この記事で紹介されている商品

スニーカー向け靴用防水スプレーのおすすめ13選!選び方や使い方を解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

スニーカーを汚れや水分から守る「靴用防水スプレー」。大切なスニーカーをキレイに使うために必要なアイテムですが、選び方やデメリットは気になるところです。そこで、この記事ではおすすめのスニーカー向け靴用防水スプレーをご紹介。使い方や乾かす時間も一緒に解説しているので参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

スニーカーに靴用防水スプレーは必要?

スニーカーを長く履いていたいなら靴用防水スプレーを使用しておくのがベストです。靴用防水スプレーを使用することで「水や汚れを弾く」「シミができにくい」「ニオイの発生を抑えられる」といったメリットを得られるため、水分によるスニーカーの劣化を防げます。

また、防水スプレーによりスニーカーの内側に水が侵入しにくくなります。雨が降っていても快適に歩きやすく、どんな天気でも気にせずスニーカーで出かけられるでしょう。

靴用防水スプレーのメリット

靴用防水スプレーはシリコンやフッ素などの成分が靴の表面に膜を張るため、水分を弾くのが特徴です。また、汚れを弾く効果も期待できるので、ほこりや泥が付着しても靴が汚れにくくキレイな状態を保ちやすいでしょう。そのため、雨の日の外出はもちろん、飲み物を誤ってこぼしたときや水溜まりを踏んでしまっても汚れにくいのがメリットです。

また、布地のスニーカーの場合は濡れるとシミになる可能性があり、靴用防水スプレーで表面を保護することで、大切なスニーカーにシミができるのをガードしてくれます。さらに、靴用防水スプレーを施すことで、水が付くことによる菌の繁殖も防ぐことができ、水や汚れによるニオイ対策にも向いています。

靴用防水スプレーのデメリット

靴用防水スプレーを使うときは、ホコリや汚れが付着していない状態で使う必要があるため、すでに履いているスニーカーに使いたい場合には、一度キレイにしてからでないと十分に防水効果が発揮できません。

また、靴の素材によっては変色する可能性があるのもデメリットです。例えばすでにワックスでお手入れしている革靴に使うと、靴用防水スプレーが浮いて白くくもった仕上がりになることも。そのため使う素材に合った靴用防水スプレーを選ぶことが大切です。

さらに、防水スプレーの効果は徐々に薄れていくため、定期的にお手入れをする必要があります。お手入れの回数が増え、手間がかかってしまうのもデメリットといえるでしょう。

スニーカー向け靴用防水スプレーの選び方

スニーカー向け靴用防水スプレーを選ぶときは「スニーカーの素材」「速乾性」「容量」「防水効果の持続性」の4つのポイントに注目しましょう。それぞれ詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.スニーカーの素材に合わせて選ぶ

選び方に悩んだときは、スニーカーの素材に合わせて選ぶのがおすすめです。合成繊維であるナイロンや天然繊維の綿や麻を使ったスニーカーにはフッ素系スプレーを選びようにしましょう。

フッ素系スプレーは素材の通気性を保ちつつ、水や汚れを弾くのが特徴です。天然・人工革といった素材にも使えるため、さまざまな素材を使っているスニーカーにも使えます。ただし撥水効果の持続時間が短く、こまめにスプレーをする必要があります。

ほかには、スエードや革を使ったスニーカーを履いているなら、素材専用の防水スプレーがぴったりです。素材に合った防水スプレーは、革のやわらかさを保ったり、革に必要なラノリンやローズヒップオイルといった成分が配合されていたりと、防水以外のメリットも持ち合わせています。革製のスニーカーをたくさん持っているならこちらを選んでおくのがベストです。

2.速乾性をチェック

スニーカー向け靴用防水スプレーを選ぶなら速乾性にも注目してみてください。靴用防水スプレーの効果を正しく得るためには、しっかり乾燥させてから使うことが大切です。乾燥には数分で乾くものや数時間必要なものまであり、乾くまでの幅が広いため、出かける前に使いたい人や急な雨の日に使うなら、早く乾く速乾タイプを選びましょう。

