この記事で紹介されている商品

【2023年】おすすめのハイローチェア8選!選び方のポイントをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

赤ちゃんの育児をサポートしてくれる心強いアイテム「ハイローチェア」。ベッドやチェアなど、日中の居場所として活躍します。今回は、価格や特徴の異なるさまざまな商品の中から、おすすめの選び方や特徴を丁寧に解説。電動・手動タイプや幌・テーブル付きなどおすすめを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ハイローチェアは新生児から4歳頃まで使える

ハイローチェアは、赤ちゃんの寝かしつけ、食事、オムツ替えなど、育児シーンに合わせて使用できます。新生児期から4歳頃まで長く使えて、移動や高さ調整ができるタイプが一般的です。

キッチンで赤ちゃんを見守りながら料理したり、入浴後に一時的に寝かせておく場所として使ったり、掃除中に舞い上がるホコリから遠ざけたりと、状況に応じて柔軟な使い方ができます。安定性を高めるため重量があり、外への持ち運びには不向きですが、1台あればさまざまな育児場面で活躍してくれますよ。

ハイローチェアは「電動」「手動」の2種類

ハイローチェアは、スイングが自動で動く「電動タイプ」と、人の手で揺らして動かす「手動タイプ」があります。どちらも赤ちゃんのベット・チェアとして使え、移動や高さ調整ができる点は同じです。しかし、費用や機能面などに違いがあるため、しっかり理解したうえで選びましょう。ここからは、電動タイプと手動タイプのメリット・デメリットについてそれぞれ解説します。

電動タイプ

電動タイプは手で揺らす必要がないため、その間に家事や休憩ができるメリットがあります。揺れを調整したり、音楽を流したりと機能性にも優れるため、赤ちゃんの状況に合わせて使いわけたい方におすすめです。ただし、高価格な商品が多いため、他のベビー用品も揃えることを考えるとコストがかかります。近くに電源がないと機能が使えないため、使用場所が限られることも理解しておきましょう。

メリット

・自動でスイングする間に家事や休憩ができる ・揺れ幅・スピード・オートモード・メロディつきなど機能性に優れる

デメリット

・平均価格3~6万円程度と高価格なためコストがかかる ・電源を必要とするため使用場所が限られる

手動タイプ

手動タイプは1万円台の商品も多く比較的リーズナブルに購入できます。電源を気にせず移動でき、手で揺らすだけの簡単操作のため、機能面を重視しない方におすすめです。ただし、側で揺らす手間がかかるため、揺らしている間はできることが限られるといったデメリットもあります。

メリット

・価格がリーズナブル ・電源不要のため移動させやすい ・操作方法がシンプル

デメリット

・揺らす手間がかかる ・揺らす間は側を離れられない

ハイローチェアを選ぶポイント

ハイローチェアを選ぶ際は、赤ちゃんにとっての快適性や、家族にとっての使いやすさを考慮して選びましょう。重視したいポイントは次の2つです。

- 快適性、眠りやすさ - 移動しやすさ、使いやすさ

ハイローチェアには商品によってさまざまな特徴がありますが、上記2点のポイントに注目すると選びやすくなります。それぞれのポイントについて詳しくみていきましょう。

快適性・眠りやすさ

抱っこで揺らしてもなかなか寝てくれない、寝ても置くとすくに起きてしまうなど、育児で大変な寝かしつけ。音や明るさ・姿勢・温度など、赤ちゃんはさまざまな要因で目を覚ましてしまいます。赤ちゃんが心地よく眠れる環境を作れるよう、快適性に注目して選ぶのがポイントです。

「スイング音」の静かなタイプがおすすめ

赤ちゃんは小さな音にも敏感です。眠りやすいよう静かな環境を用意しても、スイング音が大きいと気になって目を覚ましてしまうこともあります。赤ちゃんがハイローチェアで快適に眠れるためにも、スイング音の静かなタイプを選びましょう。

PR
コンビ ハイローチェア ネムリラ FF

商品情報

リバーシブルシートモデルが登場!
[本体サイズ] ハイ:W520×D630×~870××H690~1020、ロー:W520×D820~880×H410~740

手動タイプのハイローチェア。静音設計で、軽く押すだけで優しく揺れるため、赤ちゃんのすやすや快適な眠りをサポートします。スイングロック機能で揺れを抑えれば、赤ちゃんが動いた拍子にハイローチェアが揺れてしまう心配もありません。2つのデザインをもつリバーシブルシートなので、部屋の雰囲気や気分に合わせて使いわけられるのも魅力です。

「揺れ調整・オートモード機能」なら状況に合わせて使いわけできる

揺れ調整・オートモード機能があると、揺れ幅やスピードを変えたり、一定時間経つと自動で揺れが止まったりするため、赤ちゃんの好みや利用シーンに合わせて使用できます。

PR
アップリカ 電動ハイローチェア ユラリズム

商品情報

[リクライニング角度] 5段階(110°、120°、130°、145°、170°)
[サイズ] フラット時:W535×D840×H420-750mm チェア時:W535×D705-875×H730-1060mm

電動タイプのハイローチェア。赤ちゃんの状態に合わせて自動で揺れの速さが変わる2種類のオートモードと、4段階のスピード設定ができるマニュアルモードを搭載しています。オートモード1のしっかりスウィングは、速めからややゆっくりに変わるため、赤ちゃんをあやしたり落ち着かせたいときに便利。オートモード2のゆったりスウィングは、ややゆっくりからゆっくりに変わることで、赤ちゃんを眠りに誘ってくれます。

「音楽機能」があると子守歌や遊びに使える

音楽機能付きなら、赤ちゃんを眠りに誘う子守歌として使用する他、起きているときに音楽を聴かせて楽しむこともできます。音量調節ができるタイプを選ぶと、眠りそうなときは音量を下げたり、元気なときは音量を大きめにしたりと使い分けできて便利です。

PR
コンビ ネムリラ AUTO SWING

商品情報

色 ココアブラウン
ブランド コンビ
材質 本体/ポリプロピレン・アルミニウム シート地/綿・ポリエステル
推奨最大重量 18 キログラム

電動タイプのハイローチェア。15分間のオートスウィングで、自動で止まる設定です。7曲のヒーリングサウンドつきで、オルゴールのような音色の曲が赤ちゃんを落ちつかせてくれます。シートには、超・衝撃吸収素材エッグショックを搭載し、やわらかい赤ちゃんの頭をしっかり守ります。おむつや綿棒などの育児グッズを収納できるベビーパレットつきです。

光から守ってくれる「幌付き」なら入眠しやすい

産後まもない赤ちゃんは、視覚も発達の段階にあり明るい環境に慣れていません。そのため、日中の光や夜の電気の明るさは、赤ちゃんにとって強すぎて刺激を与えてしまい、入眠を妨げてしまうことも。幌で光からガードしてあげることで、薄暗く落ちつく環境を作れるため、眠りにもつきやすくなります。日中や夜に電気のついた部屋で過ごす時間が多い場合は、幌つきタイプを選ぶのがおすすめです。

PR
コンビ ハイローチェアー ネムリラドーム

商品情報

ブランド コンビ
色 ヘーゼルベージュ
商品の寸法 94.5D x 52.5W x 79H cm
商品の重量 12.9 キログラム
対象年齢 [対象] 0ヶ月 ~ 48ヶ月
推奨最大重量 18 キログラム

電動タイプのハイローチェア。遮光性に優れたシェルが眠りやすい暗さを作ります。明るいリビングでも、幌を広げれば眠りに理想的な暗さになるため、寝室に移動させなくても快適な睡眠環境を整えられますよ。

シートクッションはほどよい硬さのタイプがおすすめ

赤ちゃんの頭や体を支えるシートクッションは、適度な硬さのものがおすすめです。柔らかすぎたり硬すぎたりすると。赤ちゃんの姿勢が崩れる原因になります。特に月齢が低いうちは、自分で自由に体を動かせません。やわらかすぎるシートクッションだと頭が沈みこみ、窒息する恐れもあるため注意が必要です。赤ちゃんが正しい姿勢で快適に眠れる環境を作るためにも、ほどよい硬さのシートクッションを選びましょう。

PR
アップリカ 手動ハイローチェア ユラリズム

商品情報

色 エレファントラブGR
ブランド Aprica(アップリカ)
商品の寸法 69L x 54W x 95H cm
材質 本体:ポリプロピレン/ポリアミド/ABS樹脂 フレーム:スチール 縫製品:ポリエステル タイヤ:EVA樹脂

手動タイプのハイローチェア。シートクッションは、赤ちゃんの姿勢をサポートする「ダブル台形シート」構造です。上半身はW型、下半身はM型で、股関節脱臼予防や赤ちゃんののびのびスタイルに配慮して作られています。安定感のあるシートクッションなので、赤ちゃんが自然な姿勢を保ちやすく快適に過ごせますよ。

移動しやすさ・使いやすさ

ハイローチェアはリビングやキッチン・脱衣所など、家族の手が離せないさまざまなシーンで役立ち、赤ちゃんが成長してからもチェアとして役立ちます。しかし重量があるため、思うように動かせないと使いづらいと感じてしまうことも。室内を移動させやすいか、高さ調整や収納方法など、使いやすさも注目して選ぶのがポイントです。

移動させて使うなら「360度回転キャスター」がおすすめ

室内を移動させて使えることも魅力のハイローチェアは、キャスターの動かしやすさも注目すべきポイントです。ハイローチェアは重量があるため、持ち上げて移動するのは大変です。しかし、360度回転キャスターなら小回りが利くため、幅の狭い通路やドアを通るときや、位置を直したいときなども楽に動かせます。さらに、ゴムつきキャスターなら移動時の音が気になりにくく、床に傷もつきにくいためおすすめです。

シートの着脱が簡単・洗濯機で丸洗い可能ならお手入れしやすい

シートクッションは、赤ちゃんのよだれや汗・食べこぼしなどで汚れやすいため、こまめに洗って清潔にしておきたいですよね。シートの取り外しが簡単で、洗濯機で丸洗いできるタイプなら、お手入れが簡単にできておすすめです。商品によっては手洗いのみのタイプもあるため、洗濯機で使用可能かも確認しておきましょう。

PR
Aprica ハイローチェア ユラリズムスマート

商品情報

●ふわふわクッション&取外せて洗えるトレイ
【セット内容・付属品】 製品本体・取扱説明書(1冊)・テーブル(1個)・新生児マット(1枚)・トレイ(1枚)

こちらの商品は、シート、新生児マット、肩ベルトカバー、股ベルトカバーが洗濯機で丸洗いできます。テーブルに取り付けられるトレイがついているので、食事のときなどに取り付けて、汚れたらサッと水で洗うだけとお手入れが簡単!赤ちゃんにもお母さんにもうれしい機能がぎゅっと詰まっているハイローチェアです。

成長に合わせて使うならチェア・テーブルの「調整機能」をチェック

ハイローチェアは、高さや位置を調整できるタイプが便利です。ママやパパがお世話しやすい高さや、赤ちゃんが座りやすい位置に調整できると、おすわりや離乳食など成長に合わせて使えます。テーブル付きのハイローチェアなら、テーブルの取り外しや位置が調整できるタイプだと、より使いやすくなります。

PR
カトージ スイングハイローラック

商品情報

ブランド カトージ
色 ドットベージュ
商品の寸法 52D x 79.5W x 94H cm
商品の重量 8.2 キログラム
推奨最大重量 18 キログラム

3段階のリクライニングに加え、4段階の座面の高さ調整と、4段階のテーブルの高さ調整ができるハイローチェアです。新生児から生後48か月頃(体重18㎏)まで使用することができるので、長く使えるものを探している方にもおすすめです。さわやかな色合いとおしゃれなデザインが特徴的で、お部屋の雰囲気もパッと明るくなりますよ。

折りたたみ可能なら狭いスペースでも使いやすい

ハイローチェアは、赤ちゃんが成長すると使用頻度が減ることも少なくありません。出したままにしておくと場所を取るため、折りたたみ可能なタイプを選ぶのもおすすめです。使うときは出し、使わないときはスマートに収納しておけるため、部屋のスペースを広く使えるメリットがあります。

PR
ZOOBLY 多機能ハイローチェア テーブル付き

商品情報

ブランド ZOOBLY
色 ピンク
商品の寸法 70D x 64W x 87H cm
商品の重量 5 キログラム
対象年齢 6か月~4歳
推奨最大重量 5 キログラム

6ヶ月頃から使えるハイローチェア。ワンタッチで簡単に折りたためて、コンパクトに収納できます。リクライニングとテーブル位置は4段階に調節可能。姿勢よく座れる設計で、疲れにくいのもポイントです。

ハイローチェアを使用するときの注意点

ハイローチェアは赤ちゃんが快適に過ごせる場所として、安全に配慮して作られています。しかし、使用時期や目安体重などを確認しておかないと、思わぬ危険につながることも。安全に使用するために、メーカーの推奨目安を守って使用することが大切です。

また、長時間ハイローチェアに寝かせ続けたり、揺らし続けたりするのはおすすめできません。1日の使用時間は3時間程度まで、スイングは1回15分程度を目安に使用しましょう。ハイローチェアからの落下を防ぐために、ベルトの装着も忘れないようにしてください。

ハイローチェアで親子そろって快適に!

ハイローチェアは、赤ちゃんの眠りや食事など、ママ・パパの育児をサポートしてくれる便利なアイテムです。新生児期から4歳頃まで長く使えるため、赤ちゃんの快適性や便利な機能などに注目し、使いやすいものを選びましょう。

こちらもチェック!
【2023年】ベビーバウンサーのおすすめ10選!対象年齢と、電動・手動などタイプ別に人気アイテムをご紹介

ベビー用品の一つである「ベビーバウンサー」。軽量タイプのチェアで移動も簡単なため、手が離せない方にとって心強い味方です。しかし、 ベビーバウンサーはさまざまな種類が販売されているため選ぶのに迷ってしまうことも。そこで今回は、ベビーバウンサーの選び方のコツとジャンル別におすすめ商品をご紹介します。

※製品画像はAmazonより

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のインテリア・家具カテゴリー

新着記事

カテゴリー