この記事で紹介されている商品
全身シャンプーのおすすめ16選!メリット・デメリット、選び方も解説

全身シャンプーのおすすめ16選!メリット・デメリット、選び方も解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

髪や顔、身体まで全身を1度に洗える「全身シャンプー」はさまざまなアイテムを用意する必要がないので、ミニマリストやメンズの方などに重宝されています。今回は、全身シャンプーを使うメリットデメリット、選び方などをご紹介しますね。毎日のお風呂を素早く終わらせたい方は、ぜひ自分に合う全身シャンプーを見つけてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

全身シャンプーとは?

全身シャンプーとは、ボディソープ、シャンプー、洗顔を兼ね備えた全身を洗えるアイテムのことです。それぞれの部位ごとに専用のアイテムがいらないので、ひとつのシャンプーで一気に洗えて時間の節約になります。また、複数のアイテムを買う必要がなくお金の節約にもつながり、時間とお金の両方を削減できますよ。

各ブランドからさまざまなタイプの全身シャンプーが販売されているので、肌質や髪質など自分に合わせた商品を選びましょう。

全身シャンプーを使うメリット

全身シャンプーを使うメリットは、時間とお金を節約できることです。旅行やジムなどシャンプーを持ち運ぶときにも、1つのアイテムさえ持っていけば良いのでとてもラクですよ。お風呂の置き場所も少しで済むので、見た目もすっきりして掃除も簡単に済ませられます。

ひとつあれば忙しくてお風呂に時間をかけられないときや、疲れていて洗う元気がないときに重宝しますよ。しっかり汚れを落としてくれるタイプや赤ちゃんの肌にも使える低刺激タイプ、潤いを残してくれるタイプなどバリエーション豊かなラインナップも魅力です。

全身シャンプーのデメリット

全身をひとつのシャンプーで洗うので、肌には合っていても髪には合わないという場合も。その場合は一般的なボディソープやシャンプーを用意する必要があるので、全身を一気に洗えなくなってしまい、全身シャンプーの良さが活かせなくなります。

また女性と男性、子どもでは肌質や髪質が異なるので家族全員が一緒の全身シャンプーを使うことは難しいかもしれません。肌質に合わないシャンプーを無理して使い続けると肌トラブルの原因となるので、それぞれに合うものを購入しましょう。

全身シャンプーの選び方

全身シャンプーは以下のポイントに着目しながら選びましょう。長く使うためにも、保湿力や洗浄力の強さなどはとくに注意してくださいね。使いやすさにこだわるなら、液体タイプか泡タイプかも忘れずにチェックしましょう。

  • タイプ(液体か泡)
  • 保湿力
  • 洗浄力
  • コスパ

1.タイプで選ぶ

全身シャンプーには液体タイプか泡タイプかの2種類があります。液体タイプは、泡立てタオルで都度泡立てる必要があり、泡タイプはポンプを押せば泡立った状態で出てきます。

それぞれのメリットやデメリット、使うときの注意点などがあるので、詳しく解説していきますね。毎日のお風呂をイメージしながら、使い勝手の良いほうを選びましょう。

液体タイプ

液体タイプのメリットはコスパの良さです。泡立てタオルで泡を作るので、少量のシャンプーでもしっかりと泡立てることでフワフワの自分好みの泡が作れます。自分でシャンプーの量を調節できるので、コスパよく使えるでしょう。

ですが、疲れている日や急いでいるときなどは泡立てるのが手間に思うかもしれません。また、初めは出し過ぎたり、少なすぎたりして量の調節が難しいと感じることも。ゆっくりお風呂に入る時間がない人、1回で適量のシャンプーを出したい人にはおすすめできません。

泡タイプ

泡タイプのメリットは手間いらずですぐに洗えるところです。ポンプを押せば泡になった状態で出てくるので、自分で泡立てる必要がなく疲れているときや時間がないときなどにとても便利。赤ちゃんや小さな子どもを洗うときに、片手がふさがっていても使いやすいですよ。

デメリットはコスパがあまり良くないところです。商品によっては自分で作った泡よりも泡立ちが弱く、へたりやすい場合も。泡がすぐにへたってしまうと、何回も使うことになり1回でたくさんの量を使ってしまうこともあります。