スプレーの成分をしっかり定着させたいなら、出かける約30分前に吹きかけるのを目安にしてくださいね。ただし商品の成分によっても乾燥時間が異なるため、時間に余裕があるなら確実に乾燥する前日までスプレーしておくのがおすすめです。

3.容量で選ぶ

スニーカーがたくさんある人や、家族全員分使いたい人は靴用防水スプレーの容量を見て選びましょう。靴用防水スプレーは噴射距離や噴射時間によって変わりますが、100mlだと平均で約9足分のスプレーが可能です。こまめに使用することも考慮するなら、大容量の420ml前後のサイズを選ぶとコストも抑えられますよ。

一方で、鞄の中や旅行時などに携帯しておくなら、60ml程度のコンパクトなサイズが使いやすく便利なのでチェックしてみてください。なお防水スプレーを噴射する際はスニーカーの表面が軽く濡れるくらいかけましょう。

4.防水効果の持続性をチェック

こまめなお手入れが苦手なら、防水効果の持続性にも注目です。靴用防水スプレーの効果は時間経過や靴の摩擦などにより、徐々に薄れていきます。

雪の降る地域に住んでいたり、雨の降る時期にに使ったりしたいなら、防水効果が長いものを選ぶとこまめにスプレーをかけ直す必要がないため便利ですよ。防水効果は長くても約1週間ほどなので、できるだけ持続性の高いものを選んでみてくださいね。

スニーカー向け靴用防水スプレーのおすすめ13選

ここからはスニーカー向け靴用防水スプレーのおすすめを13選ご紹介します。コロンブスやセメダインといった各メーカーのなかから、長時間防水タイプや多機能タイプなどをピックアップしたので、それぞれのポイントや特徴を参考にしながら目的に合うものを選んでみてくださいね。

PR
コロンブス 防水・防汚スプレー

商品情報

外装素材 合成樹脂
耐水レベル 撥水剤
原産国 日本
原材料・成分 フッ素樹脂、石油系炭化水素、第4類第1石油類298mL
特徴 撥水、撥油、防汚効果、長時間

スニーカーの繊維に細かくフッ素コーティングを施し、雨や油、泥汚れなどから守る靴用防水スプレーです。機能性に優れ、キャンバスやナイロン、天然皮革や起毛といったさまざまな素材のスニーカーに使えるのが特徴です。スニーカーのみならず、傘やバッグ、帽子といったさまざまなアイテムにも使えます。通気性を損なわないため、靴の中の蒸れやカビ対策にも重宝するでしょう。

PR
クレッププロテクト スニーカー 防水スプレー

商品情報

内容量 200ml
素材構成 石油系溶剤 フッ素系撥水剤 LPG
外装素材 石油系溶剤、フッ素系撥水剤、LPG
原産国 日本
特徴 30分で乾く、スエードやヌバックやキャンバス素材に使用可能

こちらの商品は、1缶で約12足分使用でき、1回の使用で最大約4週間効果が持続します。スエードやヌバック、キャンバス、ナイロンといったスニーカーに使われる多くの素材に対応しているため、ひとつ用意しておけば幅広いスニーカーに使えるのが魅力です。通気性や風合いは損なわずに水や油、汚れなどをガードし、大切なスニーカーを守ってくれるでしょう。

PR
LOCTITE 超強力防水スプレー

商品情報

  メーカー ‎ヘンケルジャパン(Henkel Japan)商品の重量 ‎240 g主成分 フッ素樹脂製造国 日本サイズ ‎420ml特徴 多用途対応  

フッ素系樹脂を使った水や油を強力に弾く靴用防水スプレー。スプレーの付着率が高く、成分が周りに飛び散りにくくなっています。弱い溶剤を使うことで色落ちがしにくいため、カラフルな素材や皮革に使えるのもうれしいですね。最短約20分で乾燥するのもポイントで、素材の風合いを損なわないため、大切なスニーカーや衣類・バッグなどにも使えます。

PR
LOCTITE ハイクラス防水スプレー

商品情報

メーカー  ヘンケルジャパン
容量 420ml
原材料 ハイスペックフッ素樹脂
特徴 高い防水・防汚性、ふわっとコーティング、多用途

同メーカーの従来製品よりも高い効果が期待できるハイスペックなフッ素樹脂を配合し、水や汚れを強力に弾いてくれます。付着率を上げて素材をふわっとしたままコーティングするため、風合いや見た目を損ないにくいでしょう。1本で紳士革靴、約34足分スプレー可能と大容量なので、たくさん使いたい方にもぴったりです。

PR
マーキープレイヤー スニーカー用防水スプレー

商品情報

ブランド MARQUEE PLAYER(マーキープレイヤー)
色 #01 420ml
サイズ #01 420ml
特徴 防汚性、約1ヶ月持続、約20分で乾く

高い効果とお手入れのしやすさを重視したい方にぴったりです。スニーカー用に作られた防水スプレーで、高撥水・高撥油で雨や油、汚れからスニーカーをガードします。1度スプレーすれば効果が約1ヶ月持続し、スプレーしてから約20分で乾く速乾性も見逃せません。キャンバスやナイロン、革製品などさまざまな素材に対応しているのも特徴です。

PR
セメダイン 防水スプレー

商品情報

ブランド セメダイン(Cemedine)
商品の形状 エアゾール
商品体積 420 ミリリットル
原産国 日本
内容量 20ml
成分 フッ素樹脂
特徴 長時間持続、多用途タイプ

さまざまな素材に対応した多機能タイプの防水スプレー。綿や麻、合皮や皮革やスウェードといった素材に使えるので、あらゆるスニーカーに対応できるでしょう。撥油性もあるため、雨や泥のみならず油汚れも防いでくれます。透明素材の透湿性を損なわないので、白く曇る心配もありません。鞄やアウトドア用品など、スニーカー以外にも幅広く使用したいという方は要チェックです。

PR
SUN UP 強力防水スプレー

商品情報

ブランド ‎近与(KONYO)
色 ‎ブルー
容量 420ml ‎2個セット
素材 フッ素+シリコーン
特徴 10分で乾く、ハイブリットパワー

フッ素とシリコーンの2つの効果も持ち合わせたハイブリットタイプで、強力な撥水性と通気性を実現しています。約5~10分で乾く速乾タイプなので、急な雨やお出かけ前の使用にもぴったりですよ。繊維製品や透湿防水生地、革製品などに使える大容量タイプで、スニーカー以外にもバッグやレインコートなどに使えます。

PR
コロンブス プロテクトスプレー

商品情報

メーカー ‏コロンブス(Columbus)
原産国 日本
原材料 フッ素樹脂
容量 180ml
特徴 多機能性、UVカット

コロンブスのプロテクトスプレーは、スニーカーの色褪せを防止するUVカット機能も施されています。キャンバスやナイロン・合皮などさまざまな素材に対応しているため、素材や色を選ばずに使えるのも魅力のひとつ。同メーカーでシューズケア用品を揃えればスニーカーをさらに長持ちさせられるでしょう。撥水・撥油性にも優れているのであらゆる汚れからスニーカーを守ります。

PR
W.P.S. 防水スプレー

商品情報

ブランド W.P.S.
商品の形状 エアゾール
商品用途・使用方法 靴
素材の特徴 シリコーン
容量 420ml
特徴 抗菌、除菌

フッ素系樹脂とシリコン樹脂を採用した靴用防水スプレーです。高い防水・防汚性を実現しており、雨や汚れからガードしてくれるでしょう。抗菌・除菌効果もあり、スニーカーのひもやカバンなど、手で触れる機会の多い部分まで一気にスプレーできますよ。約5~10分で乾く速乾性タイプで、傘やカバンなどさまざまなアイテムに対応しているのもポイントです。

PR
is-fit 防水スプレー

商品情報

メーカー モリト
容量 300ml
使用用途 シューズ、レザー製品等
特徴 多機能性

オールマイティに使えるコスパのよい防水スプレー。キャンバスや麻、スエードや本染めなどさまざまな素材に使うことができ、通気性を損なわずに水分をしっかり弾いてくれます。300mlと容量が多いのに、1,000円以下で購入できるのも嬉しいですね。スニーカー以外の革製品や傘などにも使えるので、あらゆる製品の防水に役立つでしょう。

PR
ピノーレ 防水スプレー

商品情報

メーカー ピノーレ
原産国 日本
内容量 420mL
原材料・成分 LPGガス、第4種第1種石油類、フッ素樹脂、ノルマルヘプタン

雪や泥汚れなどを防ぐのにぴったりなピノーレの防水スプレーです。フッ素樹脂でスニーカーを保護するので、雨や雪の日のお出かけに重宝するでしょう。ドライクリーニングできる繊維製品やスキー用品などにも使えるため、大容量タイプでも無駄なく使えます。通気性もキープしてくれ、蒸れが気になる夏場でも使いやすいでしょう。

PR
木原産業 防水スプレー ギガバリア

商品情報

内容量 420ml
原産国 日本
使用用途 ビジネスシューズ/ブーツ/スニーカー/スキー・ゴルフなどのスポーツウエア/その他、キャンプ用品/傘/帽子/ズボンなどの繊維製品/バッグ等皮革製品

アウトドアシーンでも活躍してくれる防水スプレーです。水と油を弾くため汚れに強く、雨や雪からブロックしてくれるでしょう。キャンプ用品やスキーやゴルフなどのスポーツウェアにも使えるため、大切なアイテムを保護したい方にもおすすめ。420mlと大容量タイプなので、たっぷり防水スプレーを使いたい場合にも適しています。

PR
M.モゥブレィ オールマイティ防水・防汚スプレー

商品情報

メーカー M.モゥブレィ
用途 スニーカー、日用品、衣類
素材 フッ素成分
効果 撥水力長時間維持、オールマイティタイプ、色あせ防止

125ml、220ml、300mlなど好みの容量から選べるようになっており、速乾性、撥水・撥油性に優れているのが特徴です。細かい粒子のフッ素でコーティングするため、通気性を損なわずに使えるでしょう。スムースやムートン、ナイロンなど、幅広い素材に対応したオールマイティタイプで、革製品の色褪せが気になるという方にもぴったりです。

靴用防水スプレーの使い方

靴用防水スプレーの効果を最大限に発揮させるためには、正しく使うことが大切です。

まずスニーカーの汚れやほこりを十分に落としておき、防水スプレーに振る記載があればしっかり振った後にスニーカーから20~30cmほど距離をとり、全体が軽く湿るくらい吹きかけます。靴紐は外して個別にスプレーしておくと、全体にしっかりと防水効果を付与できるようになります。その後、乾いたのを確認してからさらに吹きかけると、より防水効果を実感できるでしょう。

使用頻度は?

靴用防水スプレーの効果は時間の経過とともに徐々に落ちてしまうため、最低でも月に1回の使用を目安にしましょう。スニーカーを履く機会が多いなら、週に1~2回かけておくと、高い防水効果が期待できますよ。

靴用防水スプレーを使用する際の注意点

靴用防水スプレーをするときは、靴用防水スプレーを吸い込まないためにマスクを着用した状態で、屋外で行うようにしましょう。もし室内で使用するなら換気扇の近くや窓を開けて換気をした状態で使用するのがマストです。

また、スプレーはスニーカーの内側に付着しないよう注意しましょう。カビや蒸れの原因にも繋がるため、新聞紙などを詰めた状態で使用するのがベストです。

ほかにも、スプレーをかけたあとはしっかりと乾いた状態でないと、正しい防水効果が得られないので、乾いているかどうかを忘れずチェックするようにしましょう。

大切なスニーカーには靴用防水スプレーを使おう

スニーカーは防水スプレーを施すことで水や汚れを弾き、水に濡れることによるニオイの発生も抑えます。素材に合った靴用防水スプレーを選べば、スニーカーが劣化しにくく、長く使えるようになるでしょう。大切なスニーカーを水や汚れから保護しながら使ってみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

靴・シューズのカテゴリー

その他のファッションカテゴリー

新着記事

カテゴリー