目次

クリスマスケーキの“ブッシュドノエル”ってどういう意味?つい話したくなるクリスマス雑学!

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

今回は、ブッシュドノエルの意味とおすすめのレシピをご紹介します。そもそもブッシュドノエルって何語?なぜあの形に?クリスマスとの関係は?など家族やお友達にもつい話したくなること間違いなし!記事後半では、ご家庭で作れるブッシュドノエルのレシピをピックアップしたので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね!

ブッシュドノエルってどういう意味?

実はブッシュドノエル(Bûche de Noël)はフランス語!直訳すると「クリスマスの丸太」になります。ブッシュ(Bûche)が、「薪」「丸太」「切り株」、ノエル(Noël)が「クリスマス」という意味だそうです。たしかに、ブッシュドノエルはどれも切り株の形をしていますよね。

この形になった由来はいくつかあるようで、一般的には、キリストの誕生を祝って夜通し暖炉に薪をくべて燃やしていたから、クリスマスに燃やした薪の灰が厄除けになったから、樫の薪を暖炉で燃やすと無病息災になるという北欧の言い伝えがあったから、などと考えられているそうです。また、恋人へのクリスマスプレゼントが買えなかった貧しい青年が薪をプレゼントしたから、という説もあるそうですよ。

どの由来であったとしても、それがクリスマスのケーキとして定着していったのはとても面白いですよね。

ほかのクリスマスケーキについて知りたい方はこちらもチェック!

ブッシュドノエルのレシピをご紹介!

さて、「ブッシュドノエル」の意味を学んだところで、ここからはおすすめのブッシュドノエルのレシピをご紹介します。オーブンを使った定番のものから、フライパンで作れる簡単レシピ、雪が積もった切り株のようなホワイトブッシュドノエルなど、思わず作りたくなる見栄えのよいレシピを集めました。ぜひ、今年のクリスマスの参考にしてみてくださいね!

クリスマスの夜に 大人リッチなブッシュドノエル

オーブンで生地から作る、大人リッチなブッシュドノエルをご紹介します。生地にはココアパウダーを、生クリームにはビターチョコレートを加え、濃厚で贅沢なケーキに仕上げました。丸太状にした生地にチョコレートクリームを塗って、フォークで木目の模様をつければできあがり。今年のクリスマスは少し頑張って、満足感たっぷりなブッシュドノエルを手作りしてみませんか?

材料(1台分)

生地
- 卵 (Mサイズ)・・・4個

- グラニュー糖・・・80g

- 薄力粉・・・50g

- 牛乳・・・50ml

- 無塩バター・・・20g

- ココアパウダー・・・大さじ2

デコレーション
- 生クリーム・・・400ml

- ビターチョコレート・・・120g

- お湯 (湯せん用・50℃)・・・適量

- アーモンドダイス (ロースト)・・・25g

- アラザン・・・3g

- ブルーベリー・・・3粒

- ミント・・・適量

- 粉糖・・・適量

作り方

準備.オーブンを190℃に予熱しておきます。 天板にクッキングシートを敷いておきます。

1.生地を作ります。ボウルに卵とグラニュー糖を入れて、白くもったりするまでハンドミキサーで泡立てます。

2.薄力粉をふるいにかけて加えます。ゴムベラに持ち替えて、粉っぽさがなくなるまでさっくりと混ぜます。

3.大きめの耐熱ボウルに牛乳、無塩バターを入れてラップをかけ、500Wの電子レンジで1分加熱します。ココアパウダーを茶こしでふるい入れ、混ぜ合わせます。

4.3を2のボウルに少しずつ加えながら混ぜます。

5.クッキングシートを敷いた天板に流し入れ、表面を平らにし、10cmほどの高さから2~3回落として空気を抜きます。190℃のオーブンで13〜15分焼き、焼き上がったら冷まします。

6.デコレーションを作ります。ボウルにビターチョコレートを割り入れ、湯せんで溶かします。

7.別のボウルに生クリームを入れてハンドミキサーで泡立て、7分立てにします。

8.7の1/3量を6に入れて混ぜ、7に戻し入れて混ぜ合わせます。

9.5を型から外してラップの上にのせ、8の半量を塗り、手前を厚めに、巻き終わりを薄くします。手前から巻き、巻き終わりを下にして、ラップを巻いたまま冷蔵庫で1時間以上冷やします。

10.ラップを外して両端1cm程を切り落とし、端から5cm程を切り、上にのせます。

11.器に盛り付け、残りの8を全体に塗り、フォークと竹串で木目を描きます。

12.残りのデコレーションの材料を飾り、できあがりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

フライパンで簡単 ブッシュドノエル

オーブンいらずで簡単なブッシュドノエルのレシピです。ケーキ作りは生地を焼くのが大変なイメージですが、こちらのレシピではフライパンを使うので気軽にお作りいただけますよ。生地にクリームを塗ったら、くるみを入れてロールケーキ状に巻くことで、食感も楽しく仕上がります。お好みのフルーツやチョコレートペンでデコレーションしてみてくださいね。

材料(1台分)

スポンジ生地


- 薄力粉・・・30g

- グラニュー糖・・・20g

- 卵 (Mサイズ)・・・2個

- 牛乳・・・大さじ1

シロップ

- 水・・・50ml

- グラニュー糖・・・20g

- ラム酒・・・大さじ1

チョコレートクリーム

- 生クリーム・・・200ml

- 砂糖・・・10g

- ビターチョコレート・・・60g

- お湯 (湯せん用・50℃)・・・適量


- くるみ・・・20g

トッピング

- いちご・・・1個

- ブルーベリー・・・2粒

- ココアパウダー・・・大さじ1

- チョコレートペン・・・小さじ1

- 粉糖・・・大さじ1

- チャービル・・・適量

作り方

準備.卵は常温に戻しておきます。 いちごはヘタを切り落とし、5mm幅に切っておきます。

1.スポンジ生地を作ります。ボウルに卵、グラニュー糖を入れて、白っぽくなり、2倍程になるまでハンドミキサーで泡立てます。

2.薄力粉をふるい入れ、ゴムベラで混ぜます。粉気がなくなったら牛乳を入れてゴムベラで混ぜます。

3.フライパンを弱火で熱し、2を流し入れます。蓋をして7分程加熱し、焼き目が付いたら裏返して1分程焼きます。

4.シロップを作ります。耐熱ボウルに水、グラニュー糖入れ、グラニュー糖が溶けるまでラップをかけずに600Wの電子レンジで2分程加熱します。粗熱が取れたらラム酒を加えて混ぜ合わせます。

5.チョコレートクリームを作ります。ボウルに生クリーム、砂糖を入れてハンドミキサーで角が立つまで泡立てます。

6.別のボウルにビターチョコレートを入れて湯せんで溶かします。

7.5を少しずつ加えてゴムベラで混ぜ合わせます。

8.3の両端を1cm程切り落とし、4を塗ります。7の1/3量を全体に塗り、くるみをのせて巻き、ラップで包み、冷蔵庫で20分程冷やします。

9.表面に残りの7を塗り、ナイフで木目柄を付け、ココアパウダーをふります。パッケージの表記通りに湯せんしたチョコレートペンで木の模様を描き、いちご、ブルーベリーをのせ、粉糖をふり、チャービルをのせて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

※こちらのレシピはラム酒を使用しております。加熱の状態によってはアルコールが含まれる可能性がありますので、お子様やアルコールに弱い方、妊娠中の方、授乳中の方はご注意ください。また、運転時、スポーツ時、入浴時はアルコールの摂取をお控えください。

ふわふわミルククリームのホワイトブッシュドノエル

練乳クリームで作る、ホワイトブッシュドノエルはいかがでしょうか?生地にココアパウダーやビターチョコレートを加え、練乳クリームを塗って仕上げます。このレシピでは、練乳クリームと相性のよい、いちごジャムやいちごを使用しました。まるで雪を被った丸太のようでかわいらしいケーキです。ぜひお試しくださいね。

材料(1台分)

生地


- 薄力粉・・・60g

- ココアパウダー・・・20g

- 砂糖・・・40g

- 卵黄 (Mサイズ)・・・4個分

- ビターチョコレート・・・50g

- 牛乳・・・50ml

- 無塩バター・・・20g

- 卵白 (Mサイズ)・・・4個分

クリーム


- 生クリーム・・・200ml

- 練乳・・・30g

- いちごジャム・・・30g

- いちご・・・6個

デコレーション


- 生クリーム・・・200ml

- 練乳・・・30g

- いちご・・・3個

- ブルーベリー・・・5粒

- チャービル・・・適量

- アラザン・・・適量

作り方

準備.天板にクッキングシートを敷いておきます。 オーブンを180℃に予熱しておきます。 デコレーション用のいちごはヘタを取り除き、半分に切っておきます。

1.クリーム用のいちごはヘタを切り落とし、4等分に切ります。

2.鍋に牛乳、無塩バターを入れて弱火で沸騰直前まで弱火で加熱し、火から下ろします。

3.ビターチョコレートを入れて溶かします。

4.ボウルに卵白を入れて、砂糖の半量を2回に分けて加えながらハンドミキサーでツノが立つまで泡立てます。

5.別のボウルに卵黄、残りの砂糖を入れてホイッパーで白っぽくなるまで混ぜます。3を加えて混ぜ合わせます。薄力粉とココアパウダーをふるい入れ、ゴムベラで混ぜ、4を少しずつ加えてさっくりと混ぜ合わせます。

6.クッキングシートを敷いた天板に流し込み、180℃のオーブンで15分程、焼き色がつくまで焼き、粗熱を取ります。

7.クリームを作ります。ボウルに生クリーム、練乳を入れ、ツノが立つまで泡立てます。

8.6の両端を1cm程切り落とし、いちごジャムを塗ります。7を全体に塗り、クリーム用の1をのせて巻きます。ラップでくるんで20分冷蔵庫で冷やします。

9.デコレーション用の生クリーム、練乳をボウルに入れて角が立つまで泡立てます。

10.8を1/4程切り分け、9を塗って上にのせます。全体に残りの9を塗り、ナイフで木の模様をつけます。デコレーション用のいちご、ブルーベリー、チャービル、アラザンで飾り付けて完成です。

今年のクリスマスケーキはブッシュドノエルに挑戦!

いかがでしたか?今回は、ブッシュドノエルの意味と、おすすめレシピをご紹介しました。クリスマスの夜は、家族でケーキを囲んで楽しみたいですよね。ぜひ今回のレシピを参考にして、おうちでクリスマスケーキ作りに挑戦してみてくださいね!

クリスマスについて詳しく知りたい方はこちらもチェック!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

新着記事

カテゴリー