この記事で紹介されている商品
カラートリートメントのおすすめ13選!カラーの選び方・使い方・使用頻度も解説

カラートリートメントのおすすめ13選!カラーの選び方・使い方・使用頻度も解説

自宅で髪色を変えられる「カラートリートメント」は、その手軽さが魅力です。アッシュ系やグレージュ、ピンクなど明るめのトーンや白髪を隠したいときにおすすめのダークブラウンなど豊富なカラーから、好みのものが選べます。本記事では、そんなカラートリートメントの選び方を解説。おすすめ商品もご紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

カラートリートメントとは

カラートリートメントとはカラー剤が含まれたトリートメントのことで、髪をケアしながら染められるアイテムです。

カラートリートメントの役割
  • 髪色を染める
  • 白髪を染める
  • カラーの退色を防ぐ

一般的なヘアカラーは髪の内部にカラー剤を浸透させるため髪への負担が大きいですが、カラートリートメントは表面に色を乗せるタイプなので髪へのダメージを抑えられます。

トリートメントしながら髪の表面を着色するので、サロンや自宅で染めた髪色をキープしたいときにもおすすめです。

カラートリートメントのメリット

カラートリートメントのメリットは、髪にあまり負担をかけずにカラーリングできる点です。カラートリートメントには、保湿成分など髪をいたわる成分が含まれているので、ヘアケアとカラーを同時にできます。

また、自宅のお風呂や洗面台で気軽に使えるので、忙しい人でも短時間で髪を染められますよ。シャンプーのついでに使えるタイプのものが多く、特別な準備が不要なのがうれしいですね。

「こまめに美容室やサロンに通うのが大変で…」という人も、定期的にカラートリートメントを使うことでお気に入りの髪色を長く楽しめるでしょう。

カラートリートメントのデメリット

カラートリートメントは、通常のヘアカラーと異なりブリーチ剤が入っていないため、元の髪色より明るいカラーにはできません。

またヘアカラーは、髪の内部を染めるヘアカラーと比べるとカラーが定着しにくい、という特徴があります。髪の表面に色を付けるので、しっかりと色が定着するまで数日続けて使わなければならないのです。

そしてカラートリートメントできれいに染まった髪色も、シャンプーするごとに色落ちしていきます。髪色を保つためには継続して使用しなければならない、というのもデメリットのひとつです。

カラートリートメントを選ぶときのポイント

たくさんの種類があるカラートリートメントのなかから、自分に合うものを選ぶためにはどのような点をチェックすべきでしょうか。

  • カラー
  • 成分
  • テクスチャや容器

継続して使うものだからこそ、使いやすいものを選びたいですよね。さっそく、選び方をチェックしていきましょう。

1.カラー

カラートリートメントを使うときに気になるのがカラー。納得できる仕上がりになるように、自分に合うカラーを選びましょう。

キープしたい髪色と同じ色を使うのが基本

カラートリートメントは、通常のヘアカラーのようにガラリと髪色を変えるのには向いていません。基本的には、キープしたい髪色に近いカラーを選ぶと、きれいに染まります。

元の髪の明るさによって、カラートリートメントの色味が変わるので、特にピンクやオレンジ、グリーンなどきれいな色は、繰り返しブリーチした髪だときれいに発色しますよ。

アッシュ系の髪にはグレーやブルーなど

くすみのあるアッシュ系の髪は、グレーとよくなじみます。また、アッシュには青みが含まれているため、ブルーとの相性も抜群です。

ただし、ベージュ寄りのアッシュ系の場合は、ベージュやピンクといった温かみのあるカラーがお似合いでしょう。

白髪染めなら地毛に合わせて黒か茶色を

白髪を目立たなくさせたいときは、地毛の色に合わせたカラートリートメントを選びましょう。日本人の髪色に多い黒やダークブラウンなどを使えば、自然に白髪をカモフラージュできるでしょう。

反対に地毛より明るいカラーを使うと、白髪以外の髪は染まりにくいので明るく染まった白髪が目立ちます。メッシュのような感じにしてみたい場合は、地毛とは異なる色を選んでみてはいかがでしょうか。

2.ケア成分・刺激成分

健やかな髪を目指すために、ケア成分や髪・頭皮にやさしい成分が使われているものを選びましょう。

目的おすすめ成分の一例
髪にうるおいがほしい・ヒアルロン酸
・セラミド
ツヤのある髪に
なりたい
・スクワラン
・オリーブオイル
指通りを
なめらかにしたい
・ジメチコン
・アモジメチコン
・シリコン
頭皮にやさしい
ものを選びたい
・グリチルリチン酸ジカリウム
・カミツレエキス
切れ毛や枝毛が気になる・ケラチン
・シルク

また「ヘアカラーをすると頭皮がピリピリする」という人は、カラー剤に含まれるブリーチ剤の刺激に弱い可能性があります。

さらに「ヘアカラーをすると頭皮がかゆい・痛い」という場合は、カラー剤に含まれるジアミンという成分に反応しているのかもしれません。

このように頭皮が敏感な人は、ブリーチ剤やジアミンを使っていないカラートリートメントを選ぶのがおすすめです。

3.テクスチャ・容器

市販のカラートリートメントには、チューブタイプと蓋がついた容器に入ったタイプがあります。

 特徴こんな人におすすめ
チューブタイプ柔らかいテクスチャ髪全体を染めたい
蓋つき容器タイプ硬めのテクスチャ部分染めしたい

どちらも、使ったあと蓋をして次使うまで保存できます。

なかには、パウチ状になっていて1回使い切りのカラートリートメントもあるので、用途に合わせて選んでください。

カラートリートメントの使い方

ここからは、カラートリートメントできれいに髪を染めるための、基本的な使い方を解説します。

※詳しい使い方は、それぞれの商品に記載されている説明をご確認ください。

髪を洗いタオルで水気を拭き取る

シャンプーで髪を洗ったら、タオルで水気を拭き取ります。

髪がびちゃびちゃに濡れているとカラートリートメントが流れてしまうので、しっかりとタオルドライするのがポイントです。

ただし、力を入れ過ぎると髪や頭皮を傷めてしまうので、タオルで押さえるようにしてやさしく水分を拭き取りましょう。

適量を塗り全体になじませる

髪にカラートリートメントを塗ります。素手だと色が付くのが気になるのであれば、使い捨ての手袋を使うと便利です。

内側まで塗り残しがないように、全体になじませるのがポイント。カラーリング用のブラシやコームがあると、より均等に塗れますよ。

指定された時間待ってからよくすすぐ

商品に指定されている時間放置し、お湯でよくすすぎましょう。

すすいだお湯に色がつかなくなったら完了です。

ドライヤーでよく乾かす

色がついてもいいタオルで髪を拭いてから、ドライヤーで乾かします。

髪が濡れたまま寝ると、パジャマや寝具に色がつく可能性があるので完全に乾かしましょう。

カラートリートメントを使う頻度は?

使い始めのときは、色が定着するように3日間ほど連続で使うのがおすすめです。

その後も、カラートリートメントはシャンプーするたびに色が落ちていくので、1週間に1〜2回使うときれいな色を保てるでしょう。

詳しくは、それぞれの商品に記載されている使い方を参考にしてください。

カラートリートメントで色ムラができるときは?

色ムラにならないようにするには、カラートリートメントを均一に塗ることが大切です。

特に、髪が長い人は色ムラになりやすいので、目の粗いコームでとかしてからカラートリートメントを塗ると良いでしょう。

また、使用するカラートリートメントの量が少ない場合も色ムラになりやすいので、たっぷりと使うのがおすすめです。

グレー・ブラック系のおすすめ3選

大人っぽいグレー・ブラック系のカラートリートメントをピックアップしました。ハイトーンの髪を一時的に暗い色にしたいときにもおすすめですよ。

ブリーチやヘアカラーを繰り返して傷んだ髪のケアとカラーリングの両方ができる優れもの。髪に染まりやすく皮膚には付きにくい染料を採用しているので、染まった手も石けんで洗えばすぐにきれいになりますよ。繰り返し使うことで、髪を自然なグレーに染めてくれます。

透明感のあるグレージュの髪色をキープしたいときにおすすめのカラートリートメントです。定期的に使うことで、髪のダメージもケアできるので、きれいなグレージュヘアが長く楽しめますよ。染まりを良くしたいときは、乾いた髪に塗って時間を置いた後に、シャンプーと再びカラートリートメントをするのがおすすめです。

クイスクイス デビルズトリック キラーブラック ヘアカラートリートメント

Amazonカスタマーレビュー

3.8

Amazonカスタマーレビュー

(826件)

>

商品情報

内容量:25g
放置時間:5分

1週間だけ髪色をチェンジできるカラートリートメントを使えば、必要に応じて明るい髪を黒髪にできます。ホホバオイルやツバキオイルといった保湿成分を配合しており、ツヤのある仕上がりが期待できます。冠婚葬祭などですぐに髪色をトーンダウンしたいときにも役立つ、便利なカラートリートメントです。

アッシュ・ブルー系のおすすめ3選

日本人の髪色の特徴である赤みや黄味を抑えたアッシュ・ブルー系のカラーは、色落ちする過程もきれいですがなるべく色を持たせたいですよね。そんなときに活躍するカラートリートメントを見ていきましょう。

ハイトーンの髪に繰り返し使うと、徐々にアッシュ系に。黄ばみや赤みが目立たないおしゃれなヘアカラーが楽しめます。しっかりと染めたい場合は、同シリーズのカラーシャンプーと合わせて使うのがおすすめです。フローラルをベースにした心地良い香りで、リフレッシュしながらお風呂で髪色コントロールできますよ。

カラージェネレーション ビシャス ブルー カラートリートメント

Amazonカスタマーレビュー

3.6

Amazonカスタマーレビュー

(1,078件)

>

商品情報

内容量:150g
放置時間:15〜20分

サロン並みの美しい発色が魅力のカラートリートメントです。サロン向けのトリートメントにも使われている成分を配合。カラーを保ちながら傷んだ髪をケアしてくれます。ハイトーンカラーをブルーにチェンジしたいときや、ブルーに染めた髪色を長持ちさせたいときにぜひ活用してみてください。

ブリーチした髪の黄ばみを抑えて、透明感のあるアッシュベージュを長持ち。ブリーチのダメージでパサついた髪を、ケラチン・オーガニックオイル・ヒートプロテクト成分でツヤッとした髪に導いてくれます。同シリーズのシャンプーを合わせて使えば、よりきれいなカラーをキープできますよ。

ピンク・レッド系のおすすめ3選

かわいらしい印象のピンクや大人っぽいレッド系のカラー。サロン帰りのきれいなカラーを少しでも長持ちさせたいときは、カラートリートメントを活用しましょう。

落ち着いたワインレッドにほんのり色づくカラートリートメントは、たった5分放置するだけでOKの手軽さが魅力です。染めた色が抜けた髪は、ツヤもなくなってしまいます。ダメージ補修成分を配合したカラートリートメントで、大人っぽいツヤ髪を手に入れましょう。

トリートメント成分でヘアカラーをした髪をいたわり、髪色を長持ちさせてくれるHoyu(ホーユー)のカラーチャージ。ツヤっとしたピンクが髪を華やかに彩ります。カラーシャンプーを合わせて使うことで、サロンから帰ったあとも自分でカラーコントロールできますよ。手軽に髪色キープできるのがうれしいですね。

