この記事で紹介されている商品
スニーカーに合うおすすめのインソールとは?選ぶポイントやおすすめ商品を解説

スニーカーに合うおすすめのインソールとは?選ぶポイントやおすすめ商品を解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

今やスニーカーはスポーツ用だけではなく、おしゃれなファッションコーデに欠かせません。快適に歩くには、適切なインソールも重要です。

レディースメンズそれぞれ、サイズ調整をする役割もあります。今回は、スニーカーに合うインソールの選び方やおすすめ商品についてご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

スニーカーに合うインソールとは

インソールとは、靴底に入れてサイズ調整したり着地時のクッションになったりといった役割があります

革靴とスニーカーで、それぞれ適したインソールは異なります。

スニーカーに合うインソールの特徴としては、衝撃吸収や滑り止め機能があることが挙げられます。さらに、靴を履くことによって生じる蒸れや臭いを防ぐこともできます。

チラリとインソールが見えた時に、本体の靴のデザインと合っていなければ不自然です。

また、みんなそれぞれ足の形や大きさは違います。履きやすいように靴の形状やサイズを整える必要が出てきます。これもまたインソールが担う役目です。

こうしたさまざまな条件を整理して、重きを置く機能を備えているインソールであれば、満足したアイテムと成り得るでしょう。

形や素材、カラーなどたくさんある種類からベストなものを探すことが大切です。

スニーカーに合うおすすめのインソールの選び方

それでは、スニーカーに合うインソールの具体的な選び方について考えていきます。

探す時に着目する視点としては、「サイズ」「シーン」「価格」「メーカー」と大きく分けて4ポイントです。どのような目的でスニーカーを履くことが多いでしょうか。

とにかくよく歩くカップルで、お揃いのスニーカーを履きたいという人もいれば、できるだけ低予算で探したい人も見られます。以下で詳しく解説します。

サイズで選ぶ

インソールのサイズ選びは、快適にスニーカーを履くために非常に重要です。失敗しないコツは、自身の普段の足のサイズというより履いているスニーカーに合わせて選ぶことです。