2.保湿力があるかで選ぶ

シャンプーは汚れを落とすものですが、肌に残しておきたい水分や油分まで洗い流してしまうと肌が乾燥してしまいます。そのため、余分な油分や汚れは落としつつ、潤いはキープしてくれる商品がおすすめです。とくに肌が薄い赤ちゃんや子ども、乾燥肌の人は保湿力の高さは十分にチェックしましょう。

保湿力と洗浄力は相反する性質があるので、保湿力が高い商品は洗浄力が控えめということが多いです。この2つのバランスが取れているものや、どちらか重視したいものを決めて選ぶとよいでしょう。

3.洗浄力もチェック

一般的に男性は女性よりも皮脂分泌が多く、シャンプーは洗浄力の高いものがおすすめです。汚れがしっかり落とせていないと体臭の原因にもなりますので、エチケットとして洗浄力にはこだわって選ぶとよいですよ。

もし肌の乾燥が気になる場合は、季節によって種類を変えるのもおすすめです。春夏の汗をかきやすい時期は洗浄力高めのもの、秋冬の乾燥が気になる時期は保湿力高めのものなど使い分けるとよいでしょう。

4.コスパの良さで選ぶ

せっかく全身シャンプーを使うのであればコスパの良さにもこだわりましょう。一般的にボディソープの1回使用量は大人で10ml、シャンプーは髪の長さによりますが5~10mlと言われているので、1日当たり1人15~20ml使う計算になります。

商品には容量が掲載されているので、何日分使えるのかを考えるとコスパの良さを簡単に調べられますよ。また詰め替えタイプの商品であればさらにコスパよく使えるのでおすすめです。

赤ちゃんに使うならベビー用がベスト

赤ちゃんは大人と違って肌が薄く、刺激に弱い特徴があります。そのため大人用のシャンプーだと肌が赤くなって荒れてしまうことも。しかしベビー用のシャンプーであれば低刺激性で肌へ与えるストレスが抑えられているので、肌荒れのリスクを抑えられますよ。

また余分な添加物が入っていない無添加のものもおすすめです。赤ちゃんは新陳代謝が良いのでしっかりと汚れは落としつつも、必要な皮脂や水分は残せるような商品がよいでしょう。

大人用におすすめの全身シャンプー9選

ビオレやミノンなど大手日用品メーカーからも全身シャンプーは販売されており、スーパーやドラッグストアで簡単に手に入ります。ここからは大人用におすすめな全身シャンプーを9個ご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

肌が乾燥しやすい方におすすめなしっとりタイプの商品です。植物性アミノ酸系洗浄成分が配合されており、洗浄力よりも保湿力が高い点が特徴。季節に関係なく常に肌が乾燥している、洗い上りはしっとりした肌が良い方におすすめです。ミノンは乾燥肌や敏感肌に寄り添うコンセプトで作られているので、一般のシャンプーやボディソープでは刺激が強すぎる方は一度試してみてください。

メンズビオレ ONE オールインワン 全身洗浄料

商品情報

商品の形状 ボディソープ
肌タイプ 全肌質
ブランド メンズビオレ
香り フローラル
素材の特徴 ナチュラル
素材タイプフリー パラベンフリー

男性用として作られている全身シャンプーで、全身の皮脂をすっきり洗い上げるために高洗浄クリアジェルが配合されています。皮脂と汗が混ざって取れにくくなった汚れもクリアジェルが包み込んで、さっぱりと洗い上げてくれますよ。シンプルなパッケージで目立ちにくく、温泉やジムなどにも持っていきやすいところも魅力です。

肌を整える成分とバランスクリア成分が配合されています。くすみのない透明感のある肌を目指せる商品で、古い角質を落とし、白くてなめらかな肌をよみがえらせてくれますよ。洗い上りはつるつるとした感触。薬用美白(※メラニンの生成を抑え、シミそばかすを防ぐ)シリーズとして長年愛されてきたロングセラー商品なので、身体全体のくすみが気になる方におすすめです。

無香料・界面活性剤不使用で低刺激のシャンプーです。髪の痛みが気になる方は洗い流したあとに商品を毛先中心にパックし再度洗い流すことで、指通りがなめらかになります。シンプルでおしゃれなパッケージなので、お風呂に置いても景観の邪魔になりません。オーガニック製品なので環境にも優しいところもよいですね。

