この記事で紹介されている商品
おしゃれなサドルバッグが欲しい!注目商品を一挙ご紹介

おしゃれなサドルバッグが欲しい!注目商品を一挙ご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ロードバイクには、シティサイクルのような荷物を載せる場所がありません。長時間走る人も多いので、荷物をどうするかが悩みの種。そんなときに重宝するのがサドルバッグです。この記事では、ロードバイクにおすすめの防水性能があるサドルバッグや、コンパクトでコストパフォーマンスの優れたサドルバッグ、また、サドルバッグの選び方なども一挙にご紹介していきます。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

サドルバッグとは

サドルバッグとは、自転車のサドルの下に装着することができるバッグのことです。ロードバイクなどで長時間走る場合に備えて、予備のチューブや修理キットなどを入れる際や、タオルや財布、スマホなどの手荷物を入れて持ち歩く際に使えます。

リュックやウエストポーチ、メッセンジャーバッグなどを身につけて使うのではなく、自転車に荷物を取り付けて身軽にサイクリングしたい人に活用されています。

サドルバッグの選び方

では、サドルバッグはどのような基準で選べばいいのでしょうか。サドルバッグの選び方のポイントを見ていきましょう。

機能性で選ぶ

サドルバッグは、サドルという小さなパーツの下に装着するものなので、スペースも限られます。サドルに座った際に邪魔にならず、走行時にペダルを漕ぐときも邪魔にならないような設計やサイズ感も重要なポイントです。

一方で、持ち歩きたいものをコンパクトに収納できる形状や収納力なども必要になります。また、自転車でグングン道を走るので土埃や排気ガスからも汚れにくく、紫外線や風雨などにも強い素材で作られているものがおすすめです。

特に外せない機能として、防水性能または撥水性能が挙げられます。長距離のサイクリングや毎日の通勤となると急に天気が悪くなることもあるので、防水性能は重要です。これに加えて防塵性能も備えていると、汚れにくくなります。もう1つのポイントは着脱のしやすさです。自転車の形状を問わず、取り付けやすいタイプで、工具なしで簡単に取り付けられたほうが便利です。

同時に、走行中に落下するなどの心配がないよう、しっかりと装着できるものかも重要になります。サドルバッグの着脱法は、大きく分けるとベルクロベルト式とアタッチメント式があります。

ベルクロベルト式は、工具が不要で簡単に取り付けられるので、初心者や女性にもおすすめです。ただし、ベルトの締まりが緩いとずれてしまうことがあるので、しっかりと取り付けなくてはなりません。工具は不要ですが、ベルトで巻き付けるように装着するので、駐輪時にバッグを取り外して持ち歩きたいときに、すぐに取り外せない可能性があります。一度取り外すと、再び巻き付けなくてはなりません。着脱は簡単とはいえ手間がかかります。

ベルクロベルト式は工具を持っていない方やロードバイクやミニベロ、折り畳み自転車など複数の自転車を使い分けていて、1個のサドルバッグを使い回したい方に向いているといえるでしょう。

アタッチメント式は台座を取り付ける際や調整するためにドライバーや六角レンチが必要なタイプです。自転車を左右に振ってもずれにくいので、走行時も気にならずに走れます。また、台座とバッグは別々なので、台座からバッグを着脱しやすいのがメリットです。駐輪時も、サッとバッグのみを取り外してコンビニなどに立ち寄ることができます。

デザイン・カラーで選ぶ

おしゃれなサドルバッグが欲しいなら、デザインやカラーも選び方のポイントになります。サドルバッグはスポーティーなデザインのものが多く、カラーもブラックが多いです。もちろん、ブラウンやカーキ、ブルーやレッドなどのカラーのものやアクセントカラーが入ったデザインのものもあるので、好みに合わせて探してみましょう。

デザインはさまざまで、サドルの形状に似たデザインで、サドル下でフィットしやすい形のものをはじめ、筒状やボックス型などもあります。サドルバッグは取り付ける場所から、極端に大きな形状にできません。そのため、デザインは収納力や走行時の乗りやすさにも影響するので、デザインを選ぶ際は注意が必要です。デザインによっては、装着してまたがると、太ももに当たるといったケースもあるので、お持ちの自転車と相性がいいか、レビューなどもチェックしましょう。

