この記事で紹介されている商品
LEDランタンのおすすめ10選!キャンプや車中泊、防災対策に便利な商品

LEDランタンのおすすめ10選!キャンプや車中泊、防災対策に便利な商品

キャンプやインテリア、防災にも活用できるおしゃれな「LEDランタン」。ガスやガソリンなどの燃料を使わないため、テント内や車中泊で使っても安心です。どう選べばよいのかわからない方のために、本記事ではLEDランタンのメリットや選び方を解説します。また、おすすめ商品もご紹介しているので参考にしてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

LEDランタンとは?

LEDランタンとは、ガソリンやLPガスなどを使用しない、電気式のランタンのことです。一酸化炭素中毒や火事の心配がないため、初心者の方や子どもでも気軽に使えます。LEDランタンの素材にはガラスを使用していないタイプが多いので、頑丈で壊れにくい構造なのも特徴です。

LEDランタンは丸いものから細長いものまで、さまざまな形状の商品が登場しています。おしゃれなデザインも多いので、アウトドアで使用しないときは、部屋のインテリアとしても使えますよ。LEDライトは寿命が長く、消費電力が少ないのでコスパのよいアイテムといえるでしょう。

ガスランタンとの違い

ガスランタンは、マントルを燃やすことで発光する照明器具です。マントルとは絹糸やレーヨンなどで作られた布製の袋のことで、マントルの有無で明るさが異なってきます。

ガスランタンの使い方はノズルを回し、スイッチを押すだけで利用できるため、初心者キャンパーにとって扱いやすいのが特徴です。また、ガス缶を使用するため、すでにガスバーナーやガスコンロを使っている方にとっても追加で購入しやすいでしょう。ただし、燃料が必要となり、LEDランタンよりもコストがかかるのがデメリットです。

LEDランタンのメリット

これまではガスランタンが扱いやすく定番でしたが、LEDランタンも性能がよくなり、最近は選ぶ人が増えてきています。ここではLEDランタンを使うメリットをご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

簡単に点灯して手間がない

LEDランタンを使用する際は、スイッチを押すだけで点灯・消灯ができます。さらにガスランタンのような燃料系の照明器具とは異なり、メンテナンスが不要なのも魅力でしょう。初めてランタンを使用する方も簡単に扱えるという点が、LEDランタンの大きなメリットです。

安定した明るさを得られる

燃料を使うランタンの場合は、風の有無やマントルの種類によってその都度明るさが異なります。LEDランタンならどんな風が強い中で使用しても明るさは一定のままです。

また、ガスランタンの炎のゆらめきに癒される一方で、本を読むときなどは目がチカチカしてしまうことがありますよね。LEDランタンは常に安定した明るさに調整できるので、目へのストレスを軽減できるでしょう。

火を使わないからテント内・車内でも使える

火を使うランタンは火事や一酸化炭素中毒になる恐れがあるため、テント内のような密閉された空間では使用できません。一方、LEDランタンはガスを使用しないため、テント内や車内でも使えるというメリットがあります。懐中電灯やヘッドライトを別々に用意する必要がないので、荷物を減らせるのもポイントです。

防災アイテムとしても役立つ

万が一天災などで電気のライフラインがストップしてしまったときも、LEDランタンは防災アイテムとして役立ちます。

ろうそくを明かりとして使った場合は、暗闇の中でほんのわずかしか周りを照らせません。しかも火事になる恐れがあり危険です。LEDランタンであれば部屋の中でも使用でき、うっかり倒しても火事につながる心配はないでしょう。

LEDランタンの選び方

LEDランタンの選び方として、「明るさ」「給電方法」「光の色味」「連続点灯時間」が挙げられます。ここではそれぞれどのように選べばよいのかを解説します。

1.明るさ・ルーメンで選ぶ

ルーメンとは「光の明るさを測る単位」のことです。ルーメン数が高いほど、明るさが強くなります。ただし、同じルーメンでもLEDランタンの形によって明るさに差が出るのが特徴です。

たとえば、ライト型なら決まった方向に光を当てるため、明るさを強く感じます。一方、全方向に光を発するランタンタイプだと、同じルーメンでも少し暗めに感じることがあるかもしれません。これらを踏まえつつ、明るさ・ルーメンを選びましょう。ここでは「メインランタン」「サブランタン」を説明します。

メインランタン:1000ルーメン以上

メインランタンとは、キャンプ内の全体を照らすための照明器具のことです。一般的にメインランタンに必要なルーメンの目安は1000ルーメン以上といわれています。テントの周りを広範囲に照らすことによって夜間でも安全・快適に過ごせます。4,000円台で購入できる商品もある、コスパのよい照明器具といえるでしょう。

サブランタン:300ルーメン以上

サブランタンとは、主に手元や足元を照らすために使用する照明器具のことです。サブランタンのルーメン数は300ルーメン以上で、メインランタンよりも暗めなのが特徴。全体を照らすメインランタンの補助的な役割を果たします。サブランタンはテーブルでの細かな作業や夜間の読書などに向いていますよ。

兼用するなら調光できるタイプがおすすめ

調光とは、照明の明るさを段階的に調節できる機能のことです。たとえば、全体を照らすメインランタンを使用する際は大きな影ができてしまいますが、調光できるLEDランタンを兼用することで、その影を薄くできます。

2.給電方法で選ぶ

LEDランタンを選ぶ際は、給電方法も重要なポイントです。給電方法には「電池式」「充電式」の2タイプがあります。ここではそれぞれの違いや特徴を解説しているので、参考にしてください。

電池式

電池式のLEDランタンは事前の充電が不要で、電池があればすぐに使えるというメリットがあります。特にキャンプなど屋外で使用する場合は、予期せぬ事態が起こってもすぐにランタンを使えますよ。

電池切れでも電池を交換するだけで簡単に使用できるので、長時間のアウトドアにおすすめです。また、USB給電が難しい状況でも電池が手に入りやすいため、購入する選択肢として考えておきましょう。

充電式

充電式LEDランタンは電池の購入や交換などの手間が省けます。使い捨ての乾電池を使わない充電式LEDランタンは、廃棄物を出さずに済み、環境にもやさしいのがメリットです。

さらに家庭のコンセントで気軽に充電できるのもおすすめポイント。USBの充電式なら、充電中でも使用できて便利です。また、電池の重量が含まれないので、その分軽量になりますよ。

3.暖色系or白色系?光の色味で選ぶ

暖色系LEDランタンの魅力は、電球の灯りのような温かみのある光を作り出せるところです。暖色系の光は、白色系の光に比べてリラックス効果が期待でき、食べ物の色彩を引き立て、料理をおいしそうに見せる効果もありますよ。そのため、テントでのんびり過ごす時間やバーベキューなどのアウトドア料理を楽しむ際は、暖色系LEDランタンが適しているでしょう。

一方、白色系の光は部屋を広範囲まで明るくしたいときにおすすめです。調理や火おこしなど、特に細かな作業を行うときに向いています。ただし人工的な雰囲気になるため、シーンによっては暖色系と使い分けるとよいでしょう。

4.連続点灯時間をチェック

LEDランタンにはそれぞれ連続点灯時間が設定されています。そのため、どのくらい連続で使用できるのかを購入前に確認しておきましょう。

7時間以上使えるタイプがおすすめ

一泊のキャンプなら、LEDランタンの連続点灯時間は7時間以上使えるタイプがおすすめです。ただし、調光が可能なLEDランタンの場合、低モードや高モードなどによって持続時間が変わることがあります。長時間のアウトドアアクティビティをする場合は、念のために予備の電源を持っていくと安心でしょう。

5.機能性で選ぶ

LEDランタンには、ランタンとしての基本的な機能以外に「防塵・防水加工」「ハンドル・吊り下げフック付き」「モバイル機器充電可能なUSBポート付き」などの便利な機能を搭載しているモデルもあります。ここではそれぞれどのような機能なのかを解説します。

防塵・防水加工

LEDランタンの防塵・防水性は、アウトドアをする方にとって重要な項目です。防塵・防水の指標は「IP〇〇」で表され、左の数字が「防塵」、右の数字が「防水」を意味します。防塵には6段階、防水には8段階のレベルがありますよ。どちらも数字が大きいほど機能性が高くなるので、購入する前にチェックしてみてくださいね。

キャンプに使用するなら、ほこりや小雨にも耐えられる「IP5(防塵)4(防水)」レベル以上がおすすめです。なお、防水性がなく防塵機能のみの表示は「IP5X」となります。

ハンドル・吊り下げフック付き

LEDランタンを選ぶ際に、持ち運べるハンドルや吊り下げるフックなどプラスの機能があると便利です。上に吊り下げることでテントの中全体を照らすことができ、置き場所に困ることもありません。ハンドル付きのサブランタンなら、夜トイレに行くときにも持って行けますね。一つで複数の役割をこなしてくれる多機能なLEDランタンなら使い勝手がよく、使用頻度も高まるでしょう。

モバイル機器充電可能なUSBポート付き

モバイル機器充電可能なUSBポート付きなら、万が一キャンプ場でスマートフォンの充電が切れてしまっても、LEDランタンに差し込めば充電が可能です。

特に山の天気は移り変わりが激しく、スマートフォンで天気予報など細かく確認する必要があります。充電ができるLEDランタンがあれば安心できますね。

6.おしゃれなデザインで選ぶ

キャンプをする人が増え、おしゃれなLEDランタンも多く販売されています。レトロでかわいいデザインから近代的でシックなデザインまで幅広くあるので、自分のお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。

また、インテリアとしても活用できるので、自身の部屋の雰囲気に合ったLEDランタンを選ぶとよいでしょう。

LEDランタンのおすすめ10選

LEDランタンはルーメンや色味、機能性など、各ブランドによって異なります。ここではLEDランタンのおすすめをピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

丸い形がかわいい吊り下げタイプのLEDランタンです。吊り下げてテントの前室全体を照らせるほか、マグネット付きなのでポールにくっ付けても使えます。さらにウォームカラーに調整もできるので、シーンに合わせて使い分けられるのも便利ですね。スマートフォンが充電できる機能が搭載されており、万が一充電がなくなったときにも安心でしょう。目を引くレッドカラーががポイントです。

1300ルーメンの明るさで、室内やテント内を明るく照らすLEDランタンです。白色、昼白色、暖色の3段階調節ができ、シーンに合わせて好きなモードに変えられます。ゆっくり明るくなったり消灯したりすると「スローライティングスイッチ」が搭載されており、さらに本物の炎のように見える「キャンドルモード」を使えば素敵な雰囲気を演出できますね。

キャンパーの間では知る人ぞ知る「コールマン」のLEDランタンです。「マルチパネルランタン」が全方向を照らしてくれるので、キャンプ用だけではなく、ライフラインが途絶えてしまったときにも明るい光が安心感を与えてくれますよ。さらにスマートフォンを充電できるUSBポートもあり、災害時に連絡を取り合う手段を確保できます。また、最大800ルーメンまで設定でき、広い範囲を照らしてくれるのもポイントです。

Litake LEDランタン 充電式

Amazonカスタマーレビュー

4.5

Amazonカスタマーレビュー

(153件)

>

商品情報

商品モデル番号:‎Lu23-D
ブランド Litake
色 オリーブグリーン
電源 LED
商品の寸法 20.5L x 13W x 13H cm
取り付けタイプ シーリングマウント・ポールマウン

まるで昔の映画に出てくるようなレトロ感あふれるLEDランタン。落ち着いた雰囲気で、部屋のインテリアにも重宝します。ツマミを左右に回すと、電球色・昼白色・電球色+昼白色の3色に切り替えられ、シーンや気分によって合わせられます。また、10から600ルーメンまで調整ができ、寝る前の読書や手元を明るくしたいときに便利です。

パナソニック 多機能強力ランタン

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(91件)

>

商品情報

型番:BF-BL45M-W
光源タイプ 発光ダイオード (LED)
ブランド パナソニック(Panasonic)
色 ホワイト
電源 単1形電池×3本(電池別売)またはUSB 5V 1A以上
商品の寸法 16L x 11W x 17.5H cm

調光・調色機能が搭載されており、最大約800ルーメンの明るさがあるので、とにかくお部屋を明るくしたいときにおすすめです。停電時には自動点灯し、防災アイテムとして使えます。USB電源から入出力ができ、もしものときやアウトドアでも安心ですよ。マグカップのような持ち手がついていて、普段はインテリアとしてもおしゃれに飾っておけます。

キャプテンスタッグ アンティーク暖色LEDランタン

Amazonカスタマーレビュー

3.9

Amazonカスタマーレビュー

(2,481件)

>

商品情報

型番:‎UY-7065
ブランド キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
色 ブロンズ
電源 LED
材質 ガラス, 鉄, アクリロニトリルブタジエンスチレン (ABS)
商品の寸法 16L x 12W x 25H cm

味わいのある暖色系LEDランタンは、テント内や部屋を癒しの空間にしてくれます。光量は無断階で調整が可能なので、シーンに合わせて明るさを自由に変えられますよ。またカラー展開が多く、7色の中から好きな色を選べるのもうれしいポイント。ブロンズタイプのみLEDの形が少し異なり、よりナチュラルな光を発します。色違いで複数置いてみてもかわいいですね。

連続点灯時間が約15時間、照射距離が約7mあるLEDランタンです。やさしい光を放つ200ルーメンで、キャンプのときはメインランタンのサブにも活用できますよ。またIPX4の防水性能もあり、消灯中でも過放電を防いでくれる「長持ちバッテリー」が搭載されている多機能な商品です。

本体重量が242gと軽く、持ち運びにぴったりなLEDランタンです。明るさは440ルーメンなのでサブランタンとして活用できます。何日もキャンプに出かけるのに便利な電池式で、連続で8時間使えます。「キャンドルモード」が搭載されており、暖色光量の変化で本物の炎のように明かりがゆらめくのが特徴です。取っ手つきなので、吊るしたり持ち歩いたりするのにも便利ですね。

家電で人気のブルーノから販売されているLEDランタンです。スタイリッシュなデザインで、食卓の上に置いても楽しめます。昼光色、電球色、揺らぎモードの3種類から選択でき、好きなシチュエーションに合わせられるのがポイント。最大約35時間連続使用可能なので、一泊二日のキャンプにも大活躍するでしょう。

やさしい暖色系の光で癒し空間を演出できるLEDランタンです。磁石つきなので吊るす場所がなくても金属があればつけられます。オーバーヒート防止機能もあり、自動で明るさを下げてライトの温度が上がりすぎるのを防いでくれるでしょう。また、スマートフォンの充電が切れても安心の「パワーバンク機能」が搭載されています。

全10商品

おすすめ商品比較表

コールマン ランタン ハンギングEライト

GENTOS LEDランタン

コールマン クアッドマルチパネルランタン

Litake LEDランタン 充電式

パナソニック 多機能強力ランタン

キャプテンスタッグ アンティーク暖色LEDランタン

コールマン LEDランタン バッテリーガード

GENTOS LEDランタン

ブルーノ マルチLEDランタン

レッドレンザー MLシリーズ LEDランタン

Amazonカスタマーレビュー
4.62,090
4.31,990
4.33,619
4.5153
4.291
3.92,481
4.41,526
4.51,302
4.57
4.64,178
最安値
タイムセール
¥2,891-12%
参考価格¥3,300
タイムセール
¥6,555-40%
参考価格¥10,978
タイムセール
¥7,800-34%
参考価格¥11,801
タイムセール
¥4,922-20%
参考価格¥6,182
タイムセール
¥1,455-34%
参考価格¥2,200
タイムセール
¥2,164-43%
参考価格¥3,828
タイムセール
¥5,480-32%
参考価格¥8,000
タイムセール
¥8,450-44%
参考価格¥14,960
購入リンク

LEDランタンはシーンに合わせて使い分けが可能!

LEDランタンは調光やルーメン、給電方法などさまざまな選び方ができます。もともとおしゃれなデザインが多いので、レトロ系やスタイリッシュなモデルなど好みに合わせて選んでみてください。災害時やアウトドア、インテリアとしても役立つ便利なアイテムなので、お気に入りを見つけて、活用してみてはいかがでしょうか。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー