この記事で紹介されている商品

レトルトタイプの中華丼のおすすめ8選!人気のアイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「レトルトタイプの中華丼」は、スーパーでも手軽に購入でき、電子レンジや湯せんで簡単に本格的な味わいが楽しめます。各メーカーからさまざまな種類が発売されており、どれがよいか迷ってしまいますよね。この記事では、レトルトタイプの中華丼の選び方をご紹介。アレンジ方法やおすすめ商品についても詳しく解説していきます。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

中華丼の素はレトルトがおすすめ!

中華丼の素には、レトルトタイプの他に、冷凍食品タイプや「フリーズドライタイプ、ごはん付きタイプや非常食タイプなどがありますが、家庭で常備しておくならレトルトタイプがおすすめです。 湯せんまたは電子レンジを使って温めるだけで、手軽に本格的な味わいが自宅で楽しめますよ。特に電子レンジで調理すれば鍋などの調理器具を準備する必要もないため、洗い物も少なく済み調理の手間がかからないのもうれしいポイントですね。 また、レトルトタイプはパウチ包装や箱入りなどがありますが、常温保存が可能なため冷蔵庫のスペースを気にすることもありません。味のバリエーションも豊富なので、ストックしておくのにも便利です。

レトルトタイプの中華丼の素はどう選ぶ?

ここからは、種類が豊富なレトルトタイプの中華丼の素を選ぶ際にどのようなポイントに注目すればよいのかを解説します。まず「好みの味わいや具材」であるかや「具材の種類」についても確認しましょう。また、ストックしておくなら「サイズ」についてもチェックしてみてくださいね。

好みの味わいや具材で選ぶ

中華丼の素のベースの味は、チキンブイヨンやポークブイヨン、ホタテエキスやカキエキスなどが使用されています。商品によって組み合わせや配合量が異なるため、それぞれ味わいにも違いがありますよ。商品の特徴を出すために、鶏だしや海鮮エキスを際立たせているものもあります。 また、具材は豚肉か鶏肉が入っているものが多いですが、野菜のみのタイプもあり、さらには、ごま油や黒胡椒、焦がし醤油風味などで味にアクセントを加えたものなど、種類も豊富です。好みの味わいや好きな具材から選んだり、数種類をストックして気分によって選んだりするのもよいですね。

具材の種類が多いと満足感もアップ!

中華丼の素の具材の種類についても、購入前にチェックしておくことが大切です。具材の種類が多いと自分で食材を用意する必要がなく、レトルトだけで満足感が得られるでしょう。 一般的に5~8種類程度の具材が入っているものが多いですが、なかには10種類もの具材が入っている商品もありますよ。1人分を作る際に自分で複数の具材を準備するのは大変なので、一度にたくさんの具材が食べられるのはうれしいですね。

サイズで選ぶ

レトルトタイプのパッケージは、パウチ包装や箱入りなどになっており、ストックして置く際には収納スペースに合ったものを選ぶとコンパクトに収まりやすいです。箱入りなら縦置きや横置き、重ね置きにも対応できますよ。パウチ包装なら、ピッタリサイズの収納カゴを利用すれば立ててすっきり収納可能です。 また、1袋に3個パックまとめて入っているものなら、3個購入するより収納スペースを抑えられます。内容量によってもパッケージの大きさは異なるため、食べる量と収納スペースを考慮して選ぶのがおすすめですよ。

レトルト以外のタイプにも注目

前述した通り中華丼の素はレトルト以外に、「冷凍食品タイプ」「フリーズドライタイプ」「ごはん付きタイプ」「非常食タイプ」などがあります。レトルトとは違った特徴や魅力などがあるため、用途によって使い分けるのもよいですね。

冷凍食品タイプ

冷凍食品タイプの特徴は、野菜がシャキシャキとしていることと、エビのプリッとした食感が楽しめることです。レトルトタイプの野菜は柔らかくしんなりしており、メインは肉類になっているものが多いため、食感を楽しみたい方は冷凍食品タイプがおすすめですよ。 また、比較的内容量が多い傾向にあるため、たくさん食べたい方にも適しています。レトルトタイプと同様に、湯せんや電子レンジで温めるだけなので手軽に調理可能です。

フリーズドライタイプ

フリーズドライタイプは、お湯を入れるだけで食べられるのがメリットの一つです。レトルトタイプや冷凍食品は、自宅以外で食べづらいですが、フリーズドライタイプなら職場でのランチや出張先のホテルなど、電子レンジがない場所でも気軽に食べられます。軽くてコンパクトなので、携帯にも便利ですよ。 常温保存が可能でストックとしても活躍します。ただし、他のタイプと比較して量が少なめなので、小腹がすいたときやもう一品追加したいときなどにおすすめです。

ごはん付きタイプ

もっと手軽に食事を取りたい方は、ごはん付きタイプを選ぶとより調理の手間を省けます。丼のような形状の容器にごはんが入っており、レトルトの中華丼の素をかけて電子レンジで温めるだけで完成しますよ。 ごはんを炊く手間や炊飯器の釜を洗う手間が省けるので、より気軽に食べられますね。時間のないときでも、きちんと食事をしたいという方に適しています。

非常食タイプ

災害時の対策としてストックしておくなら、非常食タイプが便利です。付属の発熱材で温められるので、火や水、電気なども必要ありません。ごはんが入った容器に中華丼の素をかけて食べるため、食器の準備も要りませんよ。賞味期限は製造日から約3年6ヶ月なので、万が一に備えておくのもよいですね。

メーカーで選ぶ

中華丼の素の種類は多く、どれも魅力的な個性があるため、商品選びに迷うこともありますよね。選び方に迷ったときは、有名メーカーのものから選ぶのもおすすめですよ。レトルトタイプの商品を扱っている代表的なメーカーの「ヒガシマル醤油」「マルハニチロ」「グリコ」をご紹介します。

ヒガシマル醤油

ヒガシマル醤油は、淡口醤油メーカーとして400年以上続く老舗のメーカーです。独自のものを生み出すという創業者の意志を受け継ぎながら、新しい商品を作り出しています。醤油やポン酢、酢などの調味料だけでなく、食材に混ぜるだけで味が決まる米飯用調味料や惣菜用調味料なども取り扱っていますよ。 「ちょっとどんぶり中華丼」は、肉や野菜、シーフードミックスなどを自分で用意する手間はかかりますが、フライパンで炒めて調味料を混ぜるだけで本格的な味わいが楽しめます。味付けがなかなかうまくいかないという方は、混ぜるだけの調味料シリーズを使えば、いつでも安定した味が作れるようになりますよ。

マルハニチロ

マルハニチロは水産食品企業で、加工食品や畜産などの幅広い事業をグローバルに展開しています。冷凍食品や缶詰で有名ですが、近年では介護食品でも名が知られるようになりました。その他、びん詰や練り製品、ソーセージなどの加工食品、またレトルト食品やカップゼリーなども取り扱っています。 「金のどんぶり」と称したレトルト食品は、中華丼をはじめ親子丼や麻婆丼、ビビンパなどの6種類がありますよ。さまざまな味をストックしておけば、バリエーションを楽しめるのは魅力的ですね。

グリコ

グリコは、チョコレートやスナックなどの菓子類やアイスクリームなどで有名ですが、その他の食品や飲料、乳製品やスポーツサプリメントなども取り扱っています。加工食品では、カレーやシチューなどのルーやレトルト食品、ごはんに混ぜるだけのチャーハンの素や雑炊の素などもありますよ。 「DONBURI亭」シリーズでは、中華丼や牛丼、親子丼など5種類のレトルト食品が販売されています。中華丼のパッケージは、箱入りや3食入りのパウチ包装、スタンディングパウチの3種類があり、スタンディングパウチは電子レンジ対応で袋ごと温められますよ。

レトルトタイプ!中華丼の素のおすすめ8選

ここからは、レトルトタイプの中華丼の素のおすすめを8商品ご紹介します。それぞれに味わいや特徴が異なるため、自分の好みに合ったタイプを見つけてくださいね。

グリコ DONBURI亭 中華丼

PR
グリコ DONBURI亭 中華丼

商品情報

内容量:210g×10個
商品サイズ(高さx奥行x幅):16.5cm×12.5.cm×26cm

10種類ものこだわりの具材が入った中華丼は、見た目にも満足感を与えます。一般的な内容量よりも多めの210gになっており、食べ応えも抜群ですよ。XO醤の深いコクがありながら、すっきりとした後口のあんで箸が進みます。 箱入りなので収納しやすく、ストックとしても便利。うずらの卵が入っているため、電子レンジではなくお湯で3〜5分程度温めてくださいね。

日本ハム 中華丼の具

オイスターソースとポークエキスを使用した中華あんは、風味豊かで本格的な味わいに仕上がっています。8種類の具材には、鶏肉と豚肉の両方が入っているため、食べ応えもありますよ。 3袋入りなので家族の食事で使用したり、常備しておいたりするのにも便利です。ごはん以外にも、焼きそばやラーメンにかけて食べるのもおすすめですよ。

ヒガシマル醤油 ちょっとどんぶり 中華丼

PR
ヒガシマル醤油 ちょっとどんぶり 中華丼

商品情報

原材料:【あんかけ用調味料】澱粉、砂糖、チキンエキス、食塩、粉末醤油、ポークエキス、しいたけエキス、にんじん、しょうが粉末、にんにく粉末、こしょう/増粘剤(加工澱粉、キサンタン)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、(一部に小麦・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

あんかけ用調味料と下味用調味料が入った米飯用調味料です。自分で用意した具材に下味用調味料を絡めて、フライパンで炒めた後に水で溶いたあんかけ用調味料を加えて、とろみがつくまで煮たら完成します。 自分で好きな具材をたくさん入れられるので、レトルトだけでは物足りないという方に適しています。少々手間はかかりますが、味つけに失敗がないので、安心して作れますよ。

マルハニチロ 金のどんぶり 中華丼

PR
マルハニチロ 金のどんぶり 中華丼

商品情報

原材料:野菜(白菜、たまねぎ、にんじん、たけのこ)、うずら卵(中国)、きくらげ、しょうゆ、植物油脂(ごま油、香味油)、砂糖、チキンエキス、発酵調味料、おろししょうが、食塩、中華だし、香辛料、酵母エキス調味料/増粘剤(加工でん粉、キサンタン)、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(V.C)、(一部に小麦・卵・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

「金のどんぶり」シリーズのレトルトタイプの中華丼です。チキンエキスや中華だしを使った醤油ベースの味に、焦がし醤油やごま油の風味がアクセントになっています。 うずらの卵が入った商品は電子レンジが不可になっているため、湯せんする必要がありますよ。1食あたりは78キロカロリー。1人前のパックが10個セットになった大容量の商品です。

からだシフト 糖質コントロール 中華丼

PR
からだシフト 糖質コントロール 中華丼

商品情報

具材感とボリュームにこだわった丼のもと

糖質コントロール中華丼は、野菜やきのこ類、豚肉などの糖質が少なめの具材を使っています。そのため、一般的な中華丼よりも糖質が30%カットと低糖質になっています。電子レンジ対応の商品となっているため、耐熱容器に移し替えてラップをかけて温められるので、お湯を沸かす手間がかかりません。

グリコ 菜彩亭 中華丼

PR
グリコ 菜彩亭 中華丼

商品情報

野菜(もやし(国産)、にんじん、たけのこ、スイートコーン、きくらげ)、砂糖、しょうゆ、たん白加水分解物、にんにくペースト、チキンエキス、ポークエキス、なたね油、ごま油、オイスターソース、しょうゆ風味ペ ースト、還元水あめ、食塩、しょうがペースト、香味油、香辛料/増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、香料、(一部に小麦・大豆・鶏肉・豚肉・ごまを含む)
内容量:140g×10個

野菜中心の丼が食べたい方におすすめの5種類の野菜で作られた中華丼です。スイートコーンの甘みと食感が、いつもの中華丼と違ったアクセントを加えています。具材は野菜のみで肉類は入っていませんが、丸鶏の旨味がよく染み込んだこだわりのだしで仕上げており満足感を得られますよ。 こちらも電子レンジ対応になっており、深めの容器に移し替えてラップをかければ、簡単に温められます。

大塚食品 100kcalマイサイズ 中華丼

PR
大塚食品 100kcalマイサイズ 中華丼

商品情報

~マイサイズで健康的な毎日に~ 100kcalマイサイズ
おいしく続けられるカロリーコントロール
白菜、たまねぎ、にんじん、たけのこ、きくらげ、鶏そぼろが入った具たくさんの中華丼
4種の野菜と魚介の旨み
ポーク白湯による濃厚なコクと旨み
フタをあけ、箱ごとレンジで簡単調理

1食あたり100キロカロリーに抑えた、「マイサイズ」シリーズの中華丼です。別売りの「マンナンごはん」と合わせても250キロカロリーになっております。フタを開けて、箱ごと電子レンジに入れて温められるので、耐熱容器に移し替える手間がかかりません。 4種類の野菜と魚介を使い、旨味のたっぷり出たあんに、ごま油と黒胡椒で食欲をそそる香りを加えています。中華丼のほかに、親子丼やグリーンカレー、蟹のあんかけ丼などの種類もありますよ。

S&B どんぶり党 中華丼

PR
S&B どんぶり党 中華丼

商品情報

原材料:野菜(たけのこ、玉ねぎ、人参、白菜、しょうが)、うずら卵、豚肉、きくらげ、みりん、豚脂、食塩、ごま油、砂糖、オイスターソース、チキンブイヨン、鶏豚エキス、ポークエキス、醤油、リンゴ酢、香辛料、白菜エキスパウダー/増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香料、乳酸Ca、(一部に小麦・卵・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

旨味の豊かな鶏だしが具材にしっかりと染み込み、オイスターソースのコクと深みであんの味わいを引き立てています。リンゴ酢を使用しているため、酸味がまろやかでさっぱりとした風味もありますよ。 熱湯の中に封を切らずに入れて、3~5分沸騰させるだけでおいしい中華丼が作れるので便利ですね。3袋入りの商品なので、箱入りを3個購入するよりも安価で、収納スペースもコンパクトに収まります。

レトルトタイプの中華丼で手軽においしい食事を楽しもう

レトルトタイプの中華丼は、種類が多く味のバリエーションも豊富です。具材やベースの味もそれぞれメーカーによって異なるので、いろいろ試してみて、自分に合ったものを見つけるのもよいですね。湯せんか電子レンジで簡単に温められて、本格的な味わいが楽しめるレトルトタイプは、自宅で常備しておくと重宝しますよ。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー