この記事で紹介されている商品

【2023年】おしゃれなハンガーラック4選!一人暮らし向けなどタイプ別に使いやすい種類をご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

衣類をスッキリ収納できる「ハンガーラック」は、木製やアイアン製など種類も多く、どれを選べばよいか迷ってしまいますよね。そこで今回は、ハンガーラックのおすすめの選び方を解説します。一人暮らしに便利なスリムデザインのものや丈夫でおしゃれな商品も併せてご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね!

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ハンガーラックのメリット

ハンガーラックは、自分の好きな場所に衣類の収納スペースが作れる優れもの。コートやジャケットなどのかさばりやすい衣類をかけておけば、クローゼットの中がスッキリと片付いた印象になります。シワになりやすいデリケートな衣類やワンピースをハンガーにかけたまま収納できるのも魅力です。


また、ハンガーラックの種類によっては帽子やカバンなどの小物を掛けられるものや棚がついているタイプも。用途に合わせて豊富なバリエーションの中から選べるので、限られたスペースで衣類をスッキリ収納したい場合に便利なアイテムですよ。

ハンガーラックの選び方

ハンガーラックを選ぶ際は下記のポイントをチェックすることが大切です。

- 種類で選ぶ
- 素材で選ぶ
- サイズで選ぶ
- 耐荷重で選ぶ
- 機能性で選ぶ

以下で詳しく解説するので確認してみましょう!

使いやすい種類で選ぶ

ハンガーラックは、大きくシングルタイプとダブルタイプの2種類に分けられます。置く場所や収納したい衣類の量から、ご家庭に適したタイプを選んでくださいね!

狭いスペースでも安心の「シングルタイプ」

シングルタイプは、奥行きがほとんどなくスリムな見た目が特徴です。コンパクトなサイズなので、家具の間やベッド脇などの限られたスペースにも簡単に設置することができます。一般的には10〜15着程度の衣類を収納できるので、一人暮らしの方や収納する衣類が少ない方におすすめですよ。

構造がシンプルで比較的安価な商品が多いため、気軽に取り入れやすいハンガーラックだと言えるでしょう。

PR
タマトシ ハンガーラック スリム 幅90cm

商品情報

[サイズ]幅:996(柱芯々900)mm×奥行:428mm×高さ:1090~1740mm

省スペースで衣類を収納できるシングルタイプのハンガーラックです。高さや幅を変えられるので、収納したい衣類の長さに合わせて調節することができます。作りも頑丈で最大150kgまで支えることができるので、コートやカバンなど重さを気にせず収納できるのがうれしいですね!

カラーはホワイトとクロームメッキの2種類が展開されています。お部屋の雰囲気に合わせやすいシンプルでおしゃれなデザインが魅力のハンガーラックです。

収納スペースを増やすなら「ダブルタイプ」

ダブルタイプの最大の魅力は、その高い収納力です!2段のバーに衣類を掛けられるので、30〜40着程度の衣類を収納でき、クローゼット代わりとして使用することもできます。

また、パイプの高さが前後で違うタイプのものであれば、衣類の丈に合わせて収納できるのでとっても便利!省スペースでたくさんの衣類を掛けられるのでクローゼットが狭いご家庭にもおすすめです。部屋に置いても場所を取らないので、衣類の室内干しにも活用できますよ!

PR
Amazonベーシック 衣類用ダブルハンガーラック

商品情報

サイズ:約42.2 x 96.5 x 190.5cm(16.6 x 38 x 75インチ)(LxWxH);キャスターなしの高さ約182.9cm(72インチ)

2本のバーと2つの棚がついたダブルタイプのハンガーラック。上のバーは高さがあるので、コートやワンピースなどの丈の長い衣類の収納に便利です。上部と下部の棚の高さは調節できるため、帽子やバックなどの小物の収納にも活用できそうですね。


さらに、ストッパー付きのキャスターがついているので、引っ越しなどで移動させたいときにもラクラク!耐久性も抜群なので「たくさんの衣類や小物を1箇所にまとめて収納したい!」という方におすすめです。

素材で選ぶ

ハンガーラックは、アイアン製や木製など素材の種類が豊富です。お部屋やインテリアの雰囲気に合わせて選ぶと、統一感が出て収納をおしゃれに魅せることができますよ。

ここからは、それぞれの素材の特徴について解説していきますね。

耐久性に優れた「アイアン製」

アイアン製は、耐久性に優れており、長く愛用できるのが魅力です。塗装がしっかりしたものならサビにくくきれいな状態を長く維持できますよ。

さらに、スマートでシンプルなデザインのものが多いので、インテリアにこだわりがある方におすすめ。デザインの幅が広いので、お部屋の雰囲気に合ったものを選べるのもうれしいですね!

PR
W STANDARD インダストリアル アイアンハンガーラック HR06-100

商品情報

サイズ:幅1000mm x 奥行き420mm x 高さ1500mm

こちらのアイアン製ハンガーラックは、スタイリッシュでシンプルなデザインが魅力です。ショップディスプレイのようにおしゃれに衣類を収納することができます。アパレル店舗での使用にも耐えられるよう、丈夫な作りになっているので、たくさんの衣類を収納したいときにも安心ですよ。

足元には取り外し可能な飾り棚が付属しており、衣類と一緒に小物や靴を一緒にディスプレイしてもおしゃれですね!

ナチュラルな雰囲気の「木製」

ナチュラルであたたかみのある雰囲気を楽しめる木製のハンガーラック。幅広いインテリアに合わせやすいので、クローゼットの中だけでなくリビングなどにそのまま設置してもおしゃれな印象を演出できます。

ホワイトやナチュラルなどの明るいカラーから、黒やグレーなど落ち着きのあるカラーまで、カラーバリエーションが豊富なのも特徴です。床やインテリアのカラーに合わせて選ぶと統一感が出て、魅せる収納として活用できますよ!

PR
タンスのゲン ハンガーラック 幅90cm

商品情報

【サイズ】幅約90×奥行40×高さ163cm(キャスター時:167cm) フレーム厚:2cm

ライフスタイルに合わせて自由にカスタマイズできる木製のハンガーラックです。付属の棚は高さが調節可能で、収納したいものに合わせてスタイルを変えることができます。さらに、ハンガーポールは伸縮式になっているので、横に伸ばせばより多くの衣類を収納できます。キャスター付きなので掃除や移動が簡単なのもうれしいポイントですね。

サイズで選ぶ

クローゼットに設置したい場合はスリムなもの、部屋に置きたい場合は大きめのものなど、ハンガーラックは設置する場所に合わせて適切なサイズを選びましょう。購入するときは、設置場所の幅、奥行き、高さを事前にチェックすることが大切です。とくに、クローゼットに設置する場合は、スペースにしっかりと収まるかどうか、正確に測ってから購入するのがおすすめですよ。

耐荷重で選ぶ

たくさんの衣類を収納する場合は、ハンガーラックがどの程度の重さに耐えられるのか確認することも大切です。衣類1着あたりの重さは、ジャケットが約0.4〜0.8kg、冬物のコートで約1〜3kg、カットソーやワイシャツの場合は約0.3kgが目安です。

耐荷重が小さい製品にたくさんの衣類を収納すると破損の原因になってしまう可能性も。突然倒れて危険な場合もあるので、記載されている耐荷重はきちんと確認しておくようにしてくださいね!

機能性で選ぶ

ハンガーラックを選ぶ際は、ライフスタイルに合わせて機能性にも着目してみましょう。ハンガーラックには、棚付きやキャスター付き、折りたたみ式などの便利な機能がある商品も多く販売されています。


たとえば、棚付きの場合は収納スペースが増えるだけでなく、ハンガーにかけられない小物などもまとめて収納できます。また、キャスター付きであれば、重さがあるハンガーラックの移動も簡単!掃除や模様替えがしやすく、衣類をたくさん収納したいご家庭におすすめです。

おしゃれなハンガーラックで衣類をきれいに収納しよう!

衣類をコンパクトに収納できるハンガーラックは、狭い空間やリビングでも圧迫感なく設置できて便利です。効率よくスッキリと収納したい方は、棚付きや伸縮性のあるものを選ぶのがおすすめですよ。おしゃれなハンガーラックを活用して、衣類をきれいに収納しましょう!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー