この記事で紹介されている商品

【2023年】麩菓子のおすすめ14選!選び方や麩菓子の歴史やアレンジ法もご紹介!

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

麩菓子は古くからあるお菓子の一つで、麩を主原料として作られています。最近では健康志向の高まりに伴い注目を集めていますが、麩菓子にもさまざまな種類があり、どれを選ぶか迷う人もいると思います。本記事では麩菓子の選び方をポイント別にご紹介したり、アレンジ法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

麩菓子の歴史

「麩菓子」の歴史は古く、日本の歴史書「日本書紀」にもその記述があります。麩自体は、中国から日本に伝わったとされ、古代日本では祭祀用の麩が作られていました。麩菓子としての歴史は、平安時代に入ってから始まります。当時は、菓子としての麩菓子は高級食材とされ、貴族の間で楽しまれているだけでした。江戸時代に入ると、庶民の間でも広まり、各地でさまざまな麩菓子が作られるようになりました。お菓子としても親しまれていましたが、お酒のつまみとしても食べられていたようです。現在では、和菓子の一つとして親しまれ、全国各地でさまざまな種類の麩菓子が作られています。

麩菓子選びのポイント

麩菓子を選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。一つ目に麩菓子にはさまざまなテイストの麩菓子があります。自分好みの味を見つけるのも大事だポイントです。麩菓子のサイズもさまざまで、食べ応えが欲しい時には長い棒状のものを、手軽につまみたい時には小さめのものを、同じ麩菓子でもサイズが変わるのその味わいも変化します。また、パッケージも選びも大切なポイントの一つです。まとめて袋に何本も入っているものや、個包装になっているものなどがあります。麩菓子は一度開封してしまうと湿気やすいので、一度に食べられる量に合わせて選んだり、少しずつ長期間楽しんだりと食べる頻度に合わせて選ぶのおすすめです。 黒糖が苦手な人や、少し変わり種を楽しみたい人は、見た目がカラフルな麩菓子もあります。手土産やギフト用には、カラフルな麩菓子は珍しいため喜ばれることもあるかもしれません。甘さも控えめなものが多いので、一度試してみるのもいいかもしれません。

1.自分の好みの味で選ぶ

麩菓子には主に黒糖が使われ、その黒糖の種類や濃さによって味が異なります。黒糖の中でも、産地によって味わいが違うものもあります。また、二度付けと呼ばれる黒糖を焦がしたような風味が強いタイプもあります。一緒に飲むなら、コーヒーや紅茶がおすすめです。特に二度付けの麩菓子はかりんとうに近い味わいで、ブラックコーヒーやお茶との相性が良いとされています。

PR
敷島産業 はちみつ入ふーちゃん

商品情報

10本×5袋

100% 10 I9 加工黒糖とはちみつを使用した昔ながらの懐かしい味わいを感じる麩菓子です。太めの棒状タイプで、ボリューム満点の食べ応えがあります。両端の硬さと、真ん中のふわふわさの食感を楽しめて麩菓子らし位仕上がりです。 原材料:加工黒糖、小麦粉、小麦たんぱく、はちみつ、米あめ、カラメル色素 加工黒糖とはちみつを使用した昔ながらの懐かしい味わいを感じる麩菓子です。太めの棒状タイプで、ボリューム満点の食べ応えがあります。両端の硬さと、真ん中のふわふわさの食感を楽しめて麩菓子らし位仕上がりです。 原材料:加工黒糖、小麦粉、小麦たんぱく、はちみつ、米あめ、カラメル色素

PR
鍵屋製菓 15本入りふ菓子

商品情報

1袋

人工甘味料を使用しない、黒糖の自然な甘さを堪能できるのが特徴です。卵殻カルシウムを配合しており、栄養面も考えて作られた麩菓子です。昔からあるので根強いファンが多く、ジャムやゼリーをつけて食べる人もいます。 原材料:小麦粉、砂糖、小麦たんぱく/卵殻カルシウム、膨張剤、着色料(赤3、黄5、青2、カラメル)

PR
やおきん こい旨ふ菓子 4本入り

商品情報

1袋

沖縄の8つの離島でしか生産されていない黒糖を「沖縄黒糖」と呼ばれており、その「沖縄黒糖」の1つが宮古多良間産黒糖を使用しているのが特徴で、麩菓子に2度、3度塗ることで、黒糖の濃い味わいを楽しむことができます。また、4本いりなので1人でも食べやすい量になっています。 含蜜糖(国内製造)、黒砂糖、砂糖、小麦粉、小麦蛋白(グルテン)/カラメル色素、膨張剤

PR
敷島産業 二度がけふ菓子

商品情報

12個×12袋

黒糖とはちみつを使用した2度がけの麩菓子です。濃厚な甘味と味わいが楽しめるので、甘いものが好きな人におすすめです。ブラックコーヒーや濃いめの抹茶などとの相性も抜群です。太めの棒状なので食べ応えもあり、満足感が得られます。 加工黒糖(国内製造)、小麦粉、小麦たんぱく、はちみつ、米あめ/カラメル色素

2.サイズ感で選ぶ

麩菓子を選ぶ際には、サイズも重要なポイントです。食べるシーンや食べ方によって、サイズを選ぶことができます。太めで長いものは、食べ応えがあり、ゆっくりと味わいながら食べたいときにおすすめです。短いものは、小腹が空いたときにピッタリです。また、たべきりサイズや一口サイズのものは、手軽に食べられるのでおやつやお茶請けにぴったりです。自分の食べるシーンや食べ方に合わせて、サイズを選んでみてください。

PR
マルキューの珍味 濃い黒糖ふがし

商品情報

この味は絶対クセになる もう他のふがしじゃ満足できない

麩菓子全体を濃い黒糖でコーティングされていて、見た目も濃い茶色でかりんとうのような色と味わいが特徴です。太くて長い麩菓子なので、ゆっくりと味わうことができるので、あまり重たくは感じません。濃口の深い味わいを楽しみながら食べてみてください。 原材料:砂糖(粗糖、加工黒糖、グラニュー糖、上白糖、糖蜜)、小麦粉、小麦たん白、カラメル色素、膨張剤

PR
トーカイ 10本入り黒糖ふ菓子

商品情報

1箱 12個入

昔からある黒糖の麩菓子です。太くて長い麩菓子10本入っているので、家族みんなで食べるのにも十分なボリュームです。大きめの麩菓子ですが、焼麩は柔らかく、口に入れるととろける食感が飽きさせません。どこか懐かしさを感じることができる麩菓子です。 原材料:砂糖(粗糖、加工黒糖、グラニュー糖、上白糖、糖蜜)、小麦粉、小麦たん白、カラメル色素、膨張剤

PR
創健社 下町 麩菓子

商品情報

12本

沖縄産の黒糖と北海道産の小麦のみを原料とし、余計なものを使用せずに作られた素朴な麩菓子です。大きさは2口ほどで食べられるプチサイズで作られています。昔ながらの職人技で丁寧に焼き上げられていて、黒糖の甘味と麩のサクサクふわふわな食感を楽しむことができます。 原材料:黒糖(沖縄)、小麦たん白、小麦粉

PR
敷島産業 徳用ふーちゃん

商品情報

135g

昔からある定番の麩菓子です。黒糖にはちみつをプラスしてこってりとした甘みのある麩菓子に仕上げられています。少し大きめの一口ですが、食べやすく、食べ応えもあります。麩菓子特有の両端のカリッとした黒糖が長さがないのでたっぷり味わえるのも魅力ですね。 原材料:加工黒糖、小麦粉、小麦たんぱく、はちみつ、米あめ、カラメル色素

PR
サンコー ムソー ふ菓子

商品情報

7本

国内産小麦粉で作ったお麩を軽く焼き上げ、沖縄県産さとうきびから作られた黒糖を加えた蜜がかかっているのが特徴です。1袋7本入りですが、太さもなく、軽い口当たりに仕上げられているので、食べきれちゃいますよ。 原材料:含蜜糖(国内製造)、小麦たんぱく(小麦(国産)、黒糖(さとうきび(沖縄県産))、小麦粉(小麦(国産))/膨脹剤(重曹)

PR
恒食 黒糖ふ菓子

商品情報

20本 10個

北海道産小麦と沖縄県産黒糖を100%使用。手のひらサイズでサクッと口当たりが軽いのが特徴です。また、個包装されているので、食べたい分だけたべれるのも魅力です。小腹が空いた時や子どものおやつなどにもたべやすいサイズです。 原材料:黒糖(国産)、小麦たん白(国産)、小麦粉(国産)

3.食べられる量やパッケージで選ぶ

麩菓子は湿気を吸いやすく、賞味期限が短いため、パッケージの種類によって選ぶのもポイントの一つです。麩菓子は一度開封してしまうとすぐに湿気ってしまうので食べ切れるサイズで購入するのがおすすめです。また、個包装されている麩菓子もありますので、一度に食べられる量を調節したい場合や、持ち運びにたい場合にはこういった商品もおすすめです。個包装のものは、長期保存にも向いているので、まとめ買いする場合には業務用サイズもチェックしてみてください。

