この記事で紹介されている商品
ピンクシャンプーのおすすめ15選!普通のシャンプーとの違いや使い方も解説

ピンクシャンプーのおすすめ15選!普通のシャンプーとの違いや使い方も解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

毎日のシャンプーで髪にピンク色を補充できる「ピンクシャンプー」。使い方はピンクシャンプーをよく泡立ててシャンプーし、そのまま数分置くだけと簡単で、全国のドラッグストアでも購入できます。普通のシャンプーと同じく保湿や補修を謳っている商品が多いですよ。この記事ではおすすめの商品もご紹介しています。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ピンクシャンプーとは?

ピンクシャンプーとは、ブリーチやヘアカラーをした髪にピンクの色味を補うためのカラーシャンプーです。厳密にはピンク色の色素というものはなく、赤色を薄めたり、他の色を混ぜてピンクに近い色を作り出しています。

そのためピンクだけでなく、赤系のヘアカラーの色落ちに対しても使用可能です。またピンクといっても、淡いピンクからビビッドピンクまでさまざまな色味があるので、理想のピンク色に近いものを選んでくださいね。

ピンクシャンプーのメリット

ブリーチをしてピンクや赤系のヘアカラーを入れている方で、なかなかリタッチに行けない場合は、ピンクシャンプーを使えばヘアカラーの持ちをよくできますよ。ピンク系のヘアカラーは色落ちしやすいので、日常的にピンクシャンプーで色味を足していくのがおすすめです。

またピンク系ではないヘアカラーでも、だんだん黄ばみが気になってきたときにピンクシャンプーを使うと黄ばみが抑えられますよ。可能であれば黄ばみが強く出てからではなく、早めの段階で使い始めるとより黄ばみづらくなるのでぜひ試してみてください。

ピンクシャンプーと普通のシャンプーの違い

ピンクシャンプーと一般的なシャンプーとでは、髪に色を入れること以外にも違いがあります。それは洗浄力です。

ピンクシャンプーに限らず、カラーシャンプーはヘアカラーをしている方向けの商品であり、ヘアカラーの色落ちにはシャンプーの洗浄力の高さが大きく影響しています。洗浄力が高すぎると髪が傷んだり色落ちしやすいため、カラーシャンプーは洗浄力がマイルドなものが多いのも特徴の1つです。

洗浄力がマイルドといえばアミノ酸系のシャンプーが有名ですが、髪や地肌にやさしい分、スタイリング剤などは落としづらいという欠点も。そのためお湯で丁寧に予洗いしたり、汚れが気になる日は二度洗いしたりして、しっかりと汚れを落とすようにしてくださいね。

ピンクシャンプーの使い方・使う頻度

ピンクシャンプーなどのカラーシャンプーは、色落ちが気になってからではなく、ヘアカラーをした翌日から使い始めるのがおすすめです。ヘアカラー当日は色素を定着させるために、シャンプーは控えてくださいね。ピンクシャンプーは基本的に1週間程度は毎日使用し、以降は2〜3日に1回程度の頻度で使うとよいですよ。

また実際に使用する際は、髪だけでなく手や爪にも色素がついてしまうので、ゴム手袋などを着けて洗うのをおすすめします。いつものシャンプーのようにしっかりと泡立てて髪にまんべんなく馴染ませ、3〜5分程度放置してよく洗い流せば完了です。

放置時間は商品によって異なるため、事前にパッケージや公式の説明などをチェックしておきましょう。

ピンクシャンプーは茶髪でも使える!

ピンクシャンプーはブリーチをした明るい髪だけでなく、茶髪にも使用可能です。ただしブリーチした髪と比べると色味を感じにくく、ダークブラウンなどトーンが暗いヘアカラーの場合は効果が分かりにくいため、あまりおすすめできません。

個人差はあるものの15トーン以上の明るさがあれば、カラーシャンプーの色が入りやすいですよ。なお、ブリーチなしの茶髪でも15トーン程度までは明るくなります。15トーン以下のような暗めの茶髪なら、ピンク系ブラウンなどのヘアカラーの色落ち防止として活用するとよいでしょう。

ピンクシャンプーはドラッグストアで買える?

ピンクシャンプーは一般的なシャンプーと同じように、ドラッグストアやディスカウントストアなどでも購入できます。ただし店舗によっては置いていなかったり、取り扱っている種類が少なかったりする場合があるので、まずはお近くのドラッグストアをチェックしてみてください。

また美容室でのヘアカラーまでのつなぎとして使用する場合、髪に残った染料がヘアカラーの際に邪魔になることがあるため、心配な方は担当の美容師さんにどれなら使ってもよいか相談するとよいでしょう。

ネット購入ならさまざまな種類から選べる

ドラッグストアのような店舗での購入は、今すぐ必要なときには便利ですが、ネットでの購入と比べるとどうしても選択肢が狭まってしまいます。そのため、いろんな種類の商品の中から自分に合ったものを選びたい方は、ネットで商品を選ぶのがおすすめです。

ネットならレビューや口コミもすぐにチェックできますし、お店によってはサロン専売品も購入できますよ。担当の美容師さんとも、その場で一緒にネットを見ながら相談できるのもメリットですね。

ピンクシャンプーの選び方

ピンクシャンプーを選ぶ際には、ピンクの色味や配合されている成分、洗い心地や使い心地などをチェックしてみてください。以下ではそれぞれのポイントについて詳しく解説しています。特に色味選びは印象を左右する重要なポイントなので、慎重に選んでみてくださいね。

1.シャンプーの色味・濃さで選ぶ

ピンクといっても赤みの強いものから青みの強いものまで、また色が濃く入りやすいものもほんのり入るものもあるので、理想のピンクに近いものを選びましょう。しっかりとピンクを発色させたいなら、赤みの強いピンクを選ぶのもよいですよ。

またアッシュカラーの色落ちにはグリーンを打ち消す赤み系のピンクを、黄ばみが気になる色落ちには青が入ったパープル系のピンクを選んでみてください。色をしっかり入れたいなら濃いめを、色落ちに対して使うなら色が濃すぎないものを選ぶとナチュラルに仕上がりますよ。

2.保湿・補修成分の有無で選ぶ

カラーシャンプーは色味を重視して、保湿や補修などのヘアケア成分は入っていない場合が多いので、ダメージが気になる方は注意が必要です。保湿成分や補修成分が入っていないと髪がきしみやすいだけでなく、髪が傷むと色落ちもしやすくなってしまいます。

そのためケラチンやセラミドなどの保湿・補修成分が入っているものを選んで、仕上がりも色持ちもよくするとよいでしょう。またシャンプーだけでは十分にヘアケアできないので、トリートメントやヘアオイルなどのアウトバスケアもあわせて行ってくださいね。

3.泡立ち・洗い心地で選ぶ

洗い心地重視の方は、泡立ちのよさや洗浄力の強さにも注目してみてください。一般的に泡立ちのよさは界面活性剤の種類で決まり、泡立ちのよいものほど洗浄力も高い傾向にあります。

泡立ちがよいものはクッションの役割を果たすため、地肌や髪にかかる摩擦ダメージは減らせますが、必要以上に洗浄力が高いとダメージや色落ちにもつながってくるため注意が必要です。

しかしアミノ酸系シャンプーのような洗浄力がマイルドで泡立ちの少ないものでも、お湯で丁寧に予洗いしたり、二度洗いすれば頭皮や髪にやさしいまま汚れをしっかり落とせますよ。

4.使いやすいボトルの形状で選ぶ

ピンクシャンプーが入っているボトルは、一般的なシャンプーと同じポンプ式以外に、キャップを回したりパカっと開けたりするタイプも多く販売されています。自分にとって使いやすいボトルの形状を選んでみてください。

もし欲しいシャンプーのボトルが気に入らない場合は、詰め替え用を購入して自分の好きなシャンプーボトルに移すという方法もありますよ。毎日使うなら特に使いやすさは大切なポイントになるので、忘れずにチェックしてくださいね。

ピンクシャンプーのおすすめ15選

ここからはおすすめのピンクシャンプーをご紹介します。 高発色でしっかりと染まるものから、 パステルカラーなどほんのりと染まる ものまでピックアップしているので、 気になる商品があればぜひチェックしてみてください。

※Amazon商品は在庫切れの場合、別ページに遷移する可能性があります。

プリュスオー カラーシャンプー ピンク

ブリーチした髪に使うとビビッドめのピンクに仕上がる、高発色なピンクシャンプーです。きめ細かい泡立ちなので髪にムラなく揉みこめるでしょう。また補修成分も豊富に配合されているので、ヘアカラーを繰り返してダメージが気になる髪にもおすすめです。

ダイアン カラーシャンプー ピンク

商品情報

【内容量】200mL
【香り】フルーティムスク
【成分】水、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、コカミドDEA、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、加水分解ケラチン(羊毛・羽毛)、ステアルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、ケラチン(羊毛)、イソステアロイル加水分解ケラチン(羊毛)、γ-ドコサラクトン、PCA-Na、アラニン、ヒドロキシプロリン、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、黒砂糖エキス、加水分解コンキオリン、加水分解ヒアルロン酸、コラーゲン、スクレロカリアビレア種子油、プルーン種子エキス、バオバブ種子油、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-50、ミリスチルベタイン、トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、イソペンチルジオール、クエン酸、クエン酸Na、エチドロン酸、ペンテト酸5Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料、プロパンジオール、イソノナン酸イソノニル、フィトステロールズ、クオタニウム-18、ベヘントリモニウムクロリド、グリセリン、(+/-)4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性茶17、塩基性青99、塩基性茶16、塩基性黄57、塩基性赤76、HC青2、HC黄2、HC赤3、HC青15、紫401、赤504

色落ちしてきたヘアカラーの黄ばみを抑えながら、ハイダメージな髪を補修できるカラーシャンプーです。色味は暖色系のややくすんだマカロンピンクで、イエローベースの方にもぴったり。補修成分としてはケラチンやオーガニックオイル、さらにドライヤーやアイロンの熱から髪を保護するヒートプロテクト成分も配合されています。

ロイド カラーシャンプー ピンク

商品情報

【内容量】300mL
【香り】フレッシュ
【成分】水、ラウレス-6カルボン酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ラウロイルメチルアラニンNa、BG、ジステアリン酸グリコール、加水分解ケラチン、加水分解シルク、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、アルガニアスピノサ核油、ホホバ種子油、マカデミアナッツ油、メドウフォーム油、コメ胚芽油、ヘーゼルナッツ油、シア脂油、アボカド油、ツバキ油、ブドウ種子油、アーモンド油、月見草油、ローズピップ油、センブリエキス、トウキ根エキス、オタネニンジン根エキス、チョウジエキス、ヨモギ葉エキス、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-73、安息香酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料、(+/-)塩基性青99、塩基性赤76、塩基性茶16、塩基性黄57、紫401、赤213、赤401、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール

ピンクに染めるというよりは、ヘアカラーの黄ばみを抑えるのに向いているピンクシャンプーです。白に近い黄ばんだブリーチヘアに使うと淡いピンク色に仕上がります。リッチモイスチャー仕様なので、ブリーチ後の髪のきしみや乾燥が気になる方にもおすすめですよ。カラースペシャリストの美容師が監修した、サロンクオリティーの商品となっています。

エンシェールズ カラーシャンプー ホットピンク

商品情報

【内容量】200mL
【香り】ー
【成分】水、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、ジステアリン酸グリコール、ラウラミドMIPA、塩化Na、加水分解野菜タンパク、ヒアルロン酸Na、テオブロマグランディフロラム種子脂、白金、PPG-9ジグリセリル、ポリクオタニウム-10、セルロースガム、コカミドメチルMEA、ラウリン酸マルチトール、ラウリルピロリドン、アルキルピロリドン、ペンテト酸5Na、PEG-50水添ヒマシ油、グリチルリチン酸2K、レシチン、トコフェロール、パルミチン酸アスコルビル、(スチレン/ビニルピロリドン)コポリマー、ジステアリン酸PEG-3、水酸化Na、塩化Mg、硝酸Mg、エタノール、フェノキシエタノール、ソルビン酸K、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、イソブチルパラベン、香料、(+/-)HC赤3、塩基性赤76、塩基性青3、塩基性青99、塩基性紫14、塩基性黄57、塩基性茶16、赤213、赤227、紫401、ヒドロキシプロピルアミノニトロフェノール

ビビッドな高発色系のピンクシャンプーです。他のカラーシャンプーと混ぜれば色味の調整ができるので、色味にこだわりのある方にもぴったり。保湿成分のヒアルロン酸が配合されているため、シャンプー後のパサつきやゴワつきを抑えられます。3日に1回の使用で約1ヵ月間はもつため、コスパもよいですよ。

シュワルツコフ ハローピンク カラーシャンプー

商品情報

【内容量】310g
【香り】レモン
【成分】水、ラウリルグルコシド、コカミドプロピルベタイン、セチルヒドロキシエチルセルロース、コハク酸、クエン酸、塩化Mg、スクレロカリアビレア種子油、パンテノール、ジ(カプリル酸/カプリン酸)PG、ヤシ油脂肪酸PEGー7グリセリル、PPG-1トリデセスー6、ポリクオタニウムー37、PEGー40水添ヒマシ油、安息香酸Na、香料、塩基性紫2

鮮やかなシュガーピンクの色味のピンクシャンプーです。レモンの爽やかな香りなので、男女問わず使いやすいでしょう。ヘアカラーの黄ばみ対策やカラーメンテナンスとしても使いやすい、濃すぎない色になっています。明るい髪色の方が使うと高発色な色素が定着しやすいため、徐々にピンクに染めていきたい方にもおすすめです。

一般的にカラーシャンプーを使うと、髪だけでなく手の爪やお風呂の床まで色がつきやすいですが、こちらのピンクシャンプーは髪はしっかり染めながら爪は染まりにくいという絶妙なバランスの色素成分を使用しています。またカラーシャンプーを使った直後でも、サロンでヘアカラーをする際に邪魔になりにくいことも特徴ですよ。

カラタス ヒートケアシャンプー 1054Pk

商品情報

【内容量】250mL
【香り】ハーヴァニラ
【成分】水、ココイルグルタミン酸TEA、ラウリルベタイン、コカミドDEA、コカミドメチルMEA、ベタイン、グリ セリン、シロキクラゲ多糖体、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、フィトステロールズ、加水分解 コラーゲンPGプロピルメチルシランジオール、ハチミツ、ハチミツエキス、ローヤルゼリーエキス、プロ ポリスエキス、ココイルメチルタウリンNa、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、ヤシ油アルキ ルグルコシド、セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウ タンパク、PCA、PCA-Na 、アスパラギン酸、アルギニン、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロ イシン、フェニルアラニン、ヒスチジン、腐植土抽出物、クエン酸、EDTA-2Na、 エチドロン酸4Na、カ プリル酸グリセリル、エチルヘキシルグリセリン、BG、乳酸Na、塩化Na、フェノキシエタノール、香料、 赤227、赤104(1)

ピンク系やベージュ系のヘアカラーを長持ちさせたり、ブリーチ後の黄ばみを抑えたりできるカラーシャンプーです。またヒートケアという名前の通り、ドライヤーやアイロンの熱に反応して傷んだ髪を補修するヒートケア成分も配合されています。ノンシリコンでパラベンやエタノールなどを使用していないため、自然派製品が好きな方にもおすすめです。

PIACELABO フォーミュレイト イロプラス シャンプー ピンク

商品情報

【内容量】120mL
【香り】ー
【成分】水、オレフィン(C14‐16)スルボン酸Na、コカミドプロピルペタイン、(C12,13)パレス‐3硫酸Na、DPG、ラウリルペタイン、アルガニアスピノサ核油、エチドロン酸4Na、クエン酸、コカミドメチルMEA、シア脂、テシルグルコシド、ポリクオタニウム‐10、ラウラミドDEA、フェキシエタノール、ラウロイル加水分解シルクNa、安息香酸Na、香料、(+/‐)HC青2、塩基性青99、塩基性赤51、塩基性茶16

染料の選び方にこだわって作られており、髪全体にムラなく色素を行き渡らせ、美しいサロンカラーを長持ちさせるシャンプーです。染料だけでなくトリートメント成分もシャンプーに配合されていて、シャンプー後のきしみも防いでくれます。シアバターが髪をしっかりと保湿してくれるので、しっとりとなめらかな触り心地です。

ホーユー ソマルカ カラーシャンプー ピンク 業務用ライン

商品情報

【内容量】770mL
【香り】フローラルの香りをベースにフルーツとムスクを加えたアクティブでまろやかな香り
【成分】水、ラウラミドプロピルベタイン、ラウリルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウロイルアスパラギン酸Na、コカミドMEA、酒石酸、タウリン、アルギニン、ポリクオタニウム-10、ラウロイルアルギニン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、安息香酸Na、ジステアリン酸グリコール、メチルパラベン、香料、(+/-)紫401、塩基性青75、塩基性紫2、塩基性茶16

サロン用のヘアカラーや家庭用のヘアカラーを製造しているメーカーであるホーユーから販売されているピンクシャンプーです。ヘアカラー後の頭皮と髪を、地肌と同じ弱酸性に近づけるよう設計されています。髪は染まっても手の爪は詰まりにくく、次回のサロンでのヘアカラーにも影響しにくいため気軽に使い続けられるでしょう。

リハイル カラーシャンプー ピンク

商品情報

【内容量】500mL
【香り】ピオニー
【成分】水、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン、ラウリルベタイン、コカミドDEA、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸TEA、DPG、グリセリン、ポリクオタニウム-10、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ラウロイルアスパラギン酸Na、香料、ポリクオタニウム-7、ハチミツエキス、ヤシ油アルキルグルコシド、ローヤルゼリーエキス、ハチミツ、プロポリスエキス、PCA-Na、乳酸Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、ヒドロキシプロピルキトサン、加水分解コラーゲンPGプロピルメチルシランジオール、エタノール、BG、クエン酸、塩化Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、赤227、赤104、塩基性赤51

同メーカーのカラーバターとのライン使いができるピンクシャンプーです。もちろん単体でも、ブリーチした後の黄ばみ対策やピンク系ヘアカラーのキープに使えますよ。髪をケアしながら自然に染まることをコンセプトにしたブランドなので、ヘアカラーによる髪のダメージが気になる方にぴったりです。

ALESPLANNING アレスカラー ピンクシャンプー

商品情報

【内容量】200mL
【香り】無香
【成分】水、(C23、13)パレス-3硫酸Na、グリセリン、コミカドDEA、コミカドプロピルベタイン、ラウロアンホ酢酸Na、セテアレスー60ミリスチルグリコール、ポリクオタニウムー61、ココイルアルギニンエチルPCA、BG、ポリクオタニウム-10、PEG-20ソルビタンココエート、クエン酸、ジステアリン酸グリコール、HEDTA-3Na、安息香酸Na、EDTA-2Na、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、香料、赤106、緑204

ピンク色に染めるというよりも、ピンク系ヘアカラーの色落ちを防ぎたい方に向いているピンクシャンプーです。ヒアルロン酸の約2倍の保湿力がある保湿成分を配合しており、髪に潤いを与えながらシャンプーできるので、洗い上がりのきしみを抑えてしなやかな仕上がりになります。こちらのシャンプーは色素を補給するもので、着色コーティングするには同シリーズのトリートメントの使用がおすすめですよ。

エヌドット N.カラーシャンプー ピンク

商品情報

【内容量】320mL
【香り】フローラル
【成分】水、(C12.13)パレス-3硫酸Na、グリセリン、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ラウロアンホ酢酸Na、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ポリクオタニウム-47、シア脂油、γ-ドコサラクトン、加水分解シルク、加水分解ハチミツタンパク、ブロッコリー種子油、セイヨウノコギリソウエキス、セージ葉エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、カニナバラ果実エキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス、ジステアリン酸グリコール、ポリクオタニウム-10、PEG-20ソルビタンココエート、BG、プロパンジオール、クオタニウム-18、ベヘントリモニウムクロリド、ダイズステロール、クエン酸、クエン酸Na、HEDTA-3Na、HEDTA-2Na、安息香酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料、(+/-)紫401、赤106、緑204

多くのサロンで定番のヘアオイルとなっているNドットが販売しています。ハイトーンのブリーチヘアに使うとほんのりとピンクに染まる程度の濃さです。色素の流出を抑えるティントロックポリマーを配合しています。さらに天然由来の保湿成分であるシア脂油やブロッコリー種子油、加水分解シルクなども使用し、しっとりとまとまるつややかな仕上がりです。

ALIVE カラーキープシャンプー ピンク

商品情報

【内容量】200mL
【香り】オレンジ
【成分】水、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、コカミドメチルMEA、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、ハチミツ、グリセリン、ポリクオタニウム-10、PGE-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na 、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、マカダミアナッツ油、バオバブ種子油、ツバキ種子油、クエン酸、リン酸2Na、リン酸K、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、HC黄2、HC青2、赤227、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性赤51、青1

ブリーチヘア向けの、発色のよい濃いめのベリーピンクのシャンプーです。ヘアカラーに特化したサロンのノウハウが詰まった配合となっています。2〜3日に1回の使用で、1回のシャンプーあたり約57円とお得なので気軽に使えるでしょう。手や爪は染まらないので、手袋なしでも使用可能です。ハイライトやグラデーションカラーなどのデザインカラーをしている髪にも使えます。

got2b ボンディング・カラーシャンプー ピンク

商品情報

【内容量】300mL
【香り】ジャスミン&アップル
【成分】成分:水、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ヤシ油アルキルグルコシド、塩化Na、オレフィン(C14‐16)スルホン酸Na、ジオレイン酸PEG‐120メチルグルコース、塩化Mg、スクレロカリアビレア種子油、水添ヒマシ油、PEG‐40水添ヒマシ油、ヤシ油脂肪酸PEG‐7グリセリル、クエン酸、ヤシ脂肪酸、ジステアリン酸グリコール、安息香酸Na、ポリクオタニウム‐10、ラウレス‐4、パンテノール、PG、香料、塩基性紫2

got2b(ゴットゥービー)はアメリカ生まれのカラーコスメブランドで、こちらのピンクシャンプーでは黄ばみや色落ちを防げるだけでなく、ハイトーンのブリーチヘアに使うとパステルカラーも楽しめます。また天然由来の保湿成分であるマルーラオイルを配合しており、ハイダメージヘアの方にぴったりです。

Kyogoku ピンクブラウン カラーシャンプー

商品情報

【内容量】200mL
【香り】フローラル
【成分】水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、(C12,13)パレス-3硫酸Na、グリセリン、ヘマチン、※リンゴ果実培養細胞エキス、月見草油、オリーブ果実油、ブドウ種子油、加水分解シルク、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、レシチン、 BG、エタノール、エチドロン酸Na、エチルパラベン、キサンタンガム、クエン酸、コカミドメチルMEA、フェノキシエタノール、ブチルパラベン、ポリクオタニウム-10、メチルパラベン、ラウラミドDEA、安息香酸Na、香料、HC黄4、HC青2、塩基性青99、塩基性茶16

自分のパーソナルカラーに合ったピンクシャンプーを選びたい方にうってつけの商品です。こちらはイエローベースの春タイプの方向けとなっています。1本でカラーケア・シャンプー・トリートメントなどさまざまな機能を兼ね備えており、保湿・ダメージ補修成分も配合されているので、髪のダメージが気になる方にもおすすめです。

全14商品

おすすめ商品比較表

ダイアン カラーシャンプー ピンク

ロイド カラーシャンプー ピンク

エンシェールズ カラーシャンプー ホットピンク

シュワルツコフ ハローピンク カラーシャンプー

ホーユー ソマルカ カラーシャンプー ピンク

カラタス ヒートケアシャンプー 1054Pk

PIACELABO フォーミュレイト イロプラス シャンプー ピンク

ホーユー ソマルカ カラーシャンプー ピンク 業務用ライン

リハイル カラーシャンプー ピンク

ALESPLANNING アレスカラー ピンクシャンプー

エヌドット N.カラーシャンプー ピンク

ALIVE カラーキープシャンプー ピンク

got2b ボンディング・カラーシャンプー ピンク

Kyogoku ピンクブラウン カラーシャンプー

Amazonカスタマーレビュー
4.2268
3.95,977
4.1836
4.0121
4.32,387
4.060
4.348
4.3521
3.443
3.643
4.0461
3.6602
4.218
4.1331
最安値
タイムセール
¥1,400-9%
参考価格¥1,540
タイムセール
¥1,164-32%
参考価格¥1,715
タイムセール
¥1,360-38%
参考価格¥2,200
タイムセール
¥930-57%
参考価格¥2,178
タイムセール
¥1,245-19%
参考価格¥1,540
タイムセール
¥2,550-25%
参考価格¥3,400
タイムセール
¥1,370-24%
参考価格¥1,800
タイムセール
¥2,280-14%
参考価格¥2,640
タイムセール
¥980-14%
参考価格¥1,137
購入リンク

ピンクシャンプーでサロン帰りのようなヘアカラーをキープしよう

赤系やピンク系のヘアカラーは非常に色落ちが早いので、ピンクシャンプーを活用して少しでもおしゃれな色をキープさせたいですよね。ぜひこの記事でご紹介した選び方やおすすめの商品を参考に、あなたの髪に合うお気に入りのピンクシャンプーを見つけてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

ビューティーのカテゴリー

その他の美容・コスメカテゴリー

新着記事

カテゴリー