ビオレ ビオレワン 全身洗浄料

商品情報

商品の形状 ローション
肌タイプ 普通肌
ブランド ビオレワン
香り コンフォートサボン

「清潔に洗える」「うるおいを守る」というシャンプーの基本的な機能を追求して作られたシンプルな商品です。素肌と同じ弱酸性、アミノ酸系洗浄成分、ノンシリコン、着色剤フリーで余計なものを一切入れずに作られているため、男女問わず使いやすくなっています。同じシリーズで化粧水も販売されているので、セットで使用してみてもよいかもしれません。

薬用ハンドクリームブランドが販売している全身シャンプーで、しそバリアモイスト処方が特徴です。しそという天然成分で肌の潤いを守ってくれるため、乾燥肌や敏感肌の方でも使いやすいですよ。無香料・無着色なので匂いが気になる方にもおすすすめです。ボディソープと表記されていますが、頭皮の洗浄にも使えます。

TOKYO CLASSIC オールインワンウォッシュ

商品情報

商品の形状 ボディソープ
肌タイプ 全肌質
ブランド TOKYO CLASSIC(トウキョウクラシック)
香り ウッディ
素材タイプフリー 鉱物油フリー, 無着色, 紫外線吸収剤フリー

男性特有の加齢臭やミドル脂臭に特化した商品。洗浄力の高さだけでなく保湿力にもこだわり、3種のコラーゲン・11種のアミノ酸・5種のボタニカルエキスも入っており、洗い上りはつっぱらずしっとりした感触。女性が選んだフルーティーウッドの香りで、魅力的な男性を演出します。

殺菌成分IPMP(イソプロピルメチルフェノール)が配合された全身シャンプーです。同ブランドのハンドソープと同じ殺菌成分で、肌に付着した雑菌やウイルスを清潔に洗い流してくれますよ。足の裏や手など外からの雑菌を素早くお風呂で落としたい方にはぴったりな商品です。髪の毛にも使えますが、そのままだときしみやすいのでトリートメントやコンディショナーを併用しましょう。

MARO 全身用クレンジングソープ

商品情報

商品の形状 リキッド・液体
肌タイプ ノーマル
ブランド MARO(マーロ)
香り シトラス
素材の特徴 植物エキス|植物由来

洗い上りにスーッとした爽快感があるクールタイプ。手だけでも泡立ちやすいように泡立ちポリマーが配合されており、忙しい方にもおすすめな商品です。タンパク質除去成分が配合され、ニオイの元となる汚れを落としてくれるので肌のべたつきが気になる春夏にぴったりですね。鮮やかなブルーのボトルもかっこよく、デザインにこだわる方にもおすすめです。

おすすめのベビー用全身シャンプー7選

赤ちゃんに使えるベビー用全身シャンプーは、添加物の有無や弱酸性であることなどをチェックしましょう。赤ちゃんの肌は大人の肌より角質層が半分ほどしかありません。そのため優しく洗い上げられる商品を選んでくださいね。

ecostore ベビーフォーミングウォッシュ

商品情報

ブランド ecostore(エコストア)
商品の形状 フォーム
ヘアタイプ ノーマル
香り ラベンダー
対象年齢 ベビー

ニュージーランド生まれのベビーシャンプーで、ラベンダーのエッセンシャルオイルが使われています。保湿力の高いニュージーランド産の植物成分が配合され、肌への優しさにとことんこだわって作られていますよ。皮膚科医テスト認証済み、危険な化学物質含有を評価するEWGスコアの低減にも取り組んでおり、赤ちゃんの肌を守ります。(※すべての人に肌トラブルが起きないわけではありません)

マー&ミー リンスイン シャンプー

商品情報

ブランド マー&ミー
商品の形状 シャンプー
ヘアタイプ 全髪質
香り オレンジ, カモミール
対象年齢 大人、子供

ママと子ども両方が一緒に使えるシャンプーで、大人と子どもで異なる髪質にも対応するハイブリッドリンスメカニズムが採用されています。大人特有の脂臭と子ども特有の酸臭のどちらも洗い流し、オレンジ&カモミールの香りで爽やかなお風呂上りを実現。ノンシリコン、アミノ酸系洗浄成分配合で、肌にも髪にも優しい洗い心地です。

カウブランド ベビー 全身泡ウォッシュ ポンプ付

商品情報

梱包サイズ ‎19.4 x 9.5 x 6.7 cm; 510 g
商品の特徴 ‎汚れの除去
香りの系統 ‎無香
スキンタイプ ‎全肌質
商品タイプ ‎ムース
対象性別 ‎ユニセックス
カラー ‎ホワイト
サイズ ‎400ミリリットル (x 1)

古くからある牛乳石鹸の姉妹ブランドで、生まれてすぐの赤ちゃんから使える全身シャンプーです。泡タイプなので沐浴の時にも使えますよ。食品成分90%以上配合、しみにくい低刺激処方なので、動き回る低月齢の赤ちゃんにも使用できます。肌と同じ保湿成分配合で、赤ちゃんのデリケートな肌もしっかり保護します。

肌馴染みがよく、刺激から肌を守りつつ潤いをキープする力があるツバキ油が配合された商品です。無香料、無着色なので添加物が気になるお母さんにおすすめですよ。赤ちゃんだけでなく乾燥肌や敏感肌の大人にも使えますので、秋冬など乾燥しやすい季節には、家族みんなで使えて便利です。

PAX BABY 全身シャンプー

商品情報

ブランド PAX BABY(パックスベビー)
ヘアタイプ ノーマル
香り ハーブ系
対象年齢 全年齢
商品特長 酸化防止剤

敏感な赤ちゃんの肌にも馴染みやすい全身シャンプーです。合成界面活性剤や合成酸化防止剤なども使用されておらず、100%自然由来成分で作られていますよ。ポンプを押せば泡立った状態で出てくるので、素早く洗いたいときにとても重宝します。

ジョンソン すやすやタイム ベビー全身シャンプー

商品情報

ブランド ジョンソンベビー
商品の形状 液体
ヘアタイプ 全髪質
香り アロマ フローラル ら
対象年齢 ベビー

ジョンソンのベビーシャンプー。アロマが配合されており、華やかな香りが漂います。目に入ってもしみにくい処方で、お風呂が苦手な赤ちゃんもお風呂タイムを楽しんでくれるでしょう。泡切れもよいため沐浴でも使いやすいですよ。

水以外は5つの成分のみで作られているシンプルな配合です。肌のバリア機能を守りながら洗い上げるので、洗い上りはつっぱらずにしっとり。泡タイプなので使い勝手も良く、片手がふさがっていてもフワフワの泡で洗えます。泡切れも良くぬるぬるしないので、必要以上にお湯をかける必要がなく乾燥を防げますよ。

全16商品

おすすめ商品比較表

ミノン 全身シャンプー しっとりタイプ

メンズビオレ ONE オールインワン 全身洗浄料

WHITE CONC ボディシャンプーCII

Jamlabel 無添加全身用シャンプー

ビオレ ビオレワン 全身洗浄料

ユースキン シソラ ボディシャンプー

TOKYO CLASSIC オールインワンウォッシュ

ビオレu ビオレガード 髪も洗える 薬用 ボディウォッシュ

MARO 全身用クレンジングソープ

ecostore ベビーフォーミングウォッシュ

マー&ミー リンスイン シャンプー

カウブランド ベビー 全身泡ウォッシュ ポンプ付

大島椿 アトピコ スキンケアシャンプー

PAX BABY 全身シャンプー

ジョンソン すやすやタイム ベビー全身シャンプー

ミノン ベビー全身シャンプー

Amazonカスタマーレビュー
4.42,794
4.0960
4.21,665
3.869
4.0122
4.2419
4.332
4.1180
-
4.52
4.12,725
4.4204
3.846
4.4353
4.51,695
4.51,705
最安値
タイムセール
¥1,100-21%
参考価格¥1,392
タイムセール
¥5,194-9%
参考価格¥5,720
タイムセール
¥1,155-42%
参考価格¥1,980
タイムセール
¥768-21%
参考価格¥968

-

タイムセール
¥727-17%
参考価格¥880
タイムセール
¥1,097-9%
参考価格¥1,210
タイムセール
¥596-32%
参考価格¥880
タイムセール
¥846-14%
参考価格¥988
購入リンク

全身シャンプーで清潔と時短を叶えよう

全身シャンプー1つあれば、髪も体も顔も一気に清潔に洗えます。時間がかかるのでお風呂に入るのが面倒だなと思う方でも、全身シャンプーを使えばすぐに終わるので億劫さも軽減されます。旅行やジムにも便利なので、移動が多い方にもおすすめです。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

ビューティーのカテゴリー

その他の美容・コスメカテゴリー

新着記事

カテゴリー