この記事で紹介されている商品
ジェルネイルのトップコートおすすめ12選!ぷっくり仕上がる・拭き取り不要商品も

ジェルネイルのトップコートおすすめ12選!ぷっくり仕上がる・拭き取り不要商品も

ジェルネイルの仕上げとして使われる「ジェルネイルトップコート」。拭き取りなしのタイプや、表面をぷっくり仕上げられるタイプなどさまざまな商品が展開されています。本記事では、ジェルネイルトップコートを選ぶポイントや塗り方、100均の商品などをご紹介するので、購入の際はぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ジェルネイルのトップコートなしってあり?

ジェルネイルのトップコートは表面を保護してくれる役割があり、トップコートを塗らないとジェルネイルが早く剥がれてしまうこともあります。さらにトップコートにはUVカット機能が備わっているので、ネイルが色褪せしたり、黄ばんだりするのを防ぐ作用も期待できますよ。お気に入りのジェルネイルを長く楽しむためにも、仕上げにトップコートを塗ることをおすすめします。

トップコートの必要性

ジェルネイルを保護してくれるトップコートですが、それだけではありません。ツメの表面にツヤを加えたり表面の凸凹を目立たなくしたりといったことにも有効的です。ジェルネイルに慣れていない方も、見た目を整え、美しく仕上げやすくなります。

またパールやホログラムなど、ネイルパーツを固定する際も便利です。トップコートが硬化する前にパーツを乗せてライトを当てれば、トップコートが接着剤のような役目となり、簡単に接着できますよ。

ジェルネイルのトップコートを選ぶポイント

ここからは、ジェルネイルのトップコートを選ぶポイントを「仕上がり」「種類」「容器のタイプ」「硬化時間」「ノンワイプ」の5つに分けて解説します。使いやすいトップコートを選ぶために、各ポイントをぜひ参考にしてみてくださいね。

1.仕上がりの好みでツヤ・マットから選ぶ

トップコートの仕上がりは「ツヤタイプ」と「マットタイプ」の2つに分けられます。それぞれの特徴を確認してみましょう。

ツヤ:ぷっくりしていて光沢感がある

一般的な仕上がりのツヤタイプは、カラーネイルの上に塗ると表面を滑らかに整え、ツルっとした見た目に仕上げてくれます。最近は、ぷっくりとした立体感を強調できるアイテムも販売されていて、商品によって異なる雰囲気を楽しめますよ。

透明感が強いので、ネイルカラーをきれいに見せたいときやネイルパーツを付ける際に便利なタイプです。

マット:モードっぽくザラザラした質感

バリエーションは少ないですが、マットタイプのトップコートも販売されています。ツヤや滑らかさを抑え、まるですりガラスのような表面になるのが特徴です。モードな雰囲気やクールな印象に仕上げたいときにおすすめですよ。

表面が細かく凸凹しているため、ザラザラした質感が楽しめます。なかにはザラザラ感を抑えたマットタイプのトップコートも販売されているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

2.ソフト?ハード?特長の異なる2種類から選ぶ

ジェルネイルは、仕上がりの硬さが「ソフト」と「ハード」の2種類に大きく分けられます。パッケージや商品の詳細に記載してあるので、購入の際は必ずチェックしてくださいね。

ソフトジェル:初心者も扱いやすくオフも簡単

現在、主流なのがソフトタイプのジェルです。ネイルを落とす際、ソフトジェルはアセトンなどの溶剤で落とせるため、ハードジェルに比べると手軽に落とせます。また、カラーバリエーションが豊富なので、好みのカラーを見つけやすいでしょう。

ハードジェルより扱いやすい点から、ジェルネイル初心者の方は、ソフトジェルから使い始めることをおすすめします。

ハードジェル:強度がありパーツの固定に向いている

一方、ジェルネイル初期から存在するのが、ハードタイプのジェルです。オフする際はリムーバーで落とせないため、ヤスリを使ってネイルを削り取らなくてはいけません。誤って自爪を傷つける可能性もあり、慎重に落とす必要があります。

しかし、一度硬化すると折れにくいのは、ハードタイプならではのメリット。爪の長さを出したいときや、重みのあるパーツを付けたいときに便利なタイプです。

3.ポリッシュ?コンテナ?容器のタイプで選ぶ

ジェルネイルの容器は大きく2種類に分けられます。

ボトルキャップにハケが付いている形状を「ポリッシュタイプ」と呼びます。マニキュアを塗るような感覚で使えるため、初心者の方でも使いやすいタイプです。

もう一方は、別途ハケを用意して塗る「コンテナタイプ」。一般的にネイルサロンで使われている形状で、ジェル粘度の高い本格的な商品が販売されています。ネイルパーツをたっぷり乗せたりラメを混ぜたり、さまざまなデザインのネイルを楽しみやすくなります。

特徴が異なるので、用途に合わせて選んでくださいね。

4.硬化時間にも注目

商品によってジェルの硬化時間に差があります。硬化時間通りにライトを当てないと、仕上がりに影響してしまうこともあるので、注目してほしいポイントのひとつです。パッケージを確認すると「LED:30-60秒、UV:120秒」などと記載されていることがあります。またパッケージに記載がない場合でも、Webサイトで確認できることもあるため購入時にチェックしてみてくださいね。

さらにライトのワット数によっても硬化時間が異なるので、ライトを持っている方はワット数による硬化時間も合わせて確認してみるとよいでしょう。

5.未硬化ジェルの拭き取りが不要なノンワイプも

ジェルネイルは、基本的に硬化したあと未硬化のジェルを拭き取らなければなりません。しかしノンワイプタイプなら、完全硬化するので拭き取りが不要になります。しっかりと硬化する分、人によってはライトを当てたときに「熱い」と感じることもあるようです。その際は無理せず、冷ましながら硬化するようにしましょう。

サラッとした質感のものが多いので、厚みを出したくないときにも便利なタイプです。

ジェルネイルのトップコートおすすめ12選

おすすめのトップコートを、1000円以下のお手頃な商品と、1000円以上の本格的な商品に分けてご紹介します。気になるものがあったら、ぜひチェックしてみてください。

600円~

セルフネイル初心者の方でも使いやすいポリッシュタイプをセレクトしました。購入しやすい価格なので、気軽に使ってみてくださいね。

硬化後の拭き取りが不要なノンワイプタイプ。サッと塗りやすいポリッシュ容器なので、手軽にセルフネイルを楽しめます。1000円以下の手頃な価格で、高い透明感とツヤのあるコーティングが作りやすいコスパの高い商品です。適度な厚みを出しやすく、初心者の方にもおすすめですよ。

LULUGEL ノンワイプ ハードトップジェル

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(257件)

>

商品情報

ブランド:LULUGEL
容量:5g
ツヤ、セミハードタイプ
硬化時間(約):LED/30~120秒、 UV/120~180秒
容器:ポリッシュタイプ
特徴:ノンワイプ

初心者からネイリストまで、幅広く愛用されているブランド「LULUGEL」。セミハードタイプの本商品はハードジェルのような強度がありつつも、アセトンのような溶剤でオフできる便利なタイプです。ソフトジェルより強度のあるネイルをしたいときに重宝しますよ。

1000円~

ここからは、プロも使うような本格的なトップコートも交えてご紹介します。容器や値段、硬化時間もさまざまなので、ご自身が使いやすそうな商品をチェックしてくださいね。

発色をキープし、ツヤを加えてくれるトップコートです。完全硬化するノンワイプタイプなので、硬化後に拭き取る必要はありません。ネイルの時間を短縮できるのも嬉しいですね。商品詳細には、ライトのワット数による硬化時間が記載してあるため、ぜひチェックしてみてください。

ハードタイプのトップコートなので、耐久性が高く、長ければ1ヶ月ほどネイルを楽しめるのが魅力です。さらにUV機能も含まれているため、別途UVコートを塗る必要がなく、ネイルのカラーが黄ばみにくいように保護してくれます。他の商品同様に、好みのカラージェルの上から塗れますよ。

SEED RESIN プレミアム ノンワイプ トップジェル

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(740件)

>

商品情報

ブランド:SEED RESIN
容量(約):12g
ツヤ、セミハードタイプ
硬化時間(約):ー
容器:コンテナタイプ
特徴:ノンワイプ、日本製

企画・製造を日本製にこだわって販売しています。化粧品として登録されているトップコートで、自爪に湿布できるのが特徴。中粘度のため塗っている最中に流れにくく、初めての方でも塗りやすいでしょう。拭き取り不要なノンワイプタイプは、手間を省きたい方におすすめといえます。

LinoGel トップジェル セミハード

Amazonカスタマーレビュー

4.6

Amazonカスタマーレビュー

(33件)

>

商品情報

ブランド:LinoGel 
容量(約):5g
ツヤ、セミハードタイプ
硬化時間(約):UVライト/1分、LEDライト/30秒、仮硬化/10秒
容器:コンテナタイプ
特徴:ノンワイプ、日本製

こちらも爪用化粧品として区分されているトップコートです。UVライトを当てれば1分で乾く速乾性と、セミハードジェルならではのツヤ感が魅力。また、粘度の高さを活かしたフラワーアートやマーメイドネイルのような、ぷっくり感を再現するネイルアートにも使いやすいですよ。

TOMICCA トップコート ベースコートセット

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(1,064件)

>

商品情報

ブランド:TOMICCA
容量(約):15ml✕2本セット
ツヤタイプ
硬化時間(約):ー
容器:ポリッシュタイプ
特徴:ノンワイプ、ビーガン、天然レジン

15mlも入った大容量のベースコートとトップコートがセットになっているため、これからジェルネイルグッズを揃えたい方におすすめの商品です。刺激臭が少なく、低刺激なジェルネイルが可能です。ベース後のサンディングも不要なので、爪への負担軽減が期待できるでしょう。

こちらもベースコートとトップコートの2本セット。本来自爪をサンディングしてからカラージェルを塗りますが、ベースコートを塗ってからサンディングすることで、自爪をあまり傷つけずジェルネイルを楽しめます。爪をできるだけ傷めずに、ネイルを長持ちさせたい方に便利なセットです。

Gel me 1 ジェルミークリスタルトップジェル

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(166件)

>

商品情報

ブランド:Gel me 1
容量(約):ー
ツヤタイプ
硬化時間(約):UVライト・LEDライト/1〜2分
容器:ー
特徴:ダイヤモンドパウダー配合、ボリュームアップ

ジェルにダイヤモンドパウダーを配合した本商品は、優れたツヤ感と透明感が魅力。厚みを作りやすいので、初心者の方でもぷっくりとした表面に整え仕上げやすくなっています。塗るだけで、ネイルサロン並みの仕上がりが期待できますよ。使うライトにもよりますが、硬化時間の目安は1〜2分です。

グレースガーデン グレースジェル

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(84件)

>

商品情報

ブランド:グレースガーデン
容量(約):15ml
ツヤ、セミハードタイプ
硬化時間(約):UVライト36w/3分、CCFLライト/120秒、LEDライト/40秒
容器:コンテナタイプ
特徴:新スカルプチュア、HEMAフリー、CCFLライト対応

ハードジェルのような長さ出しが可能で、仕上がりを長期間保ちやすい形状記憶機能が特徴です。一方、エタノールやノンアセトンのリムーバーで落とせるので、扱いやすさも備えています。レジンアレルギーに対応したHEMAフリー成分もポイントのひとつ。硬化後は、未硬化ジェルの拭き取りが必要になる点はご留意ください。

PRE GEL グロッシートップ

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(204件)

>

商品情報

ブランド:PRE GEL
容量(約):4g
ツヤタイプ
硬化時間(約):LEDライト/30秒、CCFLライト/1分、UVライト/1分
容器:コンテナタイプ
特徴:国産化粧品登録済み商品

ツヤや透明度に特化したジェルトップコートなので、透明感を活かしたネイルアートにもぴったり。また適度に硬い粘度のため、放っておいても表面が整うセルフレベリングも可能です。セルフネイルで、本格的なネイルにも挑戦したいと考えている方はぜひ検討してみてください。

Soak Off Type シャイニージェル スーパートップ

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(123件)

>

商品情報

ブランド:SHINYGEL
容量(約):5g
ツヤタイプ
硬化時間(約):LEDライト36W/30秒、CCFLライト/90秒
容器:コンテナタイプ
特徴:日本製

世界特許を取得している、上部にプレートのついた容器が特徴。余分なジェルが拭いやすく、容器のフチや側面がベタベタしにくい仕様になっています。長さ出しやラメと混ぜて使うなど、さまざまなスタイルに応用できる便利なトップコートです。高品質な日本製にこだわっている製品づくりも魅力ですよ。

ジェルネイルのトップコートの使い方

ここからは、ジェルネイルの塗り方やぷっくり感を出すコツといった使い方をご紹介します。ポイントをマスターして、美しい仕上がりのネイルを楽しみましょう。

基本の塗り方

ジェルのトップコートは、厚めに1回塗るのが基本です。そのため塗るときは、少し多めに取って爪の中央に乗せるようにします。中央に置いたトップコートを根元へ広げつつ、サイドや先端にも伸ばしてください。爪先までしっかりコーティングできるように塗り広げるのがポイントです。

塗り終えたら、ライトを当ててジェルを硬化します。ライトのワット数や商品によって硬化時間が異なるので、塗り始める前に硬化時間を確認してくださいね。また、ストーンやフレークなどのネイルパーツはトップコートを硬化させる前に乗せます。

硬化後、未硬化ジェルを溶剤で拭き取ったら完成です。ノンワイプタイプなら、拭き取る必要はないので固まり次第終了となります。

ぷっくり厚みをだすコツ

ぷっくりツヤのある表面を作りたくても、なかなか上手く出来ないことも。そんなときに考えられる原因は6つあります。

  • 塗っている量が少ない
  • 塗っている量が多い
  • 筆を寝かせすぎている
  • ジェルの粘度が低い
  • 硬化時間が足りない
  • 自爪の形が影響している  

ジェルの量が少なくてもぷっくりしませんが、多すぎても形が崩れ、サイドに流れてしまいます。また、塗るときに筆に力を入れすぎたり、筆を寝かせすぎたりしても、ジェルがうまく広がりません。

美しく厚みを出すには、適した粘度の高いジェルを必要な分量使い、硬化に必要とされる時間通りしっかりライトを当てて、固めることが大切です。

艶が出ず曇る場合の対処法

セルフネイルをしていると、ときにはトップコートを塗ったのにツヤが出なくて悩んでしまうこともあります。そんなときは、もう一度トップコートを塗って硬化させてみましょう。

塗る際は、ホコリや指紋といった表面の汚れを取ってから塗ったほうが、美しく仕上がります。さらに、しっかり硬化させるといった点にも気をつけてトライしてみてください。拭き取りが不要なノンワイプジェルはツヤを出しやすいのでおすすめです。

それでも曇りが取れない場合は、未硬化ジェルを丁寧に拭き取ってから、表面を軽くサンディングして再びトップコートを塗ります。ジェルが定着しやすくなり、美しい仕上がりが期待できますよ。

ダイソーでジェルネイルのトップコートは買える?

実はダイソーでもジェルネイルのトップコートを購入できます。「BRG ジェルネイル1トップコート」は110円という超低価格で、ぷっくりしたツヤのある表面を作りやすいジェル。硬化時間の目安はLEDライトで1分、UVライトで2分となっています。同じラインナップで、ベースコートやカラージェルも揃えられるので、セルフでジェルネイルを始めたいという方は、手始めにダイソーで揃えてみるのもおすすめです。

※商品は価格変動、販売終了、在庫切れとなる場合があります。詳しくは公式サイトでご確認ください。 

全12商品

おすすめ商品比較表

KANORINE No Wipe Top Coat

LULUGEL ノンワイプ ハードトップジェル

iro gel ノンワイプトップジェル

ネイリティ! UVトップジェル

SEED RESIN プレミアム ノンワイプ トップジェル

LinoGel トップジェル セミハード

TOMICCA トップコート ベースコートセット

Modelones トップコート ベースコートセット

Gel me 1 ジェルミークリスタルトップジェル

グレースガーデン グレースジェル

PRE GEL グロッシートップ

Soak Off Type シャイニージェル スーパートップ

Amazonカスタマーレビュー
4.22,956
4.3257
4.1108
4.3311
4.1740
4.633
4.11,064
4.11,144
4.1166
4.484
4.4204
4.3123
最安値
タイムセール
¥880-20%
参考価格¥1,100
タイムセール
¥1,321-11%
参考価格¥1,485
タイムセール
¥899-30%
参考価格¥1,280
購入リンク

ジェルネイルのトップコートで ぷっくりツヤのネイルを楽しもう

ジェルネイルの仕上げに欠かせないトップコート。強度を高めてくれるだけでなく、変色を防ぐ作用もあります。仕上がりの硬さや硬化時間など、商品によってさまざまな特徴があるので、使いやすいトップコートを見つけてネイルを楽しんでくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のコスメ・化粧品カテゴリー

新着記事

カテゴリー