真っ赤なルージュのようなカラーを楽しむなら、シュワルツコフのカラーマスクがおすすめです。同シリーズの別の色と混ぜても使えるので、レッド〜ピンク〜パープル系といろんなオリジナルカラーが楽しめます。ブリーチやカラーでダメージを受けた髪の内部に入り込んで、芯から支えるボンディング成分配合。ポジティブにカラーヘアを楽しめますよ。

白髪染め向けのおすすめ4選

白髪染めに対応したカラートリートメントは、すぐに目立ってくる生え際やこめかみの白髪を染めたり全体を染めたりするのに便利です。

サイオス カラートリートメント ダークブラウン

Amazonカスタマーレビュー

3.9

Amazonカスタマーレビュー

(6,150件)

>

商品情報

内容量:180g
放置時間:5分

「明日までに白髪をなんとかしたい!」というときに便利なのが、独自の濃厚カラー処方で1回で白髪が染まるサイオスのカラートリートメントです。定期的に使用すれば、気になる白髪をカバーしながらヘアケアできますよ。

染料が表面に吸着するだけでなく、髪の内部にナノサイズの染料を浸透させるため、1回の使用で白髪をきれいに染めてくれます。大容量のチューブ入りでロングヘアの人もたっぷり使えますよ。「継続して使うものだから髪にやさしいものを選びたい」という人におすすめの、トリートメントベースの白髪用カラートリートメントです。

うるおい成分とつややか成分配合で、パサついて見えがちな白髪にうるおいとツヤを与えてくれます。毎日のトリートメントの代わりに使ったりヘアカラーの色落ちを防ぐために使ったり、いつでもきれいな髪でいたい人にぴったりのアイテムです。

白髪染めを繰り返すことによる髪へのダメージが気になる人にぴったりのカラートリートメント。定期的に使えば、サロンでの白髪染めの頻度を抑えられるでしょう。カラーリストが色設計を監修しており、地毛の色になじむ深みのあるカラーが揃っています。高浸透・高密着のジェル処方で、目立つ白髪をしっかり染めてくれますよ。

全13商品

おすすめ商品比較表

アンナドンナ エブリ カラートリートメント グレー

アンナドンナ エブリ カラートリートメント グレージュ

クイスクイス デビルズトリック キラーブラック ヘアカラートリートメント

ホーユー カラーチャージ アッシュ カラートリートメント

カラージェネレーション ビシャス ブルー カラートリートメント

ダイアン カラートリートメント アッシュベージュ

アンナドンナ エブリ カラートリートメント ワインレッド

ホーユー カラーチャージ ピンク カラートリートメント

シュワルツコフ ボンディング・カラーマスク エキゾチックルージュ

サイオス カラートリートメント ダークブラウン

シエロ カラートリートメント 全体用 ナチュラルブラウン

サロンドプロ 白髪染め カラートリートメント ローズブラウン

スティーブン ノル カラートリートメント アッシュブラウン

Amazonカスタマーレビュー
3.88,481
3.8506
3.8826
4.1568
3.61,078
3.6235
4.0476
4.3790
3.6504
3.96,150
3.9444
3.5870
3.626
最安値
タイムセール
¥1,400-9%
参考価格¥1,540
タイムセール
¥1,311-15%
参考価格¥1,540
タイムセール
¥1,400-9%
参考価格¥1,540
タイムセール
¥680-59%
参考価格¥1,650
タイムセール
¥1,236-6%
参考価格¥1,320
タイムセール
¥722-18%
参考価格¥878
購入リンク

カラートリートメントできれいな髪色をGET

せっかくきれいな色に髪を染めても、毎日のシャンプーであっという間に色落ちしてしまうと悲しいですよね。染めたての髪色を守るために使いたいのが、カラートリートメントです。また、ブリーチした明るい髪をカラーチェンジしたいときや白髪を隠したいときにも、カラートリートメントは大活躍。

さまざまなタイプのカラートリートメントのなかから、自分に合うものを選んで、きれいな髪色を手に入れましょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

ヘアケア・ヘアスタイリングのカテゴリー

その他のビューティーカテゴリー

新着記事

カテゴリー