この記事で紹介されている商品

ドライヤーホルダーのおすすめ10選!壁掛けできるタイプやマグネットタイプなど

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

省スペースで使えて、洗面所をスッキリと整理できる「ドライヤーホルダー」。壁掛けタイプやマグネットタイプなど、使い勝手のいいアイテムが豊富です。今回はドライヤーホルダーの選び方とおすすめの商品をご紹介します。山崎実業のおしゃれなホルダーや、ハンズフリーで髪を乾かせるタイプもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ドライヤーホルダーを使うメリットとは?

ドライヤーホルダーを使用するメリットは、なんと言っても省スペースでドライヤーを収納できること。壁掛けできるタイプや、扉に引っ掛けて使えるものが多く、収納の少ない洗面所に悩んでいる方におすすめです。洗面所にドライヤーを出しっぱなしにすると場所を取りますが、ドライヤーホルダーがあればスッキリとして整った印象に。ヘアアイロンやヘアケア用品を一緒に収納できるタイプもあり、日々の身支度に必要なものを効率良く取り出せるのも魅力的です。

ドライヤーホルダーの選び方

ドライヤーホルダーを探すときに気をつけたいポイントを、大きく4つに分けてご紹介します。取り付け方法やサイズなどの基本的な部分以外にも、あると嬉しい機能をチェックして満足に使えるドライヤーホルダーをゲットしましょう。

1.設置場所に合った取り付け方法で選ぶ

まず確認しておきたいのが、ドライヤーホルダーの取り付け方法です。日々の使いやすさを左右する重要な部分なので、自宅にはどのような取り付け方法が合うのかをイメージしてみてくださいね。「フックタイプ」「マグネットタイプ」「吸盤・粘着テープタイプ」「ネジ止めタイプ」「スタンドタイプ」の5つに分けて解説します。

「フックタイプ」収納扉やタオル掛けに

ドライヤーホルダーを簡単に取り付けられる方法としておすすめなのが「フックタイプ」です。洗面所やラックの扉、タオルハンガーなどにフックを掛けられるタイプで、使いやすい場所に引っ掛けるだけで設置完了。壁に穴をあけたり扉にテープを貼ったりする必要がなく、賃貸物件にお住まいの方でも気軽に取り入れられる方法です。

取り付けはラクですが、やや難しいのがサイズの判断。扉の厚みや隙間に合うものを選ぶ必要があります。事前にしっかりと計測してから商品を探しましょう。

「マグネットタイプ」洗濯機の側面に

洗濯機の側面に空間がある場合は、「マグネットタイプ」をくっつけて使うのも便利です。磁力を利用してくっつけるだけでとても簡単。デッドスペースを活かした浮かせる収納ができますよ。

「フックタイプ」のように扉の厚みなどを気にする必要がないため、マグネットさえくっつけば設置の自由度は高いと言えます。

手軽に取り付けできますが、「ネジ止めタイプ」ほどの強度は期待できません。商品によってはドライヤーの重量に耐えられず、ずれや落下の恐れも。ドライヤーホルダーの耐荷重よりも重いドライヤーをセットするのは避けましょう。

「吸盤・粘着テープタイプ」壁や鏡に

手軽に取り付けられる方法として「吸盤・粘着テープタイプ」のドライヤーホルダーにも注目してみましょう。平らな壁・鏡・タイルなどに設置しやすく、ツルツルした素材にもくっつけられますよ。

ただしどちらもドライヤーの重みで落下しやすいため、「吸盤タイプ」なら吸盤が複数個付いたものがおすすめです。また「粘着テープタイプ」も「フックタイプ」や「マグネットタイプ」に比べると安定感は今ひとつ。剥がすと壁にテープ跡や傷が残る恐れもあるので、賃貸物件に住む方は気をつけましょう。

なかには繰り返し使えて安定感の高い吸着シートタイプも販売されています。壁などに傷をつけることなく強度を上げたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

「ネジ止めタイプ」穴を開ける必要アリ

安定感を重視するなら「ネジ止めタイプ」のドライヤーホルダーを選びましょう。壁にネジを差し込んでしっかりと固定するため、ドライヤーの重さで落下する心配がありません。

賃貸物件で暮らしている場合は、壁に設置できないのがデメリット。洗面所に木製のシェルフなどがあれば、家具に穴を開けて取り付けるのもひとつの手です。

また硬い壁には付属のネジが入らない場合もあります。なかには石こうボードの壁専用にステンレス製のピンが用意された商品もありますよ。付属のネジやピンが、どのような壁に使える素材なのかもあわせて確認しておくと安心です。

「スタンドタイプ」スペースがあるなら

洗面所のスペースに余裕がある方には、置くだけで設置できる「スタンドタイプ」もおすすめです。壁などに取り付ける他のタイプのように、落下の心配がないのが大きなメリットと言えるでしょう。

できるだけ底面が広い形状のものや、重量のある金属製を選ぶのがポイント。スリムな形状の「スタンドタイプ」は、見た目はスッキリとおしゃれでもグラグラしやすいのが不安要素です。

また「スタンドタイプ」には、ドライヤーをセットしたままハンズフリーで髪の毛を乾かせるタイプもあります。腕が疲れにくく、両手を使って髪の毛をセットしながら乾かせるため、何かと重宝しますよ。

2.内寸をチェック

ドライヤーホルダーの魅力はわかったものの、自宅にあるドライヤーにぴったりのものはあるの?と心配な方もいることでしょう。サイズに関しては、ドライヤーホルダーの内寸を確認することが大切です。

ドライヤーのヘッドを差し込むタイプなら、ヘッドよりもひと回りほど内寸サイズが大きいドライヤーホルダーがおすすめ。ドライヤーより大きすぎると落下しやすく、小さすぎると入らないため、「少し大きい」という部分がポイントです。内寸が細かく記載されているものもあるので、商品ページをじっくりと見てみましょう。

3.ドライヤー以外も収納できると便利

日々の身支度やヘアケアをスムーズに行いたい方は、ドライヤー以外も収納できるホルダーをチェックしましょう。

ドライヤーとヘアアイロンを並べて収納できるタイプや、好きなものを置ける棚がくっついたものなど、便利なアイテムが販売されていますよ。必要なものが同じ場所にあると、準備をスムーズに進められるのが嬉しいですね。

壁に取り付けるタイプは、耐荷重の範囲内で使用しましょう。ついつい色々なものを収納したくなり、重みでドライヤーホルダーが落下する恐れがあります。スタンドタイプなら安定感はばっちりです。

4.コードフックつきでスッキリ◎

よりスッキリとドライヤーを収納したい方には、コードフック付きの商品がおすすめです。コード専用のフックが付属したドライヤースタンドや、コードを巻き付けられる仕様のフックタイプなどを選ぶと良いでしょう。ドライヤーホルダーの背面や下部にコードフックがあるものを選ぶと、見た目もスッキリとした印象にできますよ。

ドライヤーホルダーのおすすめ10選!

おすすめのドライヤーホルダーを10点ご紹介します。取り付け方法の違う5タイプに分けて、それぞれの魅力的な商品をまとめました。使い勝手が良く、見た目もシンプルでおしゃれなアイテムが豊富なので、ぜひご覧になってくださいね。

引っ掛けるだけ!フックタイプ

まずは収納扉などに引っ掛けるだけの「フックタイプ」のドライヤーホルダーをご紹介します。シンプルで実用的な山崎実業の商品2点です。どちらも1,000円前後で購入できるコスパ優秀アイテム。「フックタイプ」のドライヤーホルダーは、収納扉やタオル掛けに合うサイズ選びを忘れずに行いましょう。対応する扉の幅・厚さ・隙間などの目安が記載されているので、購入前に確認してくださいね。

PR
山崎実業(Yamazaki) ドライヤーホルダー 7581

商品情報

サイズ:約W10xD12xH15cm、重量:157g、耐荷重:約1kg
ホルダー内寸:受け口(上側)/約W9.5×D7.5cm・受け口(下側)/約W8.5×D6.5cm

ドライヤーのみを引っ掛けて使用するシンプルな商品。散らかりがちなコードをドライヤーホルダーにぐるぐると巻き付けて、スッキリ収納できますよ。フックが扉に触れる部分とドライヤー設置部分にはクッション材があり、傷を防止できる使用です。カラーはブラック・ホワイト・ローズの3種類から選択できます。

PR
山崎実業(Yamazaki) ドライヤー & ヘアーアイロンホルダー 7593

商品情報

本体:約W16xD8.5xH14cm 扉用フック使用時:約W16×D11.5×H22.5cm
ホルダー内寸:ヘアーアイロン側(右側)/約W5.5×D7.5×H13.5cm・ドライヤー側(左側)/約W9.8×D7.5×H13.5cm

こちらはドライヤーだけでなく、ヘアアイロンも並べて収納できるアイテムです。コードは背面のフックに巻きつけ可能で、正面からは見えない構造になっています。洗面所のインテリアをスッキリと綺麗にまとめたい方にぴったりですよ。フックは取り外し可能で、吸盤を付けての使用や直置きもできるのが嬉しいポイント。引っ越して住環境が変わっても、ドライヤーホルダーは引き続き使えるでしょう。

洗濯機横に!マグネットタイプ

続いて「マグネットタイプ」のドライヤーホルダーをご紹介します。洗濯機などにくっつけるだけなので、こちらもラクに設置できますよ。ご紹介する2点はコードフック付きで綺麗に収納できるため、洗濯機を使う際も邪魔になりにくく快適です。安定感を出すために、マグネットホルダーの耐荷重に合うドライヤーを収納してくださいね。

PR
山崎実業(Yamazaki) マグネット ドライヤーホルダー 5391

商品情報

商品サイズ:約W10XD10.5XH20cm 内寸:コード収納部:W4×D2×H3.5cm
耐荷重:1kg、パッケージ重量: 0.44 kg

使いやすさを追求した「マグネットタイプ」のドライヤーホルダー。強力な磁石が付いているため洗濯機にしっかりとくっつきます。耐荷重は1kgなのでお手持ちのドライヤーの重さが合うかチェックしてみましょう。コードフックと一体型のため見た目もスッキリした印象ですよ。カラーは洗濯機につけても馴染みやすいホワイトとブラックの2種類です。

PR
山崎実業(Yamazaki) マグネットストレージボックス 4848

商品情報

商品サイズ:約W7XD7.2XH10.5cm、商品重量:0.15kg、耐荷重:約1.5㎏(本体:約1㎏フック1つあたり:約250g)品質表示:本体・仕切り板×1:ABS樹脂 マグネット 滑り止め:シリコーン

こちらはドライヤーホルダー以外にもさまざまな使用法があるマグネット式の収納ボックスです。細身のドライヤーをセットしたい方におすすめですよ。キッチンやデスク周辺などマグネットが付けれらる場所ならどこでも活躍。キッチンツールを立てたり文房具を立てたりなど好みの使い方で収納を楽しみましょう。底部には取り外し可能なフックが2個付いています。

安定感抜群!ネジ止めタイプ

安定感ばっちりの「ネジ止めタイプ」のドライヤーホルダーをご紹介します。壁に穴を開けてもOKな場合は、落下の心配が少なくおすすめの方法です。ネジ以外に固い壁に使えるピンが付属した商品もありますよ。

PR
山崎実業(Yamazaki) 石こうボード壁対応 ウォールドライヤーホルダー 4508

商品情報

商品サイズ:約W16×D9.3×H11.8cm、内寸:ハンドル収納部:約W5×D4cm
耐荷重:約1.5kg(衝撃をゼロとした場合の静止耐荷重です。)

こちらは、洗面所の壁や柱などに設置できるタイプのドライヤーホルダーです。穴が目立たない石こうボードピンのほか、柱や板壁などに取り付けるための木ネジも同梱されているので、設置場所に合わせて取り付けられます。折りたたみ式のドライヤーを、開いたまま引っ掛けられるのが嬉しいポイント。使用時も収納時もスムーズなので、忙しい朝の準備時間も快適に。小型ドライヤーも引っ掛けられますよ。

PR
POSH LIVING ドライヤーホルダー 1412514

商品情報

材質:鉄、商品の寸法:10D x 12W x 4H cm、色:ブラック
商品の重量 0.12 キログラム

壁に穴を開けてリングを取り付けるシンプルな構造のドライヤーホルダーです。ドライヤーの出し入れがラクなので、頻繁にドライヤーを使う方もサッと手に取れて便利ですよ。ネジは付属していないため、別途購入が必要です。アイアン素材を使用しているため、ヴィンテージ風やシンプルモダンのインテリアにもぴったり。カラーはブラック・アンティークゴールド・シルバー・ホワイトの4色から洗面所やお部屋に合うものを選択できます。

PR
平安伸銅工業 整う収納 鉄製 ドライヤーホルダー TTN-2

商品情報

【サイズ】幅42×高10.2×奥行12cm 【耐荷重】2kg
【本体重量】約0.9kg【カラー】マットホワイト

こちらの商品は、ドライヤーを含むヘアケアグッズ用の収納スペースを作りたい方にうってつけです。ドライヤー収納部分にはコードフックも付いており、綺麗に巻き付ければ次回の使用がスムーズに。収納棚の部分にはヘアケア用品やヘアアクセサリーなど、頻繁に使用するものを置くと便利ですよ。耐荷重は2kgです。収納スペースが広いためついつい物を置いてしまいそうですが、重量オーバーしないように気をつけましょう。

好きな場所に!吸盤・粘着テープタイプ

「吸盤・粘着テープタイプ」のホルダーをご紹介します。浮かせる収納のドライヤーホルダーのなかでは強度が心配なイメージですが、外れにくくしっかりと固定できる商品も販売されていますよ。特におすすめの商品2点をご紹介します。壁やタイルを傷つけることなく、賃貸物件にお住まいの方も安心です!

PR
山崎実業(Yamazaki) ウォール ドライヤーホルダー 7584

商品情報

サイズ:約W10xD10xH10cm、耐荷重:約1kg、重量:150g
ホルダー内寸:受け口(上側)/約W9.5×D7.5cm・受け口(下側)/約W8.5×D6.5cm

洗面所の鏡やタイルにくっつけやすい「吸盤タイプ」です。吸盤は2個付いており、重さ1kgまで対応できますよ。コードはドライヤーホルダー本体に巻き付けられるので、邪魔になる心配もありません。吸盤だけでなく木ネジも2個同梱されており、好みの取り付け方を選べるのも魅力的。ドライヤーの内寸が細かく表記されているので、しっかりとサイズ確認してから購入できます。

PR
クリタック(Kurita) ドライヤーホルダー HDH-0888

商品情報

サイズ約幅10.2×奥行14.1×高さ17.3cm、商品の重量 0.22 キログラム

こちらは「吸盤・粘着テープタイプ」のなかでも強度の高い商品です。平らな吸着シートを鏡やタイルにしっかりと固定でき、吸着力が落ちたら水洗いして再び使用できる優れもの。耐荷重約3kgと強度が高く、ドライヤーの重みで落下しにくいのもメリットと言えます。コードを巻き付けられるホルダー付きで見た目もスッキリ。高機能でコスパの良い商品です。

ハンズフリーで乾かせる!スタンドタイプ

「スタンドタイプ」のドライヤーホルダーからおすすめの商品1点をご紹介します。購入してすぐに設置できる「スタンドタイプ」は、洗面所のスペースに余裕がある場合にぴったりです。必要に応じて場所を動かすこともできるためとても便利。ドライヤーをセットしたまま髪の毛を乾かせる商品もありますよ。ぜひ注目してみてくださいね。

PR
COLLEND マルチドライヤースタンド ブラック(BK) MDS-BK

商品情報

サイズW150×D150×H308mm、商品重量 0.64 キログラム
色ブラック、材質合金鋼、付属:コンポーネント 底面用クッションゴム:4つ、ドライヤー用クッションゴム:3つ

スチール製で安定感のある「スタンドタイプ」のドライヤーホルダー。ドライヤー本体だけでなくアタッチメントも一緒に収納できるため、パーツをうっかり紛失するトラブルも防げるでしょう。ハンズフリーで髪の毛を乾かしたいときには、ドライヤーを斜めに傾けることも可能です。長時間ドライヤーを使用すると腕に負担がかかってしまう方にもおすすめですよ。

ドライヤーホルダーがあれば洗面所がスッキリおしゃれに変身!

ドライヤーホルダーの選び方とおすすめの商品をご紹介しました。収納場所に悩みがちなドライヤーの置き場所を、手軽に用意できるドライヤーホルダー。壁に穴を開けずに手軽に使えるタイプも豊富なので、ぜひ上手に活用して洗面所をスッキリとおしゃれに変身させてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

※製品画像はAmazonより

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー