この記事で紹介されている商品
初心者にも使いやすいランニングシューズのおすすめ10選!選び方も解説

初心者にも使いやすいランニングシューズのおすすめ10選!選び方も解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

快適な走りをサポートする「ランニングシューズ」。素材やデザインなど、各メーカーからさまざまな商品が展開されており、どれを選べばよいか迷う方も多いでしょう。本記事では初心者ランナーはもちろん、上級者にもおすすめのランニングシューズを大特集!選び方のポイントや売れ筋アイテムもあわせて紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ランニングシューズとは?

一般的なスニーカーとランニングシューズの外観にさほど大差はありません。しかしランニングシューズはランニング専用に開発されており、安定性やクッション性など、通常の運動靴にはない走りをサポートする特徴が備わっています。

特にミッドソールとアウトソールのクッション性の高さがポイント。足を着地の衝撃から守るため、初心者はもちろん多くのランナーの怪我を防ぎ、快適なランニングを実現します。

スニーカーとの違い

ランニングシューズは走りを重視した機能性の高さが特徴です。クッション性や反発力に優れたソールは耐衝撃性があり、足や関節にかかる負担を緩和するだけでなく、次の一歩を軽やかにしてくれるサポート力も魅力のひとつ。

一方スニーカーはラフやキレイめなど、どんなファッションにも合わせられるデザイン性に優れたアイテムが目立ちます。普段履きとして疲れにくい構造のものもありますが、ランニング時の体への負荷軽減を考えるなら、専用のランニングシューズがおすすめです。

初心者がランニングシューズ使うメリット

ランニングシューズはベテランはもちろん、初心者ランナーにこそ使ってほしいアイテム。通常、ランニング時に負担がかかりやすいのは足や腰など下半身です。着地時の衝撃は、自分の体重の2倍~3倍の重さともいわれます。

姿勢や体重移動など、まだ走るフォームが定まっていない初心者は、とりわけ体に負担がかかりやすいでしょう。そのため、クッション性が高いランニングシューズは足腰へのダメージ緩和に役立ちます。

またランニングシューズは地面を捉えやすく蹴りやすいため、走り慣れないランナーも快適にランニングを続けられるのがメリットです。

初心者がランニングシューズを選ぶコツ

ランニングシューズは素材やデザインなど、各メーカーさまざまなアイテムが展開されています。初心者が選ぶ場合は、フィット感などサイズはもちろん、ランニングシューズならではの特徴にも着目しましょう。中でも以下の4点を重視してください。

1.自分にフィットするサイズで選ぶ

足へのフィット感は、ランニングシューズ選びでは何より注目したいポイント。締め付けず大きすぎないものを選びましょう。ベストサイズを見つけるには、足の長さだけでなく足の幅やワイズも大切です。一般的に日本人は甲高・幅広が多いといわれているので、参考にしてみてください。

つま先1cm程度の余裕を作るのがおすすめ

ランニングシューズは、つま先に親指程のゆとりがあるサイズを選ぶのがおすすめです。フィッティング時にそのままの状態で親指を軽く曲げられるかどうか、確認してみてください。

大きすぎるとかかとが浮き、着地が不安定になり怪我のリスクが高まります。足先が窮屈だと、摩擦により指の間やかかとに靴擦れが起きる可能性も。血液の巡りも悪くなり、疲れやすさに繋がります。

横幅サイズ(ワイズ)も忘れずチェック

サイズと同様に、足幅とワイズも足に合っているか要チェック。足幅とは、親指付け根あたりの骨のでっぱりと、小指付け根の骨をまっすぐ結んだ長さです。一般的に日本人の足幅は広めで、「幅広」といわれます。

ワイズは足幅の厚みを指し、足幅にメジャーを合わせ足の甲を一周させて測る長さです。ワイズが小さいとサイズの合った靴でも脱げやすく、大きすぎると窮屈に感じます。足へのフィット感にも直結するため、ランニングシューズを選ぶ際は忘れず確認しましょう。

2.軽量感よりクッション性を優先して選ぶ

多くのランニングシューズは走りやすいよう軽量化されているのが特徴です。

重さは約150g~約350g程と各メーカーやアイテムによって差はあるものの、一般的なスニーカーより軽量モデルが多く、スピードを出しやすいのがメリット。速さを競うならおすすめですが、初心者ランナーは軽さよりクッション性を重視してランニングシューズを選ぶのがベストです。

着地時に足腰への衝撃を和らげるので、疲れにくさや慣れない方の怪我の予防にも繋がります。

ミッドソールはクッション性を重視

クッション性の高いランニングシューズを選ぶには、「ミッドソール」の素材や厚みを確認してみてください。ミッドソールは3層構造の靴底(ソール)の中間部にあたり、着地時の衝撃を和らげる働きがあります。

ランニングは主に下半身に負荷がかかりやすいスポーツ。足腰へのダメージは、自分の体重の2倍~3倍もの重さともいわれます。まだフォームが定まっていない初心者ランナーには厳しく、長時間続けると怪我のリスクも高まるでしょう。

そのためランニングシューズのミッドソールには充分な厚みがあり、衝撃を吸収してくれる素材を採用しているアイテムがおすすめです。

3.反発性の低いモデルで選ぶ

反発性とは次に蹴り出す一歩をサポートしてくれる機能です。足の疲れを軽減しつつ、一定のテンポで長い距離走れるのが魅力。その反面、高すぎる反発性はゆっくりしたリズムを保ちにくい傾向があります。

初心者が反発性の高すぎるランニングシューズを履くと、自分の力量以上のオーバーペースに陥りがち。怪我のリスクを避けるためにも、慣れないうちは反発性が低いランニングシューズを選びましょう。

初心者はカーボンソール搭載は避ける

反発性の高いモデルの中でも、特にミッドソールに「カーボンソール」が搭載されたアイテムは注意が必要。通常とても強固な素材のカーボンソールは、強い負荷がかかると屈曲し、同時に元に戻ろうとする力が生まれます。その反発力こそ、ランニングシューズで走った時のスピードの出しやすさといえるでしょう。

マラソンのようにタイムを競う大会ではカーボンソール搭載のランニングシューズは役立ちます。しかし筋力不足や適切なフォームを保ちにくい初心者はいつも以上のパワーが引き出されるため、余計に体へダメージを受ける可能性も。ランニングシューズはランニングのレベルに応じて選ぶのがおすすめです。

厚底ランニングシューズの利用は慎重に!

カーボンソール搭載のモデルにも多いですが、普段履きにもおしゃれな厚底タイプのランニングシューズも話題です。スタイルアップにも役立ち、トレンドアイテムとしてファッションにも取り入れられ、使用時はモチベーションアップに繋がりそうですね。

ただし踏み込みの際に軸がブレやすく、慣れていないと怪我のリスクも高いです。薄すぎてもクッション性が期待できないため、ランニングシューズはソールに適度な厚みがあるタイプを選びましょう。

4.安定性をチェック

ランニングシューズの安定性は快適な走りに繋がるため、どのランナーにとっても重要なポイント。足へのフィット感はもちろん、走行中のブレにくさやヒールカップ、アウトソールにほどよい硬さがあるかも確かめておきましょう。

適度な硬さのヒールカップを選ぶ

安定した走行を実現するランニングシューズは、ヒールカップを指で押しても潰れません。かかとを包み込む半円状のヒールカップは、足を包み込み重心をまっすぐ保つ役割があります。

しっかりした造りのものを選べば、走行時の体重のブレが減り正しいフォームを長く保てるでしょう。やや硬めのヒールカップがおすすめで、両側からかかと部分を指で押して型崩れしないアイテムを選んでください。

なおヒールカップはランニングシューズのかかと部分の内側・外側と、アイテムによって搭載箇所が異なります。初心者にはより安定力が高い内側タイプがピッタリです。

アウトソールの硬さがあるかもチェック

クッション性や耐衝撃性、走行の効率性など、ランニングシューズ全体の機能性は、アウトソールを両手で左右から押して確かめられます。

適度な硬さで押し返す力があり形が崩れないものは、重心がブレにくく正しいフォームで走るのにピッタリ。体重もしっかり支えるため、足裏にも余計な力がかかりません。衝撃吸収にも優れており、足や腰へのダメージも軽減してくれるでしょう。

とりわけつま先や土踏まずあたりのアウトソールは、ピンポイントで疲れに直結します。ほどよい弾力でフィット感のあるものを選べば、足裏の筋肉も上手に使えるはずです。

全10商品

おすすめ商品比較表

ミズノ ランニングシューズ マキシマイザー 26

アンダーアーマー ランニングシューズ チャージドパス―ト2

ミズノ ランニングシューズ ウエーブレガシー

ニューバランス ランニングシューズ ME432

アディダス ランニングシューズ ギャラクシー 6

アシックス ランニングシューズ GT.1000 12

ミズノ ランニングシューズ ウエーブリボルト 3

ニューバランス ランニングシューズ DynaSoft Flash v6

アディダス ランニングシューズ GLX 5 KZJ83

ミズノ ランニングシューズ マキシマイザー 25

最安値
タイムセール
¥4,701-21%
参考価格¥5,940
タイムセール
¥5,318-18%
参考価格¥6,500
タイムセール
¥11,880-10%
参考価格¥13,200
タイムセール
¥4,915-24%
参考価格¥6,490
タイムセール
¥5,980-5%
参考価格¥6,270
Amazonカスタマーレビュー
4.2263
4.28,303
4.363
4.23,138
4.23,729
4.3184
4.3137
3.914
4.32,689
4.2134
購入リンク

メンズランニングシューズのおすすめ6選

ここからはメンズランナーにおすすめの6点を紹介します。どれも初心者にピッタリの機能性にこだわったアイテムなので、ぜひランニングシューズを選ぶ際に参考にしてみてください。

PR
ミズノ ランニングシューズ マキシマイザー 26

商品情報

ブランド ミズノ
外装 合繊
素材 合成繊維・人工皮革・合成皮革
底材 合成底
特徴 クッション性が高く普段履きにもおすすめ
ミッドソールにやわらかい新素材「SOFTIERFOAM」を採用
アッパーは幅広タイプの3E

普段履きにもなるおしゃれなランニングシューズをお探しなら、ミズノの「マキシマイザー26」はいかがでしょうか。カラーバリエーションが豊富で、自分好みの一足を見つけられます。ミッドソールに新素材を採用し、従来品よりやわらかさは約10%アップ。快適な足の運びをサポートします。かかと部は光を反射する素材が使用され、夜間のトレーニングにも大活躍の一品です。

PR
アンダーアーマー ランニングシューズ チャージドパス―ト2

商品情報

ブランド アンダーアーマー
外装 メッシュ
素材 合成素材
ソール素材 合成ゴム
特徴 軽く通気性の良いメッシュ素材のランニングシューズ
フォームパッド・ソックライナーによりフィット感アップ
圧縮成形フォームによる高い反発力と耐久性

通気性のよいメッシュのアッパーが特徴的です。フォームパッドやソックライナーの絶妙な配置で、フィット感を得やすいのも魅力。元に戻る力が強い圧縮成形フォームをミッドソールに搭載し、初心者の足の運びも軽やかにサポートします。どんなスタイルにもマッチするシンプルなデザインで、ちょっとそこまでの外出にも役立つでしょう。

PR
ミズノ ランニングシューズ ウエーブレガシー

商品情報

ブランド ミズノ
外装 合成繊維・人口皮革
ソール素材 合成底
特徴 ミッドソールにオリジナルの高反発素材「ミズノエナジー」搭載
「MIZUNO WAVE」により高いクッション性と安定性を実現
アウトソールは耐久性の高い「X10」採用

単色でシンプルながらも、合成繊維と人口皮革の外装が高級感を漂わせるランニングシューズです。こだわりのソールが自慢で、ミッドソールにはオリジナル素材「ミズノエナジー」を搭載。着地時の衝撃を和らげつつ、次の一歩が踏み出しやすい反発力も高めています。また「MIZUNO WAVE」を採用し、優れたクッション性と安定性も併せ持っています。アウトソールは耐久性が高く、軽い走り込みから本格的なトレーニングまで幅広く活用できる一足です。

PR
ニューバランス ランニングシューズ ME432

商品情報

ブランド ニューバランス
外装 メッシュ
ソール素材 ゴム
特徴 ミッドソールをアウトソールと一体化したグラウンドコンパクト型
普段履きにも最適な外装メッシュ素材
アウトソールには最小限のラバーを採用し軽量化を実現

ニューバランスのランニングシューズは、一体型のグランドコンパクト型のソールが特徴的。軽さが魅力の素材「ACTEVA」を、より軽量化し快適な履き心地を実現しています。さらにアウトソールに配置するラバーを最小限に抑え、クッション性を保ちつつ使用感はストレスフリーに。カジュアルなメッシュ素材にブランドロゴの「N」が映える、普段履きもサマになるおしゃれなランニングシューズです。

PR
アディダス ランニングシューズ ギャラクシー 6

商品情報

ブランド アディダス
外装 合成繊維
ソール素材 ゴム
特徴 普段履きからトレーニングまで幅広い用途に対応
ミッドソールは軽く使用感の良い独自素材「Cloudfoam」
アッパーの50%にリサイクル素材を採用

汎用性の高いランニングシューズなら、アディダスの「ギャラクシー6」がイチオシです。アッパーはシンプルながらも通気性に優れた合成繊維で、散歩や通学通勤、トレーニングなど幅広いシーンにマッチします。ミッドソールには独自素材「Cloudfoam」を採用しているのもポイント。軽く快適な履き心地とクッション性の高さにより、ランナーの快適な走りをサポートしてくれるでしょう。ブランド力も高く、初心者でも最初に手に入れたい品のひとつです。

PR
アシックス ランニングシューズ GT.1000 12

商品情報

ブランド アシックス
外装 合成繊維・合成樹脂・人工皮革
ソール素材 ゴム
特徴 ソフトな履き心地のメッシュ地アッパー
シュータンとアッパーの一体化構造でサポート力をアップ
ブレを抑える安定感あるデザイン

やわらかく快適な履き心地とスタイリッシュなデザインが魅力的な一足です。シュータンとアッパーが一体化した構造で、サポート力に優れているのがメリット。足裏もフィット感が高く、走行時に重心のブレを防ぎつつ、正しいフォームへ導いてくれます。カジュアルな外装で気兼ねなく普段使いでき、よりアクティブな動きにも対応したランニングシューズです。

レディースランニングシューズのおすすめ4選

女性のランニングシューズデビューには、専用のレディースモデルがおすすめです。さまざまなアイテムの中でも、最初に押さえておきたい4点を紹介します。

PR
ミズノ ランニングシューズ ウエーブリボルト 3

商品情報

ブランド ミズノ
外装 合成繊維
ソール素材 合成底
特徴 豊富なカラーバリエーション
クッション性と安定性を高めるウェーブ構造
広めのソール幅で安定性アップ

快適な走りも足元のおしゃれも楽しみたい女性には、カラーバリエーションが豊富なモデルをご紹介。シンプルスタイルから華やかモデルまで、多彩なデザインから選べます。アッパーだけでなくソールまでカラフルなデザインのアイテムも展開されており、自分だけの好みの一足が見つかるはず。ランニングシューズならではのクッション性と安定性の高さも魅力です。ほどよくカジュアルで、普段履きにも気兼ねなく活用できるでしょう。

PR
ニューバランス ランニングシューズ DynaSoft Flash v6

商品情報

ブランド ニューバランス
外装 合成繊維・合成樹脂
ソール素材 ゴム
特徴 普段使いからトレーニングまで幅広い用途に対応
シンプルな単一カラーに洗練されたロゴデザインが印象的

デザイン性が高く、おしゃれ履きに最適なランニングシューズです。軽やかなアッパーには流れるようなロゴデザインが施され、洗練された印象。コントラストが美しいブラックのほか、淡いブルーやグレーなどフェミニンな色味も魅力的です。専用アイテムは遠慮したいけれど、スカートにも合わせやすい兼用のランニングシューズを探している初心者の女性にピッタリですよ。

PR
アディダス ランニングシューズ GLX 5 KZJ83

商品情報

ブランド アディダス
外装 合成繊維
ヒール素材 ゴム
特徴 透湿性があり蒸れにくいランニングシューズ
ミッドソールにはクッション性の高い「Cloudfoam」を使用

まだ初心者でもランニングシューズはスポーツに特化したブランドから選びたい、という方にはアディダスのアイテムがおすすめです。クッション性に優れた「Cloudfoam」搭載のミッドソールや蒸れにくい透湿性のある素材など、トップブランドならではの使用感のよさが魅力。本格仕様でありつつも、定番の形・落ち着いた色味の展開で、普段着コーディネートとも相性良好です。気負わず毎日履きこなせるため、最初の一足にもってこいでしょう。

PR
ミズノ ランニングシューズ マキシマイザー 25

商品情報

ブランド ミズノ
外装 フェイクレザー
ソール素材 ゴム
特徴 最初の一足に最適な手頃な価格帯
ゆったりした履き心地の幅広ワイズ設計
かかと部は夜間に役立つ反射材を配置

手頃で機能性もよく、最初の一足として最適なランニングシューズ。ゆとりを持たせたワイズ設計で、甲高・幅広の足にも絶妙にフィットします。足幅が広めでピッタリのサイズが見つからない女性にもおすすめ!強靭な素材を採用したアウトソールには、無数の溝を設け、足裏の動きに合わせて曲げやすいよう仕上げています。見た目にも涼しげなメッシュ地で、シーズン問わず利用できるのもポイントです。

初心者こそランニングシューズで快適な走りを!

ランニングシューズは快適な走りをサポートしてくれる、ランナーの心強い相棒です。足や腰へのダメージも軽減するため、慣れていない初心者にこそおすすめといえるでしょう。

色やデザインも豊富で、おしゃれなアイテムも豊富なため、一足持っているとモチベーションアップに繋がるはず。ぜひフィット感やクッション性など試し履きでチェックして、理想的なランニングシューズを見つけてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

靴・シューズのカテゴリー

その他のファッションカテゴリー

新着記事

カテゴリー