PR
やおきん ふ菓子

商品情報

1本×30袋

ぱりぱり、さくさくの食感の麩菓子を食べやすいサイズに個包装した商品です。手を汚さずに食べられるのも魅力ですね。1本ずつ包装されているので保管しておくこともできます。イベント時に配るのもいいですね。サクサクとした食感と黒糖のほどよい甘さのシンプルな麩菓子です。 原材料:含蜜糖、黒砂糖、砂糖、小麦粉、小麦蛋白(グルテン)、膨張剤

PR
クロボー製菓 くろ棒

商品情報

1本×30袋

国産小麦100%を使用し、職人が黒糖蜜を1本1本手作業でつけています。外側は甘すぎず、内側は程よいしっとり感がパッケージ通りのケーキのような味わいが特徴です。食べ応えもあり、おやつにはぴったりです。また、個包装になっているので、手も汚しません。 原材料:含蜜糖(赤糖(粗糖、糖みつ)、黒砂糖)、小麦粉(国内産100%)、鶏卵、水あめ、膨張剤

4.カラフルな麩菓子にも注目!

黒糖以外で味付けされた麩菓子も多くあります。例えば、白砂糖で味付けされたものがあります。黒糖が苦手な人にはおすすめです。色鮮やかで見た目も楽しめるカラフルな麩菓子も魅力的です。味も、フルーツ味やチョコ、ミルク、抹茶など、かなりバラエティに富んでいます。試しに選んでみるのもいいかもしれません。いつもと違った麩菓子を楽しむことができるかもしれませんよ。

PR
敷島産業 こつぶさくら棒

商品情報

110g×6袋

桜をイメージしたやさしいピンク色が特徴の麩菓子です。黒糖は苦手だけど、さくら坊なら食べられるという人もいます。ほんのり甘くサクサクした食感で一口サイズなので、小さな子どもからお年寄りまで食べやすいのも魅力です。また、この商品は静岡県で人気の商品で静岡県限定のパッケージが売られているほど、県民からは愛されています。 原材料:砂糖、小麦たんぱく、強力小麦粉、甘味料(ステビア)、着色料(赤106)

PR
麩屋藤商店 麩菓子 たえちゃん

商品情報

6本入り

薄ピンクや黄色のお麩に、白い砂糖がコーティングされた甘さ控えめな味わいが特徴です。まるで綿菓子のようなピンク・イエロー・グリーンのパステルスカラーがかわいいですね。創業以来変わらない手法で作り続けていて、あっさりとした甘さと繊細な食感をお楽しみいただけます。 原材料:グルテン・小麦粉・砂糖・重曹・着色料(赤3・黄4・青1)

麩菓子のアレンジいろいろ

たくさん入っている麩菓子は封を開けるとすぐに湿気ってしまうデメリットがあります。そんな湿気ってしまった麩菓子や食べきれなくて余ってしまった麩菓子を使ったアレンジレシピもご紹介します。 「麩菓子のバター焼き」はとっても簡単で、麩菓子をバターでこんがり焼くだけです。黒糖の甘さがまるでキャラメルのような味わいになるので、キャラメル味のフレンチトーストを食べているかのような感覚です。 さらに、本格的なフレンチトーストにしたいなら、牛乳と卵を混ぜたボールに麩菓子を10分程度浸し、バターを敷いたフライパンで焼けば出来上がりです。また、アイスクリームとの相性も抜群なので、アイスと一緒に食べるとよりいっそうおいしい麩菓子のフレンチトーストが楽しめます。 簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

手作り麩菓子もできる!

麩菓子は自宅で簡単に作ることができます。 材料は焼き麩・黒糖・お水の3つだけです。 小さめの鍋やフライパンに黒糖とお水を入れ、弱中火でじっくりと焦げないように注意しながら加熱します。細かい泡がふつふつとしてきたら焼き麩を入れ素早く絡めましょう。まんべんなく黒糖の蜜が焼き麩に絡まったら取り出し、粗熱が取れるまでおいておき、粗熱が取れたら完成です。 また、黒糖が苦手な方は白砂糖やきび砂糖などを使っても作ることができます。 どれも簡単にできるので、ぜひ自分好みの麩菓子作りを試してみてくださいね。

昔ながらの懐かしい味の麩菓子。最近ではさまざまなサイズのものや色、味と選べる種類も増えてきました。その反面どれを選べばいいのか迷う人もいたと思います。今回の記事を参考に、自分の好みや用途に合った麩菓子を見つけてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー