この記事で紹介されている商品
修学旅行用キャリーケースのおすすめ12選!ボストンバッグともメリット比較

修学旅行用キャリーケースのおすすめ12選!ボストンバッグともメリット比較

修学旅行に向けて購入したいアイテムの1つである「キャリーケース」。中学生や高校生ともなると、2泊3日よりも日程が長くなることが予測されます。その分の荷物も増えるため、収納力に優れたキャリーケースがあると便利ですよ。本記事では、修学旅行に適したキャリーケースの選び方やおすすめ商品をご紹介します。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

修学旅行はキャリーケースかボストンバッグか?

修学旅行のバッグとして、キャリーケースだけでなくボストンバッグも定番ですよね。それぞれの特徴をまとめたので、どちらを購入するか迷っている方は比較しながら選んでみましょう。

学校ルールでキャリーケース禁止の場合も!

学校によってはキャリーケースを禁止している場合もあるので、旅行用カバンを買う前に必ず修学旅行のしおりをチェックしましょう。

学校指定がなく、キャリーケースとボストンバッグの両方から自由に選べるときは、以下のメリット・デメリットを比較して適したものを購入してくださいね。

キャリーケースのメリット・デメリット

キャリーケースのメリット・デメリットをまとめました。

 キャリーケースの特徴
メリット・容量が大きくたっぷり収納できる
・頑丈で衝撃に強い
・持ち運びがスムーズ
デメリット・昇り降りが大変
・大きくてかさばる
・マナーを守らないと周囲の迷惑になることもある

移動中の負担や帰りにお土産を入れることを考えると、修学旅行にはキャリーケースがおすすめですよ。

ボストンバッグのメリット・デメリット

ボストンバッグのメリット・デメリットをまとめました。

 ボストンバッグの特徴
メリット・本体が軽い
・カバンのように取り扱える
デメリット・移動はずっと持っていないといけない
・荷物の重さで肩や手に負担がかかる
・中身の視認性が低い
・外からの衝撃に弱い

キャリーケースの扱いに不安がある方は、ボストンバッグを検討するのもありです。移動距離や宿泊日数が少ないのであれば、取り扱いが楽なボストンバッグで十分でしょう。

修学旅行にキャリーケースは浮く?おかしい?

修学旅行にキャリーケースを持っていくのに不安な方は、こちらの内容にも目を通してみましょう。

周囲の友だちに使うか確認すると安心

カバンの指定がない場合、キャリーケースにするかボストンバッグにするか迷ってしまいますよね。そんなときは、周りの友だちにどんなカバンを用意するのか聞いてみましょう。

中学や高校の修学旅行ではキャリーケースが主流ですが、学校によってはボストン派が多いことも。「自分だけ違うとどうしよう」「浮いてしまうのでは」と心配な方は、友だちの意見も参考にしてみてくださいね。

飛行機移動ならキャリーケースは特に便利

飛行機に乗る場合は、ボストンバッグよりもキャリーケースがおすすめです。

キャリーケースならロック機能がついているものが多く、搭乗時に預けても盗難の心配がありません。また、頑丈で衝撃に強いのもキャリーケースの強みです。フライト時の揺れで中身が壊れるリスクも軽減できますよ。

新幹線移動ならコンパクトサイズがベター

新幹線での移動がメインの場合は、コンパクトサイズのキャリーケースを選びましょう。

というのも、サイズが大きいものは車内に持ち込めないことがあるからです。3辺の長さが160cmを超えると、専用座席の予約が必要になります。規定内におさまる大きさで、できれば荷物棚に入るようなサイズ感のキャリーケースが適切です。

恥ずかしい行動はNG!キャリーケースのマナー

初めてキャリーケースを使う方は、以下のマナーも覚えておきましょう。

  • 後ろに気をつけながら身体に近づけて引く
  • 急な方向転換や立ち止まりは危ないのでNG
  • エスカレーターや電車、バス内ではキャリーケースから手を離さない

キャリーケースは大きいため、知らずに歩行者の妨げになることも。荷物で重量も増すので、一歩間違うと他人にケガをさせてしまいます。事故やトラブルで修学旅行を台無しにしないためにも、しっかりと使用時のマナーをマスターしましょう。

修学旅行用キャリーケースの選び方

修学旅行用にキャリーケースがほしいけれど、たくさん種類があるので迷ってしまいますよね。旅行中に困らないためにも、初めてキャリーケースを購入する際は以下の6つのポイントを押さえましょう。

選び方のコツ
  • タイプ
  • 宿泊日数
  • 軽さ
  • 収納性
  • 使いやすさ
  • デザイン

項目ごとに詳しく解説していくので、楽しい思い出作りができるように適したキャリーケース探しの参考にしてみてくださいね。

1.タイプで選ぶ

キャリーケースのタイプは、ハードタイプとソフトタイプの2種類です。ケースに使用される素材が異なるため、重さや耐久性、値段などに違いがあります。それぞれの特徴を押さえて選ぶことが大事ですよ。

ハードタイプ

ハードタイプは、衝撃に強いのが特徴です。使用される素材は、主にABS樹脂・ポリカーボネート・アルミニウムの3種類があり、以下のようにそれぞれメリット・デメリットが異なります。

 衝撃耐性軽量性耐久性価格帯
ABS樹脂安い
ポリカーボネート高い
アルミニウム高い

おすすめの素材は、ポリカーボネート製。耐久性・衝撃耐性がともに良好で、さらに軽いため移動も楽ですよ。値段はやや高めなので、将来長く使いたい方に適しています。

ソフトタイプ

ソフトタイプは革や布などの柔軟な素材でできているため、荷物をたくさん詰められるのが特徴です。お土産で荷物が増えてしまっても、本来の容量以上に収納できます。

また、ソフトタイプは軽量なのも大きなポイントです。階段や荷物棚に入れるときに持ち上げやすく、移動時の負担を減らしてくれます。体力に自信がない方は、まずはソフトタイプを検討してみましょう。

2.宿泊日数に合った容量を選ぶ

修学旅行用にキャリーケースを購入するなら、必ず宿泊日数を確認したうえで選びましょう。

キャリーケースは収納できる荷物の容量が決まっています。1泊につき10Lが目安とされているので、「宿泊日数×10L」で計算してみてくださいね。

容量の目安
  • 日帰り~1泊……20~30L
  • 2~3泊……31~40L
  • 4~6泊……41~60L
  • 7泊以上……60L以上

2泊3日程度なら20~30Lを目安

2泊3日の短い日程では、20~30Lほどの容量のキャリーケースで十分です。あまり大きすぎてもかさばり、移動もしにくいのでコンパクトサイズのものを探しましょう。

ただし、お土産屋を買って荷物が増えることも考慮すると、余裕をみて40Lサイズのキャリーケースを視野に入れてもよいかもしれません。

4泊以上なら50L程度はあると便利

4泊5日以上の長旅には、最低でも50Lほどの容量が入るキャリーケースを用意しましょう。

季節や旅行先によって用意するものが異なるため一概には言えませんが、修学旅行中に荷物が入らないといった事態を避けるためにも余裕をもって選びたいものです。

帰りにお土産など荷物が増えることも考慮

キャリーケースの容量を選ぶときは、家族や友人へのお土産を買うことも考えてくださいね。

パッキングした時点で収納スペースがいっぱいになると、旅先で困ることになります。そのため、宿泊日数にくわえてお土産を入れられるかもチェックしましょう。

3.軽さをチェック

移動で疲れてしまわないためにも、キャリーケース本体の重量も大事です。軽さを重視するなら、布や革製のソフトケースを購入しましょう。日数が長いと、その分の荷物も増えます。なるべく軽いキャリーケースを選ぶことで、身体への負担を減らしてくださいね。

4.ポケットや仕切りは?収納性をチェック

容量も大事ですが、荷物の収納のしやすさで比較しましょう。ポケットや仕切り、クロスバンドなどがあると、荷物の整理がしやすいですよ。

また、フタ側・本体側で収納スペースが2つあるタイプなら、着替えやバスグッズ、貴重品などジャンルごとに分けてしまえて便利です。

5.操作のしやすさで選ぶ

移動が多い修学旅行では、操作がしやすいかどうかもチェックしたいポイントです。キャリーケースの足元にはキャスターがついており、2輪と4輪の2タイプがあります。

 メリットデメリット
2輪キャスター・立てたときに安定感がある
・勝手に動きにくい
・小回りがききにくい
・斜めに倒さないと走行できない
4輪キャスター・立てた状態でも走行が可能・キャスターが動いてしまうことも

上記のようにそれぞれメリット・デメリットがありますが、修学旅行用なら4輪キャスターがおすすめです。2輪よりも操作の幅が広く、押したり引いたりができます。集団で行動するため、小回りがきく4輪を選びましょう。

6.修学旅行ならシンプルデザインが無難

修学旅行に持っていく際は、シンプルなデザインが無難です。あくまで修学旅行は、学校行事の1つ。授業の延長線にあるイベントなので、華美なデザインのキャリーケースは避けた方がよいでしょう。

また、長く愛用したい方もシンプルなデザインを選ぶのがおすすめです。大人になっても持っていて恥ずかしくないデザインかを念頭に選んでみてくださいね。

修学旅行用キャリーケースのおすすめ12選

ここでは、修学旅行に適しているおすすめのキャリーケース12選をご紹介します。選び方を参考に、宿泊の日数や学校の指定に沿ったものを選んでみてくださいね。

アイリスプラザ スーツケース Sサイズ

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(588件)

>

商品情報

・容量:40L
・重量:3.2kg
・サイズ:36×22×57cm

アイリスプラザのキャリーケースは、拡張機能がついているのが特徴です。横幅が通常時よりも2.5cmもサイズアップするため、お土産で持ち物が増えてしまったときも収納しやすいでしょう。ダイヤルロックを採用しており、カギをなくす心配もありません。8輪のキャスターは安定感があり、移動もスムーズですよ。

機能性を重視して選ぶなら、サインキングダムのキャリーケースがおすすめです。側面には、カップホルダー・USB充電機能・物掛けフックがついており、あったら便利な機能が備わっています。傷や衝撃にも強い高品質なボディなので、修学旅行だけでなく長く愛用したい方にもぴったりでしょう。

サインキングダム スーツケース 35L

Amazonカスタマーレビュー

4.5

Amazonカスタマーレビュー

(2件)

>

商品情報

・容量:35L
・重量:4.08kg
・サイズ:43×29×66cm

サインキングダムのこちらのキャリーケースは、2つの独立したロック装置がついた安心設計です。修学旅行先での盗難防止のためにも、セキュリティ対策が万全なものを購入したい方にぴったり。暗唱番号を入力するタイプなので、カギをなくす心配がないのも嬉しいポイントですね。

キャプテンスタッグ 2wayキャリーバッグ 600D

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(797件)

>

商品情報

・容量:33L
・重量:1.7kg
・サイズ:55×34×18cm

キャプテンスタッグのキャリーケースは、リュックにもなる2Way仕様です。引くだけでなく背負うこともできるので、足場の悪い場所や学校と家の行き来などで重宝するでしょう。約1.7kgと軽量なため、中学生や高校生でも十分持ち運びできる重さです。8cmほどサイズアップする拡張機能が搭載されているので、荷物の量に応じて広げられますよ。

アイリスプラザ レジェンドウォーカー スーツケース Sサイズ 5515-49

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(88件)

>

商品情報

・容量:42L
・重量:3.1kg
・サイズ:33×25×55cm

軽いキャリーケースを購入したい方は、アイリスプラザのこちらのキャリーケースを検討してみましょう。約3.9kgと軽くて持ち運びやすいので、長時間の移動もスムーズです。さらに、ハンドルを3段階で調整できるのも特徴の1つ。使用する場所や身長に合わせて高さを変えられるため、使い勝手も良好です。

BTM スーツケース Lサイズ

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(152件)

>

商品情報

・容量:103L
・重量:3.9kg
・サイズ:76.5×51×29.5cm

BTMのキャリーケースは、7〜14泊に対応したLサイズを展開しています。大容量でたっぷり収納できるため、宿泊日数が多い方や海外へ旅行するのにぴったりです。内側にはクロスバンド・メッシュポケットがついており、側面にはダイヤル式のロック機能を搭載。実用性に優れたキャリーケースといえるでしょう。

サインキングダム スーツケース 45L

商品情報

・容量:45L
・重量:3.5kg
・サイズ:35.3×23.7×54.5cm

パッキングが苦手な方におすすめなのが、サインキングダムのこちらのキャリーケースです。45Lと荷物をたっぷり収納できるだけでなく、荷物を整理しやすいファスナー間仕切りを採用。さらにメッシュポケットと防水ポケットもあり、荷物が多くなりがちな修学旅行用にぴったりですよ。

シフレ ESCAPE'S スーツケース Mサイズ ジッパータイプ

Amazonカスタマーレビュー

4.6

Amazonカスタマーレビュー

(18件)

>

商品情報

・容量:53~60L
・重量:3.9kg
・サイズ:57×40×25cm

シフレのジッパースーツケースは、耐衝撃性の高いABS樹脂と頑丈かつ軽量なポリカーボネートの2つの素材を使用しています。多少雑に扱っても壊れにくいため、キャリーケースを扱い慣れていない方も心配なく使えるでしょう。また、車輪にはサスペンションとストッパーがついているのもポイントです。

アクタスのキャリーケースは、ボディの上部が開くのが特徴です。本体を横に倒したりファスナーを開け閉めしたりせずに荷物を取り出せます。また、航空会社によっては機内への持ち込みが可能です。コンパクトで軽量なため、力がない方も使いやすいのも嬉しいですね。

エース スーツケース クレスタ No.06317

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(533件)

>

商品情報

・容量:64L
・重量:4.3kg
・サイズ:68×45×27cm

ACE(エース)のキャリーケースは、5泊6日分の荷物がたっぷり入る大容量サイズです。拡張機能で横幅を広げられ、最大1泊分の荷物の収納スペースを増やせます。天面に隠しポケットがついていたり、旋回性の良い双輪キャスターを採用したりと実用性も良好です。カラーバリエーションが豊富なので、好きなデザインのものを見つけやすいでしょう。

おしゃれなキャリーケースが欲しい方は、BEATAS(ビータス)のこちらの商品がおすすめです。色鮮やかなボディにポリカーボネートフィルムを合わせており、シンプルながら高級感のあるデザインとなっています。発色の良い12色を展開しているのも嬉しいポイントですね。

ファンシーワンダーランド スーツケース TY8098

Amazonカスタマーレビュー

3.6

Amazonカスタマーレビュー

(14件)

>

商品情報

・容量:36L
・重量:2.9kg
・サイズ:57×34×23cm

ファンシーワンダーランドのキャリーケースは、軽くて丈夫な素材でできたボディやシンプルなデザインなので、修学旅行が終わったあとも使いたい方にぴったりです。収納仕切りとクロスベルトを採用した内装は、中身が見やすくスムーズに収納できます。凹凸を減らしており、PCやファイルなども入れやすい構造なのもポイントの1つ。社会人になっても重宝することでしょう。

全12商品

おすすめ商品比較表

アイリスプラザ スーツケース Sサイズ

サインキングダム 前開きスーツケース Sサイズ

サインキングダム スーツケース 35L

キャプテンスタッグ 2wayキャリーバッグ 600D

アイリスプラザ レジェンドウォーカー スーツケース Sサイズ 5515-49

BTM スーツケース Lサイズ

サインキングダム スーツケース 45L

シフレ ESCAPE'S スーツケース Mサイズ ジッパータイプ

アクタス トップス 33L

エース スーツケース クレスタ No.06317

ビータス スーツケース 63L

ファンシーワンダーランド スーツケース TY8098

Amazonカスタマーレビュー
4.1588
-
4.52
4.1797
4.388
4.1152
-
4.618
4.3255
4.4533
4.2292
3.614
最安値
タイムセール
¥4,640-14%
参考価格¥5,390
¥11,800
¥12,800
¥20,900
購入リンク

キャリーケースなら修学旅行の移動がスムーズ!

キャリーケースなら持ち運びが楽なうえ、頑丈なのでお土産を入れるのにも適しています。耐久性に優れた素材やシンプルなデザインのケースを選べば、大人になってからも活用できるでしょう。これからキャリーケースの購入を検討している方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のトラベルカテゴリー

新着記事

カテゴリー