靴の形にも特徴があるので、足の指先からかかとはもちろん、足幅に関してもしっかり把握して確認するようにします。

同じ靴のメーカーでも、レディースとメンズで形状が異なる靴は多いです。

さらに、インソールを靴に敷いて履いてみた時に、土踏まずの形状にきちんとフィットしているかも必ず見る必要があります。

理想は、オーダースタイルのインソールです。オーダーメイドであればサイズ感もぴったりでしょう。最近では、自分で好みの大きさにカットできるインソールも増えています。

シーンで選ぶ

スニーカーはいろいろなシーンで活躍します。どんなシチュエーションで履くことが多いのかによって、使うインソールも変わってくるでしょう。

普段のちょっとそこまで出かけるワンマイルから、スポーツ時、さらにデートや通勤通学などそれぞれ利用シーンでの選び方をご紹介します。

運動

ランニングやハイキングといった運動時にスニーカーを履く時、重要になるのはやはり着地の衝撃を防ぐことです。

かかとやアキレス腱、膝などを痛める場合、靴が自分に合っていないことが原因となるケースも多いです。運動時のインソールに欠かせないのはクッション性が高いことです。

たとえば、ランニングでも、アスファルトを走るのか、山を走るのかによっても適したインソールは変わります。

どれくらいの距離を走るのか、スピードを重視するのか、持久力を重視するのかも明確にしてインソールを選びましょう。

また、運動すると靴の中も汗で蒸れます。通気性や速乾性、抗臭機能などが十分に備わっているインソールを選ぶこともポイントです。

滑り止めもしっかり機能しているものであれば、スポーツ中の転倒も防ぐことができます。

デート

デートではおしゃれアイテムとしてのスニーカー使いが目的となることが多いでしょう。

100均やダイソーでも、おしゃれで可愛いデザインのインソールがあります。

デートでも長い距離の町ブラをするカップルなら、クッション性があり、足蒸れ防止機能のあるインソールがおすすめです。

ワンマイルコーデ

ちょっとしたスーパーへの買い出しや犬の散歩などのワンマイルコーデ向けのインソールは、抗菌性があるものや疲れにくいものを選べば良いでしょう

歩く距離は短いものの、オールシーズン使えるインソールを選びたいものです。毎日のように気軽に履くからこそ、衛生面には気を付けることが大事と言えます。

通勤通学

電車に乗ったり歩いたり、通勤通学は1週間毎日のことで、総合するとそこそこ距離もあるはずです。長距離なら、痛みが出にくいインソール選びが必要になってきます。

ポイントはグリップ力が高いことです。グリップ性が低いインソールでは、通勤通学中に靴の中でインソールが動いてズレてしまいます。

ズレないように無駄に力を入れるため、足を痛めやすいですし、靴擦れの原因にもなります。3D形状ならかかと部分を固定してくれるのでズレにくいです。

価格で選ぶ

インソールの価格は、100均で買えるものから非常に高価なものまでさまざまです。

特に長距離を歩いたりスポーツしたりしない人にとっては、価格の高すぎるインソールには手を出しにくいのではないでしょうか。

予算に合ったインソールを選ぶには、どんなお店で探すかもポイントになります。100均で探すのも一つですし、店員さんに相談すれば適した値段のものを提案してくれます。

メーカーで選ぶ

スニーカーのメーカーとインソールのメーカーを合わせなければいけないというルールはありません。とはいえ、お気に入りのメーカーなどこだわりがある人もいるでしょう。

また、それぞれのブランドによって、インソールにも特徴や強みがあります。それらを知っておけば、より良いインソール選びの参考になるはずです。

adidas

adidasのインソールといえば、ゴルフシューズ用がよく知られています。しかし、スニーカーにも使うことができて、機能性も高いものが多いです。

消臭や抗菌に優れているのもポイントです。そのほか、高いクッション性や耐久性を誇るインソールも注目されています。

機能性重視で選びたいのであれば、アディダスのインソールで探してみれば理想的なものが見つかるかもしれません。

New Balance(ニューバランス)

New Balanceは、1906年アメリカ発祥の有名スニーカーブランドゆえに、インソールの製造にも長けています。長年の製造実績から、着地時の衝撃サポートなどに着目した素晴らしいインソールを手掛けてきました。

さらにNew Balanceのインソールは、比較的リーズナブルなのも魅力です。ウォーキング用もあり、足に優しくシニア層にも評判が良いです。

軽さもNew Balanceの特徴ではないでしょうか。クッション性や反発性に優れ、足の疲労感が緩和されると選ばれています。

抗菌・消臭機能も搭載されておりオールシーズンを通して使用できるでしょう。

BMZ(ビーエムゼット)

BMZは海外メーカーではありません。2004年に群馬県で設立したインソールブランドであり、非常に高機能なインソールを展開しています。

足に対する貢献度「世界一」という素晴らしい理念を掲げ、いろいろなスポーツを楽しめるためのインソールを開発販売しているメーカーです。

プロのスポーツ選手らのリアルな声を取り入れ、高品質なインソールを実現しています。それゆえに、機能性やハイクオリティを求める人にはおすすめです。

スニーカーに合うおすすめのインソールをチェック

具体的にどのようなインソールがあるのか、スニーカーに合うおすすめインソールを挙げていきます。

クッショニングレザーインソール/new balance(ニューバランス)
4.3

Amazonカスタマーレビュー(292件)

商品情報

表:ピッグスキン(豚革)、裏:ポリウレタン
XS(21.5-22.5cm),S(23-24cm),M(24.5-25.5cm),L(26-27cm),XL(27.5-28.5cm),2XL(29.0-30.0cm)
梱包サイズ ‏ : ‎ 37.4 x 12 x 2.7 cm; 110 g

インソールの芯の素材に何を使っているかも、その商品の特徴に関係してきます。

New Balanceのクッショニングレザーインソールは、ポリウレタン素材です。そのため、軽量でクッション性が高いです。

表面にはピッグスキンレザーを使用しており、これがまたフィット感抜群の理由です。足への負担が少なくて疲れにくいインソールです。

吸湿性も高いので蒸れにくいですし、長時間ウォーキングしたい人にもおすすめです。スニーカー用のインソールなので、どれにしようか迷っている初心者の方にもおすすめです。

サポーティブクッションインソール/new balance(ニューバランス)
4.3

Amazonカスタマーレビュー(3165件)

商品情報

表:ポリエステル、裏:EVA、ポリウレタン
XS(21.5-22.5cm),S(23-24cm),M(24.5-25.5cm),L(26-27cm),XL(27.5-28.5cm),2XL(29.0-30.0cm)
梱包サイズ ‏ : ‎ 39.1 x 12.7 x 4.7 cm; 70 g

スニーカーを履くとかかとが痛くなる人に向いているインソールです。

反発弾性にも富んでおり、衝撃吸収性に優れる「ABOZORB」を搭載しています。かかとを保護してくれるインソールを探しているならこれが最適です。

カルパワースマートフィット/BMZ(ビーエムゼット)
4.1

Amazonカスタマーレビュー(53件)

商品情報

色:ジェットブラック
素材:エチレン酢酸ビニール, ポリエステル
梱包サイズ:33.8 x 11 x 3.4 cm; 46 g

スニーカー用のインソールで、散歩からスポーツまで幅広いシーンで使用可能です。シンプルシェイプなので、どんなスニーカーにも合わせやすいでしょう。

普段用、デート用、ちょっとした運動用と、いろいろなシチュエーションで幅広く使いたい人はこのインソールがおすすめです。

EVA素材でグリップ力も強くなっています。靴の中で足がズレにくいので、靴擦れや疲れが生じにくいです。

マックスプロテクト・ウォーク/SIDAS(シダス)
3.9

Amazonカスタマーレビュー(163件)

商品情報

色:ライトブルー×グレー
素材 ‎ポリエステル, ナイロン
梱包サイズ:35.6 x 11.2 x 4.2 cm; 180 g

特徴として、衝撃吸収率の高い独自素材「PODIANEi+」を使用している点が挙げられます。この素材により、一般的なGEL素材に比べて着地時のダメージが少なくなるのです。

かかとにはPUジェルもプラスされており、立ち仕事の人などにも適しています。アーチをしっかり支えてくれるので、歩き方の姿勢も良くなるでしょう。

つま先部分には滑り止めや通気性機能も備わっています。土踏まずもサポートしてくれる嬉しいスニーカー用インソールです。

厚底のスニーカーを履いている人に向いているインソールです。人間工学にもとづいた3層構造により、クッション性に優れています

厚底スニーカーで長い距離を歩くと疲れてしまうと悩んでいた人も、このインソールでそうした疲れが緩和されることでしょう。

さらに、炭素繊維配合なので、靴の独特な臭いも防いでくれます。通気口があるので蒸れ防止にもなり、爽やかにスニーカーを履くことができます。カットしてサイズ調整もできるインソールです。

全5商品

おすすめ商品比較表

クッショニングレザーインソール/new balance(ニューバランス)

サポーティブクッションインソール/new balance(ニューバランス)

カルパワースマートフィット/BMZ(ビーエムゼット)

マックスプロテクト・ウォーク/SIDAS(シダス)

インソール/O.M.C TOKYO

Amazonカスタマーレビュー
4.3292
4.33,165
4.153
3.9163
3.83,375
最安値
タイムセール
¥1,942-12%
参考価格¥2,200
タイムセール
¥2,354-7%
参考価格¥2,530
購入リンク

自分に合うインソールを見つけてよりアクティブに

一言にインソールといえども多種多様あることがわかりました。大切なのは自分の足を知り、いつも履くスニーカーに合ったインソールを見つけることです。

そうすることで、以前よりも足も疲れにくくなり、よりいっそうアクティブに過ごせることでしょう。行動範囲も広がり、お気に入りのスニーカーで楽しい未来が広がること間違いありません。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

靴・シューズのカテゴリー

その他のファッションカテゴリー

新着記事

カテゴリー