て自分に合うメイク落としを見極めていきましょう。

オイルタイプのプチプラのメイク落とし3選

ここでは、洗浄力に強みがあるオイルタイプのメイク落としを3選紹介していきます。内容量や成分の違い、濡れた手で使えるかどうかをチェックしていきましょう。

無添加で低刺激性のメイク落としオイルです。鉱物油ではなく、パーム油から作られた植物性オイルが配合されているのが特徴。素肌由来の保湿成分であるセラミド・ヒアルロン酸・アミノ酸が配合されています。乾燥が気になる方には合うかもしれませんね。また、クッション泡で洗顔できるのも嬉しいポイント。

お風呂での使用もできるクレンジングオイルです。保湿成分が入っているので、メイクでのお肌の乾燥が気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。また、お風呂で肌が濡れているときにも使用可能。忙しい日でも入浴時にまとめてメイクを落とせるので、日常使いに便利です。

濡れた手で使っても、メイク落としができる商品です。ナチュラルメイクの方だと、30秒ほどでマスカラまで落ちるようです。とにかく時間がないときにサッと洗顔できるのが魅力ですね。

クリームタイプのプチプラメイク落とし2選

しっとりとした使用感が魅力のクリームタイプのメイク落としを2選紹介していきます。マッサージにも活用できる商品もありますよ。参考にしてくださいね。

POND'S ウォッシャブルコールドクリーム

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(408件)

>

商品情報

内容量:270g
肌タイプ:‎乾燥肌、普通肌
香りの系統:無香料
サイズ:8.7 x 8.6 x 8.3 cm  

「メイク落とし」「マッサージ」「スキンケア」の3つの役割を持つ、クリームタイプのメイク落としです。天然由来の保湿成分が配合されているので、肌のキメを整える効果も期待できます。指定の方法でマッサージをすることで、メイクを落とす時間でリフトアップを目指せる商品です。また、無香料なので、苦手な香りがある方にも合いそうです。

ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(1,428件)

>

商品情報

内容量:300g
肌タイプ:全肌質
香りの系統:無香料
サイズ:8.3 x 8.3 x 9.3 cm    

メイク落としとマッサージ両方に使えるクリームです。用途に応じて使い分けれるのが便利です。クレンジングの効果としては、毛穴ケアにも対応しています。肌の質感が気になる方におすすめです。マッサージ用として使う場合は、お風呂の中でも使用できます。10分ほどかけて顔を包み込むようにゆっくりとマッサージを行うと効果的です。

シートタイプのプチプラメイク落とし3選

シートタイプのメイク落としを3選紹介します。時間がない方や多忙な方にぴったりのメイク落としです。内容量や効果、シートの大きさなどに注目して選んでくださいね。

使いやすい15㎝×20㎝の大判サイズです。たった1枚で「メイク落とし」「毛穴洗浄」「洗顔」「角質ケア」「化粧水効果」と、お得に使うことができます。50枚も入っているのもうれしいポイント。保湿成分や角質柔軟成分、ビタミンC誘導体が配合されており、美容成分も含まれています。水なしでお手軽にメイクを落としながらも、保湿にも気を使うことができます。

夜、就寝前にササっとメイクを落とせるシートです。1日の疲れでクタクタな日には、お風呂や洗顔の体力が残っていない日もありますよね。そんな時でも、ふくだけで、メイク落とし、洗顔、化粧水、乳液、美容液までを終わらせることができます。忙しい日に頼りになる商品です。

ふき取った後の洗顔が不要な、ふくだけのメイク落としシートです。強くこすらなくても、毛穴の奥のファンデーションまで取れやすく、化粧水成分も配合されています。また、化粧水成分配合です。肌のつっぱりが起きにくい使い心地が期待できます。また、天然コットン100%シートなので、やさしめの質感が特長です。素材にこだわる方におすすめです。

ジェルタイプのプチプラメイク落とし2選

さっぱりと使えるみずみずしいジェルタイプのメイク落としを2選紹介します。温感効果のあるジェルは、エステ気分を味わうことができますよ。対応する肌タイプや香りをチェックしましょう。

無印良品 マイルドジェルクレンジング

商品情報

内容量:200g
肌タイプ:全肌質
香りの系統:ピーチ、ローズ、オレンジ、チェリー
サイズ:‎5 x 8 x 18.5 cm     

肌に素早くなじんで、メイクを落としてくれます。塗れた肌でも使用可能ですが、しっかりとメイクを落としたいときは、水気のない状態で使いましょう。適量を顔にぬったあとに、水やぬるま湯ですすいでいきます。合成香料無添加、無着色、無鉱物油、弱酸性、アルコールフリーの商品ですので、ジェルタイプのメイク落としで、無添加や無着色の商品をお探しの方におすすめです。

鉱物油不使用のクレンジングジェルです。ハトムギエキスに保湿成分があるので、お肌のうるおいを保つこともできます。また、「ホットクレンジングジェル」では、温感効果があるジェルが毛穴汚れをキャッチし、落としてくれます。ハトムギシリーズのクレンジングの中では、温感ジェルを配合しているのが特長です。エステ気分を味わいたい方にぴったりです。

ミルクタイプのプチプラメイク落とし2選

なめらかで乳液のような質感のミルクタイプのメイク落としを2選紹介します。肌のうるおいを保つ成分が入っている商品もありますよ。

国産大豆ふくゆたかを使用した商品で、高純度の豆乳イソフラボンが配合されています。無香料・無着色で、なめらかな肌あたりが特長です。プチブラなのに300mlの大容量なので、日常で気兼ねなく使うことができます。ほかには、「W洗顔不要」「まつエクも落とせる」「濡れた手でも使用可能」と、手軽に使えるのがうれしい商品です。

カモミール系統のマイルドな香りが特徴的なメイク落としです。ミルクタイプでコスパの良い商品を探している人におすすめでしょう。パラベン・合成着色料が無添加なのもうれしい点ですね。

全12商品

おすすめ商品比較表

カウブランド無添加 メイク落としオイル

熊野油脂 ディブ オリーブ&アルガンクレンジングオイル

ナイーブ お風呂で使えるクレンジングオイル

POND'S ウォッシャブルコールドクリーム

ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム

ソフティモ ラチェスカ うるおいクレンジングシート

ズボラボ 夜用ふき取り乳液シート クレンジングシート

ビオレ メイク落とし ふくだけコットン

無印良品 マイルドジェルクレンジング

麗白 ハトムギ ホットクレンジングジェル

なめらか本舗 クレンジングミルク NC

Dove センシティブマイルド ミルククレンジング

Amazonカスタマーレビュー
4.32,382
4.11,022
4.1491
4.2408
4.31,428
4.21,397
4.31,231
4.2238
-
4.1564
4.2114
4.1318
最安値
タイムセール
¥338-33%
参考価格¥508
タイムセール
¥731-26%
参考価格¥990
タイムセール
¥509-23%
参考価格¥658
タイムセール
¥1,055-20%
参考価格¥1,320
タイムセール
¥625-30%
参考価格¥897
購入リンク

メイク落としは種類が豊富!肌質に合うものやコスパをチェック

以上、プチプラのメイク落としのおすすめ12選をタイプ別に紹介しました。とにかく種類が多いメイク落としですが、日々使うものなのでこだわりたいですね。自分の肌質やコスパを踏まえて、納得のいく商品を探しましょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のコスメ・化粧品カテゴリー

新着記事

カテゴリー