サイズで選ぶ

サドルバッグに何を入れて持ち歩きたいのかによって、サイズ選びにも違いが出ます。サドルバッグのサイズとして、2L前後のコンパクトサイズから、20Lほどの大容量のものまであるので、持ち歩きたいものや量に合わせて選ぶことがポイントになります。

ただし、大きくなるほど走行する際にバランスが悪くなる場合や足に当たるといった不都合が出る場合もあるので、よく検討しましょう。サイズと収納力の目安は以下の通りです。

2L以下のコンパクトサイズは、予備のチューブや修理キット、財布などの小物、補給食などが入るサイズです。3~6Lほどの中型サイズなら、コンパクトサイズに入るものに加えて、タオルや急に冷えてきた時などに羽織るウインドブレーカーなども入ります。7L以上の大容量サイズには、さらに着替え一式なども入るので、長距離ツーリングや自転車旅行をしたい時、日帰りで温泉などに行きたい時におすすめです。

メーカー・ブランドで選ぶ

メーカーやブランドで選ぶ際は、知名度の低いメーカーやブランドの場合、価格が安いものも手に入る傾向があります。ただし、価格が安いと素材が頼りないなど、不満が出る場合もあるので、耐久性などはよくチェックしましょう。

一方、知名度の高いメーカーやブランドは、こんな形状のものがあればいいのにといったニーズを叶えてくれるケースもあります。信頼あるメーカーやブランドを選ぶなら、サイクリンググッズの専門メーカーやロードバイクなどの自転車メーカーが製造、販売しているものがおすすめです。

使うシーンで選ぶ

サドルバッグは、使うシーンを考えることも大切になります。通勤用なのか、ちょっと買い物に行くだけなのか、アウトドアで長距離サイクリングに出かけるのかで、収納したいものや量も異なるはずです。通勤でメッセンジャーバッグなどを持たないのであれば、それなりの大きさが必要になります。

ちょっとした街乗りや気軽なアウトドアなら、小さなサイズでも特に問題はないでしょう。長距離サイクリングの場合は、予備のチューブや修理キットは必須アイテムとして入れたいので、それを考慮したサイズのもので、防水性などの機能性も重視しましょう。

おしゃれなサドルバッグ7選

サドルバッグ選びのポイントである機能性、デザイン・カラー、サイズ、メーカー・ブランド、使うシーンを踏まえて、おしゃれなサドルバッグ8選をご紹介しますので参考にしてください。

WHEEL UP 自転車サドルバッグ
4.2

Amazonカスタマーレビュー(190件)

商品情報

色 黒
サイズ 20×10cm
ブランド WHEEL UP
材質 ポリエステル, ポリウレタン (PU)
適合車両のタイプ マウンテンバイク, 自転車, ロードバイク

WHEEL UPというサイクリングバッグ専門のブランドで開発された、耐久性に優れたサドルバッグです。 立体シェルタイプで耐衝撃性に優れており、万が一、落下しても衝撃から中身を守ってくれます。

防水性と防塵性を備えており、突然の雨が降っても問題ありません。 ベルクロベルト式ですので工具不要で、幅広い車種に取り付けやすいのもポイントです。

TOPEAK Aero Wedge Pack
4.3

Amazonカスタマーレビュー(826件)

商品情報

色 ブラック
サイズ シートポスト取付可能径:φ25.4~34.9mm/L230×W130×H140mm
ブランド トピーク(TOPEAK)
材質 1200デニールポリエステル(デュポン社テフロンコーティング)
商品の寸法 23長さ x 13幅 x 14高さ cm

トピークは多彩なサイクリングアクセサリーを開発しているメーカーです。ロードバイクユーザーにも信頼あるメーカーです。荷物が脱落しにくい縦開きのストラップマウントであるのがポイントになります。

容量も大きめで、もう少し入れたい時に拡張できる伸縮性も備えています。リュック代わりに使えると愛用されている方も少なくありません。

IRON JIA'S 自転車サドルバッグ
4.0

Amazonカスタマーレビュー(119件)

商品情報

色 ブラウン
ブランド IRON JIA'S
材質 フェイクレザー
適合車両のタイプ 自転車
商品の寸法 20長さ x 6幅 x 9高さ cm

まるでハンドメイドの革素材のようなヴィンテージ風のデザインで、とてもおしゃれです。水を吸収しないポリウレタン樹脂のフェイクレザーを使っているので、多少の雨が降っても問題ありません。おしゃれな見た目で、カフェに行くなどタウンユースや通勤にもおすすめです。

GORIXサドルバッグ
3.9

Amazonカスタマーレビュー(47件)

商品情報

色 Black
ブランド GORIX(ゴリックス)
材質 ナイロン
適合車両のタイプ 自転車
パターン 無地

携行品は必要最小限で良い方、自転車はなるべく軽く走りたい方におすすめのミニサイズのサドルバッグです。コンパクトサイズなのでロードバイクやクロスバイク、MTBをはじめ、ミニベロや折り畳み自転車にも装着しやすいです。

取り付けはクイック式でスライドするだけで良く、工具はいりません。ロゴとデザインに夜間反射機能を持たせているので、夜間走行の安全性も高めてくれます。

Panaracer防水仕様オリジナルバッグ
3.9

Amazonカスタマーレビュー(243件)

商品情報

色 ブラック
サイズ L
ブランド パナレーサー(Panaracer)
適合車両のタイプ 自転車
商品の寸法 16.5長さ x 9幅 x 8.5高さ cm

パナレーサーはロードバイクなどの自転車メーカーです。 オリジナルのサドルバッグはS・ M・Lサイズから、ニーズに合わせて選べます。 撥水加工が施されてるので、雨が降っても心配ありません。 反射材も付いているので、夜間やトンネル走行の安全性も高めてくれます。

THRLEGBIRD自転車サドルバッグ
4.0

Amazonカスタマーレビュー(104件)

商品情報

色 ブラック 4.5L
ブランド THRLEGBIRD
適合車両のタイプ 自転車
商品の寸法 35長さ x 10.5幅 x 12高さ cm
パターン 無地

4.5Lの大容量で縦に長いため、カメラの三脚や500mlサイズのペットボトル、着替えなども入ります。日帰りツーリングや通勤に使いたい方におすすめです。シートポストやエアロシェイプのシートポストに、工具不要で取り付けられます。

バッグの両側とテールパターンは高光沢の反射材が付いているので、夜間の視認性も高めてくれます。撥水性と耐久性を備えたPVC素材なので、雨が降っても心配ありません。

AlucaGサドルバッグ
2.9

Amazonカスタマーレビュー(19件)

商品情報

色 ブルー
サイズ Large
ブランド AlucaG
材質 キャンパス地
適合車両のタイプ 自転車

コンパクトサイズであり1,000円以下で買えるお手頃なサドルバッグで、カラーはブルーかレッドから選べます。ブラックが多い中、パッと目を惹くデザイン、カラーのサドルバッグが欲しい方におすすめです。

高強度キャンバス生地で耐久性に優れ、反射ストリップが付いているので、夜でも安全にサイクリングできるのも便利です。

全7商品

おすすめ商品比較表

WHEEL UP 自転車サドルバッグ

TOPEAK Aero Wedge Pack

IRON JIA'S 自転車サドルバッグ

GORIXサドルバッグ

Panaracer防水仕様オリジナルバッグ

THRLEGBIRD自転車サドルバッグ

AlucaGサドルバッグ

Amazonカスタマーレビュー
4.2190
4.3826
4.0119
3.947
3.9243
4.0104
2.919
最安値
タイムセール
¥1,687-20%
参考価格¥2,109
タイムセール
¥2,728-8%
参考価格¥2,970
購入リンク

ニーズに合ったサドルバッグを選ぼう

ロードバイクは、無駄のないデザインなので、荷物を持ちたい時にはサドルバッグがあると便利です。 雨が降っても問題のない防水仕様のものをはじめ、取り付けやすく走りやすいコンパクトサイズのもの、通勤などに便利な大容量サイズのもの、 コストパフォーマンスの優れたものなどさまざま揃っています。 機能性をはじめ、デザインやカラー、サイズ、メーカーやブランド、使うシーンに合わせニーズに合ったサドルバッグを選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のファッションカテゴリー

新着記事

カテゴリー