この記事で紹介されている商品
洗える枕のおすすめ10選!手洗いできるものから洗濯機で丸洗いできるアイテムまで

洗える枕のおすすめ10選!手洗いできるものから洗濯機で丸洗いできるアイテムまで

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

毎日清潔な状態で眠れる「洗える枕」。しかし「洗濯機で洗えるのか」「どれを基準に選べばいいの?」などの疑問を持つ方も多いかもしれません。そこで本記事では、素材や機能性などの選び方を解説します。また、洗える枕のおすすめ商品もご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

洗える枕のメリットは?

洗える枕のメリットは、やはり「洗濯で臭いが落ちる」「汚れが落ちる」ではないでしょうか。シャンプーした後でも頭皮は時間の経過とともに皮脂が増えます。特に湿気の多い夏場は汗や皮脂の過剰分泌により枕に染み込みやすくなり「いつの間にか嫌な臭いがする」ということになるのです。

皮脂や汗は雑菌やダニが好む環境を作ってしまうため、そのまま洗わずに放置していたら肌荒れの原因になるかもしれません。そんなときに洗える枕があれば、こまめに洗濯ができて毎日清潔な状態で眠れるでしょう。

洗える枕の選び方

洗える枕の選び方としては「洗える方法」「素材はどうか」「抗菌・消臭・防カビ加工があるか」「通気性・乾きやすさ」などが挙げられます。また、自分がどれを目的として使用したいのかが把握できるはずです。洗える枕の選び方を知りたい方は、ぜひ下記をご覧ください。

1.洗える方法で選ぶ

洗える方法は大きく分けて「洗濯機で丸洗いできるタイプ」「手洗いができるタイプ」があります。しかし、普段枕を洗わない方にとって、枕を手で洗うことは辛い作業になるのではないでしょうか。そのため、自分の生活スタイルに合わせられる方法で選ぶのがおすすめです。ここでは2つのタイプの方法をそれぞれ詳しく解説します。

洗濯機で丸洗い

洗濯機で丸洗いができるタイプの枕は、これ以上家事を増やしたくない方におすすめです。ただし、洗い方の表記が枕本体と枕カバーどちらに付いているかをきちんと確認してから洗うようにしましょう。洗濯機で洗えるといっても、正しい方法で洗わないと形が崩れたり傷む原因になったりします。長持ちさせるために、説明書をしっかり読んでから洗濯することが大切です。

手洗い

洗える枕でも「手洗い表示」が付いているケースもあります。洗濯機で丸洗いできる枕とは異なり、使用している素材が繊細な場合が多いです。そのため、中性洗剤で優しく洗い、脱水も手で行うようにします。時間がかかってしまうデメリットがありますが、大切な枕をずっと使い続けたい方におすすめです。乾くのに時間がかかるため、天気のよい日に洗いましょう。

2.素材を選ぶ

直接肌に触れる枕は、素材も重視する必要があります。とはいえ洗える枕に使用される素材は限られますが、心地よい眠りにこだわるなら素材重視で選びましょう。ここでは「パイプ」「ファイバー」「ポリエステル」「ウレタン」の4つの素材を詳しく解説しています。

パイプ

パイプ素材とは、5mm程度にカットされたストロー(パイプ)のことです。パイプは柔軟性があり、首や後頭部に合わせて枕をフィットさせる役割があります。耐久性や通気性に優れており、水洗いも可能です。パイプ素材は繰り返し洗っても劣化しにくいので、洗える枕として採用されることがあります。

さらにパイプ素材は基本的にプラスチック製なので、虫が湧く心配もなく防カビや防ダニ効果も期待できるのが魅力でしょう。ただし、寝返りを打つ際に素材のぶつかる音がするため、最初は慣れないかもしれません。やや硬めの使用感がありますが、これまで硬めの枕を使っていた方におすすめです。

ファイバー

ファイバー素材は超極細繊維のことで、羽毛のようなやわらかい肌触りが特徴です。高い吸水性や保湿性、速乾性があるため、丸洗いできる枕として使われます。通気性もあり、特に蒸し暑い夜にファイバー素材の枕を使用すると、涼しい状態を保てるので熟睡しやすくなるといわれています。

さらにファイバー素材は高反発素材なので、耐久性もあり寿命が長いところも魅力です。ファイバー素材の枕に頭を埋めるとそのままゆっくり沈み、包み込んでくれる感覚が得られるため、やわらかめの枕が好きな方におすすめです。

ポリエステル

ポリエステルは綿状にして枕の素材にすることで、軽量なのにボリュームのある枕に仕上げられるのが特徴です。さらにカビや虫に強い素材なのもメリットといえます。基本的に大量生産ができるポリエステルは、値段も安いことから多くのメーカーが使用しています。

ただし、丸洗いできるタイプは何度か洗っているうちにボリューム感がなくなってしまうこともあり、短いスパンで買い替えが必要になるかもしれません。中には通気性や弾力性に特化した「コンフォロフトわた」や、体に馴染みやすい「粒綿」などの特殊加工を施した枕も販売されています。自由度が高いので、お気に入りを見つけやすい素材でしょう。

ウレタン

ウレタンは手で押すとその形のまま残り、ゆっくりと元の形状に戻る性質が特徴です。そのため、枕として使用すると、頭の形にフィットして寝心地がよくなります。ちょうどよい場所で沈みが収まるため、首や肩に負担をかけません。姿勢を変えてもその形に合わせてくれ、心地よい眠りが得られます。

ただし、ウレタン素材は通気性が悪く、夏場に使用すると蒸れる可能性があります。使用する際は冬場にするなど対策が必要になるかもしれません。また、通常ウレタンは洗えない素材として紹介されることが多いのですが、メーカーによっては独自開発により洗える枕として販売していることがあります。

3.抗菌・消臭・防カビ加工などをチェック

寝ている間にかく汗はコップ1杯といわれています。そこに埃や皮脂、フケなどの汚れが混ざることで雑菌、臭い、カビの発生条件が整いやすくなります。特に「髪の毛を洗って乾かさずに寝ている」「口呼吸でよだれが出やすい」「たまにメイクを落とさずそのまま寝ることがある」という方は要注意です。

普通に寝ていても汚れは蓄積しますが、さらに上記のような条件が重なると枕は雑菌やダニなどが棲みついてしまいます。枕は顔に密着するため、汚れたまま使用しているとニキビの原因になるかもしれません。温度、湿度、栄養が揃うことで繁殖するため、抗菌・消臭・防カビ加工の枕があれば安心です。

4.通気性・乾きやすさをチェック

洗える枕は便利ですが、完全に乾かないとカビや臭いが発生する原因になります。衛生上にもよくないため、枕を選ぶ際は通気性や乾きやすさをチェックしましょう。使用している素材によって乾く時間は異なりますが、夏場だと4時間前後、冬場は7時間以上かかるといわれています。

乾く時間を考慮して枕を選び、しっかり乾いた状態で使うことが大切です。乾きやすい素材としては「ポリエステル綿」がおすすめです。ただし、前述したようにポリエステルでもデメリットがあるので、それを考慮した上で購入しましょう。

5.自分に合ったサイズ・高さ・形状で選ぶ

枕のサイズは「シングル」「セミシングル」「ダブル」と種類があります。骨格や寝返りを打つことを踏まえて大きさを決めるようにしてください。また、理想とする高さは人それぞれですが「仰向け寝なら1.5~5cm」「横向き寝なら4~10cm」「うつぶせ寝なら0.5~3cm」がよいといわれています。

首とマットの隙間を埋めるのが正しい寝方です。ただし、上記の数字は枕の高さではなく、枕に頭が沈んだときの高さです。そのため、沈むことを想定して選ぶようにしましょう。

さらに形状についても自分に合ったものを選ぶことが大事です。標準タイプの「長方形型」や頭をしっかり支えられる「首元安定型」「横向き対応型」などさまざまあります。目的に合わせて自分にぴったりな枕を見つけてくださいね。

6.硬めorやわらかめ?好みの硬さで選ぶ

硬めの枕は弾力があり、頭や首をしっかり支えてくれる特徴があります。さらに頭が沈まないので、寝返りがしやすいのもメリットです。寝返りをしないと体の一部だけに負担がかかり、血液の循環が悪くなります。

結果、肩こりや腰痛だけではなく、睡眠の質が落ちてしまいます。やわらかい枕と比較してフィット感はなくなるのがデメリットです。

一方、やわらかめの枕は頭ごと包み込まれ、眠る前の幸福感やフィット感を得たい方におすすめです。寝心地を重視しており、体勢によって自在に形を合わせられます。

ただし、やわらかすぎると寝返りが打ちにくいのと肩こりの原因になることがあるので、素材を選ぶ際は慎重に行いましょう。それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で選んでくださいね。

洗える枕のおすすめ10選

ここからは洗える枕のおすすめ商品をご紹介します。洗う方法や素材、機能性やサイズなどをチェックして、自分に合った洗える枕を見つけてください。早速見ていきましょう。

PR
アイリスオーヤマ 洗える枕

商品情報

製品サイズ(cm):幅約60×奥行約40
材質:<側生地>ポリエステル100%<マチ生地>ポリエステル100%<詰め物>ポリエステル100%
詰め物質量:約0.7kg
製品質量:約0.77kg
洗濯表示・液温:30℃

ふっくらとボリュームのあるアイリスオーヤマの洗える枕は、臭いや汚れを気軽に洗えます。通水マチ設計を施しており、水が出入りしやすく、しっかり乾燥できるのが特徴です。また、低ホルムアルデヒド仕様なので、ペットやお子様がいる家庭でも安心です。干し方も簡単で、脱水してから中綿の形を整え平干するだけで完了します。清潔感のある枕は来客用にも使えますよ。

PR
西川 ホテルテイスト マシュマロタッチ枕

商品情報

ブランド:西川(Nishikawa)
サイズ:60X40X3cm
中身の素材:ポリエステル
色:ホワイト
形状:円形

ホテルテイストの洗える枕は、ふわふわ弾力のある綿を使用しているのが特徴です。しっとりした肌触りが心地よく、頭を優しく包み込んでくれます。高密度生地を使っており、ダニを通しにくい仕様となっています。丸洗いした後はハンガーに吊るして干せる「ハンガーホール付き」なので、お手入れも簡単。ホテルで寝ているような感覚を楽しめるでしょう。

PR
アイリスプラザ ウォッシャブルピロー

商品情報

ブランド:アイリスプラザ(IRIS PLAZA)
サイズ:35×50㎝
中身の素材:ポリエステル
色:アイボリー・ピンク・ブルー
形状:円形

程よい硬さの洗える枕は、理想的な寝姿勢に導き睡眠の質を高めてくれます。中央部分に頭を安定させるための凹みを設計しており、フィット感を与えてくれます。中綿に通気性やクッション性のあるポリエステル綿を使用しているため、衛生的かつ埃も立ちにくいのが特徴です。3色のカラーバリエーションがあり、寝具に合わせてチョイスできます。

PR
エアウィーヴ ピロー ソフト

商品情報

ブランド:エアウィーヴ(airweave)
サイズ:幅約56×長さ約40×高さ約7~11cm
特徴:通気性・洗える・首サポート・調整可能
色:ホワイト
形状:円形

エアファイバーは90%が空気で、通気性や軽量性に優れた素材です。「エアウィーヴの洗える枕」は丸くくり抜かれたリングコアが入っているため、頭が安定して眠りにつきやすくなっています。現在使用している寝具の硬さや体型などに対応できる構造となっているのもおすすめポイントです。やわらかくて低めの枕が好きな方に向いています。

PR
モリピロ 洗えて干しやすいまくら

商品情報

ブランド:MORIPiLO
サイズ :約幅48×奥行30×高さ13cm
特徴:洗えて干しやすい / やわらか低反発
中身の素材:ポリエステル
枕タイプ:ベッド枕

国内老舗枕メーカーでもある「モリシタ」が生産した丸洗いできる枕です。まるで空気のようなフワッとしたニット生地と波型形状の中芯で、首や頭をサポートしてくれます。丸洗いした後にファスナーを開けて中の生地を出すと3分割になっており、そのままパタパタと下に広がります。干しやすいだけではなく、早く乾くのが魅力の商品です。

PR
EIYU 枕 洗えるNANOプラチナ

商品情報

ブランド:エイユウ(EiYU)
中身の素材:ポリエステル
色:ブラウン・ネイビー・アイボリー
サイズ:43x63cm
形状:長方形

EIYUの洗える枕は、国内の工場で一つずつ丁寧に作成した商品です。中綿には中空ポリエステルを使用していて通気性がよく、洗ってもすぐに乾きやすいのがポイント。さらに側生地に抗菌防臭加工を施しているので、雑菌や臭いを抑えてくれます。また、理想のカーブを保つことで首に負担がかかりにくくなっています。

PR
Shop Japan トゥルースリーパー セブンスピロー ウルトラフィット 洗えるプラス

商品情報

サイズ:シングル
形状:
色:ホワイト
素材:60%コットン, 40%ポリエステル(抗菌)
中身:ウレタンフォーム 
洗濯:洗濯機・洗剤使用可(サポート層を除く)

12本のスリットが入った「ウルトラフィットカット構造」によって、横向き寝でもフィット感が得られます。頭から背中までサポートしてくれる設計なので、大きめサイズの方でも楽な体勢で眠りにつけますよ。洗剤も使えて、気になる臭いや菌を洗い流してくれるでしょう。

PR
チチロバ 高反発枕

商品情報

ブランド:チチロバ(Titiroba)
中身の素材:ポリエステル
枕タイプ:ベッド枕
色:ホワイト
サイズ:普通 (43X63X20cm)

チチロバの洗える枕は、高めや低め、普通のサイズが選べるタイプです。サイズや大きさはホテル仕様となっていて、表面はツルツルで肌に優しく居心地のよさを感じますよ。さらに枕に圧力をかけてもすぐに戻り、心地よい眠りを誘います。中に使用している綿はふっくらやわらかく、低反発枕とは異なったふかふか感を得られるでしょう。

PR
HOSUR 高級ホテル仕様 枕

商品情報

ブランド:ホスール(HOSUR)
中身の素材:ポリエステル
色:ホワイト
サイズ:43×63cm
形状:長方形

ボリュームのある立体構造が特徴で、程よいやわらかさで寝返りを打っても首や頭を安定させられる枕です。弾力もあり、寝姿勢をしっかりサポートしてくれます。中綿には通気性のある「マイクロファイバー」を使っており、いつでも快適に眠れます。また、枕カバーが2枚付属しているので、カバーだけを洗うことも可能です。

PR
スウィートナイト 枕

商品情報

ブランド:Sweetnight
中身の素材:ポリエステル
色:ホワイト
サイズ:63×43×17cm
形状:長方形

まるで羽毛のようなふんわりとした寝心地が特徴の洗える枕です。中綿にはポリエステルを採用しており、通気性や乾きやすさは申し分ありません。Sweetnightの高反発枕は程よい硬さなので、フィット感も感じられます。高さが17cmあり、横向けに寝る方にもおすすめです。機能性が高いのにコスパが良い洗える枕は、重宝するアイテムといえるでしょう。

全10商品

おすすめ商品比較表

アイリスオーヤマ 洗える枕

西川 ホテルテイスト マシュマロタッチ枕

アイリスプラザ ウォッシャブルピロー

エアウィーヴ ピロー ソフト

モリピロ 洗えて干しやすいまくら

EIYU 枕 洗えるNANOプラチナ

Shop Japan トゥルースリーパー セブンスピロー ウルトラフィット 洗えるプラス

チチロバ 高反発枕

HOSUR 高級ホテル仕様 枕

スウィートナイト 枕

最安値
タイムセール
¥2,734-17%
参考価格¥3,300
¥16,500
¥19,800
タイムセール
¥999-42%
参考価格¥1,722
タイムセール
¥1,712-12%
参考価格¥1,945
Amazonカスタマーレビュー
3.949
3.816
3.8455
4.0119
1.01
3.611
3.72,339
4.03,834
4.52
4.74
購入リンク

洗える枕で快適に眠ろう!

洗濯機で丸ごと洗える枕なら気軽に洗濯ができ、常に清潔な状態を保てます。もし今お使いの枕の交換を考えているなら、今回ご紹介した洗える枕を活用してみてはいかがでしょうか。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のインテリア・家具カテゴリー

新着記事

カテゴリー