この記事で紹介されている商品
アウトドア用スピーカーおすすめ15選!高音質・おしゃれなものをご紹介

アウトドア用スピーカーおすすめ15選!高音質・おしゃれなものをご紹介

アウトドアに行ったときも好きな音楽をかけて楽しみたい方におすすめなのが「アウトドア用スピーカー」。JBLやAnkerなどさまざまなメーカーから多彩なモデルが販売されています。今回は自分に合うアウトドア用スピーカーを選ぶコツとおすすめの商品をご紹介します!防水・防塵性能の高いものも取り上げているので参考にしてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

アウトドア用スピーカーとは?

キャンプ、登山、釣り、ピクニック、BBQ、海水浴などのアウトドアシーンで音楽をかけると、スピーカーが水しぶきや雨で濡れたり、砂が飛んできたりして故障に繋がる恐れがあります。そのような状況でも使用できる、防水・防塵(ぼうじん)性能を備えたものが、アウトドア用スピーカーです。

また、軽量・コンパクトで持ち運びが簡単なのも特徴。移動中でも使えるよう、ストラップがついているモデルもあります。

Bluetooth接続できるワイヤレスタイプがおすすめ

コンセントがない屋外で使用するなら、BluetoothやWi-Fi接続ができるワイヤレススピーカーがおすすめです。ケーブルを持ち運ぶ必要がなく、ハンズフリーになるので作業中や移動中でも使用できるでしょう。

ただ、Wi-Fi接続は、Wi-Fi設備がある場所を選ぶか、ポケットWi-Fiを持っておく必要があります。アウトドアで使用するなら、Bluetooth接続ができるタイプを選んだほうが便利でしょう。

アウトドア用スピーカーの選び方

ひとくちにアウトドア用スピーカーといっても、SONY、JBL、Ankerなど多数のメーカーから商品が出ており、どれを選べばいいか迷いますね。ここからは、選び方の基準を紹介します。

防水・防塵性能で選ぶ

防水性能があるモデルを選べば、急な雨に見舞われたり、川辺や海辺で水しぶきがかかったり、調理中に液体をこぼしてしまったりしても安心です。防塵性能があるモデルを選べば、砂浜や山中で砂が舞って機器の中に入ってしまっても、故障のリスクが減るでしょう。

防水性能はIPX7以上を基準に選ぶ

防水性能は保護等級(IP規格)で規格化されており、「IPX」のあとに数字が記載されています。水の侵入に対する保護等級は0〜8まで。数字が大きいほど防水性能が高いとされ、IPX7であれば、水深1mに水没しても30分以内に保護すれば耐えられると言われています。

水に濡れることが想定されるなら、IPX7以上のモデルを選んでおくのがベストです。

JBL GO ESSENTIAL Bluetoothスピーカー IPX7

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(1,570件)

>

商品情報

ブランド:JBL
防塵・防水性能:IPX7
接続方式:Bluetooth
連続使用可能時間:5時間
出力ワット数:3.1 W
サイズ:‎3.16×8.6×7.12 cm
重量:‎177 g

川や海などの水辺でも、IPX7の防水性能なので気兼ねなく使えます。約177gと非常にコンパクト。手頃なお値段なので、アウトドア用スピーカーデビューにおすすめです。

Edifier MP100 Plus ポータブル スピーカー

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(161件)

>

商品情報

ブランド:Edifier
防塵・防水性能:IPX7
接続方式:Bluetooth
連続使用可能時間:9時間
出力ワット数:5W
サイズ:‎‎4.98×9.5×16 cm
重量:185g

IPX7と高い防水性能を備えているので、急な雨が来ても心配ないでしょう。表面は防塵メッシュ生地を使用し、耐久性に優れているのもポイント。約185gと超軽量で、持ち運びやすさも抜群です。

水に浮かべることもできる完全防水IPX8規格。3種類のアタッチメントで、自転車や車、リュックなどに付けることも可能です。LEDイルミネーション機能も付いており、暗い場所でも視認性も高くなっています。

防塵性能はIP5X以上を基準に選ぶ

防塵性能も同じく保護等級で規格化されており、こちらは「IP◯X」と表され、3桁目の数字の大きさによって性能が変わってきます。粉塵などの固形異物に対する保護等級は0〜6まで。こちらも数字が大きいほど防塵性能が高いと判断できます。

IP5Xであれば動作異常になるほどの粉塵が機器内に侵入しないとされており、IP6Xなら粉塵が侵入しやすい環境下でも安心して使用できるでしょう。もし防水・防塵性能の両方が欲しければ、「IP67」のように数字が併記されているモデルを選んでおくのが理想的です。

Tribit StormBox Micro 2 Bluetooth スピーカー

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(107件)

>

商品情報

ブランド:Tribit
防塵・防水性能:IP67
接続方式:Bluetooth
連続使用可能時間:12時間
出力ワット数:10W
サイズ:‎13.1×12.8×6.7 cm
重量:490g

雨や雪、海や泥の中での使用にも耐えうるIP67の性能を持っています。USB-C充電ポートを備えたパワーバンクを搭載しているので、スマートフォンやタブレットのモバイルバッテリーとして使えるのも便利ですね。

音質で選ぶ

「音楽はいい音で聴きたい!」というこだわり派は、音質を重視して選びましょう。以下3つのポイントを参考にしてみてください。

  • 対応コーデックの種類
  • ハイレゾ対応しているか
  • 低音域の広さ

人によって好みの音は異なるため店頭で実際に聞いてみることがベストですが、スピーカーのスペックをみれば、音質をある程度予測することもできますよ。それでは詳しく解説していきます。

高音質で音楽を聴くなら対応コーデックを確認

スピーカーの音質や遅延は、対応しているコーデックによって変わってきます。コーデックとは、パソコンやスマートフォンから音声無線伝送する際に使用する「音声圧縮変換方式」というプログラムのこと。

一般的なのは「SBC」。Apple製品との互換性が高く、SBCより少遅延で高音質と言われているのが「AAC」です。Androidに多く対応している「aptX」は、「aptX HD」「aptX LL」「aptX adaptive」とシリーズ化しています。高音質を求めたい方には、ソニーが開発したハイレゾ音源を再生できる「LDAC」も要チェックです。

繊細な音質を求めるならハイレゾ対応

細部までクリアに聴きたい方は、ハイレゾ対応モデルを選ぶといいでしょう。

ハイレゾとはハイレゾリューション(高解像度)のことで、CD以上の情報量が入っています。レコーディングスタジオやコンサートホールで録音した音がほぼそのまま聴けるので、臨場感もたっぷりです。

現時点では「aptX adaptive」「LDAC」がハイレゾのコーデックにあたります。

低音の迫力を楽しむなら低音域が広いモデルを

ベースやバスドラムなど低音の迫力を重視したいなら、「音圧周波数特性」の数値に着目してください。これはスピーカーが再生できる周波数の音域を示した数値で、◯Hz〜△KHzと記載されています。下限が40Hzを下回っていれば、低音を出すことが得意と捉えて問題ないでしょう。

また、スピーカー内の電気回路を除いた「パッシブラジエーター」を搭載しているモデルであれば、より迫力ある低音を楽しめます。

約209gと超コンパクトサイズを実現しつつ、パッシブラジエーターを搭載。豊かでパワフルなJBLサウンドを楽しめるでしょう。全6色と豊富なカラーラインナップから選べます。

本体底面にパッシブラジエーターを配置することで、迫力のある重低音を実現。ソニー独自の技術「Sound Diffusion Processor」を搭載しており、広がりのあるクリアな高音質を求める方にもぴったりです。

大音量で音楽を楽しむなら出力10W以上を

大人数でのキャンプや野外パーティーなど、大音量を鳴らすシーンを想定しているなら、W(ワット)数をチェックしてください。スピーカーが出せる音量の目安となるのが、W数です。数字が大きいほど、大きな音が出せるスピーカーと考えていいでしょう。迫力ある音で盛り上がりたいのであれば10W以上のモデルがおすすめです。

Anker Soundcore 3 Bluetooth スピーカー A3117

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(9,598件)

>

商品情報

ブランド:Soundcore
防塵・防水性能:IPX7
接続方式:Bluetooth
連続使用可能時間:‎24時間
出力ワット数:16W
サイズ:‎17.4×6×5.7 cm
重量:500g

1つ前モデル「SoundCore2」から進化を遂げ、12Wから16Wになりました。デュアルパッシブラジエーターの搭載により、深みのある低音を表現できます。

JBL FLIP ESSENTIAL2 Bluetoothスピーカー IPX7

Amazonカスタマーレビュー

4.5

Amazonカスタマーレビュー

(536件)

>

商品情報

ブランド:JBL
防塵・防水性能:IPX7
接続方式:Bluetooth
連続使用可能時間:10時間
出力ワット数:20W
サイズ:‎22×9.6×9.34cm
重量:520g

出力20Wにくわえて、楕円スピーカードライバーとパッシブラジエーターを搭載しており、迫力のサウンドが楽しめます。防水性能は水回りでも安心して使えるIPX7となっています。

長時間楽しみたいなら再生可能時間で選ぶ

アウトドア用のワイヤレススピーカーは、充電式のバッテリー内蔵タイプがほとんどです。充電後の連続再生可能時間は5〜24時間と、モデルによって異なります。

屋外では電源を確保できない場合も多々あるでしょう。長時間滞在する予定ならば、再生可能時間が長いタイプを選んでおくのが無難です。

昔のテレビのようなポップなデザインが特徴です。最大20時間まで使用可能なので、登山や海水浴などで長時間使用したい場合にも重宝するでしょう。IPX7で防水性能もバッチリ。

24時間連続再生可能になっており、1度充電するだけで1日中音楽が聴き放題になるでしょう。「Amazonランキング大賞2018(上半期)」のポータブルスピーカー部門で1位に輝いた、人気モデルです。

デザインで選ぶ

オシャレにこだわる方なら、自分の好みのデザインであるかも気になるところ。シンプルで洗練されたもの、ストリートカジュアルを取り入れたもの、インテリアに馴染みやすい木目調のものなど、豊富なデザインのモデルが出ています。アウトドアだけでなくご自宅でもスピーカーとして使用するなら、インテリアに馴染むデザインであるかも注目しておきましょう。

「GOOD DESIGN AWARD2021」を受賞した、マグカップのようなシンプルなデザイン。アプリを通してイコライザーの調整や音量調節、電源オフができるのも便利ですね。

MUZEN Wild mini ポータブル スピーカー

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(858件)

>

商品情報

ブランド:‎Muzen
防塵・防水性能:IPX5
接続方式:‎Bluetooth
連続使用可能時間:満充電から音量100%で6時間、音量50%で10時間、音量30%で12時間
出力ワット数:5W
サイズ:‎4.7×3×6.2cm
重量:248g

メタルボディの無骨なデザインが、アウトドアにピッタリ。3つのモードがある屋外用フラッシュライトを備えており、照明としても使えます。

インテリア浮きしにくい、木目調のあたたかみあるデザインが特徴的。防水性能IPX7が搭載されているので、お風呂やキッチンでも気兼ねなく使えます。

持ち運びに便利なタイプも

ストラップやカラビナが付いているタイプだと持ち運びにも便利です。リュックにぶら下げて移動しながら音楽を楽しんだり、テントに吊るして自然の中で好きな音楽をかけるのもよいですね。

握りやすい、丸みのあるボディが特徴的。リュックやベルトストラップに引っ掛けられるカラビナ付きで、移動中も音楽が楽しめます。ファッショブルな全6色から選べます。

オーム電機 AudioComm Bluetoothワイヤレススピーカー ‎ASP-W170N

Amazonカスタマーレビュー

3.9

Amazonカスタマーレビュー

(34件)

>

商品情報

ブランド:OHM
防塵・防水性能:IPX5
接続方式:Bluetooth
連続使用可能時間:10時間
出力ワット数:3W
サイズ:‎9.2×8.9×4.3cm
重量:131g

水に強いIPX5の防水性能。カラビナ付きなので、リュックやテントにぶら下げることもできます。約131gと超軽量なので、ストレスなく持ち運べるでしょう。

全15商品

おすすめ商品比較表

JBL GO ESSENTIAL Bluetoothスピーカー IPX7

Edifier MP100 Plus ポータブル スピーカー

KYOHAYA Bluetooth スピーカー JKBT098

Tribit StormBox Micro 2 Bluetooth スピーカー

JBL GO3 Bluetoothスピーカー JBLGO3BLU

ソニー ポータブルスピーカー 2021年モデル SRS-XB13

Anker Soundcore 3 Bluetooth スピーカー A3117

JBL FLIP ESSENTIAL2 Bluetoothスピーカー IPX7

Cosyliber Bluetoothスピーカー

Anker Soundcore 2 ‎A3105

Anker Soundcore Mini 3 ‎A3119

MUZEN Wild mini ポータブル スピーカー

dadaz bluetooth スピーカー

JBL CLIP 4 Bluetoothスピーカー JBLCLIP4BLK

オーム電機 AudioComm Bluetoothワイヤレススピーカー ‎ASP-W170N

Amazonカスタマーレビュー
4.41,570
4.4161
4.1109
4.2107
4.66,926
4.41,506
4.49,598
4.5536
4.5906
4.431,402
4.54,148
4.3858
4.051
4.62,229
3.934
最安値

-

タイムセール
¥4,928-15%
参考価格¥5,800
タイムセール
¥5,400-9%
参考価格¥5,940
タイムセール
¥6,202-19%
参考価格¥7,700
¥11,000
タイムセール
¥2,933-39%
参考価格¥4,799
タイムセール
¥3,999-27%
参考価格¥5,480
タイムセール
¥6,500-21%
参考価格¥8,250
購入リンク

求める機能の有無やデザインの好みで選ぼう!

山・川・海など使用するシーンや好みによって、スピーカーに求める機能やデザインは変わってきます。今回の記事を参考に、自分に合うアウトドア用スピーカーを探してみてください!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー